スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

終盤ターンオーバー連発で敗戦 DENvsMEM

スターター
ナゲッツ      グリズリーズ
PGローソン    PGコンリー
SGイギー     SGアレン
SFガロ      SFルディ
PFファリード   PFランドルフ
Cクーフォス    Cガソル

ナゲッツはチャンドラーが欠場
グリズリーズはとくにいませんでした

前半
オフェンスはほとんどがペイント内での得点でクーフォス、ファリード、マギーが得点していき
ディフェンスはオフェンスリバウンドをとられていましたが、いいディフェンスをしていました
ファリードがファアルトラブルとなっていたため厳しい時間帯がありましたがよく頑張ってくれました
グリズリーズ1点リードで前半終了

後半
3Qはオフェンスではガロ、イギーが3ptを決め、ディフェンスもよく、終盤ブリュワー、イギー
などの得点で6-0のランを決めてナゲッツが3点リードで3Qを終了します
4Q中盤までは一進一退でいきましたが、ファリードが安易なファアルで5ファアルとなってしまい
ディフェンスが甘くなり、そこからグリズリーズペースとなり、その後オフェンスでターンオーバーを
繰り返しリズムを取り戻せずでした
グリズリーズ9点リードで勝ちとなりました

DEN 15 21 21 15 72
MEM 19 18 16 28 81

5日で4試合目でアウェイのグリズリーズ戦という過酷な状況のなか
オフェンスが悪いなりに、ディフェンスで頑張るというナゲッツらしからぬ
試合をしたと思います
ペイントのディフェンスがいいナゲッツにとってはグリズリーズのランドルフ、ガソルを
抑えれるので相性がいいということもありましたがこういう内容の試合ができたことは
よかったと思います

今日の敗因はリバウンドなのでペイント内で勝ったとは言い難いですが
不運なオフェンスリバウンドが何本かあり、ナゲッツよりもグリズリーズが21本多くシュートを
うっているのでそれでここまで接戦にできたということは最終的にペイント内で頑張ってディフェンス
していたと思います
他の敗因はマーベリックス戦であれだけよかったスターター陣が今日はほとんどだめだった
ことです。それをベンチ陣がカバーするのがナゲッツの戦い方なんですが、今日はひどすぎました
あと4Q終盤のターンオーバー連発も大きな敗因の一つでした
それもミラーが2つしてしまい、それでもローソンが不調のため交代できずという状況に
なっていました

開幕からここまでnbaのチームで一番厳しいといってもおかしくない日程だったので
17-15と貯金2でのりきれたことはよかったと思います
これからはホームが多くなるので一気に駆け上がってもらいたいです

個々の選手について
201212292016729813660-p2.jpg
イギー シュートがあまり決まらず、フリースローの確率も悪かったです
    スターター陣のなかでは安定していた気がします  
   
ガロ  キャリアハイの後にこの成績は残念です
    これから平均で20得点以上を期待したいです

ローソン シュートが決まらず、ほとんど印象に残りませんでした
     今シーズンあまりよくないのでここから挽回してもらいたいです

ファリード ファアルトラブルで思うようにプレーできてませんでした
      今日の勝敗を分けたといってもいいぐらいファリードのファアルトラブルは
      ナゲッツにとっていたかったです
      ファリードがファアルトラブルになるとグリズリーズの会場がわいていたので
      それぐらいいい選手だと認められてきているというのはうれしかったです

クーフォス フラストレーションがプレーに出てしまいファアルアウトとなってしまいました
      もう少し冷静にプレーしてもらいたかったです

ミラー 4Q終盤のターンオーバー2本は残念でした
    ここ最近はあまりミラーらしいプレーがないです

マギー 12得点、9リバウンド、6ブロックとベンチから素晴らしい成績を残してくれました
    毎試合これぐらいの成績を残せる選手なのでこれからも期待したいです

ブリュワー 3ptはあまり決まりませんでしたがレイアップをしっかり決めていました 

モズコフ ディフェンスはよかったと思いますがオフェンスではエアーボールをするなど
     悪い部分がありました

次の試合はホームでクリッパーズ戦です
ホームとはいえ今一番勝つのが厳しい相手です
クリッパーズに勝って勢いをつけ、1月で快進撃をみせてもらいたいです
スポンサーサイト

ガロ キャリアハイの39得点 DENvsDAL

スターター
ナゲッツ     マーベリックス
PGローソン   PGコリソン
SGイギー    SGジョーンズ
SFガロ     SFメイヨ
PFファリード  PFマリオン
Cクーフォス   Cケイマン

ナゲッツはチャンドラーが欠場
マーベリックスはノビツキーがベンチスタートとなりました

1Q ナゲッツらしいペイント内で得点をとっていき、ディフェンスではマブスが外のシュートを
  外してくれていたので得点をあまりされずにリードをひろげました
  ファリードが9得点、11リバウンドとはやくもダブルダブルにせまる活躍でした
  ナゲッツ11点リードで1Q終了

2Q ガロ、ミラー、ブリュワーとタフショットを連発し、さらにターンオーバーがでるなどで
  マブスに追い上げられ残り4分のところで2点差となります
  その後はガロ、ローソンの3ptが決まりますが、ピック&ロールのディフェンスが悪くライトに
  ダンクを決められるなどで一進一退でいきます
  残り5秒ぐらいにガロが3ptを決めて、さらにミラーがスティール後ローソンの3ptは外れますが
  ガロがプットバックダンクを決めてリードをひろげました
  ナゲッツ8点リードで2Q終了
  逆転されてもおかしくないリズムだったので最後よくリードをひろげてくれました
  ただ中盤までのタフショット連発はやめてもらいたいです
    
3Q コリソンなどに得点はとられたんですが、オフェンスでイギーが4本、ガロが2本の3ptを決め
  終盤にマギーがアリウープを2本決めるなどオフェンスが快調でリードをひろげました
  ナゲッツ17点リードで3Q終了

4Q 両チームあまり得点できない展開でしたがそのなかでガロがしっかりシュートを決めて
  リードをひろげました
  ナゲッツ21点リードで勝ちとなりました

DEN 29 26 32 19 106
DAL 18 29 23 15 85

イギー、ガロのシュートタッチがよく、ファリードはリバウンドで頑張りとスターター陣が
いい仕事をしてくれました
ディフェンスではペイント内ではいつも通りいいディフェンスが出来ていて
外のディフェンスはそこまででしたがマーベリックスのシュートの確率が悪く
85点に抑えることができました

今日の勝利で貯金2以上で、この厳しい日程を終えることとなりました
5割もしくは貯金が作れればいいと思っていたので十分の成績だと思います

個々の選手について
201212282146784081455-p2.jpg
ガロ  2Qは最後意地をみせましたが、全体として不甲斐ない出来でした
    後半はシュートが良く決まり、ドライブも決まりと最高の出来でした
    ナゲッツのエースとして期待しているだけにこれを継続できるかがガロの課題です

イギー 3Q難しいシュートだったんですが4本の3ptを決めました
    フリーでの3ptよりもある程度相手が前にいるほうがイギーは決めれる気がします

ローソン ドライブが決まらず、かなり苦しんでいた印象です
     ただ悪いプレーではなかったので今後も積極的にドライブしてもらいたいです      

ファリード 11得点、19リバウンドとダブルダブルでした
      1Qだけでもほぼダブルダブルだったのでもう少し成績を残せたと思いますが
      ファリードらしさが戻ってきているので今後も期待したいです

クーフォス リバウンドがとれていてまずまずよかったと思います

ミラー 良い場面もあれば悪い場面もありでした 

マギー 3Q終盤のアリウープ2本はよかったですがそれ以外は安定感がありませんでした

ブリュワー レイカーズ戦であれだけシュートが決まったので今日はシュートが決まらなくても
      仕方ないと思いますが、ブリュワーのせいではないですが出場時間が長い気がします

ハミルトン 他の選手がタフショットをしていた時間帯にでていたのでアピールする場面が
      なく交代となりました
      もう少しハミルトンにもシュートをうってもらいたいです

フルニエ、ランドルフ 出場時間が短かったためとくになし

次の試合はアウェイでグリズリーズ戦です
5日で4試合目となる試合でアウェイでグリズリーズと厳しい条件が揃っていますが
なんとか勝ってもらいたいです

ブリュワーの大活躍で勝利 DENvsLAL

スターター
ナゲッツ      レイカーズ
PGローソン    PGナッシュ
SGイギー     SGモリス
SFガロ      SFコービー
PFファリード   PFガソル
Cクーフォス    Cハワード

ナゲッツはチャンドラーが欠場
レイカーズはとくにいませんでした

1Q 中盤まではファリード、クーフォス、マギーなどのインサイド陣があわせのプレーで得点を
  していきリードしますが、終盤ターンオーバーからヒルに得点されるなどで追い上げられ
  ました。レイカーズがフリースローを外していたことと、ファリードが11得点9リバウンドの
  活躍があったので逆転はされませんでした
  ナゲッツ3点リードで1Q終了

