スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勝てる試合を2戦落とし連敗 DENvsGSW

スターター
ナゲッツ      ウォリアーズ
PGローソン    PGカリー
SGイギー     SGトンプソン
SFガロ      SFバーンズ
PFファリード   PFリー
Cクーフォス    Cエジリ

ナゲッツはチャンドラーが欠場
ウォリアーズはボーガット、リチャードソンが欠場しました

1Q 序盤オフェンスではファリードが3本連続で決めれないなどでなかなか得点できず
  ディフェンスも3ptへの対応はまずまずでしたがミドルレンジが簡単にフリーになってしまい
  ウォリアーズに決められて10点ぐらいのリードされます
  中盤以降もウォリアーズの得点はなかなか止められませんでしたが、オフェンスでマギー
  ブリュワーが得点して追い上げました
  ウォリアーズ5点リードで1Q終了

2Q 序盤オフェンスはミラーからイギーの2本のダンクなどで得点できていましたが
  ディフェンスではウォリアーズにオフェンスリバウンドを何度もとられてしまい
  得点され追い上げることができません
  中盤イギー、ガロ、ハミルトンの3ptが決まるなどオフェンスは好調で
  ディフェンスはそこまでよくなかったもののウォリアーズがシュートを外していたので
  逆転しました
  終盤ガロ、ファリードの得点などでリードをひろげました
  ナゲッツ9点リードで2Q終了

3Q 序盤ローソンの2本連続3ptなどで16点リードとしますがその後は両チームが決めあう展開と
  なり、終盤ウォリアーズがジャックの得点などで追い上げました
  ナゲッツ8点リードで3Q終了

4Q 序盤トンプソンにジャンプシュートを決められて3点差となります
  その後はウォリアーズの得点は止められず逆転されますが、オフェンスでフリースローを
  上手く決めていきなんとかくらいついていきます
  終盤カリーに3ptを決められ5点差となりますが、すぐにローソン、イギーの得点で
  同点とします。その後ジャックに得点され3点差で1分をきり、残り30秒ぐらいでガロのシュートが
  入りかけましたが外れ、その後のウォリアーズのオフェンスを守りきり、残り8秒からの
  オフェンスとなり残り3秒ぐらいでイギーが3ptファアルをもらいます。2本決め、3本目は
  外しますが競り合った結果ナゲッツボールとなり、残り2秒からのオフェンスで面白いパス
  がミラーからローソンにでますがカリーとローソンが競り合う形となり、ウォリアーズボールかと
  思いきやナゲッツボールで残り0.5秒でイギーが3ptを決めますが惜しくもタイムオーバーでした
  ウォリアーズ1点リードで勝ちとなりました
  
DEN 25 35 26 19 105
GSW 30 21 27 28 106

ジャズ戦に続き大量リードをしても簡単に追い上げられてしまうこれがホームとアウェイの違い
なんだと感じさせる試合展開でした。ホームならばおそらく2試合ともブローアウトで勝てていると
思うんですが、アウェイになると二桁得点のリードはあまり関係なくなります
12月まではアウェイがほとんどなので良い展開になったときは勝っておきたいんですが
この2戦を負けてしまっているので今後も厳しい試合が続きそうです

オフェンスはナゲッツとしては珍しく3pt、フリースローの確率がよかったので
ほとんど文句のつけようがないです
欲を言えば4Q終盤同点にできた場面のフリースローが2回あったのでそれを決めてほしかったです

ディフェンスはウォリアーズのシュートタッチもよかったこともあるのでそこまで
悪かったとは思いませんでした
トランジションを何度もファリードがブロックしていたのでよかったですが
もう少しはやくもどってほしいです

個々の選手について
201211292254824664621-p2.jpg
イギー 同点となるフリースローを決めてもらいたかったのと、最後もう少し速いリリースでシュート
    してもらいたかったという思いはありますが、試合全体としては良い出来だったと思います
    ただフラストレーションがたまっているような場面が何度かみられました
    オフェンス、ディフェンスともにまだ連携があわないということなんでしょうか

ガロ 3ptを確率よく決めて20得点、リバウンドも9となかなかの出来でした
   安定して今日ぐらいの活躍を期待したいです

ローソン 連続で3ptを決めるなどで久しぶりにローソンの3ptが入っていました
     アシストも9と司令塔としても良かったです
     調子が上がってきたようなのでこれからの活躍に期待です

ファリード 得点、リバウンドともにいまいちでしたが、ウォリアーズの速攻からのレイアップを
      何度もブロックしてくれました
      レブロンをみているようなブロックでした

クーフォス 得点、リバウンドともに頑張っていたので出来はよかったと思います
      
ミラー ミラーらしいプレーがあまりみられず、ディフェンスでも結構やられていました

マギー フェイダウェイシュートをうってエアーボールにするというマギーらしいプレーが
    ありましたが全体的にはよかったと思います

ブリュワー 3pt2本決めましたが、外したのもフリーだったのでそこを決めてくれれば
      よかったかなと思います。ディフェンスではタフにつくというブリュワーらしさは
      でてたんですがそれをいなされて得点されていました
      
ハミルトン 3ptを決めるなどなかなかよかったのでもう少し時間をあたえてもよかったと思います

ランドルフ モズコフのところのローテションでの出場でいきなり活躍するのは難しいと思いますが
      ほとんど存在感がありませんでした
      次はミドルシュートなどで得点してもらいたいです

次の試合はアウェイでレイカーズ戦です
ここ2戦勝てた展開の試合を負けて、さらに連戦でアウェイでレイカーズ
さらにここまで3連敗、4連勝、3連敗、4連勝、そして現在2連敗ということで
データー的には3連敗が濃厚な気がします
スポンサーサイト

フリースロー外しまくり連勝ストップ DENvsUTA

スターター
ナゲッツ     ジャズ
PGローソン   PGティンズリー
SGイギー    SGフォイ
SFガロ     SFマービン・ウィリアムス
PFファリード  PFミルサップ
Cクーフォス   Cジェファーソン

ナゲッツはチャンドラーが欠場
ジャズはモー・ウィリアムス、バークスが欠場でした

前半
速攻からのダンク、ハーフコートオフェンスでもペイント内で次々と得点をとっていき
オフェンスは今シーズン最高の出来でディフェンスもよかったんですが、点差が離れそうで
そこまで離れずジャズがしっかりとシュートを決めてきていて、圧倒的なナゲッツペースの
前半だったにもかかわらず、結果ナゲッツ11点リードのみとなりました

後半
3Q序盤まではよかったんですが中盤以降は一気にジャズが優勢となり、3ptを決められ
同点とされて、さらにイギーがテクニカルを2連続でもらい退場となり、さらに4本連続で
フリースローを外すなどひどい3Qでした
4Qは終始一進一退でしたがそんな中で終盤ナゲッツは4本連続フリースローミスなどが
響き、ジャズが2点リードで勝ちとなりました

DEN 35 30 19 19 103
UTA 24 30 30 21 105

敗因はもちろんフリースローです
前半あれだけリズムよくやれていたにもかかわらず11点リードしかできなかったことも
フリースローが絡んでいて、ジャズは2Qだけで11得点がフリースローで地味に得点していました
前半のオフェンスが後半も続くことはまずありえないのでオフェンスが不調になることは
わかりますがそういう時にこそ前半のジャズのようにフリースローでしっかり得点していくことが
重要なのにナゲッツは後半だけで10本フリースローを外しています
結果14本のフリースローミスで確率は56,2%と散々なことになっています
これでよく接戦になったというぐらいの数字です
オフェンスがどうとかではなくまずフリースローをなんとかしないとどうにもなりません
ここまでフリースローが悪くてもある程度勝てていましたが今日のようにフリースローで負ける
試合があるのでこれをいいきかっけに次からは8割とはいいませんが
最低7割は決めてもらいたいです

個々の選手について
201211262202793358815-p2.jpg
イギー 連続でテクニカルを吹かれるほどの行為をしていたかはよくわかりませんでしたが
    若手が多いナゲッツのなかでイギーはベテランの部類に入る選手なので
    同点になってストレスが溜まっていたのは分かりますがあの場面で退場になるのは
    避けてもらいたかったです

ガロ 試合開始早々にロッカールームにさがっていましたがその後すぐ試合に戻ってきて
   プレーしていたので安心しました
   
ローソン 今日もローソンらしいプレーは見られましたがやはり最後のところでは自分でいくと
     決めたなら残り3秒ぐらいしかなかったので無理な体勢でもシュートしてもらいたかったです

ファリード 効率よく得点していて、フリースローも同点となる場面では外しましたが
      そこまではしっかり決めていてリバウンドもまずまずとれていました
      21得点9リバウンドとファリードがやれることはやったと思います

クーフォス リバウンドがしっかりとれていて悪くはなかったと思います
      ただジェファーソンに対するディフェンスはウォリアーズ戦のときの
      ランドリーと同じく左側をわざとあけているのか分かりませんが突破されて
      得点という場面がありました

ミラー シュートが決まらず、フリースローも2連続で外すなどミラーにしては珍しく
    安定感はありませんでした
    
マギー 豪快なダンクがあるなどでマギーらしさは出ていました
    フリースロー以外はよかったです

ブリュワー 久しぶりにコーナーでの3ptを決めてくれました
      形が作れればしっかり決めるということで今後も期待したいです

モズコフ ホーネッツ戦に比べると試合勘が戻ってきたのか合わせのプレーも決まっていて
     よかったです
 
フルニエ 3ptを決めてくれましたが、軽率なターンオーバーがあったのは残念でした
     接戦の試合にあまり出場することはないのでこういう経験をいかしてもらいたいです

次の試合はアウェイでウォリアーズ戦です
連敗はさけたいです  

4連勝 DENvsNOH

スターター
ナゲッツ      ホーネッツ
PGローソン    PGバスケス
SGイギー     SGメイソン
SFガロ      SFアミヌ
PFファリード   PFアンダーソン
Cクーフォス    Cロペス

ナゲッツはチャンドラーが欠場
ホーネッツはデイビス、ゴードンが欠場しました

1Q 中盤まではディフェンスがまずまずよくて、オフェンスではリバウンドをとれていて
  ファリードの得点などでリードしますが、終盤ホーネッツに次々と得点されて追い上げられました
  ナゲッツ3点リードで1Q終了

