スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SL ナゲッツvsボブキャッツ、ブレイザーズ

2戦を簡単に書きたいと思います
ナゲッツvsボブキャッツ

ボブキャッツ 26 21 25 27 99
ナゲッツ   16 21 27 22 86


ボブキャッツが常にオールコートプレス気味にきていたのでなかなかうまく
ボールが運べず結局ターンオーバーが22となってしまい、ボブキャッツより
13もシュート数が少なくなってしまいました
ただ悪かったばかりではなくいい感じでパスをつないでシュートまでもっていった
シーンも何度かあり、あとは3ptの確率がよければというところでした
2Qのはじめにミラーの肘がファリードの顔にあたりその後ベンチには戻ってきては
いましたが出場はせずでした
ファリードが抜けたことにより楽にドライブからレイアップをきめられるシーンが
何度かあったように思います

主な選手について

E. Fournier 3ptの確率はそこまでよくありませんでしたが積極的にシュートをうてていて
       18得点、アシスト4となかなかよかったと思います
       ファアルが7つと多かったですがそれぐらいタフについていたと思います

J. Hamilton ハミルトンも3ptの確率はいまいちでしたがそれ以外ではしっかりシュートを決めて
       21得点の活躍でした
       ファリードが2Qはじめに抜けたことにより、リバウンドも頑張っていました
       
ナゲッツvsブレイザーズ

ナゲッツ   24 18 23 17 82
ブレイザーズ 27 23 27 18 95

ファリードが大事をとってかベンチにはいましたが出場しませんでした
前半はみれていないのでよくわかりませんでした
後半はターンオーバーが少なく得点していましたがファアルが以上に多く
結果的に33ファアルで、ブレイザーズにナゲッツより13本多くフリースローを与えてしまいました
ファリードが出場しないこともあってリバウンドでも14本も負けてしまいました
良かったことは3ptなどアウトサイドシュートが上手く決まっていたことです

主な選手について

E. Fournier またまたファアルが多かったんですがそれぐらい良いディフェンスを心掛けている
       というポジティブにとらえたいと思います
       オフェンスではアシスト0でしたが17得点をとってくれました

D. Harper  キッチンが出場しないこともあってか先発PGを任されていましたが
       シュートの確率もよく、アシスト5、リバウンド5とすばらしい活躍だったと
       思います

J. Hamilton  シュート確率はそこまでよくありませんでしたが18得点、アシスト8となかなかの
        出来だったと思います

Q. Miller   サマーリーグ最終戦にしてようやくシュートが決まりだし12得点、リバウンドも7と
       活躍していました
       

ナゲッツのサマーリーグは1勝4敗ということで成績、内容ともに良いとは言えない結果でしたが
普段試合に出れない選手たちがみれたこと、とくに来シーズン活躍が期待されるハミルトン
そして将来的に期待されるルーキーのフルニエ、ミラーの活躍をみれたのでよかったです

スポンサーサイト

ナゲッツ 契約関連

ここ数日でナゲッツが動きました。

・アンダーセンをアムネスティで放出
untitledsasa.png
ナゲッツを象徴するような選手ですが、メロのトレード後、若手中心のチーム構成にしたことにより、
ほとんど試合に出れないという状況になっていたので大変ざんねんですが、アムネスティは仕方ない・・・
アンダーセンの実力が落ちたから、こうなった訳じゃないので、移籍したチームでもこれまでのような
豪快なブロック、ダンクを決めてくれるはずです。
ありがとうバードマン。どこいっても応援します。

・ウルブスのアンソニーランドルフと3年600万ドルの契約
ランドルフは今シーズンのナゲッツ戦で28得点とすごい成績を残しているので印象に残っています。
身体能力あり、シュート力あり、ブロックもなかなか。
まだ23歳ということで、これからの成長次第ですが、かなり期待できる選手だと思います。

・マギーが4年4400万ドルで契約
マギーが4年4400万ドルという契約、つまり年平均1100万ドルとなります
出来れば年平均1000万ドル以下ぐらいでと思っていましたが、ビッグマンの価値が高騰している
中なので、1100万ドルならまだましかなと考えたいです。
とてつもない能力をもった選手なので、成長すれば十分金額に見合うだけの活躍はできると思います。

これでロスターは
PGローソン、ミラー
SGアフラロ、ブリュワー、フルにエ
SFガリナリ、チャンドラー、ハミルトン
PFファリード、ハリントン、ランドルフ
Cモズコフ、マギー、コウフォス

現在14人ということであと1人となりました。あと一人はおそらくクインシーミラーが入りそう。
今後トレードなどもあるかもしれないので注目していきたいです

SL ナゲッツvsニックス

DEN 17 27 18 23 85
NYK 25 19 17 20 81

1Qはターンオーバーやタフショットが多かったんですが
それ以降は速いテンポでシュートまで持っていき、確率も
良く決めていました。ファアルが多くターンオーバーも多かったんですが
過去2戦と比べるとキッチンがしっかりPG役をこなしてオフェンスのリズムがでて
きているように感じました

