スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本当にやばいぞケニヨン

怪我が長引いており、治るまでおよそ3ヶ月かかる見込みのケニヨン・マーティン
martin_254_041006.jpg
今年はビッグマンが3人入り、そのうち2人はいまん所、
すばらしい活躍をしているので、このままではマーティンとの契約なんて
もってのほかだといわれちまう・・・本当にやばい・・・。
いち早く怪我を治し、契約を勝ち取るぐらいの活躍をしてほしい。

がんばれケニヨン!!
スポンサーサイト

ナゲッツ vs ロケッツ戦

1Q 出だしは両チームともシュートが良く入っていて良い流れで
   きていたんですが、ナゲッツにファアルトラブルが発生。
   メロがファアルを2つしてしまいJRに交代。
   その1分後、アファラロも2ファアルでローソンに交代。
   さらにウィリアムスも2ファアルでハリントンに交代。
   さらにさらに途中で入ってきたJRまでも2ファアル・・・・・で
   新人のフォーブスに交代と最悪の立ち上がり。
   ただそれにしては意外と差がつかず、3点差で1Q終了。

2Q 1Qでスターターの大半をファアルトラブルで失ったナゲッツでしたが、
   ベンチから登場したハリントンの調子が良く、3pt、ペネトレイトからの得点が
   きまり何とかロケッツについていく。
   ロケッツの方もブルックスがファアルトラブルになっていて、
   あまり攻撃のリズムが掴めていませんでした。
   その後ヨウメイの1on1やスコラの1on1などであっさり点を
   とられますが、こちらもカーメロが得点するなどで一進一退。
   その後、マーティンにショットを決められ51-45になり、
   残り8秒で最後は意味不明のショットを決めるJRに託すのかなと
   思ってたら、何故かネネが3ptを放つという事態に・・・
   しかもそれが入ってしまうという訳がわからない事が起こり
   3点差で2Q終了。

3Q ネネのブザービターで流れがきたのか、相手のターンオーバーに助けられたり、
   ナゲッツらしからぬ^^良いディフェンスをしたりで逆転に成功。

4Q 3Qの流れをそのままに、ナゲッツのオフェンスが爆発。
   特にハリントンの活躍はすばらしいものがありました。
   後半はなぜかアウェイのナゲッツに少し有利に吹いていました。
   しかし笛のことがなかっても、おそらく今日の4Qの出来ならば十分勝利
   できたと思います。
   チャンシーが調子が悪いながら、1点差に詰め寄られたときに3pを決め、
   ファアルをもらい2本のフリースローをしっかり決めるあたりはさすがでした。
    
ナゲッツ107-94ロケッツ

DEN 24 24 24 35

HOU 27 24 18 25

今日のMVPは
c8b0868d824546aeb16f919b7ead3097.jpg
オフェンス面でもディフェンス面でもいいプレーをしていました。
ナゲッツに欲しかったアウトサイドを打てるビッグマン。
    
次はホームでマブス戦。またまた厳しい試合になるはずなので、
今日みたいなタフなディフェンスをお願いします。
   

ナゲッツ vs ホーネッツ戦

1Q 開幕戦と同じように、いきなり8-0のランが決まり、
   今日もいけるかなと思っていたんですが、その後相手の
   フィールドゴールが次々きまり、その流れに押されてか、
   ナゲッツはオフェンスでターンオーバー続出。
   結局2点差をつけられ1Q終了。
 
2Q 中盤まで、ターンオーバーやフリースローミスが多発し、
   流れを相手に持っていかれ16点差まで離されてしまう。
   終盤ビラップスの得点などでなんとか追い上げ、9点差で前半終了。

3Q いきなり3ptファアルをしてしまいアリーザに3本FTを与えますが、
   全て外してくれる。これで流れが変わったのか、メロの華麗なジャンプシュートが
   連続できまり一気に1点差まで詰め寄りました。
4e761ccbdc314e0bb7951d1336313ada.jpg
さすがはエースという出来でした