2Q 序盤から両チームなかなか得点できずに進み、中盤ナゲッツがミラーのフリースローなどで
  12点リードしますが、すぐにホーネッツにアンダーセンの3pt2本などで10-0のランを決められ
  その後イギーの得点などでリードをひろげました
  ナゲッツ10点リードで2Q終了
  今日の前半はベンチ陣がよくなく軽率なミスが多いのは仕方ないですが、エネルギーもあまり
  感じられず、10点リードしましたが決してよくない前半でした

3Q 立ち上がりスターター5人がうまく得点していき17点リードします
  その後イギーが3本連続フリースローミスなどありましたが、ローソンなどが得点していき
  リードをひろげました
  ナゲッツ22点リードで3Q終了

4Q 点差があったためベンチメンバーでの試合となりました
  ナゲッツはハミルトンのアリウープダンクがありましたがそれ以外これといって
  良いプレーがなかったので、もう少しアピールしてもらいたかったです
 ナゲッツ18点リードで勝ちとなりました

NOH 23 18 20 23 84
DEN 26 25 32 19 102

スターターは今シーズン一番の出来といってもいいくらい、攻守でよかったんですが
ベンチ陣のプレーが悪かったのであまりいい内容とはいえない試合となりました

今日の試合で印象に残ったのは3Q20点差ぐらいあった段階でマギーが時間がまだかなり
あったのにドリブルからのタフショット後、3ptを決められたことでファリードがマギーに対して
一喝している場面がありました

オフェンス
スターターに関してはガロの得点がいまいちだっただけで他はあまりいうことはないです
問題はベンチ陣ですが、マギーのシュートセレクションの悪さが目立ち、モズコフにかえますが
モズコフもオフェンスにはほとんど絡めずミラーのポストプレーも上手く決まらず、ガロも一緒に
プレーしていましたがあまりよくなかったので手詰まり状態になっていました
ここ数試合はブリュワーの3ptがあまり見られず、形もできていません
打開策としては前までやっていたハミルトンを短い時間での出場で得点に絡ませるというのが
いいと思います

ディフェンス
オフェンスと同じくスターター陣はよかったと思います
ベンチ陣というよりはマギーがあまりよくなかったです
ピックアンドロールに対して下がってディフェンスをしすぎていて簡単にミドルシュートを
決められていました。抜かれてもマギーはブロックができるのでもう少しタフについてもらいたいです

個々の選手について
201211252215801037515-p2.jpg
イギー ペイント内、ミドルレンジ、3ptとさまざまなエリアで得点できていて
    ディフェンスでもタフについていました
    SGというポジションに慣れてきたのかもしれません

ガロ いいタイミングでシュートをうち、ドライブもしていてプレー内容は悪くはなかったんですが
   結果があまりよくなかったです
   3ptの確率があがってくればさらに調子は出てくると思います

ローソン ミドルシュートがよく決まっていました
     久しぶりにインバウンドパスをスティールして得点するというプレーも出ていました
     ホーム2戦でローソンらしさが戻ってきたように思います

ファリード 14得点、12リバウンドとダブルダブルを記録しました
      いい形でボールが入ればフックシュートも上手く決まっていて
      リバウンドもオフェンスリバウンドはあまりとれませんでしたが
      ディフェンスリバウンドをしっかりととれていました
      
   
クーフォス 5ブロックとディフェンスで貢献してくれました
      あとはミドルレンジぐらいのシュートをうてるようになってオフェンスでの
      存在感もみせてもらいたいです

ミラー 良いパスが何本かあり、フリースローを4本しっかりと決めました
 
マギー 良かったのはリバウンドをとれていたことぐらいで
    オフェンスではタフショットをうち、ディフェンスでは相手に厳しくつけないと
    悪いところが目立ちました
    求められているものが高いだけにリバウンドをとるだけでは期待に応えたとはいえず
    安定して攻守ともに活躍をしてもらいたいです

ブリュワー ディフェンスは安定していい動きを見せてくれていますが
      今日も含めてオフェンスは開幕当初より下降しています
      チームとしてのオフェンスもありますがコーナーでの3ptがあまりなく
      最近はカットインするプレーが多いように感じます
      ブリュワーがというよりもベンチでのオフェンスがうまくいっていない
      ことが原因かなと思います

モズコフ 久しぶりに長い時間プレーしましたが、ファアルが多く攻守ともにあまり活躍
     できませんでした

ハミルトン 3pt、豪快なダンクといいプレーはありましたが長い時間継続することは
      できませんでした

フルニエ ドライブしてのいいプレーが何度かありました
      
ランドルフ もう少し積極的にいってもよかったと思います

次の試合はアウェイでジャズ戦です
連戦でホームで強いジャズ相手ということで厳しいのは確実ですが
これまでアウェイの試合が多かったのでその経験をいかしてもらいたいです

またも後半の猛攻で3連勝 DENvsGSW

スターター
ナゲッツ      ウォリアーズ
PGローソン    PGカリー
SGイギー     SGトンプソン
SFガロ      SFバーンズ
PFファリード   PFリー
Cクーフォス    Cエジリ

ナゲッツはチャンドラーが欠場
ウォリアーズはボーガット、ジェファーソンが欠場

1Q 中盤までは両チーム一進一退でいき、残り5分をきって、ローソンの3pt、ファリードのダンクで
  ナゲッツが6点リードしますが、その後ウォリアーズがトンプソンの3pt、ジャックのシュート
  などで追い上げました
  ナゲッツ2点リードで1Q終了

2Q ナゲッツのディフェンスが良くても悪くても終始ウォリアーズのジャンプシュートが次々と決まり
  なんとかオフェンスで取り返しますがフリースローを4本連続で外したこともあり、ウォリアーズに
  リードされます
  ウォリアーズ6点リードで2Q終了 

3Q 序盤イギーの3pt2本などで次々と得点していき、ウォリアーズのシュートは決まらず
  ナゲッツが15-0のランを決めます
  その後はランドリーのオフェンスを止められず得点されますが、 ナゲッツもガロ、マギー
  ローソンと得点していたため、ウォリアーズにそこまで追い上げられませんでした
  ナゲッツ8点リードで3Q終了  

4Q 序盤いいディフェンスからウォリアーズのターンオーバーを誘い、イギー、マギーなどの得点で
  17点リードします
  その後ウォリアーズに得点を決められますが、ナゲッツも要所でシュートを決めて
  二桁のリードを保ちました
  ナゲッツ11点リードで勝ちとなりました
  
GSW 21 32 17 21 91
DEN 23 24 31 24 102

ウルブス戦と同じく前半は攻守ともにちぐはぐな感じで、後半は攻守共によかったという展開でした
12月まではアウェイの試合が多いので、ホームでしっかり勝っておかないと厳しくなるので
前半にアウェイチームを乗らしてしまう展開はあまりよくないです
ただここ3戦失点を90点台に抑えているのは後半の修正が出来ているからだというのもあるので
出来るだけ前半で点差を離されず後半に持ち込めればと思います

オフェンス
ローソンなどがドライブから得点できていて、チームとしてペイント内で得点できたことは
良かったですが、3ptの確率が悪く、そしてフリースローが5割台と改善されていません
ファリード、マギーなどのインサイド陣がフリースローを外すのは仕方ないと思いますが
今はチーム全体で外しまくっています。チーム全体で最低でも7割ぐらいは決めてもらいたいです

ディフェンス
前半のディフェンス自体はそこまで悪くはなかったんですが、ウォリアーズのシュートタッチが
すばらしく決められてしまいました
後半はウォリアーズのシュートタッチが悪かったこともありますが、前半よりもタフについていて
ボールを持たせないディフェンスが出来ていたと思います
全体的にはよかったと思います

個々の選手について
201211232134776469985-p2.jpg
イギー オフェンスではシュートタッチがよく、29得点と大活躍で
    ディフェンスでは前半はトンプソンに決められていましたが後半は上手くディフェンス
    していました

ガロ 3ptは決まりませんでしたがペイント内とミドルレンジで上手く得点できていました
   

ローソン 今シーズンあまり出ていなかったローソンの切れ味のあるドライブが出ていました
     フリースローはまだいまいちですが、スピードあるドライブが出来ていたので
     オフェンスで今後期待できそうです

ファリード ディフェンスリバウンドをとれていない場面が何度かあり、11リバウンドを記録して   
      いますが存在感はあまりなかったです

クーフォス リバウンドをとれていて、ファリードへのアシストパスはよかったです

ミラー ロングパスでのアシストがよかったです

マギー 豪快なダンクはよかったですが、それ以外のシュートはいまいちでした
    ディフェンスでブロック、リバウンドといい活躍をしました

ブリュワー オフェンスではいいタイミングでペイントに入り得点していました
      ディフェンスでも相手にタフについていて4スティールと攻守で貢献していました

ハミルトン 出場時間は4分でしたが3ptを決めました

次の試合はホームでホーネッツ戦です
ホームなので勝ってもらいたいです

後半追い上げて連勝 DENvsMIN

スターター
ナゲッツ      ウルブス
PGローソン    PGリドナー
SGイギー     SGリー
SFガロ      SFキリレンコ
PFファリード   PFラブ
Cクーフォス    Cペコビッチ

ナゲッツはチャンドラーが欠場
ウルブスはルビオ、ロイ、バディンジャーが欠場

1Q オフェンスは残り6分ぐらいまではなんとか得点していましたが、それ以降はオープンの3ptを
  決められなかったり、時間がまだあるのにタフショットを連発したり、ターンオーバーをしたりと
  散々な出来で、ディフェンスもラブ相手に得点を量産され、ディフェンスリバウンドをなかなか
  とれずとスパーズ戦以上にひどい出来でした
  ウルブス11点リードで1Q終了

2Q 序盤にブリュワー、ハミルトンの得点で追い上げ4点差としますが、その後一進一退の展開で
  いきますが、残り5分以降オフェンスは得点がある程度とれていましたが、ディフェンスで
  次々と得点をゆるしてしまい得点差がひろがっていきました
  ウルブス14点リードで2Q終了

3Q 序盤イギー、ガロの3ptなどの得点で追い上げていき2点差とします
  その後は一進一退となり、同点のまま終盤へいき、残り2分からナゲッツは得点できず
  ウルブスがシュベド、ラブの得点でリードします
  ウルブス5点リードで3Q終了