2Q 序盤クーフォスの得点などで8点リードします
  中盤ナゲッツも得点していましたが、コービー、ガソルに3ptを決められるなどで追い上げられて
  終盤ローソンの得点で5点差としますがその後が続かず、残り2分ぐらい得点できませんでした
  ナゲッツ3点リードで2Q終了
  
3Q 序盤イギー、ガロの3ptなどで13点リードします
  中盤ハワードがファリードに対する激しいファアルで退場となります
  その後ナッシュ、コービーなどに得点されますが、そのたびにブリュワーが得点して
  残り3秒からブザービーター3ptを決めるなどなんとかリードを保ちました
  ナゲッツ9点リードで3Q終了 

4Q 4Qに入ってもコービーをほとんど止められず、次々と得点されますが
  ナゲッツもブリュワー、イギー、ガロなどが得点し、なんとか逃げ切りました
  ナゲッツ12点リードで勝ちとなりました

LAL 26 28 33 27 114
DEN 29 28 39 30 126

オフェンスはピック&ロールが上手く決まり、3ptの確率もよかったので
ペイント内、アウトサイドで得点して、理想のオフェンスが出来ていました
今日ぐらい3ptが決まらなくても、30%台の後半ぐらいの確率で決めれれば勝てる試合も
多くなると思います
ナゲッツのピック&ロールがここまで機能したことはあまりないのでナゲッツがよかったという
よりはレイカーズのディフェンスがあまりよくなかったと考えたほうがいいです
今後もピック&ロール、そして3ptの確率の精度をあげてもらいたいです

ディフェンスはレイカーズがスクリーンをうまく使っていたのもありますが
チームとしてコービーを止められず、コービーにしては楽なシュートをうたせすぎたと思います
一回乗せてしまうと手が付けられないので前半の段階で厳しくついてもらいたかったです
コービーは改めてすごい選手だなと思わされる試合でした

これでホームでは9勝1敗となりました
アウェイでの試合が多いなか、ホームでしっかり勝てているのはおおきいです
開幕からの厳しい日程で戦ってきましたが1月に入ればホームがほとんどになるので
今日の勢いであと2試合5日で4試合と厳しいですがアウェイ2戦も頑張ってもらいたいです

個々の選手について
201212262059755978231-p2.jpg
ファリード 21得点、15リバウンドと大活躍でした
      久しぶりにファリードらしいリバウンドをみられました
      ピックアンドロールもいい感じで決まっていました

イギー 17得点、11リバウンド、7アシストとオールラウンドな活躍でした
    スクリーンなどチームディフェンスではコービーにやられましたが
    1on1ではある程度コービーを止めれていたのでディフェンスも悪くはなかったと
    思います

ガロ  シュートタッチがよく、3ptをいい場面で決めていました
    今日ぐらいの成績は毎試合残してもらいたいです
    
ローソン 17得点、14アシストとダブルダブルでした
     シュート確率はいまいちでしたが、ピック&ロールからアシストを量産しました
     今日のような活躍を毎試合できればなと思うぐらい司令塔として最高でした

クーフォス ディフェンスではハワードをファアルでしか止められませんでしたが
      オフェンスではシュートをしっかり決めていました

ミラー 不用意なターンオーバー、簡単なシュートをミスするなど悪い部分が目立ちました

マギー ダンクで得点はできていましたが、雑なプレーが多くインバウンドバイオレーションを
    とられてもおかしくない場面が何度かありました
    はやくパスをするのはいいんですが焦る必要はないです

ブリュワー 27得点の大活躍で内容もナゲッツが追い上げられている際に得点してくれました
      ディフェンスでも貢献していて、勝利の立役者です 

ハミルトン シュートが決まりませんでした
      何試合か連続で安定してシュートを決めることが出場時間につながるので
      決めてもらいたいです

モズコフ とくに印象にのこりませんでした

次の試合はアウェイでマーベリックス戦です
ノビツキーが復帰後初のホームゲームとなるマブスなので
相当厳しい試合となりますがなんとか勝ってもらいたいです

完敗 DENvsLAC

スターター
ナゲッツ      クリッパーズ
PGローソン    PGポール
SGイギー     SGグリーン
SFガロ      SFバトラー
PFファリード   PFグリフィン
Cクーフォス    Cジョーダン

ナゲッツはチャンドラーが欠場
クリッパーズはビラップス、ヒルが欠場しました

前半
オフェンスは外のシュートが決まらず、ペイント内で得点するいつもの展開でしたが
ディフェンスで戻りが遅く次々とファストブレイクから得点されてしまい
1on1でもクロフォードが全く止められず、完全にクリッパーズが主導権を握りました
2Qだけで42点とられてしまいました
クリッパーズ19点リードで前半終了


後半
3Qに一桁得点差まで追い上げると、グリーンの2本の3ptでリードをひろげられ
また一桁得点差まで追い上げますが、バーンズ、ポールなどに3ptを決められと
結局17点差で3Qを終了し、4Qはナゲッツはローソン、ファリード、クーフォスなどが
出場しましたがとくになにもなく、ガベージタイムの時間帯で10点差に追い上げるという
意外な展開となりハミルトンを中心に頑張っていました
クリッパーズ12点リードで勝ちとなりました

DEN 26 22 28 24 100
LAC 25 42 26 19 112

オフェンスでの外のシュートが決まらないのはいつものことですが、そのあと簡単にファストブレイク
を決められて得点されるという、ナゲッツがオフェンスでやりたいことをやられました
外が決まるクリッパーズと決まらないナゲッツだったので速攻勝負でことごとく負けました
リバウンドでも負けてしまいました
良かったことはクーフォスの安定感がでてきたことと、ハミルトンの活躍ぐらいです

イギー、ガロは休んでいましたが、ローソン、ミラー、ファリード、クーフォスなどは4Qも出ていたので
明日の連戦でのレイカーズ戦を重視してフルニエ、モズコフランドルフなどをもう少し長い時間
使ってもよかったと思います

個々の選手について
201212252319839597263-p2.jpg
イギー 得点はまずまずでしたが、リバウンド、アシストが伸びずイギーらしい
    オールラウンドな活躍はなかったです 

ガロ  ジャンプシュート、レイアップとどこからもシュートが決まらずでした
    
ローソン プレシャーをかけられたときにターンオーバーをしてしまいましたが
     全体的には悪くはなかったです

ファリード ポールへのブロックはすばらしかったですが、リバウンドでオフェンスリバウンドを
      とられる場面がありました

クーフォス シュートをしっかり決めていて、リバウンドもとれていてよかったです
      ここ最近はクーフォスが安定して活躍しています
  
ミラー 悪くはなかったんですが、3Q最後オフェンスで終わるかと思ったところをスティール
    されたのは残念でした

マギー リバウンドでボックスアウトがしっかりできればもっとリバウンドで勝てると思います

ブリュワー トランジションの得点がなく、いい形でボールがあまり来ませんでした

ハミルトン いい形でシュートを決めていたので、今後はもう少し重要な場面での起用も
      してもらいたいです

フルニエ、モズコフ、ランドルフ、クインシー・ミラー
出場時間があまりなかったのでとくにないです

次の試合はホームでレイカーズ戦です
アウェイで散々やられたぶんホームでなんとか勝ちたいです

DENvsCHA

スターター
ナゲッツ      ボブキャッツ
PGローソン    PGウォーカー
SGイギー     SGテイラー
SFガロ      SFギルクリスト
PFファリード   PFマリンズ
Cクーフォス    Cビヨンボ

ナゲッツはチャンドラーが欠場
ボブキャッツはヘンダーソン、ゴードンが欠場しました

1Q ブレイザーズ戦同様アウトサイドのシュートが全く決まらず、ペイント内の得点でした
  ファリードクーフォスにいいタイミングでパスを渡しペイント内で得点したり、速攻からの
  得点をしました
  ディフェンスでは疲れなのか何か動きが重く、簡単にマークが外れる場面がある感じが
  しましたがリバウンドはしっかりとれていました
  ナゲッツ6点リードで1Q終了

2Q 序盤にハミルトンの3ptが決まりブレイザーズ戦もあわせると28本連続外していたのを
  ようやく止めることができました
  その後セッションズのきれのあるドライブで得点をされていましたが他の選手にはあまり得点
  されず、オフェンスでガロ、イギーなどが3ptを決めてリードをひろげました
  ナゲッツ18点リードで2Q終了
  中盤まではボブキャッツは連戦のはずなのにナゲッツの選手のほうが動けていない感じが
  しましたが、イギー、ガロが入ってきてからはいい動きをみせていたと思います
  ハミルトンが3ptを決めてくれたことでその後はチーム全体がまずまずシュートが決まって
  いたのでハミルトンが変な緊張感を解いてくれました