4Q 3Qの流れを生かし、ポールがいないうちに一気に逆転に成功。
   最高の展開で立ち上がれたんですが、タイムアウト後ポールが入ってきてから
   きっちりとシュートを沈められナゲッツムードの流れを断ち切られる。
   その後ナゲッツはターンオーバーを連発。それをポールが見逃してくれる訳がなく
   しっかり点を決められてしまい敗戦。

ナゲッツ 95-101 ホーネッツ

敗因はなんといっても20個のターンオーバー。
そしてチョンシーの不調もかなりあったと思います。
ただそれを見逃さなかったポールもすごかった   
ded64ad6062b430abb56b3f6adcb2037.jpg
メロといいポールといい決まりだしたら止められないことが
改めて分かった試合でした。
今日は負けましたが16点差でも跳ね返す力があることは
証明できたので、あとはそれを勝ちに繋げるようにすれば
リーグ制覇も夢ではないはずです。

明日もアフェイのロケッツ戦でタフなゲームが予想されますが
今日の試合の教訓をいかし勝利してホームに帰ってきてほしいです。

イースタン注目チーム 

大注目チーム
マイアミヒート
mia.gif
誰しもが注目せざるをえないほどの衝撃的なビッグ3結成で一躍今期の注目チームに。
images sas
SG、SF、PFの現役ポジション別1位といっても過言ではない選手が
3人揃うというとてつもないチーム。
セルッティクスのビッグ3は少し衰えが見え始めたころに結成されたけど
ウェイド、レブロン、ボッシュのビッグ3はあと10年近くはトップとして活躍できるjはず。
恐ろしいチームが結成されました。
 
スターター     控え
PG アローヨ   PG エディハウス チャルマーズ
SG ウェイド   SG マイクミラー  
SF レブロン   SF ジョーンズ 
PF ボッシュ   PF ハスレム 
C アンソニー   C イルガウスカス ジュアンハワード

注目チーム
ミルウォーキーバックス
mil_2.gif
去年の46勝36敗からさらにステップアップしてイーストをかき回しそうなチーム。
images (1)
独特なシュートフォームから決める3Pは圧巻だったんですが
北京オリンピック以降は怪我がちでシュート力も落ちてきている印象のレッドさん。
この方が復活すればより強力なチームになると思うので、ぜひとも復活して頂きたい。

スターター      控え
PG ジェニングス   PG ドゥーリング 
SG マイケルレッド  SG サーモンズ ロバーツ
SF デルフィノ    SF マゲッティ 
PF グッデン     PF イリヤソワ ブロックマン
C ボーガット     C サンダース
 
レッドさんが復活しないかぎりイーストを制覇するのはかなり厳しいものに
なるとおもいますが、マゲッティの獲得は個人的に良い補強だと思うので
去年ぐらいの成績を残すことは出来そう。
 
個人的に応援しているチーム
デトロイトピストンズ
det_3.gif 
ビラップス、リップ、プリンス、ラシード、ベンの頃のピストンズに
魅せられた覚えがあり、イーストでは一番応援しているチームです。
543a36c8a6904f72905728ac65b920b2 (1)

スターター     控え
PG スタッキー   PG バイナム
SG ハミルトン   SG ベンゴードン マグレイディ
SF プリンス    SF オースティンデイ  
PF ジェレブコ   PF ビラヌエバ
C ベンウォレス   C マキシエル

メンバー的に悪くなく、プレーオフも狙えるメンバーだとおもいますが
ハミルトン、プリンスの体調がどうなのかが気がかり。
奇跡的にマグレイディが全盛期時代を取り戻せば優勝も可能^^

ナゲッツ開幕戦 vsジャズ

2010-2011開幕戦。相手は去年と同じくジャズ。
プレーオフの借りを返す絶好の開幕戦になりました。

1Q 立ち上がりネネの連続得点で良い入りをしたと思ったんですが、
   ネネが目を負傷したようで開始2分でハリントンと交代することに・・・
   嫌なムードが漂ったんですが、その入ったハリントンが3ptを沈めるなど
   チームの流れを作ってくれて9点リードで1Q終了。
c8b0868d824546aeb16f919b7ead3097.jpg