4Q 立ち上がりマギー、ハミルトンなどの得点で3点リードします
  中盤は両チーム得点は少なかったんですが、相手が得点すれば得点するという形で進み
  その後、ミラーのエンドワン、ローソンの3pt、ファリードのダンクでナゲッツが5点リードします
  終盤残り2分をきって、ラブの得点で2点差とされますが、ミラーのエンドワンでなんとか
  リズムをとりもどし、その後ナゲッツはFGはありませんでしたが、フリースローをしっかりと
  決めていきました
  ナゲッツ7点リードで勝ちとなりました
 
DEN 15 29 25 32 101
MIN 26 32 15 21 94

前半が終わったときはスパーズ戦以上に個人的には最悪だと思う前半で
このまま大差で負けるのかと思いましたが、後半は攻守ともになかなかの出来で勝ちにまで
持っていくことができました
スパーズ、グリズリーズ、ウルブスのアウェイ3戦を2勝1敗と勝ち越すことができました
ウルブスがラブ、ペコビッチ、バレアが出場したので、この3戦は相当厳しい試合だったと思います
ナゲッツはアウェイが多い厳しい日程が続く前半戦で、アウェイ連勝でホームに戻れることは
かなり大きいです

オフェンス
後半は決めましたが、前半でもオープンの3ptをしっかり決めてもらいたいです
あと前半でブリュワー、マギーのタフショット連発、安易なターンオーバーと得点をとりかえす
気持ちは分かりますが相手にリズムがいっている時は、あせらず形を作ったオフェンスをしてもらい
たいです
ナゲッツにしては珍しいフリースロー8割をこえたことはよかったです

ディフェンス
今日もやはり3ptへのディフェンスはよくなかったです
インサイド、アウトサイドでいいプレーをするラブを止めるのは今のナゲッツの
ディフェンスでは厳しいので34得点は仕方ないと思います

今シーズン注目度の高かったウルブスですが、その予想通りこれからルビオ、ロイ、バディンジャー
の3選手が復帰すれば相当強いチームだなと感じました

個々の選手について
201211212142781574915-p2.jpg
ガロ グリズリーズ戦からですがガロらしいドライブインが出来ていて、フリースローもしっかりと
   決めています。ディフェンスでもラブ相手に頑張っていました

イギー 前半はいまいちでしたが、後半は3ptをしっかりと決めて追い上げに貢献していました
    
ローソン ターンオーバー4つはありましたが、積極的にシュートしていて、アシストも9と
     なかなかの活躍でした。フリースローはまだ時間がかかりそうです

ファリード ラブ相手に完敗でしたが、後半はリバウンドをとるというらしさはでていたので
      悪くはなかったと思います
      ランドルフ、ラブと現役最高峰のPFを相手にアウェイでのマッチアップは見ていて
      すごく楽しかったです

クーフォス リバウンドをしっかりとれていて、ペコビッチにもいいディフェンスをしていたと
      思います

ミラー 終盤で2回のエンドワンはさすがでした
    
マギー 入りそうもないミドルシュートをなん本がうっていて、リバウンドもあまりとれずと
    ここ最近の活躍が今日は見られませんでした

ブリュワー ドライブからのシュートはいいんですが、タフなミドルシュートを連発していて
      印象はよくなかったです
      元ウルブスの選手なので力が入っていたのかなと思います

ハミルトン 3pTを3本決めて、リバウンドも6となかなかの活躍でした
      これからも期待したい選手です

次の試合はホームでウォリアーズ戦です
シューターがいるチームなのでナゲッツにとっては厳しい相手だと思います
前半戦はホームが少ないので連勝を伸ばしていいリズムを作るためにもホームでは勝っておきたい
ところです

連敗3でとめる DENvsMEM

スターター
ナゲッツ      グリズリーズ
PGローソン    PGコンリー
SGイギー     SGアレン
SFガロ      SFルディ
PFファリード   PFランドルフ
Cクーフォス    Cマルク・ガソル

ナゲッツはチャンドラーが欠場
グリズリーズはベストメンバーでした

1Q 3ptへのディフェンスが悪くフリーで決められてしまい、オフェンスリバウンドも多く
  とられてしまう苦しい展開でしたが、オフェンスでガロを中心に上手く得点をとっていき
  5点リードします。終盤ターンオーバーから次々と得点をされてしまい、逆転されますが
  ミラーのフリースローで再度逆転しました
  ナゲッツ1点リードで1Q終了

2Q オフェンスでリズムを掴みかけているのに安易なターンオーバーでグリズリーズに得点される
  という展開で一進一退でいき、その後ガロがフリースローをしっかりと決めていきローソンの
  3ptで5点差としますが、その後またもターンオーバーから得点されてしまいました
  ナゲッツ3点リードで2Q終了

3Q なかなかアウトサイドシュートが決まらず、ターンオーバーも出てしまい、グリズリーズに
  逆転されてしまいます。その後ファリードが4ファアルとなりますが、マギーなどの得点で
  離されずなんとかついていきました
  グリズリーズ1点リードで3Q終了
  
4Q ファリードのオフェンスリバウンドなどでそれを得点につなげていき7点リードしますが
  グリズリーズもスペインツの得点をしていき、なかなかそこからリードをひろげられず
  その後徐々に追い上げられて同点となります
  終盤ナゲッツはシュートは決まらないもののオフェンスリバウンドをとってのt得点や
  ガロのフリースローなどの得点で残り40秒ぐらいで1点リードします
  その後イギーがいいディフェンスをみせてターンオーバーを誘い、その後のオフェンスで
  ガロが3ptを決めました
  ナゲッツ5点リードで勝ちとなりました

DEN 27 25 17 28 97
MEM 26 23 21 22 92

8連勝中のグリズリーズが相手でアウェイということで4連敗は覚悟していて
接戦になればいいなぐらいで弱気に観戦していました
内容がよかった勝利ではないですが、とりあえず連敗を止めれてよかったです

オフェンス
ターンオーバーが多く、シュートもあまり決まらないと悪かったです
ただオフェンスリバウンド21と偶然もありますがグリズリーズの強力インサイド陣から
これだけとれたのはよかったです
あとガロのドライブからフリースローをもらいしっかり決めていたのもオフェンスリバウンド
を21とったぐらい大きかったです

ディフェンス
ところどころ3ptへの対応が悪かった部分もありましたが、ここ数試合のディフェンスに比べると
インサイド、アウトサイドともになかなかよかったと思います
1点差でのイギーのディフェンスはさすがでした


個々の選手について
201211192111762940104-p2.jpg
ガロ ドライブからフリースローをもらいしっかりと決め、勝負を決める3ptも決めてくれて
    ガロらしいオフェンスができていました。ディフェンスでもいい活躍をしていました 
    安定してこれぐらいの活躍ができるようになってもらいたいです

イギー オフェンスはシュートが決まらずいまいちでしたが、勝負どころでのディフェンスは
    すばらしかったです

ローソン ターンオーバーが多く、ドライブしてもブロックがきてしまい上手く決まらず
     シュートも決まらずでした
     今シーズンはオフェンスでの活躍があまりなく、かなり苦しんでいる感じです
     アウトサイドシュートが決まってくれば調子も戻ると思います 

ファリード 今日もファアルトラブルとなりましたが、その中で13得点13リバウンド
      13のうち7オフェンスリバウンドとランドルフに対しても負けない活躍でした
      

クーフォス ガソル、ランドルフ相手に8得点、9リバウンドと十分すぎる活躍でした
      

ミラー 大事なところでターンオーバーがでていましたが、8アシストはよかったです

マギー 17分の出場で15得点、8リバウンドと存在感を出してくれました
    ここ数試合は良い活躍ができているのでこの調子でいってもらいたいです

ブリュワー 3Q終了間際の3pt、タフなディフェンスで貢献してくれました

モズコフ 出場時間が短かったのでとくにありません 

ハミルトン リバウンドで頑張っていました
      個人的に期待している選手なので活躍を期待したいです

次の試合はアウェイでウルブス戦です
連勝してホームに戻りたいところです

大惨敗で3連敗 DENvsSAS

スターター
ナゲッツ      スパーズ
PGローソン    PGパーカー
SGイギー     SGグリーン
SFガロ      SFジャクソン
PFファリード   PFブレア
Cクーフォス    Cダンカン

ナゲッツはチャンドラーが欠場
スパーズはレナード、ニールが欠場しました

1Q 序盤ブレアに活躍され、ファリードが2ファアルしてしまうというナゲッツとしては
  厳しい状況となり、オフェンスではターンオーバーが多く出てしまいます
  中盤ディフェンスではオフェンスリバウンドをとられての得点をゆるして、オフェンスでは
  シュートが決まらずで、リードをひろげられます
  終盤クーフォス、モズコフのセンター陣がほとんど効果はなく、ターンオーバーをしてしまい
  ディフェンスでは3ptを立て続けに決められました
  1Qだけで9ターンオーバー、さらにファリード、マギー、モズコフのインサイド陣が2ファアルと
  最悪の出だしとなりました
  スパーズ18点差で1Q終了

2Q  開始2分もたたないうちにジノビリに3ptを2本決められたり
   ターンオーバー2回するなどで、24点差となります
   中盤スパーズがターンオーバー、シュートミスが多くなっていき
   ナゲッツがファストブレイクなどの得点で13点差とします
   その後はスパーズのディフェンスにナゲッツがターンオーバーを連発するなどで
   追い上げることはできず、終盤はフリースローをもらいますが、ローソンが2本
   連続で外すなど、スパーズのリズムは良くなかったんですが、ナゲッツがそれを
   いかすことはできずに点差が徐々に離れていきました
   最後にダンカンに3ptを決められ、スパーズ20点リードで2Q終了
   スパーズが良かったというのもあり、ナゲッツが悪すぎるといのもありで
   今シーズン最悪の前半でした
  
3Q 序盤オフェンスではタフショットを連発してチームとしての形が作れず、ディフェンスでは
  オフェンスリバウンドをとられ、いいように簡単な形で得点されてしまい30点差となります
  その後はなんとかローソン、マギーなどが頑張り得点しますが、いいディフェンスをしても
  そのリバウンドがうまくスパーズの選手のところにいき、得点されるなどでなかなか追いあげ
  モードになれませんでした
  スパーズ22点リードで3Q終了

4Q 終始スパーズに3ptを次々決められてしまいました
  ナゲッツでよかったのはフルニエが得点していたことぐらいです
  スパーズ26点リードで4Q終了

DEN 15 25 28 32 100
SAS 33 27 30 36 126

チームとしての完成度の差がまったく違いました
ナゲッツは終始行き当たりばったりのオフェンスで安定して得点できず
一方スパーズは形を作り簡単に得点していました
これで3連敗ですが4連敗は覚悟しているので、そこまでは負けても仕方ないと思います


