スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナゲッツvsクリッパーズ

スターター
ナゲッツ   クリッパーズ
PGミラー   PGポール
SGアフラロ  SGビラップス
SFガリナリ  SFバトラー
PFネネ    PFグリフィン
Cモズコフ   Cジョーダン

ナゲッツはローソン
クリッパーズはブレッドソーが出場しませんでした
 
1Q ナゲッツはミラー、ネネが得点し、クリッパーズはビラップスが得点し
  つかずはなれずの展開でいき、終盤ナゲッツが連続得点をして
  ナゲッツ3点リードで1Q終了

2Q 序盤両チームなかなか得点をとれませんでした
  中盤に入り、両チーム3ptを決めては決められの展開となり
  終盤もどちらリズムもリズムを掴めずいきました
  ナゲッツ5点リードで2Q終了

3Q 序盤ナゲッツがガロ、アフラロの3ptなどの得点で9点リードします
  中盤クリッパーズがビラップスの3pt2本とポールの3pt2本が連続で決まり
  逆転しますが、その後ナゲッツがハリントンの得点でリードし
  ルディのブザービーターのティプショットが決まり
  ナゲッツ6点リードで3Q終了
 
4Q 立ち上がりナゲッツが10点リードしますが、その後クリッパーズがポールなどの得点で
  10-0のランを決め同点にします
  その後は両チーム一進一退でいき、終盤ビラップスの3ptとエンドワンが決まりクリッパーズが
  3点リードしますが、残り47秒でナゲッツはネネのダンクで逆転します
  その後はクリッパーズがフリースローで得点をとり逆転し、ナゲッツは得点がとれませんでした
  クリッパーズ4点リードで勝ちとなりました

LAC 23 25 29 32 109
DEN 26 27 30 22 105

  オフェンス、ディフェンスともによかったと思います
  オフェンスではターンオーバーも少なく上手くボールが回っていたと思います
  最近ハリントンの3ptが入っていないので少しオフェンスが機能していない時があります
  ディフェンスはよくついていましたが、ビラップスにタフなシュートを決められました
  ここまでの試合はシュートの確率がよくなかったビラップスですが
  こういうときにしっかり決めてくるのはさすがですね
  4Qガロがポールについていてスピードがあり、ディフェンスのいいガロとはいえ
  さすがにミスマッチだと感じました
  そのときコートにでていたミラーやルディでは厳しいという判断だったんでしょうか

ap-201201292108760956047.jpg
  さすがビラップスとしかいいようがない活躍でした
  ナゲッツにいるときにピストンズと試合したときもいつもよりシュートを決めていたことを
  思い出しました。今シーズンのいつものビラップスの出来ならばナゲッツが勝っていたと
  思いますがこういう試合にしっかり得点するビラップスはさすがだと感じました
  これからも頑張ってほしいです

  次の試合はアウェイでグリズリーズ戦です
  この試合後3連戦が待っているのでなんとか連敗はさけて
  勝ちたいところです
  
  

  
  
スポンサーサイト

ナゲッツvsラプターズ

スターター
ナゲッツ   ラプターズ
PGミラー  PGカルデロン
SGアフラロ SGデローザン
SFガリナリ SFクレイザ
PFネネ   PFジョンソン
Cモズコフ  Cグレイ

ナゲッツはローソン
ラプターズはバルニャーニが出場しませんでした

1Q ナゲッツのオフェンスもいい出来ではなかったんですが、ラプターズのシュートがほとんど
  決まらず、ナゲッツはガリナリの得点やミラーのブザービーターの3ptで差をひろげ
  ナゲッツ16点リードで1Q終了

2Q 1Qとは違い序盤ラプターズがバルボサなどの得点していきますが、ナゲッツもルディが
  ミドルから3ptシュートまでよく決めいました
  中盤以降はラプターズのシュートが決まらなくなりナゲッツがリードをひろげていきました
  ナゲッツ22点リードで2Q終了

3Q 中盤ラプターズがジョンソンなどの得点でリードを縮め、その後は一進一退でいきました
  ナゲッツ14点リードで3Q終了

4Q 序盤ラプターズがベイレス、バルボサの3ptなどの得点で6点差まで追い上げます
  その後ナゲッツがガリナリ、ルディの得点でリードを11点にひろげます
  中盤以降はラプターズのターンオーバーやシュートが決まらず、ナゲッツが徐々に得点していき
  ました。残り30秒ぐらいのところで今日ハリントンのシュートがほとんど入ってなかった
  こともあってかハリントンがクレイザにつっかかりテクニカルをとられていました
  ナゲッツ15点リードで勝ちとなりました

TOR 12 20 32 17 81
DEN 28 26 24 18 96

  オフェンスは前半はうまく得点できていましたが、後半は3ptの形が多くルディ以外のシュートは
  ほとんど外れていたので、もう少しペイント内での得点をしていく形にしてもよかったと感じました
  ディフェンスは3Qに多く得点されてしまいましたが全体的によかったと思います
  
ap-201201272217802229629.jpg
  オフェンスでは3ptを5本決めて23得点、ディフェンスでは3スティールといい活躍をみせて
  くれました復帰したルディは大活躍、モズコフもなかなかでしたが
  アフラロが今日はいいところがありませんでした
  徐々に調子をあげていってもらいたいです
 
  次の試合はホームでクリッパーズ戦です
  ビラップスが移籍後はじめてのデンバーでの試合です
  ローソンが復帰すれば面白いマッチアップも期待できそうです
  アフラロvsビラップスもみたいマッチアップなので楽しみです
  

ナゲッツvsキングス

スターター
ナゲッツ    キングス
PGローソン  PGフレデット
SGミラー   SGエバンス
SFガリナリ  SFサーモンズ
PFネネ    PFトンプソン
Cコウフォス  Cカズンス

ナゲッツはアフラロ、ルディ、モズコフ
キングスはソーントン、ヘイズが出場しませんでした

1Q 序盤から中盤にかけて両チーム得点をとりあう展開となり
  終盤少しオフェンスが決まらなくなったキングスにたいしてナゲッツはうまく
  オフェンスを決めて、ナゲッツ6点リードで1Q終了