3Q ローソンが怪我をしたみたいでミラーがスタートとなりました
  クーフォスがオフェンスではシュートをしっかり決め、ディフェンスではペイント内を
  ブロックなどで得点を防ぎと攻守で活躍してくれました
  ナゲッツ23点リードで3Q終了

4Q ナゲッツはフルニエ、ランドルフ、モズコフなどが出場して、それぞれまずまずの活躍を
  みせてくれました
  ナゲッツ22点リードで勝ちとなりました

CHA 23 23 19 23 88
DEN 29 35 24 22 110

ボブキャッツの得点源であるヘンダーソン、ゴードンがいないなかの試合で
内容が伴った勝利を期待していたので、期待よりはよくなかったかなと思います
ただ36アシスト、7人が二桁得点とチームでオフェンスが出来ていたのはよかったです

ローソンが前半だけの出場となりましたが痛そうにしていた感じはあまりなかったので
怪我だとしてもそれほどのものではないと考えたいです


個々の選手について
201212222234812783273-p2.jpg
ファリード 自ら得点しにいく時とパスをさばく時が臨機応変にできていてよかったです
      いつものファリードにはない感じでした
      少し疲れていたのかディフェンスが遅れていたときがありました

イギー 15得点、8リバウンド、8アシストとオールラウンドな活躍でした
    
ガロ  3ptが3本決まったのでここからまた調子を上げてもらいたいです

ローソン 怪我がどれくらいのものか分かりませんが軽傷だと思います
     昨シーズンの成績を上回る活躍を期待しているのでここから調子をあげてもらいたいです

クーフォス 攻守で活躍してくれました
      今日ぐらいシュートをしっかり決めれると今後も二桁得点が期待できそうです

ミラー 得点は0でしたが8アシストとパサー役として頑張っていました

マギー フェイダウェイのシュートがしっかりと決まっていてオフに練習した成果が出ている 
    感じでした。リバウンドをもう少しとってもらいたいです

ブリュワー 3ptは決まりませんでしたが、イギーと同じくリバウンド、アシストとオールラウンドな
      活躍でした

ハミルトン 3ptは4本中1本しか決まりませんでしたがその1本がナゲッツのシュートが決まらない
      雰囲気をうち破ってくれました
   
フルニエ いい間合いでボールを持てているので期待できるオフェンスをしています

ランドルフ ミドルレンジの形でどれくらい決めてくれるかと思ったんですが
      そういう場面があまりありませんでした
      
モズコフ リバウンドで頑張っていました

クインシー・ミラー 積極的にシュートをうっていましたが決まりませんでした

次の試合はアウェイでクリッパーズ戦です
勝てれば勢いがつくのでなんとか勝ってもらいたいです

悪い意味で歴史的な試合 DENvsPOR

スターター
ナゲッツ     ブレイザーズ
PGローソン   PGリラード
SGイギー    SGマシューズ
SFガロ     SFバトゥーム
PFファリード  PFヒクソン
Cクーフォス   Cフリーランド

ナゲッツはチャンドラーが欠場
ブレイザーズはオルドリッジが欠場しました

1Q オフェンスがほとんど機能せず、ディフェンスでは3ptを簡単に決められるという
  ナゲッツらしい1Qでした。そんなこともあってか1Qでランドルフ、フルニエなど
  10人の選手を使うという普段ではありえない選手起用をしますが、結果はほとんど
  変わらずでした
  ブレイザーズ12点リードで1Q終了

2Q フルニエ、ランドルフ、モズコフなど3rdチームで序盤いきましたが普段この時間に出ていない  
  こともあってかグダグダな展開になります
  中盤スターターを戻しファストブレイクの得点で6点差まで追い上げますが、その後ヒクソン
  などに得点されリードをひろげられました
  ブレイザーズ10点リードで2Q終了
  前半を終わった時点でジャンプシュートらしいものが1本も決まっておらずペイント内での
  レイアップ、ダンク、そしてフリースローのみの得点となっています

3Q 序盤にブレイザーズに3ptを決められリードをひろげられますが、その後はなんとかついていき
  残り1分ぐらいで8点差としますが、その後3ptが決まらずでした
  ブレイザーズ8点リードで3Q終了
  この3Qでもペイント内からの得点しかなく、ジャンプシュートはいまだに1本も決まっていません

4Q ブレイザーズは綺麗に3ptが決まるのに対して、ナゲッツは速攻は決まるものの
  4Qに入ってもことごとくシュートが決まらず、ほとんどペイント内だけの得点だけでしたが
  追い上げていきました
  終盤ブリュワーのレイアップが決まれば1点差となるところでしたがリプレーで見れば
  ゴールテンディングであったバトゥームのブロックが決まり、そこから徐々に離されていき
  その後もペイント内の得点、フリースローでの得点はとりますが、ブレイザーズに3ptを
  決められリードをひろげられるという展開でいき、残り38秒でこの試合初となるペイント外
  からのローソンのシュートが決まりますが時すでに遅く、その後nba記録となる3pt22本中0本
 という記録を樹立して終了しました。おそらくペイント外のシュート1本のみも記録だと思います
  ブレイザーズ7点リードで勝ちとなりました

DEN 14 26 21 32 93
POR 25 25 19 32 101

3pt22本中0本というのはnba記録らしいですが、4Q38秒までペイント外の得点がないというのも
記録なんじゃないでしょうか、そしてペイント外で決めたのが試合で1本しかないのも記録かなと
思います
3ptに関してはほとんどがフリーでの3ptだったのでそれで22本中0本はひどすぎます
プラスにとらえればこんなひどい状況の中で接戦の試合だったということは速攻とペイント内での
得点とわかっていても止められないというオフェンスをしていたということだと思います

ディフェンスはいつものことですが3ptへの対応が悪すぎます
自分たちが3ptを決めれないのに相手に3ptを決められるようなディフェンスをしていては
リードを離されるばかりになってしまいます
ペイント内のディフェンスがいいのは十分わかったのでアウトサイドのディフェンスを何とかして
もらいたいです

ペイサーズに3Q54得点とられた試合は相手がすごすぎてどうしようもなく唖然としましたが
今日の試合はナゲッツ自身がひどすぎて唖然とするという初めてに近い試合でした
3連勝といいリズムで来ていただけになんでこうなるのか全くわかりませんが
それがナゲッツらしさということなのかなと思いました
次の試合でどうなるか注目したいです

個々の選手について
今日の試合はほとんどの選手がアウトサイドが決まらずという評価になりそうなので
まだよかった選手を上げたいと思います
201212202349857649287-p2.jpg
クーフォス 攻守に頑張っていたと思います
      最近はペイント内でのディフェンスは安定してみられます

ブリュワー やはりアウトサイドは決まりませんでしたが、攻守でよく動いてくれました


次の試合はホームでボブキャッツ戦です
内容の伴った勝利がほしいところです

3連勝 DENvsSAS

スターター
ナゲッツ     スパーズ
PGローソン   PGパーカー  
SGイギー    SGニール
SFガロ     SFグリーン
PFファリード  PFダンカン
Cクーフォス   Cスプリッター

ナゲッツはチャンドラーが欠場
スパーズはレナードが欠場しました

昨日サンダー戦を戦っていて連戦となるスパーズでしたが
昨日の試合ではダンカン、パーカーなど主力を4Q出場しておらず
さらに昨日はジノビリが欠場でしたが今日の試合はジノビリが出場ということで
個人的な予測ですがサンダー戦はほどほどにして、ナゲッツ戦を勝ちにいくという感じがしました
今シーズン1戦目は大敗をしているのでナゲッツも負けられない試合となりました

1Q 序盤にダンカン、スプリッターが出場ということがあったのか、数分でファリードがマギーに
  かわるということがありました。試合は中盤までは点差こそ離れませんでしたがナゲッツの
  精細をかいたターンオーバーが3回あるなどでスパーズペースで進み、終盤デコロに3ptを
  決められて6点差となった後、ナゲッツが3連続のファストブレイクでの得点を決めて同点に
  追いつき、最後はジノビリに決められました
  スパーズ2点リードで1Q終了

2Q 序盤スパーズはアウトサイドから、ナゲッツはインサイドで得点をとっていきます
  中盤以降はディフェンスでスパーズのターンオーバーを誘いガロなどが得点していきました
  ナゲッツ7点リードで2Q終了

3Q 序盤、ファリード、ガロ、イギーなどの得点で15点リードします
  終盤ハック・ア・マギーを5回ほどされ結果は10本中4本と両チームにとってまずまずの
  結果になり、その後ナゲッツがブリュワー、ガロが得点しました
  ナゲッツ15点リードで3Q終了