主な選手について

K. Faried 確率の悪いミドルを狙ったり、ファアルが多いといった部分があり
      リバウンドもオフェンスリバウンドを何度かとられはしましたが
      終わってみれば得点16、リバウンド15、ブロック5とさすがの活躍でした
      ミドルに関してはサマーリーグで試すという感じなのでそこまで悪い印象は
      ないですが1on1からではなくパスをもらってなどでいい形の時に狙ってもらいたいです
 
E. Fournier ファアルが多く、アシスト0という結果でしたが悪い印象はなく
       最後のディフェンスでもいいディフェンスができていました
       アシストは0でしたがシュートはいいタッチで決めていて14得点とよかったと思います

J. Hamilton 1on1から得点できていて21得点とすばらしい活躍でした
       課題としてはフリースローを4つ外したので今後決めてもらいたいです

D. Kitchen 得点、アシストとPGの役割をこなしていたと思います
     
Q. Miller  今日はあまり印象に残らない試合となりました
       
J. Carter  得意の3ptの確率はよくありませんでしたが、決勝点となったティプインを決めて
       3ptだけではないことをみせてくれました

ストーンの怪我は数ヶ月かかるみたいです
契約はどうなるんでしょうか

サマーリーグ初勝利となりこれで少しは勢いがつくかなと思います
ただこれから2試合は強いであろうボブキャッツ、ブレイザーズなので
この2チームにどこまでできるか楽しみです

SL ナゲッツvsマーベリックス

DEN 19 20 22 16 77
DAL 24 27 17 20 88

昨日の試合よりもターンオーバーが減り、ボールもまずまず回ってはいましたが
ペイント内、ミドルレンジからのシュートを確率よく決めれませんでした
ファリードが今日は出場しなかったこともあり、オフェンス、ディフェンスともに
インサイド陣の存在があまりなかったです


気になった選手について

E. Fournier シュート確率こそいまいちでしたが、昨日よりもボールをよくもらいオフェンスを
        組み立てていました。次の試合もフルニエをPGの役目としてオフェンスをしても
        いいと思います
       
J. Carter  昨日の試合もそうでしたが今日も3ptを確率よく決めていました
        
J. Hamilton 得点、リバウンドといい動きをみせていました

Q. Miller  リバウンドはいいんですがシュートが決まらずでした
        2巡目指名とはいえ期待できる選手なので今後頑張ってもらいたいです

C. Maduabum 今日の試合を見る限りあまり存在感はありませんでした
         次の試合に期待したいです

SG、SFタイプの選手が多いだけにキッチンとグティエレスの2人のPGが
上手くオフェンスを組み立てることが重要で、もし上手くいかないなら
フルニエにPGの役割を任せてみるのもありだと思います
今の状態では勝てる感じがしませんがなんとか勝ってチームとしても
個人としてもいい結果が残せるよう頑張ってもらいたいです
 

SL ナゲッツvsウォリアーズ

GSW  24 19 25 27 95
DEN  27 21 14 12 74

前半はなかなかよかったんですが後半はぐだぐだで結局
ナゲッツはターンオーバーを29もしてしまい
原因としては連携関係というのもあると思いますが
大きな原因はPGというよりもSG向きな選手が多く
パスのさばきがあまりよくないのと、フォアード、センター陣の
キャッチミスが多かったことだと思います

個人評価

E. Fournier
外のシュートはいまいちでしたがパスをフリーの選手へ上手くさばいていて
オフェンスのリズムを作れる選手だと思いました
もう少しフルニエからオフェンスを組み立てたらと思わせるぐらいでした
ディフェンスは少しシュートチェックが甘いところがありましたが
ドリブル、ポストプレーなどに対してはタフについていたと思います

K. Faried
ピック&ロールからフリーでボール受け手はいましたがその後はドライブからレイアップも
上手くいかず、パスもカットされと良くありませんでした
ミドルレンジのシュートを上達することが今後の課題となりそうです
ディフェンスでは後半リバウンド、ブロックなどでファリードらしい動きがみれました