2Q 序盤ナゲッツはハリントンなどが得点し、キングスはヒクソンなどが得点していきます
  残り7分ぐらいにローソンが足を痛めたみたいでロッカーに下がり
  その後の出場はありませんでした
  中盤から終盤にかけてキングスのオフェンスがほとんど決まらなくなり、ナゲッツがガリナリの
  得点などで得点差をひろげます。
  ナゲッツ23点リードで2Q終了

3Q 立ち上がりナゲッツが8-0のランを決めて31点リードとなります。その後は両チーム得点しあう
  展開となります。ナゲッツ29点リードで3Q終了

4Q ナゲッツは主力を休ませていてストーン、ファリード、ハミルトンなどが出ていました
  ファリードのリバウンドのポジションどりはなかなか良かったと思います
  ストーン、ハミルトンも得点していました
  キングスは中盤ぐらいまではスターターでしたがその後は主力を休ませて、両チーム
  ベンチメンバーでの戦いとなりました
  ナゲッツ29点リードで勝ちとなりました

DEN 32 34 28 28 122
SAC 26 17 22 28 93

  オフェンスではナゲッツらしいファストブレイクがよく決まっていて、ペイント内での得点が
  多くいいオフェンスができていたと思います。ただゾーンをしかれた時にフリーでの3ptを外して
  しまっていたことがありました
  ディフェンスでは3ptは確率よく決められましたが全体的にうまく
  ディフェンスできていたと思います
  アウェイ5戦を勝ち越せたらと思っていましたがナゲッツらしからぬアウェイで
  5戦全勝とすばらしい結果を残してくれたと思います
   
kk.jpg
   オフェンスでは得点、アシストで活躍しディフェンスでもブロックを3本決めて攻守にわたり
   良い活躍をしてくれました。
   ガロと契約延長が決まったみたいで4年4200万ドルらしいです
   昨シーズンから難しい交渉をフロント陣はすばらしい仕事をしてくれていると感じます
   
   次の試合はホームでラプターズ戦です
   ローソン、アフラロ、ルディ、モズコフなどが出場できるかは分かりませんが
   今日のようなナゲッツらしいバスケットで勝ってもらいたいです

nba注目チーム

ナゲッツの試合がそこそこあくので
ここまで個人的にnbaで注目しているチームをあげたいと思います

クリッパーズ
誰もが注目しているチームであると思いますが
個人的にビラップスを応援しているので注目しているチームにあげました
スターターはポール、ビラップス、バトラー、グリフィン、ジョーダンと
5人全員がオールスタークラスで派手な試合をしてくれるので見ていてあきません
控えの選手はFとCが不足している感じですが加入したエバンスが結構いい動きをしているし
控えのガード陣はウィリアムス、フォイがいて今はけがで出場していませんがブレッドソーもいて
なかなか強いと思います
ナゲッツ、クリッパーズともにプレイオフにでてもらい出来れば
ナゲッツvsクリッパーズのカンファレンスファイナルをみたいです

ニックス
メロがいるということで注目しているチームにあげました
スターターはシュンパート、フィールズ、メロ、アマレ、チャンドラー
噛み合えば強いと思うんですがそれにはゲームコントロールができるPGが必要だと感じます
メロのオフェンスは基本1on1で、アマレはPGとのコンビで強さを発揮するので
もしデイビスが復帰してメロの1on1とアマレとのコンビプレーを
使い分けれることができれば強力なオフェンスになると思います
ディフェンスは加入したチャンドラー中心になかなかいいとおもいます
出来ればナゲッツvsニックスのファイナルでメロトレード後デンバーでの初試合をみたいです

ピストンズ
ビラップス、ハミルトン、プリンス、ラシード、ベンとすばらしいチーム力を
みせていたころに好きになり、eastではピストンズを応援しているので
注目チームにあげました
今はけがの選手が多いので、もし全員もどってきたとすればスターターは
スタッキー、ゴードン、プリンス、ベン、モンローになるのかなと思います
控えの選手もバイナム、ナイト、デイ、ジェレブコ、マキシエル、ビラヌエバといい選手が多いので
今はけが人が多く厳しいと思いますが今後ベストメンバーが戻れば強いチームだと思います


ナゲッツvsニックス

スターター
ナゲッツ    ニックス
PGローソン  PGシャンパート
SGミラー   SGフィールズ 
SFガリナリ  SFカーメロ
PFネネ    PFアマレ
Cモズコフ   Cチャンドラー

ナゲッツはアフラロ、ルディ
ニックスはデイビスが出場しませんでした

1Q 序盤ナゲッツはネネ、モズコフ、ニックスはアマレ、フィールズなどが得点し
  両チーム得点しあう形で進みました。中盤に入りナゲッツの得点が止まり、ニックスが
  リードしますが、終盤ナゲッツがミラーの得点で逆転します
  ナゲッツ1点リードで1Q終了

2Q 序盤ニックスのウォーカーがダンクや連続3ptを決めたりなどで、ニックスが12点リードします
  中盤以降はとってはとられの展開で進みました
  ニックス8点リードで2Q終了

3Q 立ち上がりナゲッツが5-0のランを決めて2点差にします
  その後両チーム得点をとりあう展開で進みますがフィールズなどの得点で
  ニックスのほうがよく得点し、ニックスが8点リードします
  中盤にニックスが得点できなくなり、ナゲッツがガロの得点で追い上げ
  終盤ハリントンの得点などでナゲッツが追いつき、同点で3Q終了

4Q 序盤ナゲッツがハリントンの得点で5点リードしますが、その後メロ、シャンパートの得点で
  逆転され、ニックスが3点リードします。中盤に入りナゲッツがハリントンの3ptなどで逆転し
  6点リードします。終盤ナゲッツのフリースローミスなどもあり、メロが同点となるシュートを
  決めて、その後のハリントンのブザービーターをねらった3ptが外れ同点で4Q終了

OT ナゲッツが終始厳しい展開でしたが、ミラーのロング3ptやこの試合でもらったフリースロー
  4本全てを外していたネネが同点となるフリースローを2本決めたりとナゲッツがよくねばり
  同点でOT終了