4Q 序盤ミルズに3ptを2本決められるなどありましたが、ナゲッツもファリードが得点するなどで
  なんとかリードをたもちます
  中盤ダンカン、ミルズに得点され5点差とされますが、その後ガロが3ptを決めて8点リードします
  その後またもやダンカンに得点され、さらにパーカーに3ptを決められ3点差となります
  終盤に入り3点差からイギーがリバウンドダンク、ガロの3pt
  そしてダンカンのオフェンスファアルという微妙な判定後、ミラーがシュートを決めて
  ナゲッツが8点リードします
  その後スパーズのいいディフェンスでターンオーバーなどをしてしまい、4点差となりますが
 スパーズのオフェンスリバウンドからの3ptが3連続決まらず、ナゲッツがなんとか逃げ切りました
  ナゲッツ6点リードで勝ちとなりました

SAS 28 20 27 31 106
DEN 26 29 35 22 112

1Q序盤数分でファリードが交代したのはマッチアップとかではなく
体調が悪かったファリードをおそらく気遣ってのものだったっぽいです
ローソンも体調が悪かったらしいです

オフェンス
ファストブレイクで得点できていて、厳しい時間帯もガロなどが得点していましたが
課題は最後の2分間シュートで終わらずターンオーバーになったのが2回ありました
調子が良かったガロに任してもよかったと思います

ディフェンス
パーカー、ジノビリのドライブに対して上手くディフェンスしていて、ダンカンに31得点されましたが
全体的にペイント内は上手くディフェンスできていたと思います
ミルズに4Q決められまくったように3ptへのディフェンスが悪かったです
今日はスパーズのグリーン、ジノビリなどのシュートタッチがよくなかったのでたすかりました

今日のスパーズは4Q序盤で15点差あろうがダンカンを出場させていたので、安心は全くできず
最後はぎりぎりまで追い上げられました
前回の試合で大活躍されたブレアを出されれば、ナゲッツとしては困ったはずでしたが
結局出場せずでした。調子が悪くてもアウェイの連戦で接戦に持ち込むスパーズは強いチーム
だなと感じました
これで3連勝となり貯金2となりました
12月で5割、もしくは貯金があって終えれればいいかなと思います

個々の選手について
201212182256825626183-p2.jpg
ガロ  4Qスパーズに追い上げられている場面で3ptを2本決めてくれました
    その後のオフェンスも積極的にボールをもらって1on1を仕掛けてもよかったと思います

イギー 攻守にわたってオールラウンドに活躍することができていました
    イギーのこういう活躍が増えてくるほどナゲッツとしては良いと思います

ローソン シュートがあまり決まっていませんでした
     そしてまた4Q終盤ターンオーバーをしてしまいました
     フリースローはきっちり決めているので印象は悪くはなかったです
     体調が原因かは分かりませんがナゲッツの要なので頑張ってもらいたいです

ファリード 19得点、11リバウンドとダブルダブルを記録しました
      難しそうなシュートをねじこんでいました
      フリースローも9本中7本決めていてよかったです
      体調が悪いなかでも活力はかなりありました

クーフォス 得点は4点だけでしたが14リバウンドとリバウンドで頑張っていました
      ディフェンスではダンカンにやられている場面もありましたが
      抑えれている場面もあったのでいいディフェンスをしていたと思います

ミラー 得意のポストプレーはあまり見られませんでしたが7アシストとしっかりと
    いいプレーをしていました

マギー 今シーズン2度目のハック・ア・マギーをされました。10本中4本とまずまずでした
    そこまでフリースローが下手ではないのでもう少し決めてもらいたいです
    
ブリュワー シュートがうまく決まっていて16得点と十分の活躍でよかったんですが
      フリースローを3本外したのは残念でした

モズコフ 出場時間が短かったのもありあまり印象に残りませんでした
     
次の試合はアウェイでブレイザーズ戦です
アウェイのブレイザーズ戦は勝てないイメージがあるので難しい試合になると思います

久しぶりの連勝 DENvsSAC

スターター
ナゲッツ     キングス    
PGローソン   PGブルックス
SGイギー    SGエバンス
SFガロ     SFサーモンズ
PFファリード  PFトンプソン
Cクーフォス   Cカズンス

ナゲッツはチャンドラーが欠場
キングスはソーントンが欠場しました

前半
スターター陣ではガロが得点、アシスト共に貢献して、ベンチからはマギーがダンクを連続で
決め、ハミルトンが3ptなどで得点していきとオフェンスのリズムがよく次々と得点していきました
ディフェンスでオフェンスリバウンドをとられていたのと、トンプソンを止められなかったこと
そして戻りが遅かったことなどで得点をとられていました
ナゲッツ18点リードで前半終了

後半
3Qにイギーからコウフォスの形で得点をとっていて、イギーは3Qだけで6アシストをしていました
ディフェンスもまずまずディフェンスリバウンドをとれていました
4Qは点差があったのでベンチメンバー中心の試合となり、フルニエ、ランドルフがなかなか
よかったです。あとクインシー・ミラーがおそらくnba初得点をフリースローでとっていました

DEN 32 32 33 25 122
SAC 23 23 21 30 97

オフェンス
全体的にシュートタッチが良かったのでいつものペイント内の得点だけでなく
上手くアウトサイドからも得点できていました
ハミルトンが今日ぐらいの成績を安定して残せればオフェンスの幅がひろがると
改めて感じたオフェンスでした

ディフェンス
フリースローを与えすぎたのと、オフェンスリバウンドをとられすぎましたが
全体としては上手くローテーションしてタフショットをうたせる場面もあったため
まずまずよかったと思います

これまでアウェイでの勝利はほとんど接戦だったので初の大差での勝利となりました
今シーズンあまり見られなかったナゲッツのオフェンス力が今日は前面に出せたかなと思います

個々の選手について
201212161922697462854-p2.jpg
マギー コートを良く走りダンクを決めるシーンが何度かありました
    今日のような活躍が毎試合できると期待しているだけにこれからもがんばってもらいたいです

イギー 11得点、8リバウンド、8アシストともう少し出場していればトリプルダブルという成績でした
    イギーには得点面の期待というよりもこういったオールラウンドな活躍を期待したいです

ガロ  ミドルレンジのシュートタッチがよかったです
    今日ぐらい決まるとさらにオフェンスで相手の脅威になれると思います

ローソン 良いプレーが何度かありました
     フリースローも最近は確率よく決まっているのでこの調子でいってもらいたいです

ファリード リバウンドはそこそことれていてよかったです
      ファリードらしさなんですがシュートタッチが荒い場面が目立っています
      無理やりシュートにいくんではなく自分の形を作ってもらいたいです

クーフォス ファアルが多いのは気になりますが、オフェンスではしっかり得点できていて
      リバウンドもそこそことれているのでよかったと思います

ミラー ミラーらしさはあまりみられませんでした

ブリュワー シュートが外れている場面がありました
      ドリブルからミドルシュートではなくてレイアップにいってもいいと思います

ハミルトン 3ptだけでなくドライブからのレイアップも決めていて今日の活躍が出来れば
      ナゲッツとしても大きな存在になると思います

フルニエ ドライブからしっかり決めきる力をもっているので今後も出場時間はあまりないと
     思いますが期待したいです

モズコフ あまり印象に残りませんでした
     スターター陣などとプレーすると良い活躍をみせるのでセンター陣がファアルトラブルに
     なったときなどには十分すぎるセンターだと思います

ランドルフ ダンクなどで得点していました
      次の試合では中距離のシュートを決めるところをみたいです

クインシー・ミラー フリースローの1得点だけでしたが将来のナゲッツを支える存在となれる
          能力があると思うので期待したいです

次の試合はホームでスパーズ戦です
アウェイで惨敗したのでホームで借りを返したいところですが
そんなに簡単な相手ではないので内容はどうあれ勝ってもらいたいです




    

フリースローをしっかり決めて勝利 DENvsMEM

スターター
ナゲッツ     グリズリーズ
PGローソン   PGコンリー
SGイギー    SGアレン
SFガロ     SFルディ
PFファリード  PFランドルフ
Cクーフォス   Cマルク・ガソル

ナゲッツはチャンドラーが欠場
グリズリーズはとくにいませんでした

1Q ディフェンスではクーフォス、マギーがブロックをして得点を防いでいましたが
  オフェンスではなかなかうまくいかず、ターンオーバーが出てしまうなどでなかなか得点
  できませんでした
  ナゲッツ1点リードで1Q終了

2Q 1Qの守りあいから一転、得点を取り合う展開となり、序盤はスペイツが次々に
  ジャンプシュートを決めていきグリズリーズが10点リードします
  その後ナゲッツがガロ、ローソンの3ptなどで追い上げ、終盤フリースローをしっかり決めて
  リードをしました
  ナゲッツ4点リードで2Q終了

3Q 中盤までグリズリーズペースとなり、ナゲッツはターンオーバーで得点がとれないなか
  グリズリーズはアレン、ルディの得点などで6点リードしました
  その後ミラー、マギー、ブリュワーのベンチメンバーが入ってからナゲッツがリズムを掴み
  ミラー、マギーが得点して同点に追いつきました
  同点で3Q終了