S. Alabi
スターターで出ていましたが特別印象を残せなかったように感じます

J. Hamilton
ダンク、ミドルレンジ、3pとオフェンスで多彩な所をみせてくれて
さらに勝気が一番出ていたのはハミルトンだったので気持ちの面でもよくて
サマーリーグでのナゲッツのエースだと思わせてくれるプレーぶりでした

D. Kitchen
Gのなかではボールを上手く運びシュートタッチもよかったです
もう少しドライブからパスアウトという形をやってもらいたいです

G. Lawal
悪くはなかったように感じましたが、特別良いこともなくという印象でした

J. Carter
キャッチ&シュートで3ptを確実に決めていたのはよかったですが、自らボールを持って
というオフェンスはあまり良くありませんでした

Q. Miller
リバウンドの意識がつよくよかったと思います
次は得点の面でも頑張ってもらいたいです

D. Harper
すごいブロックはありましたが、それも自らドリブルの途中でとられた後のことなので
印象としてはそこまでよくありませんでした
次はボールをしっかり運んでもらいたいです

I. Turkyilmaz
ターンオーバーが多かったんですがシュートタッチが良く今後に期待したい選手です
実況、解説、さらにカールHCまでもが読み方を迷っていて、それで盛り上がってました

J. Gutierrez
短時間でのファアル数が多いことが気にはなります躍動感はあるので
ドライブしてパスなどでオフェンスを組み立ててもらいたいです

C. Maduabum、J. Stoneは出場しませんでした
どうやらストーンは怪我みたいなので次から出れるかどうかは分かりません

次はダラス戦です
ターンオーバーをなるべくなくし、なおかつ積極的にプレーしてもらいたいです
とくべつ勝ち負けにはこだわらなくていいですができれば勝って自信をつけてもらいたいです




ナゲッツ フルニエと契約

ナゲッツが今年のドラフト20位指名したフルニエと契約したみたいです
a.jpg
個人的な予想ではナゲッツの層の厚さなどを考えてヨーロッパでもう1~2シーズン
プレーするのかなと思っていました
さらに契約するにしてもサマーリーグでの感じをみてからだと思っていたので
サマーリーグが始まる前に契約することに驚きました
ナゲッツがかなり期待している選手ということだと思うので期待したいです

今後マギーと契約し、クインシーミラーとも契約となると
ロスター
PGローソン、ミラー、ストーン
SGアフラロ、ブリュワー、フルニエ
SFガリナリ、チャンドラー、ハミルトン
PFファリード、ハリントン、クインシーミラー
Cマギー、モズコフ、コウフォス、アンダーセン

なかなか強い3チームを作れるほどのロスターになっていますが
これで16人となっておりロスターは15人までなので1人を外すということになります
おそらくアンダーセンがアムネスティになりそうです
他の選択肢としてはトレードというのもありそうです
候補としてはチャンドラー、ハリントンが考えられます

フルニエと契約したことにより今後なにかしらの動きがありそうです
さらにストーン、クインシーミラーや他の選手にとってサマーリーグでの
アピールがロスターに入れるかどうかの勝負になりそうです






ナゲッツ サマーリーグロスター

ナゲッツのサマーリーグでのロスターが決まりました

Solomon Alabi    C 7-1
Josh Carter    G/F 6-7
Kenneth Faried    F 6-8
Evan Fournier     G 6-7
Jorge Gutierrez   G 6-3
Jordan Hamilton   F 6-8
Demonte Harper   F 6-4
Derwin Kitchen    G 6-4
Gani Lawal       F 6-9
Chu Chu Maduabum F 6-9
Quincy Miller     F 6-9
Julyan Stone     G 6-7
Izzet Turkyilmaz    C 7-0

去年のドラフト指名したファリード、ハミルトン、Chu Chu Maduabum 
ドラフト外でロスター入りしたストーン
そして今年ドラフト指名したフルニエ、クインシーミラー、Izzet Turkyilmaz
ナゲッツファンとしては見どころあるロスターになったと思います
個人的な注目選手としてはハミルトン、フルニエ、クインシーミラーの3人です
ファリードも楽しみではありますがあまり試合で見れない選手やルーキー達がどれくらい
出来るのかをみるのがサマーリーグの見どころだと思うのでもちろん他の選手たちも注目ですが
特にハミルトン、フルニエ、クインシーミラーには注目したいです

アンドレ・ミラー再契約へ

オフシーズンの最重要課題といっても良い、ミラーとの再契約が決まりました。
3年契約で年平均300万ドルとなるそうです。
imagesCAJ1J6UH.jpg
普通なら36歳の選手に3年契約は少しリスクがある気がしますが、ミラーに関しては鉄人と呼ばれるくらい
体は強く、パフォーマンスもそこまで落ちないだろうと思うのでこれでいいかなと。
あとマギーと契約をしていくことになるので、今シーズン何度もみせたミラー、マギーのコンビを考えると
ナゲッツにとってミラーの残留は絶対だったと思います。地味に年平均300万ドルに抑えられて良かった。

あとFA選手はマギー、ルディですが、ルディとは契約をしない方向らしく、マギーとは契約の方向。
現在他チームからオファーがないみたいなので出来れば金銭的に安く契約できればいいかなと。

これで来季のロスターがある程度みえてきた気がします。
PGローソン、アンドレ・ミラー、ストーン
SGアフラロ、ブリュワー、ハミルトン
SFガリナリ、チャンドラー、クインシー・ミラー
PFファリード、ハリントン
Cモズコフ、マギー、コウフォス、アンダーセン
こうなるとおそらくドラフトで20位指名をしたフルニエ、50位指名のIzzet Turkyilmazはもう1,2シーズン
ヨーロッパでのプレーということになるかもしれません。
プロフィール

マーティン

Author:マーティン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
人気ブログランキングへ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。