オフェンス
前にも書きましたが、スターターでの明確なオフェンスの形を作らないと
安定して勝つことは難しいです
ベンチからはミラー、マギーといい形ができていることがありますが、スターターはとくにありません
ほとんどピック&ロールとなり相手に完全に読まれていて、パスが通ってもキャッチミスが多く
結果1on1での勝負になってしまいます
ファリード、クーフォスがポストアップできないのは分かりますが、少しぐらいはそこで勝負して
いかないとスペースが作れず厳しいオフェンスばかりになる気がします

ディフェンス
またも3ptへの対応が悪くほとんどがフリーでのシュートをうたれて決められていましたが
今日に関してはスパーズのオフェンスシステムがいいので今のナゲッツのディフェンスでは
どうしようもない部分があると思います
オフェンスリバウンドを多くとられましたが、不運な部分も何度かあったので仕方ないと思います

個々の選手について
201211172208796964664-p2.jpg
ローソン ピック&ロールでのアシストがなかなかできず、シュートも決まらず、ターンオーバーも
     多くよくありませんでした
     PGとしてゲームをコントロールしたいのは分かりますが、ローソンの持ち味は速い展開
      なので3Qで見せたような果敢なドライブを序盤からしてもらいたかったです

イギー オフェンスでまだ上手く絡めていない気がします
    連携面の問題なのか、SGとしての起用が問題なのか分かりませんが
    まだ10試合なのでもう少し様子をみてみたいです

ガロ 今シーズンあまり見られなかったドライブからの得点がとれていてよかったと思います
   これぐらいドライブが出てくると、シュートもいきてくると思うので次の試合からも
   今日のようなドライブを見せてもらいたいです              
 
ファリード ブレア相手にリバウンド、得点、アシストをされてしまい、そしてファアルトラブルに
      なり、オフェンスでもあまりよくなく、攻守で完敗でした
      ただスパーズのブレアの使い方がうまかったこともあるので仕方ない部分もあります
      こういう日はあるので切り替えて頑張ってほしいです

クーフォス ここ数試合はいつものクーフォスに戻っていて、今日も存在感はありませんでした   

ミラー マギーへいいアシストをしていました
    ミラー、マギーのコンビはなかなか強力なので、もっと単純なピック&ロールをどんどん
    使っていってもいいかもしれません 

マギー ここ数試合得点、リバウンドと成績、内容ともにいいです
    スタミナの問題なのか1試合ほとんどが20分ぐらいです
    マギーが30分出場できるといいんですが無理なんでしょうか・・・

ブリュワー 攻守でよく動いていて、3ptも2本決めるなどなかなかよかっと思います

モズコフ クーフォスと同じく、攻守で存在感がありません 

ハミルトン 簡単なシュートを外していました
      ハミルトンがベンチからのアウトサイドでの得点源となってもらいたいです

フルニエ 積極的にドライブしていて、上手く得点していました
     こういうときにしっかり活躍することは今後も重要です

次の試合はアウェイでグリズリーズ戦です
今の状態でグリズリーズに勝てることは考えられませんが
今日のような1Qで試合が決まってしまうような展開にはなってほしくないです

4Qに猛攻を見せるも連敗 DENvsMIA

スターター
ナゲッツ      ヒート
PGローソン   PGチャルマーズ
SGイギー    SGミラー
SFガロ     SFレブロン
PFファリード  PFバティエ
Cクーフォス   Cボッシュ

ナゲッツはチャンドラーが欠場
ヒートはウェイドが欠場しました


1Q ファリードのアウトサイドへのチェックが悪く、バティエの3pt3本などを決められて
  リードされ、オフェンスではガロのフリースローは4本中2本しか決められず、ボールが回っても
  なかなかシュートをうてずと、攻守ともにいいリズムを作れませんでした
  ヒート8点リードで1Q終了
序盤にチャルマーズが怪我をしてその後試合に戻りませんでした

2Q オープンの3ptをブリュワーが3本連続決められず、逆にルイスに3ptを決められてしまい
  9点差となります
  ナゲッツはガロがファアルトラブル、チャンドラーが欠場ということもあり、ローソン
  ミラーのダブルガードをしていましたがオフェンスではそこまで機能せず、ディフェンスでは
  リバウンド争いで負けてしまい、あまり良くない結果になってしまいます
  その後序盤に良い3ptを決めていたハミルトンが入り、スモールラインナップを解消してから
  ハミルトンが3ptを2本決めたり、ファリードのリバウンドなどでナゲッツが追い上げます
  しかしその後ヒートがしっかりもらったフリースローを決めるなどで着実に得点していき
  ナゲッツは得点できなくなり、最後のヒートのオフェンスでファリードがスクリーンに完全に
  かかってしまい、クーフォスがスイッチできず、アレンに3ptを決められてしまいました
  ヒート12点リードで2Q終了
  
3Q 立ち上がり4点ナゲッツがとりますが、その後はヒートペースとなり、ミラーなどがオープンの
  3ptを決めていき、リードがひろがり、19点差となります
  その後オフェンスの形は作れませんが少しずつ追い上げ、11点差となりましたが一桁点差まで
  できるチャンスをターンオーバーなどで追い上げられず、レブロンなどの得点でヒートに
  リードをひろげられました
  ヒート13点リードで3Q終了

4Q 立ち上がりヒートのターンオーバーなどで、ミラーなどが得点していき、7点差とします
  さらにミラーがオフェンスをリードし、マギーのタフショットが決まるなどで4点差
  その後はミラー、レブロンが決めあう展開となり、一進一退の展開となります
  残り2分をきって、1点差とせまりナゲッツのオフェンスでガロが3ptをうちますがエアーボール
  その後コールに3ptを決められて残り1分をきって4点差となり、その後のオフェンスが決まらず
  ファアルゲームとなりました
  ヒートが5点差で勝ちとなりました

MIA 28 26 25 19 98
DEN 20 22 24 27 93

終始ヒートがリードしていて、ナゲッツの追い上げの部分もほとんどなく
終わるかと思われましたが、4Qにはミラーの活躍で追い上げてくれて
勝てるかもというところまでいってくれました
サンズ戦ではなぜマギーではなくミラーをだしていたのかと思いましたが今日は4Qミラーとともに
追い上げに貢献していたマギーを最終盤に出さずに不調のローソンを出し続けていました
ローソンはナゲッツを代表する選手なのでいくら不調でも大事な時にだすのは分かるので
マギーを出したほうが勝てる可能性はあったと思いますが今日の場合はカールHCの采配は
間違っていなかったと思います
これで2連敗となり、今後アウェイでスパーズ、グリズリーズ、ウルブスと続くので
4連敗までは覚悟しといたほうがよさそうです

オフェンス
スターターより、ベンチの得点が上回るという結果になりました
ベンチではミラーのポストアップといった明確なオフェンスがあるので
ある程度安定しますが、スターターの場合は、ピック&ロールと1on1からなんとか得点するという
形なので今日のようにシュートが決まらないと厳しくなります
ローソン、ガロの2人がさらに成長することが重要だと今日の試合で改めて感じました

ディフェンス
前半3ptへの対応が悪く、フリーのシュートを次々と決められていき、その後少し良くなりましたが
一度乗ってしまうと厳しくチェックにいっても決められてしまうので、もう少し前半からシューターを
乗らせないようなディフェンスをしてもらいたいです

個々の選手について
miller_670_0.jpg
ミラー 4Qで苦手としている3ptを2本決めるなどで、オフェンスで大活躍してくれました

ファリード 16得点20リバウンドという数字でしたが、自分で外してからのリバウンドも
      多かったのでそこまでよかったというわけではないです
      ここ数試合安定してダブルダブルを記録しているのでこのままいけば
      もしかしたらオールスターというのも夢ではないかもしれまん
      あとはパスミスを減らすことと、フリースローの確率をあげること
      欲を言えばミドルレンジも決めれるようになればすごい選手になりそうです
         
イギー 3ptを狙えるチャンスが結構あったので、そこでパスをするのもイギーらしさですが
    もう少しうってみてもよかったかなと思います

ガロ 4Q終盤逆転を狙った早めの3ptの選択は間違いではなかったと思います
   試合を通してあまりシュートが決まらず、得意のフリースローも今日も2本外し
   ファアルトラブルをおこしてしまうなどあまり良くない結果に終わってしまいました

ローソン ドライブがきまらず、シュートも決まらずで結果アシスト8があったものの
     0得点に終わりました
     

クーフォス 可もなく不可もなくといういつものクーフォスになった感じです

マギー オフェンスではタフショットを次々と決めて、ディフェンスではペイント内でブロックを
    していました。スタミナの問題なのか終盤出られないのは残念です

ハミルトン オフェンスが停滞していた2Qでいいリズムでシュートをうって決めていました
      今シーズン期待している選手だけにこれからもがんばってもらいたいです  

ブリュワー これまで調子のよかった3ptがフリーでも入らず、ドライブからのレイアップも決まらず
      ディフェンスでもあまり貢献できずでした

次の試合はアウェイでスパーズ戦です
連敗を止めるには厳しすぎる相手ですがスパーズのアウェイではそこまで
やられてるイメージはないのでなんとか勝ってもらいたいです

起用法に疑問 4連勝で止まる DENvsPHX

スターター
ナゲッツ      サンズ
PGローソン    PGドラギッチ
SGイギー     SGダドリー
SFガロ      SFビーズリー
PFファリード   PFスコラ
Cクーフォス    Cゴータット


1Q 中盤までイギー、ファリードなどが得点し、ディフェンスもよく、10点リードしていたんですが
  それ以降はオフェンスではマギーのダンクなどで得点をしていましたが、ディフェンスで
  ドラギッチ、ダドリーなどに決められてしまい追い上げられました
  ナゲッツ4点リードで1Q終了

2Q 序盤から中盤までサンズがオフェンスリバウンドをとったり、ファアルをもらってのフリースロー
  などの得点で逆転されますが、終盤ファリードが戻った後はナゲッツもオフェンスのリズムが
  出てきて逆転します
  ナゲッツ3点リードで2Q終了