4Q ナゲッツがリードするもそこからポンデクスター、エリントンなどに得点され再び
  リードされるというもどかしい展開となり、その後もリードすれば、ルディに決められるなどが
  ありましたが、残り2分をきってイギーの連続得点などで6点差とします
  しかしすぐにランドルフに得点され、ガソルにカウントを決められて残り1分をきって1点差と
  なります。その後ナゲッツのオフェンスはターンオーバーとなり、またここにきてと思いましたが
  その後のグリズリーズのオフェンスを運も味方してなんとか守りきり、ミラーがフリースローを
  しっかり決めました
  ナゲッツ5点リードで勝ちとなりました

MEM 16 25 28 25 94
DEN 17 24 28 30 99

オフェンス
とくにスターター陣がターンオーバーが多く、ハーフコートでのオフェンスは苦労していました
フリースローが88%とナゲッツにしては驚異的に高く決めていました
今後もこれぐらい安定してくれると接戦でも勝てるようになると思います

ディフェンス
ブロックにいきすぎたことが原因なのか、オフェンスリバウンドをとられすぎました
ナゲッツのシュート数が69本に対して、グリズリーズは94本となっています
マギーがブロックにいった後を上手く対処することができればなと思いました

終始接戦の試合をよく勝ってくれたと思います
これがホームとアウェイの違いかなと思いました
まだまだアウェイの試合が続く状況なのでこういう接戦をアウェイでも勝利にしてもらいたいです

個々の選手について
121412_iguodala_670.jpg
イギー ターンオーバーが4と今日も多めでしたが、20得点、7アシスト、5スティールと攻守に
    活躍してくれました

ガロ  自らバックボードに当ててダンクするというビッグプレーを決めていました
    
ローソン ハーフコートでなかなかドライブが出来ずという感じが見られました
     スターター陣が得点するにはローソンの活躍が必要なので頑張ってもらいたいです

ファリード シュートが決まりませんでしたが、リバウンドは10個とったのでまずまずでした
      シュート精度とパスがうまくなることが今後の課題かなと思います

クーフォス マギーのブロックであまり気づきませんでしたがブロック4つしています
      ファアルが多いですがまずまずの出来だったと思います

ミラー ベテランらしい巧みに得点して、大事な場面でのフリースローもきっちり決めていました

マギー ブロックは4つでしたが、マギーがチェックにいくことで何度もペイント内でのレイアップ
    などの得点を防いでいました
    ブロック4つともものすごいものでしたが、ランドルフのシュートを片手でとったのは
    とんでもないブロックでした
    ブロックにとんだあとのリバウンドはあまり気にせずマギーらしくプレーしたほうが
    相手にとっては脅威になると思います
    
ブリュワー シュートは決まりませんでしたが、レイアップ、フリースローをしっかりと決めて
      いました

モズコフ 3人のセンター陣のなかでは一番スクリーンをするのがうまいと思うので
     今後に期待したいです

次の試合はアウェイでキングス戦です
久しぶりの連勝といきたいところです

アウェイ5連戦負け越し DENvsMIN

スターター
ナゲッツ      ウルブス
PGローソン    PGリドナー 
SGイギー     SGリー
SFガロ      SFキリレンコ
PFファリード   PFラブ
Cクーフォス    Cペコビッチ

ナゲッツはチャンドラーが欠場
ウルブスはルビオ、ロイ、バディンジャー、ハワードが欠場しました

前半
1Qでファリードが14得点、ローソンが9アシストという活躍でリードしますが
2Qにターンオーバーが次々とでてしまい、ディフェンスではウルブスにフリースローを
多くあたえて、残り3分からウルブスの得点11点すべてフリースローで逆転されました
ウルブス1点リードで前半終了

後半
3Qは中盤までは両チーム停滞気味なオフェンスでしたが得点されれば得点し返すという
展開でいき、終盤またもウルブスにフリースローで得点されリードされました
4Q序盤からウルブスペースで13点差にされ、その後も10点ちかくのリードを保たれたまま
終盤に入り、ナゲッツがブリュワーなどの得点で残り40秒で3点差まで追い上げ、その後
ウルブスが5秒バイオレーションで、ナゲッツボールとなりますがローソンがターンオーバーを
してしまい、キリレンコにダンクを決められてしまいました
その後ブリュワーが3ptを決めるなどで、残り5秒で3点差で同点を狙うという場面がありましたが
ローソンが3ptを外し試合終了となりました
ウルブス3点リードで勝ちとなりました

DEN 29 21 20 35 105
MIN 21 30 26 31 108

オフェンス
フリースローの確率の悪さ、そしてターンオーバーの多さが結果的には敗因となってしまいました
ただリズムよくオフェンス出来ていた場面もあったのであとはそれが出来ない時にどうするか
何度もいっていますが、メロがぬけてからの課題です
ローソン、ガロが苦しい状況で得点できる選手になってくれるしかないと思います

ディフェンス
3ptに対するディフェンスはよくなく、ウルブスが外してくれたという感じでした
フリースローを与えすぎたことと、オフェンスリバウンドをとられていたことが
ウルブスのシュート確率が悪かったにもかかわらず、108点もとられてしまった原因です

アウェイ5連戦は2勝3敗となりました
今の1試合のなかで浮き沈みが激しいナゲッツはどこのチームとやってもアウェイでは
接戦になりそうなので2勝できたことはまずまずよかったと思います

個々の選手について
201212122203793874852-p2.jpg
ファリード 26得点14リバウンドと久しぶりのダブルダブルとなりました
      ナゲッツは負けましたがファリードが活躍してくれれば
      今後につながると思っているので今日の活躍はよかったです
      フリースローは今後もう少し決めてもらいたいです
      
イギー ここ数試合はシュートが決まらず得点できず、さらにターンオーバーが多く
    オフェンスでの活躍がみられません
    ディフェンスは毎試合安定しているだけにオフェンスでの安定感も期待したいです
    
ガロ  シュートが良く決まり、ドライブもきれがあってよかったと思います 
    最後は時間がなかったとはいえガロが3ptをうつように持っていければなと思いました

ローソン 1Qだけで9アシストと今日はどこまでいくのかと思いましたが結局11アシストで
     おわりました。ミドルシュートが決まらず、そこまで調子がよかったわけでは
     なさそうでしたが17得点、11アシストなので十分の成績です
     ただホークス戦に続いて大事な場面でターンオーバーをしてしまい、それもダンクに
     つながるようなターンオーバーをしてしまいました
     ローソンには期待が大きいだけにこの経験を次にいかしてもらいたいです

クーフォス 悪くはなかったと思いますがファアルが多くなってしまいました

ミラー 良いパスを何度かしていましたが、ミラーが今日の出来ではナゲッツが勝つのは厳しいです

マギー 豪快なダンク、ブロックはありましたがファアルが多く、フリースローを決められないと
    悪い面も目立ちました

ブリュワー ファストブレイクからのレイアップ、3ptとオフェンス面で活躍し、ディフェンスでも
      タフについていたと思います

ハミルトン 9分で3ファアル、2ターンオーバーは少し多いかなと思います
      短時間で結果を出すことが求められているので難しいと思いますが
      期待しているだけに頑張ってもらいたいです

モズコフ 1分ぐらいの出場で2ファアルでした

次の試合はホームでグリズリーズ戦です
ようやくホームで戦えるとはいえ強豪のグリズリーズ相手なので
またも接戦になると思います



ローソンの活躍で勝利 DENvsDET

スターター
ナゲッツ      ピストンズ
PGローソン   PGナイト
SGイギー    SGシングラー
SFガロ     SFプリンス
PFファリード  PFマキシエル
Cクーフォス   Cモンロー

ナゲッツはチャンドラーが欠場
ピストンズの欠場者はとくにいませんでした

前半
1Qは終盤なんとか追い上げたものの、序盤、中盤は攻守ともに崩壊状態で
オフェンスではシュートがまったく決まらず残り3分のところでようやく10点という状況で
ディフェンスはナイト、マキシエルに得点されてしまい一時は17点差がついていました
2Qはブリュワー、マギーが得点していき、ディフェンスではオフェンスリバウンドを
とられていましたが、なんとか守り抜き逆転しました
ナゲッツ6点リードで前半終了

後半
ディフェンスではスタッキー、ナイトなどに得点されましたが
要所でローソンがドライブからのレイアップ、ミドルシュートなどで得点するとともに
ドライブからのアシストも何本か出ていて、ピストンズの追い上げをかわし逃げ切りました
ナゲッツ7点リードで勝ちとなりました

DEN 17 31 24 29 101
DET 25 17 24 28 94

オフェンス
1Qの中盤までは得点する気があるのかというくらい得点できませんでしたが
その後はローソン、ミラーの2人のPGがうまく試合を作ってくれました
ガロ、イギーがもう少しシュートを決めれるようになると1Qの中盤までのような
停滞なオフェンスが減っていくのではと思います