2OT ナゲッツはガロがフリースローをしっかり決めて得点し、ニックスはメロが得点していき
  リードがいれかわる展開でいきます。その後メロのシュートが外れ、ハリントンの3ptが決まり
  ナゲッツが4点リードしました。その後はナゲッツがうまくリードをまもりきりました
  ナゲッツ5点リードで勝ちとなりました

DEN 25 21 26 26 7 14 119
NY 24 30 18 26 7 9 114

  前半オフェンスがうまく決まらない中でなんとか8点差で前半を終われたことが後半の
  追い上げにつながったと思います。
  オフェンスではシュートが決まらないのは仕方ないですが、安易なターンオーバーが多く
  フリースローをもう少ししっかり決めてればオーバータイムまでいかなかったと思います
  ただガロのオーバータイムでのフリースローとネネの同点にするフリースロー2本はしっかり
  決めていたのでよかったと思います
  ディフェンスでは勝負どころでは決められましたがメロに対しては前半しっかりと抑えることが
  できていてよかったと思います
  スクリーンをかけられてあっさりノーマークの3ptの形を作られていました
  ここ数試合アウェイでこういう試合をしっかり勝てていることは今後につながっていくと
  思います。ニックスのオフェンスのスタイルがどのようなものなのかよくわかりませんが
  後半はとくにアマレにボールがほとんどわたらず、オフェンスに参加できていないように
  感じました。デイビスが復帰すればそれも変わってくるかもしれませんが、今の段階では
  アマレをうまくつかえていない気がします。

ap-201201211959719700388_1.jpg
  ガロvsメロのマッチアップはメロがナゲッツにいたときも面白い勝負でしたが今日も
  楽しませてもらいました

  次の試合はアウェイでキングス戦です
  アウェイ5戦の最後の試合で3日近くあくので、選手にはしっかり休養してもらって
  できれば久しぶりのベストメンバーがそろってほしいです

  
   
     
  

ナゲッツvsウィザーズ

スターター
ナゲッツ    ウィザーズ
PGローソン  PGウォール
SGアフラロ  SGヤング
SFガリナリ  SFシングルトン
PFコウフォス PFブラッチ
Cモズコフ   Cマクギー

ナゲッツはネネ
ウィザーズはトゥーリアフが出場しませんでした

1Q 中盤までナゲッツはモズコフ、ガリナリ、ウィザーズはヤングが得点していき
  一進一退でいきます。終盤に入りナゲッツのオフェンスも決まってはいましたが
  それよりウィザーズのオフェンスがヤングの3ptなどをよく決めてました
  ウィザーズ10点リードで1Q終了

2Q 序盤は両チーム得点しあう展開で進み、中盤に入ってナゲッツがローソン、ハリントンの
  得点などで2点差まで追いつきます。その後はとってはとられの展開で進みました
  ウィザーズ2点リードで2Q終了

3Q 立ち上がりナゲッツが6-0のランを決めて逆転しますが、その後シングルトン、ヤングの
  得点で逆転されます。中盤に入りウィザーズのオフェンスが決まらなくなり、ナゲッツが
  ハリントンの得点などで7点リードします。その後ウィザーズもオフェンスを決めはじめ
  つかずはなれずの展開で進みました。ナゲッツ5点リードで3Q終了

4Q 立ち上がりウィザーズが5-0のランを決めて同点に追いつきます。
  その後は両チーム前半みたいにオフェンスが決まらず同点のまま終盤に入り
  残り2分ぐらいでアフラロがレイアップを決めて2点リードし
  その後のウィザーズのオフェンスが決まらず、ナゲッツのオフェンスになり
  ショットクロックぎりぎりで3ptラインから1メートルぐらいはなれた位置からハリントンが
  3ptを決め、その後ナゲッツがうまくにげきることができました
  ナゲッツ4点リードで勝ちとなりました

DEN 27 34 25 22 108
WAS 37 26 18 23 104

  シクサーズ戦に続き1Qで二桁リードされましたが、しっかりと立て直して
  アウェイで接戦を勝てたことはすごく大きいと思います
  オフェンスでは全体的にシュートタッチがよくローソンの3ptも久しぶりに
  決まっていたのでよかったと思います
  ディフェンスは1Qに得点されましたがウィザーズのシュートタッチがよかったのも
  あったので仕方ない部分があり全体的によくできていて
  とくにインサイド陣は頑張っていたように感じました
  
ap-201201202056753926844_1.jpg
  試合を通して3ptを決めていて終盤の3ptはすごかったし、レイアップ上手く得点できていて
  すごい活躍だったと思います
  
  次の試合はアウェイでニックス戦です
  メロトレード後初の対戦です
  ガロvsメロのマッチアップはナゲッツファン、ニックスファンともに
  楽しめるマッチアップになりそうです。

ナゲッツvsシクサーズ

スターター
ナゲッツ    シクサーズ
PGローソン   PGホリデー
SGアフラロ   SGミークス
SFガリナリ   SFイグダラ
PFネネ     PFブランド
Cコウフォス   Cヴュチェビッチ

ナゲッツはルディ、モズコフ
シクサーズはホーズが出場しませんでした

1Q 序盤はシクサーズがリズムをつかみホリデー、ブランドが得点していき8点リードします
  中盤以降はナゲッツもペイント内を中心に得点していきますが、シクサーズもヤング
  ウィリアムスが得点していきつかずはなれずにいきました。シクサーズ9点リードで1Q終了

2Q 序盤1Qと同じくシクサーズがヤング、ターナーなどの得点で14点リードします
  中盤以降はナゲッツがリズムをつかみ、ミラー、ネネなどが得点し、シクサーズのオフェンスが
  決まらなくなってきて、ナゲッツが一気に逆転しました。ナゲッツ6点リードで2Q終了

3Q 序盤から中盤まではとってはとられの展開となり得点差はあまりかわらずいき
  終盤も一時はシクサーズが2点差まで点差を縮めますが
  その後ナゲッツがハリントン、ブリュワー、アフラロの3ptが決まります
  ナゲッツ6点リードで3Q終了