3Q 序盤から両チームシュートを決めあう展開になり一進一退でいき、中盤イギー、ガロの3ptで
  5点リードしますが、その後ダドリー、ビーズリーなどに得点をされてしまい一気に逆転されて
  しまいました。サンズ5点リードで3Q終了

4Q 序盤ナゲッツはチャンドラーがうまく得点しますが、サンズのオフェンスを止められずゴータット
  などに得点され、7点リードされます
  中盤マギーのダンクなどで差を縮めて残り4分で1点差としますが、そこからナゲッツはFGがなく
  ターンオーバーを多くしてしまい、ディフェンスでもドラギッチ、ブラウンに得点されて
  リードをひろげられました
  サンズ10点リードで4Q終了

DEN 27 30 21 22 100
PHX 23 31 29 27 110

起用法に疑問をもってしまう試合でした
残り4分のところから、ローソン、ミラー、イギー、ガロ、ファリードの5人で戦いましたが
今日は攻守での好調ぶりをみせていたマギーをミラーとかえて出場してもらいたかったです
残り4分からサンズの得点はほとんどがレイアップで、さらに2点差にせまった場面でゴータットに
オフェンスリバウンドをとられていて、オフェンスでもあまり上手くいってませんでした
マギーが出ていたら解消されたかどうかは分かりませんが、今日のマギーはオフェンスでは
ダンクで脅威となり、ディフェンスではブロックができていたので、出場してもらいたかったです
使わなかった理由として考えられるのはマギーのスタミナの問題、前の試合でこのメンバーで
終盤を戦って上手くいったこと、ミラーへの信頼度の高さ、ということだったのかもしれません
もしマギーが出れないのであれば、ブリュワー、チャンドラーなどアウトサイドがある程度打てて
リバウンドも争え、ディフェンスがいいといったスモールラインナップにしたほうが今日の試合では
良かったような気がします
カールHCは素晴らしい監督であることは分かっていますが、今日は起用法に疑問を持って
しまいました

オフェンス
シュートの確率はよかったんですが、大事な所でターンオーバーをしてしまいました

ディフェンス
サンズが上手いピック&ロールをしていて、各選手のシュートタッチもよく、外れても
スイッチしていて高さのミスマッチになっていたことでオフェンスリバウンドをとられてしまいました
仕方ない部分が多かったですが、戻りが遅かったのは改善してもらいたいです

個々の選手について
201211122130774471579-p2.jpg
ローソン 12得点、8アシストと成績はまずまずいいんですが、ターンオーバーを4つしていて
     大事な所でのターンオーバーもあったので印象はあまり良くなかったです
     フリースローが2本きっちり決まったのはよかったです

イギー 17得点、9リバウンド、5アシストと今日もオールラウンドな活躍でした
    シュートタッチがいいのでもう少しシュートを狙ってもいいかもしれません

ガロ シュートタッチはまずまずでしたが、昨シーズンまでフリースローを上手くもらって
   いたんですが、今シーズンは少なく、今日も2本しかとれていません
   シュートだけでなく、ドライブからファアルをもらうプレーも出てくるといいかなと思います

ファリード 軽率なターンオーバーなど4つしてしまいましたが、14得点、11リバウンドと今日も
      ダブルダブルでした
      あとはポストプレーのディフェンスがよくなればいいかなと思います

クーフォス ディフェンスで頑張り、悪くはなかったんですが、ここ2試合が攻守ですごく良い
      出来だっただけにものたりない出来でした

ミラー オフェンスはまずまず良いんですが、ディフェンスで少し遅い部分がありました

マギー 得点のほとんどがダンクだったのでマギーが良かったとは言い難いんですが
    ディフェンスでもブロックをしていて、サンズの脅威になっていたと思うので
    個人的にはもう少し出場してもらいたかったです

ブリュワー 攻守両面であまり印象的なことはなかったように感じます
      今シーズンはベンチからの得点源として頑張っているので、攻守両面で活躍して
      もらいたいです

チャンドラー 出場して数分はやはりまだまだ本調子ではないかなという体の動きでしたが
       4Qには上手く得点していて、リバウンドもとれていました
       もう少し様子をみてもいいかもしれません

モズコフ 最近は出場時間がほとんどない状態ですが、クーフォスとは実力はほとんど
     かわらないので、いつでもスターターで出場できるようにしていてもらいたいです

次の試合はホームでヒート戦です
アウェイであれだけの熱戦をできていたので
ホームでは勝利を期待したいです

2OT大激戦での勝利で4連勝 DENvsGSW

スターター
ナゲッツ      ウォリアーズ
PGローソン    PGカリー 
SGイギー     SGトンプソン
SFガロ      SFバーンズ
PFファリード   PFリー
Cクーフォス    Cエジリ

ナゲッツはチャンドラーが欠場
ウォリアーズはボーガット、ラッシュが欠場しました

1Q 序盤から中盤ぐらいまでは一進一退でいきますが、その後両チーム得点できない時間帯が
  続き、終盤に入りナゲッツがミラー、イギーなどが得点していき、ディフェンスでもペイント内
  からウォリアーズに得点させず、ナゲッツがリードをひろげました
  ナゲッツ11点リードで1Q終了

2Q ガロのシュートがまったく決まらずファアルももらえず、ローソンのドライブも上手く
  決まらずとオフェンスで得点をなかなかとれず、11点あった差が徐々に少なくなり
  さらにウォリアーズのビードリンシュが1本フリースローを決めると大歓声が起こりと
  3点差まで追い上げられて一気にウォリアーズにリズムを持っていかれてしまいました
  タイムアウト後ファリード、クーフォスのインサイドの活躍とウォリアーズのディフェンスに
  助けられて9点リードしますが、フリースローをしっかり2本決めれないところから
  リズムが悪くなり、ウォリアーズに追い上げられました
  ナゲッツ1点リードで2Q終了

3Q 両チームオフェンスがあまり良くないなかウォリアーズのターンオーバーからナゲッツが
  得点して6点差とします
  その後オフェンスはガロのシュートタッチが良くなったことで得点できていましたが
  ディフェンスでスクリーンからカリー、トンプソンをフリーにしてしまい3ptを決められて
  リードをひろげることはできません
  その後は一進一退の展開となりました
  ナゲッツ3点リードで3Q終了

4Q 序盤マギーの攻守のミスでナゲッツはリズムを掴めず、ウォリアーズに逆転されます
  中盤はランドリーなどの得点でウォリアーズに5点リードされますが
  タイムアウト後8-0のランを決めて3点リードします
  その後ウォリアーズはカリーが3ptを決めていき、ナゲッツはシュートタッチが戻ったガロが
  シュートを決めていき、一進一退でいきます
  残り2分でナゲッツ4点リードとなりますが、その後ナゲッツは得点できず、ウォリアーズが
  ジャックの得点などで追いつき、その後両チーム試合を決めれるシュートがあったものの
  決めきれずでした
  同点で4Q終了

OT 両チーム決められれば、決めるという展開が続き、残り1分ぐらいになりカリーがミドルシュート
  を決めてウォリアーズが2点リードし、その後ナゲッツはイギーがミドルシュートを狙いますが
  外れてしまい、ミラーがオフェンスリバウンドをとるも得点できず、ファアルゲームとなり
  トンプソンがフリースローを2本外して、2点差で残り11秒からガロがダンクを決めて同点
  その後のウォリアーズのオフェンスは決まらずでした
  同点でOT終了

2OT ウォリアーズがランドリーの得点、トンプソンの3ptで5点リードします
   その後ナゲッツがオフェンスリバウンドをとって得点を狙いますがなかなか決まらず
   点差は縮まりません 
   残り2分からウォリアーズはフリースローミスなどで得点できず、ナゲッツがイギー
   ガロの3ptで逆転に成功し、フリースローも決めました
   ナゲッツ6点リードで勝ちとなりました

DEN 24 16 22 24 8 13 107
GSW 13 26 20 27 8 7 101

オフェンス
前半のローソン、ガロのオフェンスがほとんど決まらずチームとしてのフリースロー確率も悪く
ほとんどが1on1での得点となっていました
オフェンスリバウンドでインサイド陣が頑張りましたがここまでオフェンスがちぐはぐだと
どうにもなりません
しかし後半ローソンはいまいちでしたが、ガロのシュートタッチが上がりプレッシャーのかかる
場面でもしっかりと決めてくれました

ディフェンス
ところどころアウトサイドのディフェンスがあまくなることがありましたがナゲッツにしては
まずまずだったと思います
ペイント内では決められる時間帯はありましたがいいディフェンスができていたと思います

ウォリアーズのフリースローミスに助けられての勝利ではありますが、選手たちがあきらめず
くらいついたからこその勝利だったと思います
個人的には完全に諦めていただけに選手たちが素晴らしく感じました
これで4連勝です
こういう勝利はさらにチームを一丸とする勝利なので本当に大きな1勝だと思います


個々の選手について
201211110053031806641-p2.jpg
ガロ 前半全くシュートが決まらずでしたが、後半2OTではありましたが21得点と挽回してくれました
   ガロにとってこれが成長へのきっかけとなってくれると思わせるぐらい劇的な展開でした

イギー 19得点、12リバウンド、8アシストと素晴らしい活躍で、ディフェンスでもよかったです
    本当にいい選手だと改めて感じる試合でした  

ファリード 18得点、17リバウンドと今日も活力ある動きをみせてくれました
      

ローソン アシスト10ありますが試合を通してあまり良くありませんでした
     ディフェンスではタフについていた部分があったのでそこはよかったです

クーフォス ペイント内でいいディフェンスをしてくれました
      モズコフが復帰すると分かったことが危機感を与えて良い活躍をしているのか
      わかりませんが2戦連続でいい活躍でした

ミラー 決勝点であるガロの3ptへのアシストは見事でした
    

マギー リバウンドの強さをみせてくれましたが、オフェンスにはいまいち絡めませんでした
    

ブリュワー 3ptは決まりませんでしたが、ドライブしてのレイアップが決まっていて
      こういう調子に応じた活躍の仕方ができると今後も期待できそうです

次の試合はアウェイでサンズ戦です
プレシーズンで大敗したのでなんとか勝って5連勝としてもらいたいです
 

3連勝 DENvsUTA

スターター
ナゲッツ      ジャズ
PGローソン    PGモーリス・ウィリアムス
SGイギー     SGヘイワード
SFガロ      SFマービン・ウィリアムス
PFファリード   PFミルサップ
Cクーフォス    Cジェファーソン