ディフェンス
1Qのディフェンスはオフェンスのリズムをそのまま引きずっていたので仕方ない部分も
あると思いますが、簡単にインサイドで得点されてしまったのはよくなかったです
オフェンスリバウンドをとられましたが、そのあとは粘り強くいけていたのでよかったと思います

出来れば明日連戦でウルブス戦があるので楽な試合展開にしてもらいたかったですが
アウェイの試合では内容が伴う勝利というのは今のナゲッツには厳しそうなので
とりあえず勝ててよかったです

ピストンズについてはまた書きたいと思いますがモンロー、ナイト、ドラモンドと
これから期待できる選手がいるので今シーズンは厳しいシーズンとなりそうですが
頑張ってもらいたいです

個々の選手について
201212112148785132810-p2.jpg
ローソン 26得点、7アシスト、5リバウンド、4スティールと大活躍でした
     さらにターンオーバーが0というのもよかったです
     昨シーズンより、状況判断がよくなっていてアシストが増えている印象です
     今後も得点、アシストともに伸ばしていってもらいたいです

イギー リバウンド8はよかったですが、シュートが決まらずあまり得点できませんでした
    オフェンスでの貢献もかなり期待しているのでなんとか得点してもらいたいです

ガロ  ミドル、3ptとシュートの確率が悪かったです
    シュートが決まらないときはもう少しドライブをしてもいいと思います

ファリード 最近はファアルトラブルでなかなかリズムに乗れない試合が続いいていて今日も
      ファアルトラブルで開始そうそうにベンチに戻ってしまいました
      ファリードの活力はチームに必要なのでこれからの活躍に期待したいです

クーフォス ほとんどがダンクでしたがしっかり決めていました
      ファアルには気をつけてもらいたいです

ミラー マギー、ブリュワーのコンビでアシストとなるいいパスをしていました

マギー ダンクで追い上げに貢献していて、ブロック4もよかったです
    18分の出場時間で、今日の活躍ならもう少し出場してもと思いましたが
    おそらく明日はウルブスとの試合で連戦になることを考えてのことだと思います

ブリュワー 不安定なミドルシュート以外はレイアップ、3ptとしっかり得点していました

モズコフ 簡単にダンクをブロックされるなどありましたが、攻守でよかったと思います
     出場すればいい活躍をしているのでいつクーフォスとスターターがかわっても
     おかしくないと思います

ランドルフ ブロック2連発はよかったですが、それ以外はあまり印象に残りませんでした
      ミドルシュートが決まってくれば起用方法もあるんですが決まらないと
      厳しいです

次の試合はアウェイでウルブス戦です
連戦でアウェイと厳しい条件ですが、アウェイ5連戦を勝ち越すためにも
勝ってもらいたいです



古巣対決 DENvsNYK

スターター
ナゲッツ     ニックス
PGローソン   PGフェルトン
SGイギー    SGキッド
SFガロ     SFブリュワー
PFファリード  PFメロ  
Cクーフォス   Cチャンドラー

ナゲッツはチャンドラーが欠場
ニックスはアマレ、ラシード、キャンビーが欠場しました

前半
スターターではローソンがベンチ陣ではブリュワーが活躍し
ペイント内で得点できていてオフェンスはよかったんですが
ディフェンスでは笛が厳しかったこともあり、フリースローを多く与えたり
チャンドラーのアリウープを何度も決められたりと、3ptへのディフェンスを
意識していてよかったんですがこういうところで得点されていました
ニックス3点リードで前半終了

後半
3Qはガロの活躍などでフリースローも多くもらい得点していて4Q序盤には8点リード
しますが、そこからキッド、チャンドラー、が出てきて12-0のランを決められ
その後メロのクラッチ力をみせつけられましたがナゲッツも終盤まで追いすがりましたが最後は
残り30秒ぐらいで4点差でローソンのターンオーバーが出てしまいました
ニックス6点リードで勝ちとなりました

DEN 25 33 26 22 106
NYK 23 28 19 32 112

オフェンス
3ptは決まりませんでしたが、ペイント内から得点できていて
良かったと思います
残念だったのはターンオーバーが多いことで今日ぐらい上手く決まっていれば
そこまでリスクをかけなくても単調なオフェンスでもよかったと思います

ディフェンス
メロに34点とられましたが比較的よくディフェンスできていたと思います
3ptに対する対処もナゲッツにしてはよくできていたと思います
問題はチャンドラー、フェルトンのコンビがピック&ロールが上手いのは分かりますが
あれだけ何度もアリウープを決められてしまっているのと、オフェンスリバウンドを
とられすぎていることです
チャンドラーについてはローテーションをしっかりしなければ止めるのが難しいと思うので
これから頑張ってほしいですが、オフェンスリバウンドについてはとくに今日の場合は
もう少しボックスアウトをしていればという場面がありました

ペイント内で得点することが出来るのはわかったので後はアウトサイドです
シューターがいないナゲッツにとって最大の課題ですがここをなんとかしないことには
プレイオフに出てもそれだけのチームになりそうです

ニックスはアマレ、ラシード、キャンビーが抜けていてもこのオフェンス能力を
もっているので今シーズンは期待できそうです
メロ、チャンドラーがすごかったのはもちろんですがとくに今日はキッドのベテランらしい
プレーは素晴らしかったです

個々の選手について
201212092150786300144-p2.jpg
ローソン 3pt、ドライブからのレイアップとローソンらしいプレーが存分にでていました
     課題はミドルレンジ、そして終盤のターンオーバーをしないことです
     調子はいいみたいなので課題を克服してオールスターPGレベルになってもらいたいです

イギー まだあってない部分があるのか攻守で不満感が出ているように感じます

ガロ 3ptは入りませんでしたが、ドライブからのレイアップをよく決めていてファアルも
   もらっていました
   メロへのディフェンスも悪くはなかったと思います

ファリード 得点はできていましたが、得意のリバウンドではあまり貢献できませんでした
      少し壁に当たっているようなのですが、これを超えて最高のリバウンダーに
      なってもらいたいです
  
クーフォス しっかりシュートを決めていてよかったです
      
ミラー ドリブルでのターンオーバーを減らしてほしいです
    
マギー リバウンドの際に体を張ってボックスアウトできればさらにいい選手になると思います

ブリュワー 3ptは決まりませんでしたが攻守に活力あるプレーをしていました

次の試合はアウェイでピストンズ戦です
アウェイが多いスケジュールなのでアウェイで勝たないとどうにもならないので
なんとか勝ってもらいたいです

ベンチ陣の活躍で勝利 DENvsIND

スターター
ナゲッツ      ペイサーズ
PGローソン    PGヒル
SGイギー     SGスティーブンソン
SFガロ      SFジョージ
PFファリード   PFウエスト
Cクーフォス    Cヒバート

ナゲッツはチャンドラーが欠場
ペイサーズはグレンジャーが欠場しました

1Q オープンショットを決めれないナゲッツに対して、しっかりシュートを決めるペイサーズ
  ということで10点差までリードされますが、オフェンスリバウンドをマギーが得点につなげ
  徐々に追い上げました
  ペイサーズ6点リードで1Q終了

2Q ペイサーズがターンオーバーを連続でしたことと、ミラー、マギーのオフェンスでの
  活躍で逆転し6点リードしますが、その後ウエストにシュートを決められ続け
  ナゲッツはペイント内では得点しますが、オープンの3ptを外すなどで勢いに乗れずでした
  ナゲッツ1点リードで2Q終了
  
  1Q、2Qとオープンの3ptがほとんどで、2Qではリードをひろげられた感もあっただけに
  しっかり決めてもらいたかったです

3Q 序盤は両チームシュートを決めて一進一退でいきます
  その後はナゲッツが離せそうな時にブリュワーのフリースロー2本ミス
  マギーがshaqtin a fool大賞候補となるであろうプレーが飛び出すなどが
  出てしまい、ペイサーズに追いつかれるという展開でした
  ナゲッツ1点リードで3Q終了

4Q 離せる展開が何度かありましたがペイサーズに粘られて追い上げられるという展開でいき
  結果残り3分31秒でジョージに3ptを決められ逆転されてしまいました
  その後ミラーの得点などでなんとか逆転し、1回リバウンド争いで微妙な判定でしたがミラーの
  ファアルはとられずなどでリードをひろげ、その後追い上げられましたがなんとか逃げ切りました
  ナゲッツが3点リードで勝ちとなりました
  終盤ミラーのプレーで2回微妙な判定がありました
  1つはドライブしてジョージの手が少し絡まっていましたがミラーのトラベリング、もしくは
  ファアルなしとなっていてもおかしくなかったのと、上でも書いたリバウンドについてです
  どちらもナゲッツ側に有利な笛となりました
  ただ4Q5分ぐらいの時にスティーブンソンがさわってボールを出しているのにペイサーズボール
  となっていました
  一瞬のことで難しい判断なのはわかりますが最後のヒルがファアルを狙ったプレーは
  ちゃんと見れていただけにもう少しなんとかなったのではと思いました
  
