スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナゲッツvsブレイザーズ

スターター
ナゲッツ    ブレイザーズ
PGローソン   PGフェルトン
SGアフラロ   SGマシューズ
SFガリナリ   SFウォレス
PFネネ     PFオルドリッジ
Cモズコフ    Cキャンビー

ナゲッツは欠場者なし
ブレイザーズはオデンが怪我で欠場

1Q ナゲッツはネネがキャンビーに抑えられてしまい
  アウトサイドからのシュートも決まらずリズムを掴めない中
  ブレイザーズは速い展開からウォレスの得点などで点差を広げ
  ブレイザーズ13点リードで1Q終了

2Q 序盤ハリントン、ローソンの得点で徐々に追い上げ
  その後バトゥムのブロックから連続得点を決められてしまいます
  終盤に入りブレイザーズのターンオーバーからローソンの得点などで
  同点にまで追い上げ2Q終了

3Q 序盤フリースローで得点するナゲッツに対し、ブレイザーズはマシューズの
  4本の3ptなどで得点をしリードを8点にします
  その後両チームともに決めあう展開が続き、ここまでナゲッツが3pt10本以上
  外し続けていましたがこの試合ナゲッツ3ptをローソンの3ptが決め
  ナゲッツが少し追い上げブレイザーズ4点リードで3Q終了

4Q 序盤ルディの得点で同点に追いつきますがすぐにクロフォードにカウントショットを
  決められブレイザーズがリードします。
  その後も追いついてはリードされという展開が続きますが、前半入らなかった
  3ptを要所で決めるブレイザーズに対し、ガリナリがなかなか3ptを決められず
  ナゲッツがリズムを掴めず、その後フェルトンの3ptが決まり勝負を決められ
  ブレイザーズが9点リードで勝ちとなりました

DEN 17 36 26 23 102
POR 30 23 30 28 111

 前半はキャンビー、バトゥムなどに次々ブロックを決められ
 ロングレンジのシュートも入らず厳しかったんですが
 ブレイザーズも3ptが入らずターンオーバーをしたり
 ナゲッツがフリースローをもらっていたこともあって
 ナゲッツにとっては同点でよく頑張っていたとおもいます
 後半に入ってブレイザーズが3ptを決めてい、ナゲッツも
 いいところで3ptを決めてはいましたが、ナゲッツがなかなか
 主導権を握らせてもらえませんでした。
 ネネはキャンビーに抑えられていましたが
 ガリナリはドライブが上手くいっていたので後はシュートが入ればという感じでした。
 
ap-201112292354860571397_1.jpg
 ローソン、フェルトンともにチームを引っ張っていました
 今日のローソンは25得点、8スティールといい活躍を見せてくれていてどのチーム相手にも
 十分活躍できる選手になってきているように感じました。
 昨シーズンまでブレイザーズだったミラー、ルディはミラーは大歓声でしたが
 ルディは移籍の仕方が悪かったこともあり歓声はほとんどありませんでした。

 次の試合はアウェイでレイカーズ戦です
 このナゲッツ戦からレイカーズは出場停止中だったバイナムが戻ってくるので
 ガソル、バイナムとインサイドの強さがすごいので
 今日の試合みたいにアウトサイドのシュートが決まらなければナゲッツにとって
 厳しい試合になりそうです。
 3連戦の初戦なのでなんとか勝ってホームに戻りたいところです
 
 
 


 
スポンサーサイト

ナゲッツホーム開幕戦 ナゲッツvsジャズ

スターター
ナゲッツ    ジャズ
PGローソン  PGハリス
SGアフラロ  SGベル
SFガリナリ  SFヘイワード
PFネネ    PFフェイバース
Cモズコフ   Cジェファーソン