2Q ジャズがこのクォーターだけで10個のTO。
   一方ナゲッツオフェンスはフリースローで13-17と得点を稼ぎ
   FGもアファラロ、カーメロが決めて得点をあげていき。
   前半を終えて20点リード。

3Q ナゲッツはアファラロとメロを中心に得点、ジャズはデロンのシュートなどが
   決ま得点と両チーム譲らず。
   点差がほとんど縮まらなかったので実質試合の勝敗はこのクォーターで
   決まってしまいました。

4Q 点差があったのでどちらも流しムードでやってはいたんですが
   このひとだけは得点が欲しかったのか全力でプレーしてました^^
 5a6dd40a1aa04e8da8c22a0b16c9007f (1)
点差があっても全力でプレーすることは良いんですが、
怪我のリスクもあるので・・・ほどほどに頼みます。

ナゲッツ 110ー88 ジャズ

なにわともあれディビジョンのライバルであるジャズ相手に完勝。
プレーオフの雪辱を果たしました。

この試合のMVPは上記ではほとんど触れませんでしたが 
102710_670_afflalo1.jpg
要所要所でしっかりと3ptを決め、ドライブインも効果的に決まってました。
今シーズンは去年以上に活躍してほしい。

nba2010-2011開幕

NBA開幕戦は、今季イースト優勝候補の2チームが戦うという注目の試合。
セルティックス 88-80 ヒート
02136993ff9a4a1c97f8ec516bea9c16.jpg
ロンドがオープンの選手を見つけてはパスを供給しアシストを量産。
アシスト17というモンスタースタッツを記録。BIG3を完璧に使いこなしていました。
一方ヒートのBIG3は今日が初めての公式戦ということもあってか、
レブロン、ボッシュ、ウェイドの1on1が目立ち、上手くかみ合ってませんでした。
まあ初戦でアウェーのセルティックス相手にこれだけの勝負が出来ていれば
十分だと思います。
この感じで、これだけ勝負が出来てるので、ヒートの3人が
噛み合えば、そうそう負けることはなさそう。

ノースウエストディビジョン 2010-2011 順位予想

1位 ナゲッツ
1610612743.gif
もちろんこの位置に来てもらわないと困る。
ハリントンの加入は大きくナゲッツの組織にもフィットするはず。
問題は怪我のマーティンとアンダーセンがおそらく年末ごろまでかかりそうなので
この期間でのインサイド陣の踏ん張りが必要。
キープレイヤーは
842d5969455483c6593434aca042f09c-getty-103891551cp018_denver_nugge.jpg
怪我の2人がいない中、PFの先発はウィリムスらしく、
この人の頑張り次第で開幕から数ヶ月の結果が決まるかもしれない。

2位 ジャズ
uth.gif
ブーザーが抜けたとはいえ、入ったのがジェファーソンなら十分なはず。
デロンがいる限りプレーオフを逃がすことはまずありえない。
キープレイヤーは
6e3395535e494c985a6d3d1c27bae687-getty-103928567cp022_utah_jazz_v_.jpg
スローンとの確執や怪我が多いため、契約が今期までと噂されるているキリレンコ。
攻守ともにすばらしく弱点がない。すべてにおいて及第点以上を与えられる選手

3位 サンダー
1610612760.gif
デュラント、ウエストブルック、グリーンなどいい若手選手が多く、
年々組織的にもよくなるはずなので、大混戦のノースウエストでも強さを発揮しそう。
キープレイヤーは
6861f0d14c5540c5a36004255df9255c.jpg
ここ一番にフリーにするとしっかり3pを決めてくる厄介な選手。

4位 ブレイザーズ
por.gif
バランスが取れていて良いチームだが、ロイが絶対的なエースに
まだなりきっていない分この順位。
キープレイヤーは
a8fa59e783b34fe19356c803d1513b52.jpg
デュラントに先をこされたものの潜在能力でいうとオデンもかわらないぐらいの
実力をもっているはず。この方が怪我なく過ごし、かつその類まれなる才能を
発揮できれば、ブレイザーズのディビジョン首位もありえる。