ナゲッツはチャンドラーが欠場
ジャズはベストメンバーでした

1Q 序盤、中盤は両チーム一進一退でナゲッツは速いオフェンスで得点していき、ジャズは
  いい形を作りミルサップなどが得点していきます
  終盤ナゲッツはジャズ対策なのかチャンドラーが欠場のためなのか分かりませんが
  マギー、モズコフの2人を同時に起用します
  イギー、ブリュワーなどのミドルシュートが決まり得点しますが、その後は上手く機能せず
  ジャズが逆転しました
  ジャズ1点リードで1Q終了
  
2Q 序盤ジャズのインサイド陣にオフェンス、ディフェンスともに活躍されてしまいますが
  モズコフと交代でファリードが入ってきてからはファリードのオフェンスリバウンドから
  得点していきました。ファリードはダンクミスがありましたがいいリズムを作っていました
  中盤ミラーなどのいいディフェンスなどでジャズのオフェンスを上手く抑えて
  オフェンスではフリースローで得点していきました
  終盤ナゲッツのペイント内のディフェンスが良かったのと、ジャズのアウトサイドが
  フリーでも入らなかったことで、ジャズが得点できず、ナゲッツが徐々にリードをひろげました
  ナゲッツ15点リードで2Q終了

3Q ナゲッツはクーフォスが合わせのプレーからのフックシュートを決めたりで得点していき
  いいリズムで中盤までいきますが、その後ジャズがヘイワードの得点などで追い上げて 
  いきます。終盤ナゲッツのオフェンスは形は作れましたが決めきることができず
  マギーの謎のプレーも飛び出しましたがなんとかリードを保ちました
  ナゲッツ16点リードで3Q終了

4Q フルニエが4Q開始から出場しました
  序盤ジャズはフォイ、ナゲッツはブリュワーとここまで両チーム決まっていなかった
  3ptが決まりだします
  中盤以降は12点差に追い上げられる場面もありましたがブリュワーの3ptで得点していき
  リードを20点ぐらいまでひろげました
  その後ランドルフ、ハミルトンも出場して得点したので全員得点となりました
  勝負がほぼ決まってからもモズコフvsカンターの勝負は白熱していて面白かったです
  スピードの差でモズコフが完全に負けていました
  ナゲッツ20点リードで勝ちとなりました

UTA 27 11 19 27 84
DEN 26 27 20 31 104

オフェンス
ローソンのドライブが効果的に決まっていてアシストとならずともいいプレーが多く
オフェンスのリズムが良かったことでインサイドのファリード、クーフォスがオフェンスに上手く
絡めていました。そしてイギーのジャンプシュートがフリーではないのに確率よく決まっていて
ミラーからブリュワーの形での3ptも良く決まっていてよかったです
フリースローもナゲッツにしては決めてくれました
そんななかガロはフリーでの3ptを外し、フリースローをもらうプレーも少なく出来が悪かったです
いい形でパスが回ってきているのでシュートタッチが戻るのを待つしかないです

ディフェンス
1Q立ち上がりのディフェンスはミルサップに対してチェックがあまかったんですが
その後はジャズのアウトサイドがフリーでも決まらなかったことにも助けられて
ペイント内では簡単なシュートを与えないようなディフェンスができていました
2戦続けていいディフェンスができているのでこの調子でいってもらいたいです

これで3連勝となりました
ファリード、クーフォスがダブルダブルと攻守でジャズのインサイド陣相手に奮闘して
くれたことが勝利につながったと思います

個々の選手について
201211092258826982455-p2.jpg
ファリード 今日も攻守ともに活力あるプレーでチームを盛り立ててくれました
      ここまで決まっていなかったフリースローも今日は10本中8本を決めました
      3Q終盤に足を引きずっていたので心配ですがその後はロッカーに戻ることなく
      ベンチにいたので一時の痛みだったと思いたいです
      今のナゲッツに欠かせない存在なのでこれからも活力あるプレーを期待したいです
 
ガロ  シュートが決まらないのは仕方ない部分もありますがガロらしいファアルをもらうプレーが
    ないことは少し心配です
    エースとなれる存在なだけになんとか調子を上げてもらいたいです

ローソン レイアップはあまり決まりませんでしたが、いいドライブからアシストの形を作って
     くれました
     課題としては今シーズンフリースローが決まらず、フリースローのスランプになっています
     ローソンはナゲッツの中では上手いほうなのでなんとかスランプを抜けてもらいたいです
 
イギー ミドルレンジのシュートが次々と決まり、リバウンド、ディフェンスでも貢献してくれました
    

クーフォス ここ数試合の出来ではジャズのインサイド陣にやられるだろうと思っていましたが
      今日はその予想を大きく覆してくれる15得点、10リバウンドの大活躍でした
      これを自信にしてこれからもがんばってもらいたいです 

ミラー 得意のポストプレーはあまり出ませんでしたがフリーの選手を見逃さずいいパスを
    送っていました。フェイバースのダンクに対してのブロックには驚かされました

ブリュワー 今日も3ptが良く決まり5本決めました
      自信をもってうてているので決まっているのだと思います
      攻守で活躍してくれました

マギー マギーらしい無理なシュートも何本かあり、ターンオーバーもありとよくありません
    でした

モズコフ 簡単なシュートを何本か外したり、試合終盤のカンターとの勝負は完敗で
     いいところがありませんでした
     試合勘が戻るまでは仕方ないかなと思います

フルニエ 4Qの12分すべてプレーしましたがレイアップを決めたぐらいであまり印象的な
     プレーはありませんでした

ハミルトン、ランドルフ この2人は個人的に出場時間をある程度上げてもいいぐらい
            いい選手だと思います
            特にハミルトンはいい選手だなと思わせるオフェンス能力をみせてくれました
            SG、SFの層が厚いのでなかなか出場しづらい状況ですが出場すれば
            二桁得点もできる選手なので今後期待したいです

次の試合はアウェイでウォリアーズ戦です
またもや連戦アウェイと厳しい条件となっていますが
今いい状態で戦えているのでこの調子でなんとか勝ってもらいたいです

珍しい勝ち方 DENvsHOU

スターター
ナゲッツ     ロケッツ
PGローソン   PGリン
SGイギー    SGハーデン
SFガロ     SFパーソンズ
PFファリード  PFパターソン
Cクーフォス   Cアシク

ナゲッツは連戦のためチャンドラーが欠場でした
ロケッツはベストメンバーでした

1Q 両チームのディフェンスが良かったこともあり、なかなか得点が決まらず
  守りあいの展開となり、終盤ファリード、マギーの得点などでナゲッツが
  7点リードで1Q終了

2Q ナゲッツが序盤はマギー、中盤以降はローソンが速攻、3ptなどを決めて
  得点を重ね、ディフェンスでもリン、ハーデンにあまり仕事をさせず
  リードをひろげていきました
  ナゲッツ15点リードで2Q終了

3Q ナゲッツはシュートが決まらず、ターンオーバーも多くしてしまい、オフェンスが
  全くだめで、ロケッツがパターソンなどの得点で2点差まで追い上げます
  終盤ナゲッツがフリースローでなんとか得点し少しリードをひろげました
  ナゲッツ5点リードで3Q終了

4Q 序盤にナゲッツが10点リードしますが、中盤ターンオーバーが多くリズムが悪くなり
  デルフィノの得点などでロケッツに追い上げられます
  終盤1分をきって4点差でハーデンがレイアップを狙ったところをファリードがブロックし
  その後ファリードがオフェンスリバウンドをとって時間を使えばいいところを無理やり
  シュートにいくなどありましたが、ロケッツがシュートを外してくれて、最後はファリードの
  ダンクで試合を決めました
  ナゲッツ6点リードで勝ちとなりました

DEN 25 31 13 24 93
HOU 18 23 23 23 87

オフェンスは得点こそ少なかったですがローソンが得点、アシストで貢献し
いい形であれば3ptを狙うことと、フリースローは決まりませんでしたがまずまず
もらえていてよかったと思います
そして一番よかったのはファリードでオフェンスリバウンドをとりまくりました

ディフェンスはイギーがハーデンをほぼ完ぺきといっていいぐらいのディフェンスをみせて
そのことにより、ロケッツのオフェンスを機能しづらくさせました
チームとしてもハーデンのファアルをもらう、腕を伸ばしてくるプレーを上手くファアルに
ならず止めていて、ピック&ロールのディフェンスもよかったと思います
ただ3ptに対するディフェンスはブリュワー以外はあまいかなと感じました

これで連勝となりました
チャンドラーがまだ万全ではないので連戦の出場はできず、連戦での8人でのローテーション
でしたが、選手たちはタフに戦っていたと思います
ピストンズ戦のような得点をとって勝つ試合がほとんどのナゲッツにしては93点で勝てたことは
凄く珍しい勝ち方だと思います
プレイオフではディフェンスの悪いチームはなかなか勝つのは難しいといわれているので
こういう勝ち方を増やすことはいいことだと思います
イギーが入ったことによりこういう勝ち方が今後も増えてくるかもしれません

個々の選手について
201211072049749976828-p2.jpg
ファリード 16得点、16リバウンドと今日も活躍しました
      オフェンス、ディフェンスともにエネルギッシュで見ていて楽しいです
      残り24秒ぐらいでオフェンスリバウンドをとったときも時間を使わず
      得点にいくということも、本当はダメなんですが、ファリードらしい
      活力あるプレーだったと思います
      ただフリースローの改善は必要です

ローソン 積極的にシュートをうっていて、ドライブからのパスも出ていてよかったと思います
     ただガードの選手がフリースローを4本全部外してはだめです

イギー オフェンスはターンオーバー5と多かったですがシュートタッチはまずまずでした
    ディフェンスではハーデンに対するディフェンスが素晴らしく、簡単なシュートは
    ほとんどうたせませんでした

ガロ ファリードに印象が強かったせいか、あまりリバウンドをとっている印象はなかったん
   ですが10リバウンドを記録していて、13得点、10リバウンドでダブルダブルでした
   ミドルレンジは上手く決まっていますが3ptのシュートタッチがいまいちです
   フリースローもOなのでガロらしさはあまり出ていません

クーフォス モズコフの体調がどうなのか分かりませんがこのままの調子だと
      スターターで起用するのはどうかと思います

ミラー 得点は0でしたが、アシスト5、リバウンド7と素晴らしい活躍だったと思います

ブリュワー オフェンスは3ptがうまく決まっていて、ドライブしてファアルをもらい
      フリースローをしっかり決めていたのでよかったと思います
      ディフェンスでも最後まであきらめずチェックにいき相手に少しでも
      プレッシャーをかけていました