ナゲッツ、ジャズともに前試合と同じスターター
ジャズは昨日レイカーズと試合をしていたので連戦です

1Q 序盤ナゲッツはアフラロのシュートがあまり決まらず
  ジャズは昨日レイカーズ相手に抑えられたジェファーソンが
  しっかり得点してジャズが序盤リズムを掴みます。
  中盤以降はナゲッツがネネ、ローソンの得点で逆転して
  残り4秒ぐらいでアンダーセンがダンクを決め8点差にしますが
  アンダーセンが少しアピールしている間に前線までボールを運ばれ
  ブザービーターの3ptを決められナゲッツ5点リードで1Q終了
  アンダーセンらしいプレーぶりだったので仕方ないです

2Q 序盤ナゲッツはアフラロ、ハリントンが得点しますが
  ジャズもハリスやジェファーソンの得点で点差を広げさせません
  中盤に入りジャズのターンオーバーからローソン、ネネの得点で
  ナゲッツがリズムを掴みその後もネネ、ローソンが得点し
  ナゲッツ17点リードで2Q終了

3Q 序盤は一進一退でいきますが、ジャズのターンオーバーや
  ナゲッツのディフェンスでナゲッツが速攻での得点やハリントンの得点で
  ナゲッツ22点リードで3Q終了

4Q 点差もあったので両チームともベンチメンバー主体の時間が多くなり
  ナゲッツはフェルナンデス、ブリュワーが得点していました
  ファリードも公式戦初出場しましたが得点はできませんでした
  ジャズもベンチメンバーを出場させ新人でコロラド大のバークスが
  出てきて会場も盛り上がり、バークスは15得点しました
  ナゲッツ17点リードで勝ちとなりました

UTA 23 23 20 34 100
DEN 28 35 25 29 117

全体的にシュートタッチがよくなかったんですが
ジャズのターンオーバーに助けられた感もあり
ナゲッツらしい速いバスケットが展開できペイント内での得点が多かったです
PGのローソン、ミラーはローソンは3ptは決まりませんでしたがドライブからの
得点はさすがでした。ミラーは速攻などのパスなどでアシスト12と活躍していました
アフラロのシュートタッチが上がってくればよりいいオフェンスになりそうです
新加入のルディはいいアシストを多くしていました

ap-201112282208796889290.jpg
 オフェンスでは合わせのプレーからのダンクやレイアップやミドルレンジからのショットが
 決まり、ディフェンスはリバウンド、スティールといい活躍をみせてくれました  
  
次の試合は今シーズン初の連戦でアウェイでブレイザーズ戦です
両チームとも元チームメイトがいるので見どころが多い試合になりそうです

ナゲッツ開幕戦 ナゲッツvsマブス

スターター
ナゲッツ    マブス
PGローソン  PGキッド
SGアフラロ  SGウエスト
SFガリナリ  SFマリオン
PFネネ    PFノビツキー
Cモズコフ   Cヘイウッド

ナゲッツは予想通りのスターター
マブスは昨日のヒート戦スターターだったカーターを
ベンチからにしてウエストをスターターに起用しました

1Q 序盤から中盤はナゲッツはローソンが3pなどで得点していき
  マブスはヘイウッドがインサイドで得点をしていき一進一退でいきました
  終盤に入りマブスのオフェンスもある程度決まっていましたが
  ナゲッツがそれを上回りベンチから出てきたハリントンが3pを連続で決め
  ナゲッツが9点リードで1Q終了

2Q 序盤はナゲッツはハリントン、ミラーなどが得点し、マブスはノビツキー、オドムが
  得点し両チーム決められたら決め返す展開が続きました
  中盤に入りナゲッツのオフェンスは止まらずローソンが得点を重ね
  マブスは5分得点がなくナゲッツ27点リードで2Q終了

3Q 中盤あたりでマブスがキッドの3pやノビツキーの得点でリズムを掴みかけますが
  アフラロが1on1からの得点と速攻からの3pで得点してくれました
  その後はナゲッツ、マブスともにフリースローでの得点が多くなりそこまで差がつかず
  ナゲッツ29点リードで3Q終了