4Q 序盤シクサーズのオフェンスが上手く決まらず、ナゲッツが10点リードしますが
  その後今度はナゲッツのオフェンスが決まらず、シクサーズが得点を重ね逆転します
  終盤に入りナゲッツがミラーの得点で逆転をしますが、その後シクサーズも逆転し
  残り7秒でミラーが逆転のショットを決め、ナゲッツが1点リードしますがその後イグダラが
  フリースローを1本決め同点となり、ミラーのブザービーターが外れ同点で4Q終了

OT 両チーム得点をしあう展開となり、残り42秒ぐらいでミラーがシュートを決めナゲッツが
  2点リードになり、その後シクサーズのオフェンスでウィリアムスがオープンの逆転を狙った3ptを
  うちますが入らず、その後シクサーズが逆転できる場面でホリデーがターンオーバーをして
  ナゲッツが4点リードで勝ちとなりました
  
DEN 19 32 27 18 12 108
PHI 28 17 27 24 8 104
  
  14点差を逆転したり、10点リードを逆転されたりといろいろあった試合でしたが
  ナゲッツにとって勝ちきれたことは今後の試合にもおおきいと思います
  
ap-201201182103757991214.jpg
  ミラーが追い上げる時の得点やクラッチでの得点で28得点、アシストも11とすばらしい
  活躍をしてくれました
   
  次の試合はアウェイでウィザーズ戦です
  ウィザーズは今シーズンあまり調子はよくないみたいですが
  今日の試合でホームでサンダーに勝っているので決して油断できるチームではないと
  思います
  
  
    

ナゲッツvsバックス

スターター
ナゲッツ    バックス
PGローソン  PGジェニングス
SGアフラロ  SGデルフィノ
SFガリナリ  SFジャクソン
PFネネ    PFルアー
Cモズコフ   Cボーガット

ナゲッツはルディ
バックスはダンリービー、バーモーテが出場しませんでした

1Q 序盤両チーム得点できず進み、中盤に入りナゲッツがネネやモズコフの得点でリードし
  その後、バックスのデルフィノに3ptを決められますがナゲッツもフリースローで得点
  していき、ナゲッツ5点リードで1Q終了

2Q 序盤バックスのターンオーバーもあり、ナゲッツがブリュワーの得点でリードを10点差にします
  中盤バックスに少し差を縮められますが、その後ハリントン、ブリュワー、ガリナリと3ptを決め
  その後もファストブレイクからの得点やフリースローなどで得点していきます
  ナゲッツ19点リードで2Q終了

3Q 序盤ナゲッツはレイアップをブロックされたりターンオーバーがあったりとオフェンスが上手く
  いっていませんでしたが、バックスもシュートが決まらなかったりターンオーバーをして
  得点差が変わらず進みます。その後ナゲッツはアフラロ、ハリントン、ブリュワーの3ptが決まり
  バックスもジェニングスが得点していきました
  ナゲッツ18点リードで3Q終了

4Q ナゲッツのターンオーバーが多く、オフェンスが上手くいかず
  ジェニングスの3ptなどの得点で追い上げられますが、終盤ガリナリが上手く得点しました
  ナゲッツ10点リードで勝ちとなりました

DEN 26 37 22 20 105
MIL 21 23 23 28 95

 前半はナゲッツらしい速い展開のバスケットができていて3ptも上手く決まっていて
 よかったんですが、後半は3ptはよく決めていましたがターンオーバーが多くなってレイアップも
 ブロックされていたので3ptを決めているときみたいにもう少しボールを回してみても
 よかったと思います。アフラロが最近3ptの確率はよくなってきたんですがレイアップを
 上手く決めれていないです。ディフェンスでいい活躍をみせてくれているので今後オフェンスでの
 活躍も期待したいです
 ディフェンスはオフェンスのターンオーバーからの得点は何度かありましたが、上手くボールを
 持っている選手にプレッシャーをかけれていて全体的によかったと思います
 
 011712-550-brewer.jpg
 速い展開からの得点や3ptを決めてすばらしい活躍だったと思います
 
 次の試合は連戦でアウェイでシクサーズ戦です
 現在イースト2位でホームでは負けなしのシクサーズな上に連戦という
 ナゲッツにとって厳しい状況ではありますが、なんとか勝ってもらいたいです

ナゲッツvsジャズ

スターター
ナゲッツ    ジャズ
PGローソン  PGハリス
SGアフラロ  SGベル
SFガリナリ  SFヘイワード
PFネネ    PFミルサップ
Cモズコフ   Cジェファーソン

ナゲッツはベストメンバー
ジャズはハワードが出場しませんでした

1Q 序盤はナゲッツはネネ、ガリナリが得点し、ジャズはジェファーソンが得点し
  両チーム得点しあう展開で進みます。その後両チーム得点できない時間帯がありましたが
  ナゲッツが得点すると、ジャズも得点していく展開になります
  ナゲッツ1点リードで1Q終了

2Q 序盤ナゲッツはブリュワー、ジャズはバークスが得点していきます
  1Qと同じく両チーム得点が入らない時間帯があった後、ジャズが得点しだすと
  ナゲッツも得点するという展開になり、ナゲッツがアフラロ、ローソンの3ptで一時は
  リードを4点にしましたがその後追いつかれて、同点で2Q終了

3Q 立ち上がりジャズに7-0のランを決められますが、モズコフの活躍で追い上げ一時は
  逆転しますが、ターンオーバーやフリースローミスが目立ちその後またジャズにリードをされて
  ジャズ4点リードで3Q終了

4Q 序盤からジャズのミルサップがシュートを次々と決めていきジャズがリードを広げます
  その後もミルサップが止められず、ナゲッツも最後まで頑張りますがフリースローが
  決まらなかったり、追い上げの時に上手く得点できませんでした
  ジャズ10点リードで勝ちとなりました