DEN 22 29 18 23 92
IND  28 22 18 21 89

ペイント内の得点がほとんどでミドルレンジ、3ptが完全にオープンでもほとんど決まらず
リードをひろげられる場面でひろげられずと完全に負け試合でした
ペイサーズのターンオーバーがなければ負けていたと思います
スターター陣はほとんどだめといったひどい内容でしたがとりあえず勝てたことはよかったです
あとマギーが安定して結果を残せるようになってきたのも大きいです

オフェンス
あれだけオープンを決められなかったら仕方ないです
ペイント内からは上手く得点できているのであとはアウトサイドから決められるようになれば
さらにペイントが決めやすくなるのでなんとか決めてもらいたいです

ディフェンス
ウエストへの対応はよかったので決めたウエストが素晴らしいと思います
毎度のことですが3ptを確率よく決められてしまいました

個々の選手について
201212071917694423012-p2.jpg

マギー 笑えるプレー、豪快なダンク、そこまで届くかというブロックとマギーらしいプレーが
    存分にでたと思います。ほとんどが良いプレーだったのでよかったです
    毎試合攻守で試合を支配できる能力があるので今後も期待したいです

イギー ステップバックしてのミドルシュートは良く決まっていてよかったんですが 
    オープンの3ptが何本かあったので決めてもらいたかったです
 
ガロ アシストはよかったですがタフショットが多かったです
   ほとんどのSF相手に高さのミスマッチでアドバンテージがあるだけにミドルレンジが
   もう少し決まるようになってもらいたいです

ローソン 32得点とったあとだっただけに今日の成績は残念でした
     シュートが安定しないと今後も厳しそうです 

ファリード 簡単なシュートを落としていたのでしっかり決めてもらいたいです
      あと最近はファアルトラブルになることが多いのでその辺も気をつけてもらいたいです    
   
クーフォス 良いパスをもらってクーフォスにしてはよく決めてくれたと思います
      

ミラー 4Q終盤の得点をとり、ベテランらしい活躍でした

ブリュワー 3ptが決まり、ドライブからのレイアップも上手く決まっていてよかったと思います
      あとはフリースローが決まれば完璧だったと思います

ハミルトン オープンの3ptがあっただけに決めてもらいたかったです

次の試合はアウェイでニックス戦です
好調ニックス相手で、メロ、JRスミス、フェルトンと
元ナゲッツ選手が3人も主力でやっているので注目の試合です

終盤のターンオーバーが響き敗戦 DENvsATL

スターター
ナゲッツ      ホークス
PGローソン    PGティーグ 
SGイギー     SGハリス
SFガロ      SFジョンソン
PFファリード   PFスミス
Cモズコフ     Cホーフォード

ナゲッツはクーフォス、チャンドラーが欠場
ホークスはコーバーが欠場しました

試合をじっくり見ていないので今回は簡単に書きたいと思います

前半
スクリーンでのオフェンスファアルをかなり厳しく何回かとられてしまい
ファリードがファアルトラブルになりました
ファリードが抜けたこととはほとんど関係ないと思いますが
かなりオフェンスリバウンドをゆるしていました 
ただローソンが好調で次々とシュートを決めていき、ベンチからはブリュワー、マギーが
得点するなどで前半はリードされましたがリズムはそこまで悪くなかったです

後半
前半に続きローソンが好調で3ptを3本決め得点を重ねていきましたが
前半に続きオフェンスリバウンドをとられる機会が多く、ホーフォードなどに得点をされて
しまい、3ptも確率よく決められてしましました
4Qはとってはとられの展開が続き、残り2分30秒ぐらいでガロのフリースローで逆転し、
さらにローソンの3ptで2点リードしますが、その後1分30秒ぐらいの間に3ターンオーバーを
してしまい、それを得点につなげられるなど重要なところでミスを連発してしましました

DEN 26 25 27 26 104  
ATL 27 28 30 23 108

さきほども書きましたが前半のスクリーンでのオフェンスファアルが3回ぐらいありましたが
少し触れたぐらいだったので厳しすぎる感じがしました
そのあとナゲッツの選手がしっかりスクリーンをセットしていましたがさすがにあれで
オフェンスファアルは厳しいかなと思います
前半で試合を決める場面ではなかったので勝敗を左右するほどのことでもないですが
気になりました

一番の敗因はターンオーバーです
シュートが決まらないなら仕方ないと思いますが、ナゲッツは大事な場面でシュートできず
ターンオーバーとなることが多すぎます
これまでは追い上げの時にターンオーバーするとかだったのでそこまで目立ちませんでしたが
今日の試合は勝敗を決める場面だったので、さらに絶好調だったローソンが2つしてしまった
というのが残念でした
他に敗因をあげれば、イギーの不調や、オフェンスリバウンドをとられすぎたなどがあります
良かった点はフリースローが8割を超えたことです
ただほとんどガロが決めていたのでそこまで改善されたとは思いません

ロード5連戦の1戦目を嫌な負け方で落としてしまいました
ホームでの試合がほとんどない中リズムを作るのが難しいと思いますが
なんとか踏ん張ってもらいたいです

個々の選手について
120512_lawson_670.jpg
ローソン 32得点、7アシスト、5スティールと大活躍でした
     3pt、ミドルレンジ、ドライブからのレイアップとすべてがうまくいっていました
     シュートまで持っていけば決まる状態だっただけに4Q終盤の2つのターンオーバーは
     残念でした

イギー シュートが決まらず、ドライブしてもパスコースがなかなかなくターンオーバーと
    今シーズン最悪の出来だったと思います
    次に期待したいです

ガロ シュートは決まりませんでしたが、フリースローを10本すべて決めていました
   今後もシュートが決まらないときでもこうやって得点をとっていければいいと思います

ファリード ファアルトラブルで思うようにプレーできなかったのもありますが
      要所でオフェンスリバウンドをとっていました
      少し停滞気味になっているのでなんとか調子をあげてもらいたいです

モズコフ ファアルが多かったんですが、リバウンド13で、そのうちオフェンスリバウンドが7と
     良い活躍でした。オフェンスリバウンドをとるんではなくて、チャンドラーのように
     タップして後ろにはたくというのも見られて良い貢献をしていました

ミラー アシスト7はよかったですが、最近目立つハンドリングミスでのターンオーバーを
    減らしてもらいたいです

マギー 今日の出来もよかったと思いますが 
    もっと攻守で脅威になれる存在なので活躍してもらいたいです

ブリュワー 得点の大半はレイアップで、3ptが決まらずでしたが19点とっているので十分です

ハミルトン 短い時間だったので見せ場がなかったです 

ランドルフ サイズはあるんですが、体重が軽いのでやはりおしこまれているという印象でした

次の試合はアウェイでペイサーズ戦です
またまた難しい試合となりますがなんとか勝ってもらいたいです

すっきりしない勝利 DENvsTОR

スターター
ナゲッツ      ラプターズ
PGローソン    PGラウリー
SGイギー     SGデローザン
SFガロ      SFピートラス
PFファリード   PFバーニャーニ
Cクーフォス    Cヴァランチュナス

ナゲッツはチャンドラーが欠場
ラプターズはフィールズ、クレイザが欠場しました

1Q バーニャーニ、デローザンを中心にジャンプシュートを決められ得点されますが
  オフェンスでローソンの3pt2本やファリードの得点で一進一退の展開となります
  終盤ブリュワーの活躍によりリードしました
  ナゲッツ6点リードで1Q終了

2Q ベンチ陣がディフェンスでいいプレッシャーをしていて、ラプターズがターンオーバーを
  したところをブリュワーなどが得点していきオフェンスリバウンドもとれていてナゲッツらしい
  展開にもっていけていました
  ナゲッツ17点リードで2Q終了

3Q 序盤にバーニャーニに得点されリードを縮められますが、中盤にガロの3pt2本などが決まり
  終盤ラプターズがマギーに対してわざとファアルをしてフリースローをうたせるという
  ハック・ア・マギーをやられましたが、半分近くを決めていたためほとんど点差を縮められる
  ことはなかったです
  ナゲッツ14点リードで3Q終了

4Q 序盤は一進一退でいきましたが、中盤ラプターズが11-0のランを決め6点差まで縮められます
  さらにラプターズの追い上げは続き、終盤ロスの3pt、ラウリーのフリスロー2本で残り2分
  ぐらいで1点差となります
  その後ローソンの3pt,ミラーのフリースローで残り18秒で6点差となり
  終わったかなと思うと、ラウリーがタフな3ptを決め3点差、イギーがフリースローを2本決めた後
  ジョンソンが3ptを決め2点差、ファリードがフリースロー1本決め3点差で
  ラプターズはタイムアウトがない状況で残り5、8秒からデローザンが同点のブザービーター3ptを
  狙いますが外れました
  ナゲッツ3点差で勝ちとなりました
  