4Q 点差がついたこともあり両チームこの先の試合のことを考えて
  チームの形を作っていく感じでした
  そのなかでよかったのがマブスのウィリアムスでアンダーセンを
  上手くディフェンスし、オフェンスでも頑張っていました
  ナゲッツ22点リードで勝ちとなりました

DEN 32 37 28 18 115
DAL 23 19 26 25 93

オフェンス、ディフェンスともによかったとおもいます
今日のように上手くシュートが決まる日はいいのですが
決まらない時にガリナリ、ネネが得点をとってくれるのが理想です
マブスは連戦の影響ということよりも連携がよくなくオフェンス、ディフェンスともに
上手くいってませんでした。ただメンバーはいい選手ばかりなのでこれから連携を
上げていけばすごく強いチームだと思います


ap-201112262237814776181.jpg
 ローソンはドライブからの得点はもちろんですが3pも上手く決まっていてすばらしい活躍でした
 ミラーもオフェンス、ディフェンスともによかったと思います

ap-201112262220804566089.jpg
  4Qに活躍していたマブスのウィリアムスです
  初めてプレーをみましたがかなりいい選手だなと感じました

ap-201112262126772195894.jpg
  マーティンが観戦に来ていました。
  どこのチームでもいいのでnbaで活躍する姿をみせてほしいです

次の試合はホーム開幕戦でジャズとです
インサイドの選手がそろっているジャズなので
ナゲッツのインサイド陣に頑張ってもらいたいです

プレシーズンマッチ2戦目 ナゲッツvsサンズ

スターター
ナゲッツ     サンズ
PGミラー    PGナッシュ
SGアフラロ   SGダドリー
SFガリナリ   SFヒル
PFコウフォス  PFフライ
Cモズコフ    Cロペス


ナゲッツはローソン、ネネ、ハリントン、ルディの4人
サンズはゴータットが試合に出ませんでした

試合は1Qはナゲッツがコウフォスやブリュワーの得点でリードを広げ
2Qになり攻めあぐねるナゲッツに対しサンズがダドリーの3pなどで
差を詰めます。3Qは序盤はサンズに3pを決められますが徐々にナゲッツの
ディフェンスが決まり、フリースローなどで得点を重ねリードを広げます
4Qは序盤にブリュワーの得点などで20点差近くにし、新人選手が出場となりました
DEN 26 26 27 31 110
PHO 16 34 21 14 85
 
契約後初試合のアフラロはシュートタッチがあまりよくなくオフェンスファアルを
とられるなどあまりいい状態ではありませんでしたがこれから少しづつ調子を
上げていってもらいたいです

今日の試合よかったのはブリュワーで内外ともにいい感じでシュートが
決まっていてディフェンスでもよかったと思います
キャロルもディフェンスはもちろんですがオフェンス面でも外からのシュートを
しっかり決めていました
ap-201112222126772090881_1.jpg

主力の4人がいないので今日は勝敗は気にせずと思っていましたが
2Q以外はディフェンスがよく上手くチームで勝ちきることができました
いろいろな選手を使えたこともナゲッツにとっては大きなプラスになり
開幕戦をいい形でむかえることができそうです
開幕戦はアウェイで王者マブス相手なので厳しい試合になることは確実ですが
勝って勢いに乗りたいところです


プレシーズンマッチ ナゲッツvsサンズ

スターター
ナゲッツ      サンズ
PGローソン    PGナッシュ
SGミラー     SGチルドレス
SFガリナリ    SFダドリー
PFネネ      PFフライ
Cモズコフ     Cゴータット

主な欠場としてはナゲッツは契約直後もありアフラロは出場せず
サンズはヒルとピートラスが出場しませんでした

試合展開は両チームの得点の取り合いでらしい試合でした
3pの確率やリバウンドの差でナゲッツが上回り勝ちとなりました
PHO 28 21 32 29 110
DEN 34 29 34 30 127