UTA 25 23 29 29 106
DEN 26 22 25 23 96

  オフェンスではフリスローのミス、決めれそうなレイアップを決めきれませんでした
  ジャズのディフェンスはよかったとおもいますが、フリスローはもらえていたので
  もう少し決めてほしかったです
  モズコフがいい感じでミドルレンジのシュートを決めれているので
  今後オフェンスの一つとして使ってみても面白いと思います
  ディフェンスでは4Qのミルサップにやられたのはある程度仕方ないですが
  全体的にシュートチェックにいけてなかったような気がしました
  オフェンスがうまくいかない影響も出た感じでした

ap-201201152027736264039.jpg
  今日のローソンはレイアップが上手く決まらず、ミドルレンジのシュートも決めれませんでした
  今後ドライブがかなりマークされるとおものでミドルレンジのシュート力が重要に
  なってきそうです
  
  次の試合はアウェイでバックス戦です
  この試合から5試合連続アウェイが続き、日程も厳しいです
  アウェイ5戦はなんとか勝ち越せたらいいとおもいます
  ホームで苦戦したバックスなのでアウェイではさらに厳しい試合になると
  思いますが、なんとか勝ってもらいたいです   

ナゲッツvsヒート

スターター
ナゲッツ    ヒート
PGローソン  PGチャルマーズ
SGアフラロ  SGウェイド
SFガリナリ  SFレブロン
PFネネ    PFボッシュ
Cモズコフ   Cアンソニー

主なメンバーとしてナゲッツはベストメンバー
ヒートはミラーが出場しませんでした

1Q 立ち上がりヒートがウェイド、レブロンがジャンプシュートを決め6-0のランを決められます
  その後はモズコフがオフェンス、ディフェンスともに活躍しアフラロ、ガリナリの3ptも効果的に
  決まり逆転します。中盤以降はナゲッツがリズムを掴みローソン、ネネが得点したり
  ルディ、ハリントンの3ptも決まりいいオフェンス、ディフェンスができていました
  ナゲッツ9点リードで1Q終了

2Q 序盤は両チーム得点をとっていく展開になりますが、徐々にヒートがボッシュなどの得点で
  押し始めレブロンの得点で逆転にまでいきました
  その後ナゲッツはローソン、モズコフ、ガリナリが得点し、ヒートはレブロンが得点していき
  両チーム一進一退でいきます
  ナゲッツ2点リードで2Q終了

3Q ナゲッツが点差を少し離したと思ったらヒートがすぐ追いつく展開が続きました
  アフラロ、ガリナリ、ハリントンと3ptを多く決めていたナゲッツが5点リードで3Q終了

4Q 序盤微妙な判定だったウェイドのオフェンスファアルなどがあり
  ナゲッツが9-0のランで14点差にします
  残り7分ぐらいでウェイドが足をくじいてしまいその後出場しませんでした
  その後ナゲッツがミラー、ネネが得点していき、ヒートもレブロンが3ptを決めますが
  直後にルディの3ptが2回決まりました
  ナゲッツが13点リードで勝ちとなりました

MIA 21 32 28 23 104
DEN 30 25 31 31 117
  
  オフェンスがよくナゲッツらしいバスケットが出来ていたと思います
  オフェンスではボールが上手く回っていて3ptもいいタイミングでうてていたと思います
  オフェンスが上手く決まらない時にモズコフが得点してくれたことが大きかったです
  足の状態やレブロンがマッチアップということもあるかもしれませんがガリナリのドライブが
  少なかったです。フリースローがあまりもらえていませんでした。もう少しドライブを増やせば
  フリースローも増えてジャンプシュートはそこそこ調子がいいのでさらに決めれるように
  なるとおもいます
  ディフェンスではオフェンスリバウンドはとられていましたがシュートチェックは上手く
  できていたと思います
  ここ数試合3ptが決まりだしているのでこの調子で決めていってもらいたいです
  モズコフも今日の活躍を次もみせてほしいです

1a498fa52d1b6d91114d930ea653a5f2-getty-136973867.jpg
 ローソンがドライブからの得点やアシストでナゲッツのオフェンスを引っ張ってくれました
 4Qでローソンがレブロンからクロスオーバーからのジャンプシュートで得点したシーンは
 すごかったです
 よくいいすぎだとおもいますがアイバーソンがジョーダンからクロスオーバーから決めた
 ジャンプシュートみたいでした

 次の試合はホームでジャズ戦です
 この試合後はアウェイでの試合が続くので勝っておきたいところです

ナゲッツvsネッツ

スターター
ナゲッツ    ネッツ
PGミラー   PGウィリアムス
SGアフラロ  SGモロー
SFガリナリ  SFブルックス
PFネネ    PFハンフリーズ
Cモズコフ   Cペトロ

主なメンバーとしてナゲッツはローソン
ネッツはロペス、スティーブンソンが出場しませんでした
今回は短くまとめたいと思います

NJ 28 24 28 35 115
DEN 35 33 32 23 123

両チームディフェンスがよくなかったのもありますがそれにしても3ptがよく決まり
ネッツは20-35ナゲッツは11-18と確率よく決めていました
両チームショットをよく決めるなかでフリースローでナゲッツが多く得点していたことと
ファストブレイクでの得点が多かったことが勝敗をわけたと思います
ナゲッツのオフェンスはシュートタッチもよくファストブレイクでの得点もよかったんですが
20点ぐらいナゲッツがリードする場面のときにその後安易なターンーオーバーなどで
簡単に点差を縮められたことは今後修正していってもらいたいです
ディフェンスはオープンな状態で3ptをうたれていたことで多く決められてしまいました

nuggets1.jpg
2Qで15得点とすごい活躍をみせてくれました
ナゲッツの速いバスケットにフィットしている感じなので今後も期待したいです

次の試合はホームでヒート戦です
今日の試合で4Qにガリナリが足をねんざしたみたいですが
ヒート戦出場の可能性は高いみたいです
今日出場しなかったローソンは間に合うのかどうかわかりません
今後のことを考えれば無理はできませんが出来ればベストの布陣で
ヒート戦を戦ってもらいたいです

ナゲッツvsホーネッツ 

スターター
ナゲッツ   ホーネッツ
PGローソン  PGジャック
SGアフラロ  SGベリネリ
SFガリナリ  SFアミヌ
PFネネ    PFケイマン
Cモズコフ   Cオカフォー