5位 ティンバーウルブス
min.gif
なぜドラフトの権利とジェファーソンを交換したのかは謎だが、プレシーズンを見る限り
そこまで弱いとは思えない。ただウエスタンでのプレーオフは厳しいと感じる。
キープレイヤーは
81864fd30920475bbbc2ed97485dd641.jpg
ジェファーソンの代役の形になったビーズリー
ミドル、3ptと外からのシュートがあり、ケビンラブとコンビで活躍すれば
去年の成績は超えれるかもしれない。他にもブリュワーやウェブスターの活躍にも期待。

パシフィックディビジョン 2010-211 順位予想 

1位 レイカーズ
1610612747.gif
ディビジョン制覇は間違いない。去年よりもベンチ層が厚くリーグ首位もほぼ磐石だと思う。
キープレイヤーは↓
201009231504542745534.jpg
バイナムが完全復活すればウエストの中でも頭一つ抜けることは確実。
ただ怪我が治らずプレーすることになれば、ウエスト制覇は怪しくなりそう。

2位 サンズ
1610612756.gif
アマレが抜けたとはいえ補強したターコルーやウォーリックがフィットすればそんなに問題なし。
キープレイヤーは↓
cb485a95333a94ded87a224a99e7336e-getty-103928567cp041_utah_jazz_v_.jpg
プレシーズンでのナッシュとのコンビはいまいちだった印象なので(ナゲッツ戦)
その辺がどうなるか。

3位 ウォリアーズ
warriors.gif
オフにニックスからリーを獲得したのはかなり大きいと感じるし、
個人的にも好きなチームなので期待も込めてのこの順位。
キープレイヤーは↓
40908b50e5deefbb74578431dae60ffc-getty-103931147cp012_golden_state.jpg
リーがマゲッティとランドルフの抜けた穴を埋めれるかどうかが鍵になりそう。

4位 クリッパーズ
clippers.gif
スターターで言うと上位チームに引けを取らない面子がいるので、
プレイオフレベルは十分にあるチーム。ただバロンの衰えが少し心配。
キープレイヤーは↓
e9be01b0093b41b9976d8cf0204b481a.jpg
グリフィン次第でチーム成績が変わってくる。

5位 キングス
kings.gif
昨季大ブレイクしたエバンスを中心としたチームなので、
今年プレーオフにいけるかといわれると厳しいと思う。
ただ若手が多いので2、3年後が楽しみなチーム。
キープレイヤーは
9336b3a750bf4dd88aa8345397d5c6d9.jpg
ルーキーのカズンスはポストプレーで相手を押し込めるし、なかなかのシュートタッチも
持ちあわせていて、とても期待できる選手。
エバンスと共に今後キングスを強豪に押し上げる原動力になるかもしれない。

プレシーズン サンズ戦

ナゲッツ 144-106 サンズ

今日の試合はナゲッツのいいところのみが出る試合でした。
FG64%、3p50%という驚異のシュート力を見せてくれました。
特にこの方が凄かった↓
imagesCAJQ0YDM.jpg
去年のシーズンではシュート力に少し不安がありましたがこの試合も含めて
プレシーズンではジャンプショットの精度があがっている気がします。
ローソンがショット力を身につければアンストッパブルになりうる選手なので
シーズンもこの調子でおねがいします。

サンズはターコルーとフライが欠場。
それが原因かはわかりませんが、ナッシュのピック&ロールに
そこまでの脅威は感じませんでした。
そういえばサンズはバルボサを放出したみたいです。
最近怪我がちもあったかもしれませんが、サンズのバスケにはかかせない
存在だと思ったので予想外ですね・・・
でもナッシュがいる限りプレイオフは間違いないと思います。

ナゲッツにとっては最高の形でプレシーズンを締めくくることが出来ました。
あとは怪我の3人がはやく戻ってくることを祈るのみです。

プレシーズン ブレイザーズ戦

ナゲッツ 83-90 ブレイザーズ

今日の試合はナゲッツらしからぬロースコアの試合。
その原因は両エースの不調。
ロイ6-20 カーメロ6-23
とにかくカーメロもロイもジャンプシュートが入っていませんでした。
どこで差がついたのかというとおそらくですがインサイド。
ナゲッツはネネがプレイタイム8分ちょっとでしたし、
怪我も3人いて、イーライとウィリアムスが頑張ってはいましたが
キャンビー、オルドリッジ相手だとかなり分が悪かったです。
まあブレイザーズも3人インサイドが抜けているんですが・・・
ただブレイザーズの怪我の3人とナゲッツの怪我の3人ではかなりの実力の差があるので
その辺で差がついたんだと思います。