ネネが1Q途中までの出場でしたがFG5-5でよかったとおもいます
ローソン、ミラーの2ガードはミラーがハーフコートオフェンスを
組み立てれるのでシーズンでも使う可能性もあるなと感じました
点差もあって4Qはほぼ新人選手での試合となりましたが
そのなかで光ったのがファリードでダンクでの得点が
ほとんどでしたが身体能力の高さを見せつけ14点とりました
リバウンドも6でそのうちオフェンスが5といい働きをしていました
ap-201112202214800817226.jpg
次のプレシーズンマッチは相手は同じくサンズでアウェイでの試合です
シーズン開幕戦に向けて内容のある試合をしてもらいたいです

アフラロ残留 LA対決

1年約800万ドルで5年契約。
少し高額になった感はありますが今後のナゲッツを支えてくれる選手なだけに
これぐらいは致し方ないかなと思います。
これでほぼロスターは完成。気持ちよく、明日のプレシーズンマッチに挑めそうです。

そして今日注目のLAどうしのプレシーズンマッチが行われました。
結果はLAC114-95LAL
ポール、ビラップスの2人が上手くオフェンスを展開してました。
3Q中盤以降はクリッパーズは主力が出ていませんでしたがほとんど点数を縮められることなく終了。
プレシーズンのたった1試合だけで決めるのはどうかと思いますが、今日の試合を見る限りだと
クリッパーズは十分優勝争いを演じられるような気がします。
ビラップスがいるということもあり、クリッパーズの試合は要注です。

ナゲッツ公開練習

nba.comでナゲッツの公開練習の模様が見れました。
見たときはすでに試合をしていて2Qぐらいからでした。
主なチーム分けは
青チーム      白チーム
ネネ         ローソン
ハリントン      ガリナリ
ルディ        モズコフ
コウフォス      ブリュワー
ハミルトン      ファリード
キャロル       アンダーセン

ミラーはどちらのチームにもおなじくらい出ていた感じ。
試合内容はとにかくアップテンポ。オールスターを観てるぐらい緩かったです。
オフェンスの形はピックアンドロールからの攻めがほとんどでしたが、
インサイドとアウトサイドを上手く使い分けていました。

各選手の感想をさらっと。
ローソン:自分で得点というよりはアシストで目立っておりました。
     アップテンポのバスケを遂行するには欠かせない選手だと改めて感じました。

ミラー :ハーフコートオフェンスになったときに上手くスクリーン使ってオフェンスを
     組み立てていました。ローソンとの2ガードもなかなかよかったとおもいます。

ガリナリ:外で待機からのシュートが多かったので、もう少し1on1をみたかったです。

ハミルトン:オフェンスでは3pをしっかりと決めれていたので即戦力になる可能性は十分にありそう。
      
ブリュワー:アリウープなどで会場を沸かせていましたがフリーになってもあまりシュートはうたず
       パスをしていたのでもう少し積極的にアウトサイドを狙ってほしかったです。

ルディ  :フリーになることがあまりありませんでしたがフリーの時はしっかり3pを決めており、
      パス能力も十分にありました。

キャロル :ディフェンスタイプの選手だと思ってみていましたが意外とオフェンスでアウトサイドのシュートを
       決めていました。

ファリード:評判通りエネルギッシュなプレーでリバウンド、ダンク、ブロックと素晴らしい
      活躍をみせてくれました。

コウフォス:積極的にいくのはいいんですが少しタフショットが多かった。

モズコフ :プレーの質でいえばマッチアップしていたコウフォスを上回り積極性もあり良かったかなと。
   
ハリントン:出場時間が短かったこともあるかもしれませんがタフショットを連発し、外しておりました。

アンダーセン:短い時間のなかでアンダーセンらしい活躍をみせておりました。

ネネ   :ほとんどプレーせず。

練習試合とはいえ久しぶりにナゲッツの試合がみれて楽しかったです。
今後新加入選手やルーキーがチームにフィットして、アフラロが残留してくれれば
さらに面白いナゲッツが見れそうです。
     