ナゲッツはベストメンバー
ホーネッツはアリーザ、ゴードンが出場しませんでした

1Q 序盤ナゲッツがネネの得点やアシストでリードしますが
  中盤ナゲッツのターンオーバーからホーネッツがケイマンなどの
  得点で追い上げ、その後はナゲッツはガリナリやルディが得点し
  ホーネッツはケイマンが得点していきます
  ナゲッツ1点リードで1Q終了

2Q ホーネッツがインサイドでランドリー、アウトサイドでベリネリが
  得点していき、ナゲッツはオフェンスであまり上手くいかず
  フリースローをもらっても2本なかなか決めれませんでした
  ホーネッツ8点リードで2Q終了

3Q 序盤ホーネッツがケイマンなどの得点でリードを広げますが
  中盤ナゲッツがアフラロ、ローソンの3ptでなんとかついていきます
  終盤に入りホーネッツがジャックなどの得点でリードを広げます
  ホーネッツ14点リードで3Q終了

4Q 序盤ナゲッツはルディが得点し、ホーネッツはケイマンが得点していきます
  その後両チーム得点できない時間が続きます。先に得点したのがホーネッツで
  ジャック、ランドリーが得点しリードを20点差まで広げます
  ホーネッツ13点リードで勝ちとなりました

NOH 26 28 24 16 94
DEN 27 19 18 17 81

  オフェンス、ディフェンスともに今シーズンで一番悪い出来だったと思います
  オフェンスではホーネッツのディフェンスがいいのもありましたが
  安易なターンオーバーが多かったです
  ディフェンスは簡単にフリーの選手を作られてしまっていて簡単な得点を許していました
  オフェンスリバウンドもとられてしまいました。
  試合を通してオフェンス、ディフェンスともにいつものスピード感がなく
  見ていていつものナゲッツらしくなかったです

f4038f535d8dad1b52ad350c68ff17ef-getty-136649850.jpg
  ルディが3ptやタフなショットも含めいい感じで決めてくれていました
  欲を言えば3Qで追い上げていた時のフリーでの3ptを決めてくれればさらによかったと思います
  
  次の試合はホームでネッツ戦です
  なんとか連敗を止めてほしいところです
  
   

ナゲッツvsスパーズ

スターター
ナゲッツ    スパーズ
PGローソン  PGパーカー
SGアフラロ  SGニール
SFガリナリ  SFジェファーソン
PFコウフォス PFダンカン
Cモズコフ   Cブレア

ナゲッツはネネ
スパーズはジノビリが出場しませんでした

1Q 両チーム得点を取り合う展開となり、ナゲッツはガリナリ
  スパーズはパーカーが得点をとっていきました
  ブレアなどオフェンスリバウンドをよくとったスパーズが12点リードで1Q終了

2Q 序盤ナゲッツのターンオーバーやスパーズのシュートタッチのよさもあり
  スパーズが20点リードしますが、その後ナゲッツがガリナリ、ブリュワー、ルディ
  アフラロ、ローソンの5人でスモールラインナップをして、オフェンス、ディフェンスともに
  よくなり徐々に追い上げ7点差までにしました
  スパーズ7点リードで2Q終了

3Q 3Qも両チームオフェンスが好調でナゲッツがガリナリの3ptなどで得点すると
  スパーズもグリーンやジェファーソンが3ptなどを決めてつかず離れずの展開が
  続き、スパーズ9点リードで3Q終了

4Q この4Qも同じくとってはとられる展開でナゲッツがブリュワー、ハリントン、ローソン
  などが得点し、スパーズはグリーン、パーカーが得点していきます
  終盤に入りナゲッツが5点差で追いかけますが、そのあとがなかなか続かず
  スパーズ4点リードで勝ちとなりました

DEN 25 30 30 32 117
SA 37 25 32 27 121

  今日の試合は課題もありましたが期待を持てることもありました
  今シーズンハリントン以外はほとんど決めれていなかった3ptをガリナリ、アフラロ、ルディが
  よく決めたので今後3ptの確率が上がることを期待できそうです
  スモールラインナップも上手く機能していました
  状況やチームによってスモールラインナップを使えることができそうです
  課題としてはネネ、ハリントン以外のインサイド陣がもう少し頑張ってもらいたいです
  昨日の試合でよかったコウフォスは出場時間もありましたがほとんど活躍できず
  モズコフも1Qはよかったんですがその後は上手くいかず
  アンダーセンは出場時間というよりパフォーマンスがかなり落ちている気がします
  この3人のなかで1人でも安定して結果を残せるようになってもらいたいです
  
ap-201201072233812324087.jpg
  ガリナリは31得点とエースらしい活躍を見せてくれました
  今シーズン入らなった3ptをよく決め、ドライブもよかったとおもいます
  今日のように3ptが入ると、ドライブも止めずらくなりさらに得点できるので
  今後3ptの確率を上げていくことが重要になりそうです
  ローソンも20得点10アシストとすばらしい活躍を見せてくれました
  ターンオーバーが0だったのもよかったと思います

  次の試合はホームでホーネッツ戦です
  今日あまり活躍できなかったインサイド陣に期待したいところです

ナゲッツvsホーネッツ

スターター
ナゲッツ    ホーネッツ
PGローソン  PGジャック
SGアフラロ  SGベリネリ
SFガリナリ  SFアミヌ
PFネネ    PFランドリー
Cモズコフ   Cオカフォー

ナゲッツはネネが復帰しベストメンバー
ホーネッツはゴードン、アリーザの主力が出場しませんでした

1Q序盤から中盤まではナゲッツ、ホーネッツともにオフェンスが機能して
 一進一退でいきますが、終盤に入りホーネッツがバスケスなどの得点し
 ナゲッツは3ptがうまく決まらず、ホーネッツ8点リードで1Q終了
2Q両チームターンオーバーやシュートが決まらず、得点が入らない展開になり
 ホーネッツ6点リードで2Q終了
3Q序盤ナゲッツが2点差まで追い上げますが、中盤に入りホーネッツがジャック、ベリネリなどの
 得点で9点差にします。終盤ナゲッツがファストブレイクでの得点とハリントンの3ptで1点差まで
 追い上げ、ホーネッツ1点リードで3Q終了
4Q序盤ホーネッツのターンオーバーからナゲッツがファストブレイクで得点を決め10点差にします
 その後両チームシュートを決めあう展開が続き、終盤コウフォスが上手く得点を決め
 ナゲッツ8点リードで勝ちとなりました