とにかくシーズンであたる時は言い訳の無いよう、両チーム万全で望んでほしいなと思います。

最後にブレイザーズの要注意選手を。
9678b62c7f956f0a1e585b5e1a1987f3.jpg
アウトサイドがロイならインサイドの軸はオルドリッジ。
シュートレンジが広い選手でウイングスパンも長く、止めることが難しい選手です。

プレシーズン サンダー戦

ナゲッツ 130ー115 サンダー

サンダーがデュラントやウェストブルック等スターターを完全休養
させていたので、勝つことは当然として、問題は試合内容。
オフェンスでは7人が二桁得点でよかったんですが、
ディフェンスで相手の主力がいないのにもかかわらず
115失点はいただけないかなと思います。
DENの点数を見る限りだいぶアップテンポになったんだとは
思いますが115はとられすぎ。
f2d1a8d7aa62487984d8cdc8cd925e07.jpg
ハイライト映像を見る限り、JRらしい意味不明のシュートがきまっていた模様。
なぜあのシュートが入ってフリーのシュートが入らないのか不思議すぎる。
アファラロとJRの2人の3pの決め方は対照的だなとかんじました。

プレシーズン クリッパーズ戦

ナゲッツ 108-104 クリッパーズ  

両チームとも主力はほとんどださず、ベンチメンバーでの戦いでしたが
なかなか面白い試合でした。

クリッパーズはブライアンクックが28得点と奮起。
シーズンでもベンチから出てきてこのプレーをされると厄介な存在になりそうです。

ナゲッツはガード陣が得点をを量産。
ペネトレイトで切れ込んでキックアウトから3pが良く成功してました。
f26a0a993b7f485087b4f46ae14fac18.jpg
JR今回は良かった、この調子でお願いします

プレシーズン レイカーズ戦

ナゲッツ 95-102 レイカーズ

この試合はナゲッツはカーメロと怪我のマーティン・ハリントン・アンダーセン欠場
一方レイカーズも怪我のバイナムが欠場しました
 
試合前はインサイドで圧倒されるのかなと思いましたがリバウンドもしっかり取れていたように
感じました。
レイカーズのスターターもオドム以外はプレイタイムを意識してつかっていました
レイカーズの中でよかったと感じたのは
d20af8dca495474e99f10216a627a3d8.jpg
ダンクはもちろんシュートの精度が上っていてびっくりさせられました

ナゲッツのほうはJRのフリーでの3pがまったく入らずディフェンスでもJRのところでマークがはずれと
散々でしたが、JRはもともとこのような選手なので、仕方ないのかなと感じました
良い面ではバークマン、フォーバースがんばっていました
最後に
怪我の3人はやく帰ってきてくれ

2010-2011サウスウエストディビジョン 順位予想 

1位 マーベリックス
1610612742.gif
サイズもあり攻撃の形が多彩でベンチも充実している。去年ぐらいの勝ち星は期待できそう。
キープレイヤーは
39c019701a694168831100c8b0452871.jpg
チャンドラーが上手くはまれば60勝も夢じゃない。

2位 スパーズ
spurs.gif
ダンカン・ジノビリ・パーカーの3人は現在も強力な力を持っているし、良い若手も出てきている。
キープレイヤーは
imagesCAS33NWO.jpg
去年の成積以上の力は十分持っているので、それがだせればマブスより上にいけるかも。

3位 ホーネッツ
hornets.gif
残りの3チームが団子状態なんで絶対的エース、クリスポールがいるホーネッツに。
キープレイヤーは
2b96a44e770141519947934828f4416d.jpg
アリーザの得点力や守備力が存分に発揮できれば、上2つを食う可能性もありそう。