TОR 24 20 31 35 110
DEN 29 32 28 24 113

4Q途中までは15点リードしていたにもかかわらず、最終的には負けてもおかしくないような
試合となってしまい、とりあえずホームで連敗を止めたということはできましたが
ここからアウェイが続く中で不安が残り、勢いも出ない形のすっきりしない勝利となりました

オフェンスはインサイド、アウトサイドで上手く得点していて、オフェンスリバウンドもとれていて
113点とっているのでほとんど悪いことはなかったです
悪いといえばフリースローぐらいで、ファリード、クーフォス、マギーが結構うっているので
今日の62,8%は仕方ないかなと思います

ディフェンスはドライブに対しての対応が2Qは速く対応できていて手がボールに触れていたりして
いたんですが後半は遅れているように感じました
今シーズンは後半にディフェンスを立て直していただけになにか心配になる
後半のディフェンスでした

個々の選手について
201212032125771325093-p2.jpg
ブリュワー 積極的なディフェンスから得点につなげていました
      19得点、5リバウンド、4スティールと20分間で十分の活躍をしていました

イギー 4得点と得点はとれませんでしたが、8アシストとオープンの選手にしっかりと
    パスをしていました
    状況に応じた対応ができるので今日のようにローソン、ガロの3ptが決まっていると
    すばらしいパサーとして活躍してくれます

ガロ シュートタッチはよかったんですが、ドライブからの得点がなかなかとれていませんでした
   ただ今シーズン最初のほうに比べると、シュートが安定してきているので今後に期待が出来る
   内容になってきていると思います

ローソン 3pTが決まっていましたが、ドライブからの得点がとれていませんでした
     インサイド陣にミドル、3ptをうてる選手がいないので、収縮しやすく
     ブロックされるのかなと思います
     ローソン自身がミドルシュートを決められるようになることが重要かなと思います

ファリード 18得点、10リバウンドと久しぶりのダブルダブルとなりました
      今日のようにフリースローを安定して決めてもらいたいです

クーフォス リバウンドはとれていましたが、もう少しゴール下のシュートをしっかり決めて
      もらいたいのと、フリースローも6本中4本外していたのでもう少し決めてもらい
      たいです

ミラー トランジションでのいいパスを何度か出していました

マギー 3Qにハック・ア・マギーをやられていました
    結果的にフリースローを16本中9本決めていたのでそこまで悪くはなかったと思います
    ブロックも5つあったので攻守ともによかったと思います

ハミルトン 8得点、5リバウンド、2アシストと15分出場でこの成績はなかなかだと思います
      チャンドラーがいない状況でもSG、SFの層が厚いので出場時間があまりないですが
      ここ数試合はいいアピールが出来ていると思います

次の試合はアウェイでホークス戦です
アウェイ5連戦の1戦目なので勝って勢いをつけたいところです

アフラロ30得点の大活躍

afflalolakers_670_120212.jpg
今日のレイカーズ戦で30得点、5アシスト、5リバウンドと大活躍でした
積極的にシュートをうってよく決めていました

今シーズンアフラロの得点シーンなどを中心にマジックの試合をよく見るんですが
今日に限らずナゲッツ時代と違ってボールを回すというよりは積極的に1on1を仕掛けたり
迷いなくシュートをうっているように感じます
1on1をするため今はシュート確率が悪いようですが、今後相手のプレッシャーに慣れれば
1試合20点平均をとれるようになると思います
イギーの獲得に異論はありませんが、どうにかアフラロを残してもらいたかったです

あとマジックの試合を見るとネルソン、アフラロ、レディックが同時に出場している時間は
3選手ともシュートがうまく、良く動き、ポジショニングもいいので相手チームにすれば
オフェンスを止めるのが難しいと思います
特にナゲッツの様な3ptに対するチェックが甘いチームは苦戦すると思います
今シーズン予想でマジックをイーストの14位としましたが、現状でもある程度戦えている上に
怪我で離脱中のターコル、ハリントンの主力が復帰すればプレイオフも狙える順位に
いてもおかしくないような気がします

今後もアフラロ、そしてハリントンの活躍で、14位と予想してしまいましたが
マジックの躍進に期待したいと思います。

3、4、3、4、ときてやはり3連敗 DENvsLAL

スターター
ナゲッツ     レイカーズ
PGローソン   PGモリス
SGイギー    SGコービー
SFガロ     SFワールドピース
PFファリード  PFガソル
Cクーフォス   Cハワード

ナゲッツはチャンドラーが欠場
レイカーズはナッシュ、ブレイクが欠場しました

1Q オフェンスはペイント内から得点をとることができていました
  ただアリウープを狙うシーンが何度かありましたがタイミングは悪くないんですがあまり
  決まっていませんでした
  ディフェンスではハワードにやられまくり、収縮するとアウトサイドの3ptを決められていました
  ハワード、コービーを止めるためにはある程度他の選手をフリーにするのは仕方ないと
  思いますが、中途半端にいっていてどちらのチェックもあまいので結局どちらでもやられて
  しまったと感じました
  レイカーズ7点リードで1Q終了

2Q ミラーのすばらしい動きで得点をしますが、ハワード、コービーがいない時間なのにも
  かかわらず3ptに対するチェックがことごとくあまいのと、ミークスのシュートタッチが
  いいのもあって次々と3ptを決められてどんどん点差が離れていき14点差となりました
  その後残り1分30秒ぐらいで6点差まで追い上げたのにこういう展開であれば
  10点差以内で終われれば後半に期待できるというところからターンオーバー連発
  フリースロー2本ミスという最悪のリズムでの前半終了となりました
  レイカーズ14点リードで2Q終了
  
3Q 上手くボールが回りいい形で得点差を7点差まで追い上げましたが、その後は得点できず
  結局オープンの3ptを次々とゆるしては決められました
  2Q終盤と同じく追い上げましたがその後が得点できずという結果になりました
  レイカーズ15点リードで3Q終了

4Q 4Qはフリーでうたせていたわけではないですがここまで散々フリーで気持ち良く決めていた
  選手を今更少しチェックにいったところで止められずミークス、ジェイミソンに次々と3ptを
  決められ、ナゲッツファン失格かもしれませんがもう決められるだけ決めてくれと思うぐらい
  決められました
  最後にはレイカーズが時間を使うのかと思いきやハワードが3ptをうち決めました
  決めてくれと思いましたが、この時は決めた時間やそれがハワードだということもあって
  そこまでしなくてもという気持ちになりました
  レイカーズ19点リードで勝ちとなりました 

DEN 27 30 25 21 103
LAL 34 37 26 25 122

今日は2つの嫌な予感がありました
一つはタイトルの3,4,3,4とありますがこれはここまでナゲッツが3連敗、4連勝、3連敗、4連勝
という意味で、今日の試合までに2連敗していたのでこのまま3,4が継続するだろうという
嫌な予感がありましたが、見事3連敗となりました
2つ目はレイカーズはペイサーズ戦でシュートを外していたので
今日の試合は決める日だろうということで、見事に次々とシュートを決められました
もちろんナゲッツのディフェンスが悪くほとんどオープンの3ptばかりだったということも
大きな要因です
オフェンスは悪くはなかったんですが、追い上げてもう一歩というところからが決められませんでした
あとここまでリバウンドを結構とっていましたがハワードに制圧されてなにもできませんでした

今までの流れでいけば、3連敗ときたら4連勝なので今日の敗戦は悪くはないと
無理やりプラスに考えたいと思います

個々の選手について
201211302330846286940-p2.jpg
イギー ダンクミスなどありましたがオフェンスではパサーとしても頑張っていました
     
ガロ ここ数試合は3ptを確率よく決めていてドライブもでているので
   これからさらに期待できそうです

ローソン 調子が上向いてきたと思ったんですが今日はシュートが決まらず、ターンオーバーも5と
     残念な結果でした

ファリード ハワード、ガソルのツインタワー相手にまったくリバウンドをとれませんでした 
      連戦の疲れだと思いたいぐらいリバウンドをとれませんでした

クーフォス ハワード相手なので仕方ないです

ミラー 上手いプレーで得点をとっていました
       
マギー リバウンドダンクなどいい形で得点できていました

モズコフ 3Q最後のプレーなど悪い場面もありましたが、いいプレーもありでした

ブリュワー コーナーでしっかり3ptを決めていました
      3ptの調子が戻ってきているのでこの調子でいってほしいです

ハミルトン 得点、リバウンドともにほとんどが4Qですが、積極的にいく姿勢はよかったです

フルニエ  出場時間が短かったのでとくにありません

次の試合はホームでラプターズ戦です
これまで何度も書きましたが12月まではホームが少ないので勝ってもらいたいです
プロフィール

マーティン

Author:マーティン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
人気ブログランキングへ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。