DEN 24 17 21 34 96
NOH 32 15 16 25 88

前半はホーネッツのディフェンスがよかったのとナゲッツのアウトサイドのシュートが
決まらないのもあり、ローソンのドライブが上手く決まらずフリースローも少なかったです
ディフェンスでもオープンでのシュートをうたれていた気がします
後半はシュートがそこそこ決まりディフェンスもよかったと思いますが
ホーネッツのターンオーバーがなければシュートタッチはホーネッツのほうがよかったので
勝つのは厳しかったと思います
ゴードン、アリーザと主力の2人がいればさらに勝つことは難しくなっていたと思います
ナゲッツは3ptの確率を上げていかないとドライブの効果が低くなり、ディフェンスがやりやすく
なってしまうのでこれから確率を上げていってもらいたいです

ap-201201062202793590464.jpg
 コウフォスが4Qでオフェンス、ディフェンスともにすばらしい活躍を見せてくれました
 モズコフ、アンダーセンがあんまりなので2人を盛り上げるためにも今日のようなコウフォスの
 活躍はチームにとって大きいし、3人でいいポジション争いをしてもらいたいです
 画像はゴールテンディングかもしれませんね

 次の試合は連戦でアウェイでスパーズ戦です
 スパーズはジノビリが出ないとおもいますがそれでも十分強いチームなので
 今日のようにアウトサイドのシュートが決まらないと勝つことは厳しいので
 確率よく決めていきたいところです
 

ナゲッツvsキングス

スターター
ナゲッツ    キングス
PGローソン  PGエバンス
SGアフラロ  SGソーントン
SFガリナリ  SFサーモンズ
PFコウフォス PFヒクソン
Cモズコフ   Cヘイズ

主なメンバーとしてナゲッツは今日もネネが出場せず
キングスはいつも通りのメンバーとなりました

1Qはコウフォス、モズコフなどのインサイド陣が得点し、ディフェンスでも
序盤以外はキングスにそこまで得点をされず、ナゲッツ10点リードで1Q終了
2Qオフェンスではスクリーンを使ってルディのジャンプシュートが上手く決まり
ファストブレイクからの得点もよく決まっていました。ディフェンスはカズンスに得点を
されましたが、ディフェンスが悪かったというよりカズンスが良かったと思います
ナゲッツ17点リードで2Q終了
3Q両チーム連続得点をとってはその後とられるという展開が続きました
ナゲッツ21点リードで3Q終了
4Q点差があったのでベンチメンバー中心の試合になり
ファリードが豪快なダンク、ブロックを決めていました
ナゲッツ27点リードで勝ちとなりました

SAC 17 22 25 19 83
DEN 27 29 29 25 110

オフェンスではファストブレイクがよく決まっていたのも
あってペイント内での得点が多かったです
ターンオーバーは多すぎました
ルディのスクリーンを使ってのジャンプシュートが今日みたいに
上手く決めれるとハーフコートオフェンスの幅が広がりそうです
ディフェンスでも1on1でカズンスにはやられていましたが
1on1以外は上手くディフェンスできていたと思います

ap-201201042237814326096.jpg
  ダンク、ブロックともにすごいプレーをみせてくれました 
  リバウンドでもいい動きをみせていました
  これからが楽しみです

  次の試合はアウェイでホーネッツ戦です
  アウェイ連戦の1戦目なのでなんとか勝ちたいところです

ナゲッツvsバックス

スターター
ナゲッツ    バックス
PGローソン  PGジェニングス
SGアフラロ  SGデルフィノ
SFガリナリ  SFジャクソン
PFコウフォス PFイリヤソバ
Cモズコフ   Cボーガット

主なメンバーとしてナゲッツはネネ
バックスはダンリービーが出場しませんでした

1Qバックスのオフェンスがよくジャクソンやルーキーのルアーが得点していきます
ナゲッツはネネがいないためインサイドで安定せずいい形でのオフェンスができませんでしたが
ローソン、ガリナリが得点し、終盤にはブリュワーが得点します
バックスが6点リードで1Q終了
2Qに入りバックスは1Qほどシュートが決まらなくなり、終盤ナゲッツがガリナリの得点で追い上げ
同点で2Q終了
3Qは中盤まで一進一退でいきますが、終盤バックスがデルフィノの3ptなどで
バックス6点リードで3Q終了
4Q序盤は両チームフリースローミスをしたりと点差がかわらないまま進みます
中盤に入りバックスのシュートが入らなくなり、ターンオーバーなどもあり
ナゲッツが逆転します。
終盤バックスが1点差まで追い上げますが、その後はバックスが逆転できる場面も
ナゲッツが点差を離せる場面もありましたがどちらも決めきれず
残り10秒バックスがファアルゲームをしそこなったところをローソンがレイアップを決めて
その後のジェニングスの3ptが外れ、ガリナリがフリースローを2本決め
ナゲッツ5点リードで勝ちとなりました

MIL 30 18 26 12 86
DEN 24 24 20 23 91

3連戦の3戦目ということやネネがいないことも影響してだとおもいますが
試合内容としては今シーズンで一番悪かったと思います
バックスに点差を開けられる状況や試合を決められてもおかしくない状況が
何度もありましたが、その時にバックスのシュートが外れていました
ディフェンスはよかったとおもいますがオフェンスがうまくいっていませんでした
全体的にナゲッツのシュートがほとんど決まらないこともあって
フリーでガリナリがもってもパスをしてしまうという場面もありました。
内容は悪かったですがこういう試合で勝てたことは大きいとおもいます

ap-201201022318839020717.jpg
3ptの確率はよくはありませんでしたがオフェンス、ディフェンスともにいい活躍をしてくれました

次の試合はホームでキングス戦です
この試合の後はアウェイでの連戦なので
3連勝としてアウェイに行きたいところです



ナゲッツvsレイカーズ 2戦目

スターター
ナゲッツ    レイカーズ
PGローソン   PGフィッシャー
SGアフラロ   SGコービー
SFガリナリ   SFバーンズ
PFネネ     PFガソル
Cモズコフ    Cバイナム