マギー フリースローラインぐらいからシュートをうって外し、自らとるというマギーらしい
    面白いプレーがありましたが、シュートセレクションがよく、いいプレーができていた
    と思います
    
次の試合はホームでジャズ戦です
ジャズはインサイドはもちろん強く、ウィリアムス、フォイの加入でアウトサイドもバランスが
いいので、3連勝に向けて厳しい相手だと思いますが、ホームなのでなんとか勝ってもらいたいです

1勝目 DENvsDET

今回は簡単に書きたいと思います
スターター
ナゲッツ     ピストンズ
PGローソン   PGナイト
SGイギー    SGスタッキー
SFガロ     SFプリンス
PFファリード  PFマキシエル
Cクーフォス   Cモンロー

ナゲッツはベストメンバー
ピストンズはマゲッティが欠場しました

DET 21 30 25 21 97
DEN 24 34 27 24 109

オフェンス
ピック&ロールが中途半端なときがあって攻めあぐねてしまい、結果1on1ということが
何度か見られました。スクリーンをもう少ししっかりセットしてもいいと思います
オフェンスリバウンドが21と積極的に取りにいってとれたのはよく、速いオフェンスも
何度か出ていたのでよかったですが、まだハーフコートで形としていいオフェンスを
あまり作れていない気がします
もう少しミドルレンジでシュートを正確に決めてくれればオフェンスの形ができそうです
それにはイギー、ガロのシュートタッチが重要だと思います

ディフェンス
ピストンズのスクリーンがよかったということもありますが
ナゲッツのディフェンスも悪くピック&ロールに対してのスイッチするタイミングや
ヘルプディフェンスが遅く簡単に決められるというのが何本もありました
マギーがいるときはある程度ドライブでこられてもブロックができますが
クーフォスの場合はそこまでなのでしっかりとマークしてもらいたいです
毎度のことですが3ptに対するディフェンスが悪く、フリーで3ptをうたせすぎです
これもスクリーンを避けきれず、スイッチもできずというディフェンスが結果的に
フリーでうたせることにつながっていると思います

試合内容はいまいちでしたが、とりあえず連敗を3で止めて今季初勝利できたのでよかったです

イーストで応援しているチームの一つであるピストンズはこれで4連敗です
モンロー、ドラモンドのインサイド陣はいいんですがSF陣がプリンスを中心にもう少し
頑張らないと厳しいかなと思います
マゲッティが戻ればある程度バランスがよくなると思うのでそれまで踏ん張ってもらいたいです

個々の選手について
faried_670_0.jpg
ファリード ヒート戦に続き、ファリードらしいリバウンドをもぎ取る感じが出ていました
      15得点、8リバウンドと22分でこの出来は素晴らしいです
      もう少し使ってあげてもいいかなと思います

イギー シュートタッチはそこまでよくなく、ターンオーバー4とまだまだ合わない部分が
    ありましたが、17得点、10リバウンド、4アシストと素晴らしい出来でした
    これから連携が高まればさらに攻守で活躍してくれそうです

ガロ シュートタッチがよくなく、フリースローももらえず、ターンオーバー4つとガロらしさは
   でませんでした。どんなに悪くても10点以上はとってもらいたいです

ローソン シュートはあまり入りませんでしたが、フリースローをもらっていて
     15得点、9アシスト、4スティールと攻守で貢献してくれたと思います

クーフォス オフェンスではシュートを決めていたのでよかった印象です
      ディフェンスはチームとして悪かったのでクーフォスだけのせいではないですが
      マギーに比べるとブロックという脅威が少ない分抜かれたときに厳しい感じでした
      今日ぐらい安定してシュートを決めてくれれば十分だと思います

マギー 豪快なダンク、ブロックが何度もでていました
    スタミナがないのかいい活躍をしていたんですが18分の出場でした

ミラー ディフェンスで良いプレー、悪いプレーの両方がありましたが
    オフェンスは安定してプレーしていて、いいパスをしていました

ブリュワー 昨シーズンより3pTがしっかり決まっていますが、ブリュワーがカットインして
      ローソン、ミラーがアシストというのがあまり見られません
      3ptで待つのはいいんですがカットインなどのプレーも増やしてもらいたいです

チャンドラー やはりオフェンスはいまいちですが、ディフェンスはまずまずの状態です
       まだ怪我の影響は続きそうなので本領発揮はもう少し時間がかかりそうです

次の試合はアウェイでロケッツ戦です
連戦でアウェイということで厳しい試合が予想されます
スクリーンを使うのがうまい、リン、ハーデンをどれくらい自由にプレーさせないかが
重要になってきそうです

ナゲッツらしさは出たが3連敗 DENvsMIA

スターター
ナゲッツ      ヒート
PGローソン    PGチャルマーズ
SGイギー     SGウェイド
SFガロ      SFバティエ
PFファリード   PFレブロン
Cクーフォス    Cボッシュ

ナゲッツはチャンドラーが出場せず
ヒートはベストメンバーでした

1Q ヒートの速いオフェンステンポもあって、ナゲッツも上手く試合に入れて
  オフェンスではファリードがジャンプシュート、ダンクなどで次々と得点をしていき
  フリースローもよくもらえていました
  ただディフェンスは仕方ない部分もありましたが3ptに対するチェックがあまくて
  1Qだけで6本決められてしまいました
  ヒート1点リードで1Q終了
  
2Q 1Qと同じく両チーム速いテンポで試合が進み、マギーがインサイドで頑張り
  イギーのシュートタッチもよく、ローソンのレイアップも決まりとオフェンスでは
  これ以上ないくらい良かったんですが、ディフェンスでボッシュを止められず
  フリースローも多く与えてしまいました
  ヒート2点リードで2Q終了

3Q スピードのミスマッチなのでクーフォスがボッシュに対して下がってディフェンスしすぎて
  結果簡単にミドルシュートを決められて、さらにターンオーバーもでてしまい
  序盤ヒートが主導権を握ります
  中盤ボッシュに対してタフに当たっていきますがのってしまったボッシュをなかなか
  止められず、ただオフェンスでなんとかタフショットを決めていきそこまで離されませんでした
  終盤ミラーのオフェンスが次々と決まり、ディフェンスは良くはなかったものの
  ヒートがシュートを外してくれて、ナゲッツ4点リードで3Q終了

4Q 序盤ナゲッツが一気にリードをひろげられる時間帯がありましたがターンオーバーが出てしまい
  ヒートに差を縮められます
  中盤オフェンスリバウンドからファリード、マギーが得点するなどで6点差としますが
  アレンの2本の3ptで同点に追いつかれ、その後一進一退でいき、ボッシュのダンクで
  逆転されます
  終盤イギー、ガロがタフショットを決めてなんとか1点リードをしますが
  レブロンの1on1を止められず、さらにウェイドのレイアップで3点リードされます
  その後ファリードがオフェンスリバウンドから得点し、さらにイグダラがシュートを決めて
  残り14秒でナゲッツが1点リードします
  その後レブロンの1on1をまずまずファリードが抑えていたんですがブリュワーが中途半端に
  ヘルプに来てしまい、簡単にアレンにパスをされてしまい、アレンがフリーで3ptをうち
  遅れてブリュワーがチェックにいきましたが3ptを決められた上にファアルとなり4ptプレイを
  決められてしまいヒート3点リードとなりその後ガロが同点の3ptを狙いますが外れて
  ヒートが3点リードで勝ちとなりました

DEN 34 32 25 25 116
MIA 35 29 23 32 119

オフェンスではシュートタッチはいまいちでしたが、ペイント内で積極的に勝負していて
ファアルももらえていて、オフェンスリバウンドからの得点もとれていました
ヒートのインサイドが高さがないのでいつもならあっさりブロックされますが今日はそれが
決まっていたのでいいリズムでオフェンスができていました

ディフェンスは最後のアレンの3ptに対するディフェンスはブリュワーがヘルプに中途半端にいった
ことと、あわててチェックにいってしまったことの2つのミスが起こってしまいましたが
他の3ptを決められたのはある程度仕方ないかなと思います
ヒートのボール回しがうまく、アレンのもらい方も上手いので、止めるのは難しいと思いました

ヒートも速い展開をしてくるチームなのでそれがナゲッツのいいリズムを作ってくれたの
かなと思います
3連敗となりましたが今日はナゲッツらしさは出せたと思います
これをきっかけに調子をあげてもらいたいです

個々の選手について
201211032004722588253-p2.jpg
ファリード 22得点12リバウンド、オフェンスリバウンド7とようやくファリードらしさが
      出てきました。レブロンとの1on1も見ごたえがありました
      この調子で頑張ってもらいたいです

イギー シュートタッチが良くクラッチシートを決め、ディフェンスでも貢献していました
    今日の出来なら最後はイギーに任してみてもよかったかもしれません

ガロ  プレシーズンからずっとシュートタッチが良かったんですが、今日は3ptがほとんど
    決まらず、シュートタッチが悪かったです
    エースになってもらいたい選手なので安定してシュートを決めてもらいたいです

ローソン ヒートの高さがないこともあって、いつもならブロックされるかもしれない
     ドライブからのレイアップが良く決まっていました
     
クーフォス オフェンスでは簡単なシュートを外してしまい、ディフェンスではボッシュに
      やられたい放題でした
      ボッシュを止めることは無理でも、簡単なシュートは決めてもらいたいです

ミラー 厳しい時間帯でしっかり得点してくれました
    ミラーがいなければここまで接戦にはならなかっただろうというぐらいよかったです

マギー 高さをいかしたリバウンドで頑張っていました
    相手の背が高い場合も今日ぐらいできればと思いました

ブリュワー 最後のディフェンスは悪かったですが、それ以外はタフにディフェンスしていた
      と思います


次の試合はホームでピストンズ戦です
ホーム開幕戦で初勝利を期待したいです


 

ため息だらけの試合 DENvsORL

スターター
ナゲッツ      マジック 
PGローソン    PGネルソン
SGイギー     SGアフラロ
SFガロ      SFターコル
PFファリード   PFデイビス
Cクーフォス    Cヴュチェビッチ