4位 グリズリーズ
mem.gif
スターターは上位チームに負けない強さがあるが、2ndユニットが心配てことで。
キープレイヤーは
imagesCARF805K.jpg
サビートが活躍すればプレイオフも夢じゃないはず。

5位 ロケッツ
1610612745.gif
ヨウメイ次第で順位はまったく違ってくる。
ただ今の状態ではハードワークすらできず終わってしまいそうなんで・・・
46fbeca1369a35ba9b0266be70339bac-getty-basket-nba-chn.jpg
アジア人最強のセンターとして、早く復活して活躍して欲しい。

プレシーズン クリッパーズ戦 

ナゲッツ 100-95 クリッパーズ

この試合も怪我のハリントン・マーティン・アンダーセンは出場せずビラップスも休養の
ためなのか?出場しませんでした。
後半から見ましたが、最後は両チーム勝利に向けて戦った試合で、
なかなか面白かったです。

クリッパーズのグリフィンが攻守ともにプレーの質が高く素晴らしかった。
e9be01b0093b41b9976d8cf0204b481a.jpg

ナゲッツの方はカーメロが30pts、14reb、9astアシストあと一つでトリプルダブルという大活躍。
アファラロやネネもよかったと感じましたが、カーメロの出ていない時間帯がJRの1on1など
淡白な攻撃しか出来ていないのが心配。
欠場してる4人が帰ってくればそこんとこは改善されると思いますが…
守備はなかなか良かったです。

ナゲッツの去年のシーズンを振り返ってみる

去年の成績 53勝29敗  プレーオフ1回戦敗退 
 
シーズンの成績はまずまずだし、ほとんどのプレーオフ進出チームにも対等もしくは勝ち越している。
あのレイカーズにも3勝1敗ということでシーズンではよく戦えておりました。

シーズンでは良く戦えていたんですが、プレーオフではデロンとブーザーにすき放題やられ敗退。
為すすべなくやられまくってたので、かなりストレスが溜まるシリーズでした。

敗退の原因は毎試合のチームのモチベーション。
シーズンでのレイカーズ相手などの試合は全員が一丸となって倒すぞという気合が感じられたん
ですが、プレーオフでのジャズとのシリーズは、相手の気迫に圧倒されていた感じがしました。
最後は無意味なテクニカルファールも起こっていたし…

最後に
現在、マーティン不要説が流れていますが自分はあの豪快なダンクに魅了され
ナゲッツファンになったので、なんとか活躍して契約を勝ち取って欲しいと思います。

プレシーズン ミネソタ戦

ナゲッツ108 ー 122 ミネソタ
 
今日の勝利でミネソタはプレシーズン3連勝。
フリンは怪我で抜けてましたが、それ以外は出場し、
リドナー、ビーズリー、ケビンラブなど主要選手が活躍してました。
ジェファーソンが抜けた穴を、この試合を観る限りでは埋めれている様子でした。
4d3c42e502af49979c1ba05e695de336.jpg

ナゲッツは
怪我でハリントン、マーティン、アンダーセンが欠場、さらにビラップスは休息。 
主力メンバーが多数いなかったとはいえ122点は取られすぎ。
カーメロ
この画像を観てもわかりますが、カーメロへのチェックが厳しく、得点のほとんどがフリースローでした。
プレシーズンなので勝ち負けは気にしなくてもいいんですが、ここまでディフェンスがだめだと心配。
あとJRが足をぐねったようなので、少し心配です。これ以上怪我人が出るのは勘弁して欲しい。

はじめに ナゲッツの開幕戦予想スタメンと2ndユニット(希望)

C ネネイ   

PF マーティン ハリントンとの予想もあるが、マーティンが控えで落ち着くのは
          個人的に見たくないということで先発PF。
 
SF カーメロ  
 
SG アファラロ 

PG ビラップス 
 
控え 2ndユニット

C アンダーセン 

PF ハリントン  

SF バークマン 

SG JRスミス  

PG タイローソン 
                       
プロフィール

マーティン

Author:マーティン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
人気ブログランキングへ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。