両チーム昨日の試合と同じく主なメンバーに欠場者はいませんでした

1Q 序盤にナゲッツはモズコフ、ネネともに2つファアルをしてしまい
  ハリントン、アンダーセンにかわってしまいますが、この2人が
  入ってからは得点を低く抑えることができました
  1Qは両チームペイント内での得点がほとんどで残り5分ぐらいから
  ナゲッツが連続得点を決めてナゲッツ5点リードで1Q終了

2Q 1Qと同じく両チームペイント内からの得点が多かったです
  終盤ナゲッツがハリントン、アンダーセンの得点などで
  8-0のランを決めナゲッツが11点リードで2Q終了

3Q 序盤にレイカーズがバイナムの得点などで9-0のランを決め同点に
  追いつきます。その後ナゲッツは久しぶりのガリナリの3ptが決まったり
  ミラーの得点などで再びリードしますが、その後レイカーズが内外から得点を
  重ね逆転します。残り数秒でミラーのパスからアンダーセンがブザービーターの
  ジャンプショットを決めナゲッツが1点リードで3Q終了

4Q 序盤から中盤までナゲッツはローソン、ネネ、ガリナリが得点し
  レイカーズはガソル、コービー、ブレイクが得点していきます
  残り3分をきってレイカーズ2点リードからミラーがシュートを決め同点になり
  コービーの3ptが外れローソンがリバウンドをとりガリナリのダンクにつなげ
  その後ミラーのスティールからローソンの得点が決まり、その後ハリントンの
  シュートが決まりナゲッツが9点リードで勝ちとなりました

LAL 21 15 35 19 90
DEN 26 21 25 27 99

1Qの序盤からネネ、モズコフがファアルトラブルになりましたが
  ハリントン、アンダーセンが試合を通していいプレーをみせてくれました
  4Q終盤にローソンが1本フリースローを外したときは昨日の展開になってしまうかと
  思いましたがその後ガリナリが昨日と同じ様なレイアップの状況で決めてくれ
  その後のローソンのリバウンドも大きかったと思います
  その後の得点も4Q終盤に得点できない状況をいろんな選手で得点してくれました
  コービーがいつもの感じだったらもっと勝つことは難しくなっていたと思います

ap-201201012221805068657.jpg
  アンダーセンは得点12、リバウンド9とハリントンとともにインサイドで頑張ってくれました
  今シーズンあまりいい活躍がなかったので今日いい活躍がみれてよかったです
  
  次の試合は3連戦の最後でホームでのバックス戦です
  疲れもあり厳しい試合になると思いますが、ホームなのでなんとか
  勝ってもらいたいです

ナゲッツvsレイカーズ

スターター
ナゲッツ    レイカーズ
PGローソン   PGフィッシャー
SGアフラロ   SGコービー
SFガリナリ   SFバーンズ
PFネネ     PFガソル
Cモズコフ    Cバイナム

両チーム主なメンバーに欠場者はいませんでした

1Q ナゲッツはネネ、レイカーズはバイナムと両チームのインサイド陣が得点をしていき
  両チームアウトサイドのシュートが決まらず、終盤ナゲッツがフリースローをよく決めて
  ナゲッツ1点リードで1Q終了

2Q このQでも序盤ナゲッツはハリントン、レイカーズはガソルのインサイド陣が得点していきます
  中盤に入りコービーが次々とシュートを決め、レイカーズが4点リードしますが
  その後レイカーズのターンオーバーからナゲッツが得点していき追い上げます
  レイカーズ1点リードで2Q終了

3Q 両チームリズムを掴みかけるかと思うと、あっさり得点を返される展開が続き
  3ptをよく決めた分ナゲッツが2点リードで3Q終了

4Q 序盤ナゲッツはシュートを上手く決め、レイカーズはバイナムのオフェンスリバウンドからの
  得点をしていきます。中盤に入り試合を通してシュートをよく決めていたハリントンが
  ここでも3ptなどを決めナゲッツ5点リードとしますが、レイカーズもオフェンスリバウンドから
  得点していきます。その後ネネがダンクのカウントショットを決めますが
  レイカーズもコービーからのアリウープでバイナムがダンクしカウントショットを決めます
  終盤に入りレイカーズがバイナムの得点で逆転します。
  その後ナゲッツはローソンのフリースロー2本決められなかったり、ガリナリがほぼフリーの
  レイアップを決められなかったりと、ネネのダンク後残り3分40秒から試合終了まで得点がなく
  レイカーズ3点リードで勝ちとなりました

DEN 23 22 26 18 89
LAL 22 24 23 23 92


  モズコフも頑張ってはいましたが、バイナムをなかなかとめられませんでした
  特にオフェンスリバウンドでは位置取りはいいんですが上からとられるという
  こともあり、難しいかもしれませんがもう少しボールを取りに行ってもいいんじゃないかと思います
  昨シーズンから新生ナゲッツは接戦の時4Q終盤に得点がとれない状況がありました
  今日のシュートタッチはさほどでしたが昨シーズンクラッチシュートを何本か決めていた
  アフラロを4Q終盤に出してほしかったです
  これからまたこういう場面がでてくると思うのでその時はアフラロ、ガリナリ、ローソンの誰かが
  シュートを決めてもらい少しづつクラッチ力を上げていってもらいたいです
  レイカーズの3ptの確率がよくなく、いい場面でナゲッツの3ptが入っていただけになんとか
  勝ちたいところでした

ap-201112311554572624645.jpg
  ハリントンはシュート確率もよくすばらしい活躍をみせてくれました
  今日は負けましたが今後もハリントンが安定してこういう活躍をしてくれると
  勝てる試合が増えると思います

  次の試合は3連戦の2戦目で今度はホームでのレイカーズ戦です
  ホームとはいえレイカーズなので厳しい試合になることは確実ですが
  3連敗はなんとかさけたいところです


  
  
プロフィール

マーティン

Author:マーティン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
人気ブログランキングへ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。