ナゲッツついに動く

各チームのFA情報やトレード話が飛び交う中、最もロスターが不安定であるはずのナゲッツが
FA解禁日を過ぎてもなかなか情報がなかったんですが、ついにナゲッツが動きました。
ダラス→ナゲッツ
フェルナンデス、ブリュワー
ナゲッツ→ダラス
将来の2巡目指名権

これはナゲッツにとって良いトレードになったのではないかと。
JRスミスやチャンドラーが抜けたところにうまく補強できました。

あとはディフェンスタイプのデマール・キャロルを獲得。
そしてネネの交渉も上手くいったみたいで残留に^^
アフラロもおそらく残留するのではないかと言われています。
情報はでていませんでしたがナゲッツのフロント陣は新体制に向けて動いてくれていました。

このままアフラロも残留した場合のロスター
PGローソン、ミラー
SGアフラロ、フェルナンデス
SFガリナリ、ブリュワー、ハミルトン、キャロル
PFネネ、ハリントン、ファリード、Maduabum Chukwudiebere
C モズコフ、アンダーセン、コウフォス
おそらくネネをPFとして起用し、モズコフをCとして起用することが予想されます。
ロスターも安定し、ようやくチームとなって動くことができそうです。
プレシーズンが楽しみ。

ナゲッツの近況

トレーニングキャンプが始まりました。
ただメロドラマやロックアウトの影響で、昨シーズン開幕時のスターターが全員いないという・・・orz

FAで注目されているネネ、アフラロですが、ネネはネッツ移籍が本命みたいです。
ネッツはハワードも獲得に動いているようなので、どちらかに絞るのか両方とりにいっているのか。
ハワードに絞っているならナゲッツ残留というのもありえそうです。ハワードを狙ってください。

アフラロは情報があまりないので正直どうなってるのかよく分かりません。
今のロスターを考えるとなんとか残留にこじつけると気がします。

やはり、JRスミス、チャンドラー、マーティンの3人は戻るのは厳しいみたいで
さらにフォーブスもどうやら移籍が決まるみたいです・・・

ということでナゲッツのロスターは新人選手をいれても厳しい状況。
なので、FA選手の獲得SG、PFかCあたりの獲得を目指すことになりそうです。
このような状況なので今シーズンは若手の活躍を期待。
特にローソン、ガリナリ、モズコフがチームを引っ張ってもらいたいです。

ナゲッツ開幕戦は王者マブス

新シーズンのスケジュールが発表されました。
ナゲッツの開幕戦はアウェイでマブスとの試合。
その後はホーム開幕戦でジャズと@ブレイザーズ戦の連戦。
@とホームでレイカーズと、さらにホームでバックスとで3連戦。
新生ナゲッツの旅立ちには十分すぎる相手で勝敗は別として開幕から面白くなりそうです^^
注目のニックスとはナゲッツのホームでの試合はなくニックスのホームのみだそう・・・
ロックアウトでナゲッツは大変なことになった経緯があるんだから、ニックスとの2連戦はNBA側も
気を利かして調整しろや、と思わなくもないですが^^まぁいいです。
今季もナゲッツvsニックスのNBAファイナルを希望します^^
ちなみにプレシーズンはサンズとの2戦。

まだナゲッツにとって最重要になるFA契約があります。
ネネ、アフラロともに残留してほしい。

クリスマス開幕へ

久しぶりの更新。
ロックアウトもようやく終わるということなので、
これから新シーズンに向けて少しずつ更新していきたいと思います。
ロックアウト終了はいいことなのですが、ロックアウトの影響により今シーズンFA選手の多いナゲッツが
とても苦しい状況になっています。
欧州にいる選手でロックアウト後ナゲッツに戻れる選手はいいのですが
JRスミス、マーティン、チャンドラーは中国のチームと契約しており、契約上3月まで戻れないという事態に。
さらに開幕まで契約する時間も少なく、プレシーズンも少ない状況・・・
この短い期間でチームをまとめるのは至難の業。なんとかフロント陣に頑張ってもらいたい。
プロフィール

マーティン

Author:マーティン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
人気ブログランキングへ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。