ガロが復帰してナゲッツはベストメンバー
マジックはハリントン、アヨンが怪我で欠場となりました

1Q 序盤オフェンスでなんとかシュートを決めていたものの
  クーフォスがフリースロー2つ外したところから、ナゲッツがシュートを外し
  マジックが速攻で得点するというナゲッツが本来やりたいオフェンスをマジックに
  やられてしまいます
  ベンチメンバーが入ってもとくに改善は見られず、むしろチャンドラーがオフェンスで
  無理な形でシュートをうって外したり、チームとしてのディフェンスもスイッチのタイミングが
  悪かったり、ディフェンスで簡単にかわされてレイアップを決められるなど散々な出来でした
  マジック11点リードで1Q終了

2Q 1Qの流れをそのままに立ち上がりターンオーバーから得点を決められてしまい
  その後オフェンスでは苦しいシュートが多くチームとしてのオフェンスになっておらず
  フリースローをもらうようなプレーもなく、ディフェンスでも改善は見られずスクリーンで
  簡単にフリーの選手を作られてしまい次々と失点していきました
  マジック21点リードで2Q終了

3Q ファリードにかわりチャンドラーをスタートで出しました
  オフェンスでパスが上手く回りだしナゲッツのテンポで進み、フリースローももらえるように
  なり、ディフェンスでもタフにつけたことによって10点差まで縮めます
  終盤ガロの3ptで9点差としますが、直後スクリーンに対してスイッチできず、レディックに3ptを
  決められ12点差となり、その後ナゲッツはフリースローで得点をとっていきましたがなかなか
  点差は縮まらず、マジック10点リードで3Q終了
  中盤ターコルが怪我でロッカーに下がりその後試合に出場しませんでした

4Q 序盤ターンオーバー、オフェンスリバウンドから次々と失点してしまい14点差となります
  ここからもマジックペースで試合が進み次々とマジックが得点していきました
  残り4分ぐらいで20点差になっていたので明日の試合も考えてベンチメンバーにしても
  よかったんですが、こういう経験をさせておくということなのか、少しでも意地を見せて
  ほしかったのか、カールHCの意図はわかりませんが、残り2分ぐらいまで基本スターターで
  戦いました
  マジック13点リードで勝ちとなりました
  
DEN 18 19 31 21 89
ORL 29 29 20 24 102

良かったことといえば3Q序盤の数分見せたオフェンス、ディフェンスぐらいで
他の時間帯はタイトルにも書いたようにため息ばかりでる試合内容でした

オフェンスではピック&ロールが上手く決まらず、無理やりパスを入れようとしてターンオーバー
フリーでもらってもブロックにあったりで、3Qのようにボールを持つ選手も持たない選手も次々と
カットインしていきフリースローをもらえるプレーが最初から出ていればある程度試合になったの
かもしれませんが、試合全体としてはチームとしてのオフェンスの形がほとんど出来ず
速攻のオフェンスもほとんど無く、開幕戦に続きナゲッツらしいオフェンスは見られませんでした

ディフェンスはスイッチのタイミングが悪くインサイド、アウトサイドでフリーを作ってしまい
簡単にシュートを決められていました
開幕戦はディフェンスはそこまで悪くないと思いましたが、今日の試合を見ていて
まずはディフェンスから改善しないとどうにもならないと思いました
こんなにあっさり得点されるとナゲッツらしい速いオフェンスが出ないのでなんとかして
もらいたいです。
プレシーズンからですがスイッチをする、しないの判断をよくすることが重要だと思います

ナゲッツが負けたとしても、マジックの元ナゲッツ組に頑張ってもらっての負けなら
よかったんですが、アフラロはシュートタッチが悪くあまり調子が出ない感じで
ハリントンは怪我で欠場でした
そういう意味でもため息の出る敗戦となりました


個々の選手について
201211022121768694719-p2.jpg
ガロ シュートタッチはそこまででしたが、ファアルをもらってフリースローを決めるという
   ガロらしさは出ていました。悪いなりに23得点とれたのはよかったと思います

イギー まだオフェンス、ディフェンスともに連携の部分であっていないように感じます
    実力を発揮するにはもう少し時間がかかりそうです

ローソン レイアップはうまく決まりましたが、シュートはほとんど決まりませんでした
     もう少しミドルレンジからのシュートを狙ってみてもいいと思います
     
ファリード オフェンス、ディフェンスともに存在感がなく、リバウンドでのファリードらしさも
      ありませんでした
      プレシーズンからオフェンスを上手くやろうとしているからだと思いますが
      昨シーズンのファリードらしい荒々しさが見られません     

クーフォス 最初のフックシュート以降はオフェンス、ディフェンスともにほとんど何もできず
      でした

ミラー  安定してシュートを決めていました
     ミラーのポストアップがオフェンスで一番安定しているように感じます
 
チャンドラー ディフェンスはまずまずですが、オフェンスではまだまだ調子が上がらない感じで
       もう少し体調を万全にしてから出場してもいいのかなと思います

マギー  無理なシュートが多くマギーらしさが出てしまいました
     期待しているだけに頑張ってもらいたいです

ブリュワー 積極的にシュートを狙う姿勢はよかったと思います
      カットインして得点するプレーが出てくるとさらにいいと思います 

フルニエ、ハミルトン 出場時間が短いなかで積極的にシュートをうっていました

  
次の試合はアウェイでヒート戦です
今の状態で何試合やっても勝てる相手ではないので3連敗は覚悟しておきます

開幕戦 DENvsPHI 

スターター
ナゲッツ      シクサーズ
PGローソン    PGホリデー
SGイグダラ    SGターナー
SFハミルトン   SFリチャードソン
PFファリード   PFヤング
Cクーフォス    Cアレン

ナゲッツはガロ、モズコフ
シクサーズはバイナムが出場しませんでした

1Q 立ち上がりはシュートが決まっていたナゲッツでしたがシクサーズもエンドワンや3ptなどで
  得点していきます。中盤に入りナゲッツがクーフォス、ファリードが得点しますが
  その後はなかなか得点できず、シクサーズもあまり得点できずにいきます
  終盤シクサーズがリチャードソン、ライトの3ptで6点リードしますがその後ナゲッツが
  ミラーが上手く得点していきなんとかついていきました
  シクサーズ3点リードで1Q終了

2Q 両チームターンオーバーをしてしまったり、シュートが決まらないこともあって
  オフェンスのリズムを掴めないまま終盤となります
  終盤ナゲッツはここまで3ptを10本ぐらいうってすべて外れていたんですが
  ようやくローソンが決めますがその後ナゲッツは得点できず、シクサーズが
  ホーズなどの得点で8-0のランを決めてリードをひろげました
  シクサーズ8点リードで2Q終了

3Q 立ち上がり2分リズムが悪かったオフェンスを変えるためカールHCはファリード、クーフォスを
  下げて、チャンドラー、マギーをいれます。何本かオフェンスは上手くいったものの継続して
  いかず、徐々にシクサーズにリードをひろげられていきます
  その後もナゲッツはいろいろな組み合わせを試みますがターンオーバーをしたり、3ptが入って
  いないこともあってシュートを積極的にうてずだったりと悪循環のオフェンスを繰り返して
  いました。シクサーズのオフェンスも停滞気味だったため13点差ですみましたが
  完全にシクサーズペースで3Q終了となりました

4Q 序盤、中盤とシクサーズのシュートが決まらないこともあってナゲッツがローソン
  そして4Q途中から入ってきたフルニエが得点していき残り4分ぐらいで1点差まで追い上げます
  終盤ナゲッツのオフェンスはホーズのブロックによって阻まれて、そのホーズがオフェンスでも
  得点していきシクサーズがリードをひろげていきました
  シクサーズ9点リードで勝ちとなりました

DEN 22 16 14 23 75 
PHI 25 21 19 19 84

ディフェンスに関しては3ptのチェックがあまい部分がありましたがそれ以外はまずまず
だったと思います
問題はオフェンスです
フリーだったり、チェックがあまいフリーの3ptがほとんど決まらないため、徐々に3ptがうてる
形の時もパスやドライブを仕掛けることになり、ドライブからファアルをもらうプレーも少なく
フリースローが少なかったです。フリースローをもらっても確率が悪かったです
シクサーズも3ptが決まらないことを知っていた感じでペイントをしっかりディフェンスしていて
その結果ナゲッツのターンオーバーも多くなっていました
良かった点はローソン、ミラーがPGとしての役割をしっかりしていたことぐらいです
オフェンスに関しては開幕戦にして悪い部分が全部でた感じでした
ガロが戻ればある程度3ptも決まるだろうし、フリースローももらえるかもしれませんが
ガロが戻るまでこの調子では困るのでなんとかしてもらいたいです

103112_670_iguodala.jpg
イグダラ シュートが決まらずで今日の出来はいまいちでしたがところどころで良いプレーを見せて
     いたので徐々に連携、調子ともにあげていってもらいたいです

ローソン これだけチームがターンオーバーをしていたなかターンオーバー0は素晴らしいです
     ブロックを3つされましたがシュート、ドライブを上手く決めていて、アシストも7と
     今日のナゲッツのなかで一番いい活躍をしていました
     今後も期待したいです

ハミルトン あまりシュートをうつ機会がなく得点できませんでしたが
      リバウンド6となかなかとっているのはよかったです

ファリード リバウンド争いにいく姿勢はファリードらしかったんですがフリーだったので
      うってもいいのですがジャンプシュートを決めてもらいたかったです
      ステップアップするためにジャンプシュートの確率を上げてもらいたいです

クーフォス リバウンドをしっかりとるなど安定した活躍でした
      
ミラー 少しシュートをうち過ぎな感はありますがPGの役割は果たしていたと思います

ブリュワー 速攻でのボールの扱いが悪いのでボールロストを起こしたりカットされる場面が
      ありました。確率はそこまででしたがシュートの思いきりは良かったと思います

チャンドラー まだ本調子には遠いのか存在感はあまりなかったです
       ガロと同じく将来期待できる選手だけに調子を上げてもらいたいです

マギー オフェンスはそこまででしたがディフェンスではブロックを3つするなどまずまずだった
    と思います。ナゲッツとしてはマギーには攻守両方で期待していると思うので
    オフェンスのほうも頑張ってもらいたいです

フルニエ フルニエが入ってからいいリズムを作れていたので今日の試合はいいアピールに
     なったと思います

次の試合はアウェイでマジック戦です
マジックにはアフラロ、ハリントンがいるので楽しみです



プロフィール

マーティン

Author:マーティン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
人気ブログランキングへ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。