スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フルニエの19得点の活躍で連敗ストップ DENvsBKN

スターター
ナゲッツ     ネッツ
PGミラー    PGデロン
SGイギー    SGボーガンス
SFガロ     SFウォレス
PFファリード  PFエバンス
Cクーフォス   Cロペス

ナゲッツはローソン
ネッツはジョンソンが欠場しました

1Q オフェンスはピックアンドロールなどでクーフォスにあわせるなどペイント内で得点して
  リズムはまずまずよかったですが、ディフェンスでファリードが下がってからエバンスに
  オフェンスリバウンドをとられるなどで一進一退の展開となりました
  ナゲッツ3点リードで1Q終了

2Q 2Q開始からフルニエが出場しオフェンスで得点するなどでいいリズムを作り
  その後もフリースロー以外はペイント内で得点をとれていていいオフェンスをしていました
  ディフェンスでもプレッシャーがよくきいていて、ネッツのフリースローが外れたこともあり
  失点を少なく抑えられました
  ナゲッツ17点リードで2Q終了
  フルニエがリズムを作ってくれたおかげで攻守ともに2Qはよくなり、リードをひろげることが
  できていました

3Q ファリードがエバンス相手にリバウンドで負けてしまいペイント内で優位を作られ
  ファリード、クーフォスがファアルトラブルになってしまいます
  その後マギーがオフェンスではリバウンドダンクを決めますが、ディフェンスでブラッチに
  やられたり、安易なファアルを連続でしてしまうなどがありました
  ただネッツのフリースローがあまり決まっていなかったので点差はそこまで縮まりませんでした
  ナゲッツ14点リードで3Q終了 

4Q 序盤ブラッチに得点をされますが、ブリュワー、チャンドラーなどが得点していき
  リードを保ちます
  中盤にフルニエ、チャンドラーの得点でリードを20点にひろげ、終盤はガベージタイムと
  なり、クインシーミラーがnba初得点を決めました

BKN 23 15 28 21 87
DEN 26 29 25 29 109

オフェンス
ローソン欠場でまたリズムがおかしくなるかと思われましたが
フルニエのベンチからの大活躍により、ほとんど停滞しないオフェンスが
継続できていました
フリースローが悪かったですが、前回がよすぎたのである程度仕方ないと思います

ディフェンス
ジョンソンがいないネッツなので攻め手をかいている場面が多く見られ、シュートミス
フリースローミスといった部分に助けられた感じがありました
ただいつもよりナゲッツのローテーションがうまくいっていたのもありました
オフェンスリバウンドを24もとられてしまいました
跳躍力では上回っているナゲッツインサイド陣ですがパワーでポジションをとられてしまい
とられていました

内容の伴った試合で連敗をとめました
フルニエの活躍はみていてすごく楽しかったです
ハミルトン、クインシーミラーと個人的に期待している若手はまだいるので
チャンスが来たら今日のフルニエみたいに活躍してもらいたいです

個々の選手について
evan670mar29.jpg
フルニエ PGという役割よりはSGの選手にちかいプレースタイルで、それでSGをやらせるのではなく
     今日みたいにPGで出場させて得点をとりにいくというのがいいのかなと思います
     ドライブからのレイアップをしっかりと決めて、ベンチ陣を引っ張ってくれました
     ディフェンスでまだ不安を残す場面がありますが、今後期待できる活躍をみせてくれました

イギー フルニエが出場しているとき、実質イギーがPGとしてプレーしていて、アシストを
    していました。ディフェンスで、デロン相手にいいディフェンスをしていました 

ガロ  11得点、6アシスト、5リバウンドとオールラウンドに活躍しました
    タフなシュートもありましたがエースになってもらいたい存在なのでいいと思います  

ミラー ミドルジャンパーを結構多用してあまり確率がよくなかったです
    ディフェンスでもシュートチェックが甘いのでもう少し手を上げてもらいたいです 

ファリード 前半は悪くはなかったんですが、後半はエバンス相手にリバウンドで負けてしまい
      ファアルトラブルになるなどいいところがありませんでした
      スピードを保ちつつ、もう少し体を大きくするといいかもしれません

クーフォス ファアルは5つしてしまいましたが、オフェンスではしっかり得点して、リバウンドも
      とれていて、ディフェンスではロペス相手にタフについていたのでよかったと思います

マギー オフェンスリバウンドからのダンクはよかったんですが、無駄なファアルや無茶なシュート
    ゴールテンディングとなるブロックなど悪い部分も多々見られました
    フリースローを6-6決めているのはよかったです

チャンドラー 厳しい時間帯でも相手PFとのスピードのミスマッチをついて、ドライブして
       決めたり、ファアルをもらいフリースローを決めてくれるなど十分な活躍でした

ブリュワー プレー内容自体は悪くないんですが、個人的にコーナー以外での3ptはできるだけ
      控えてもらいたいです
      調子がいい時は別としてほとんど決まっていないので、それなら最近決まっている
      ミドルレンジをうってもらいたいです

クインシーミラー レイアップでnba初得点をとりました
          これからの活躍に期待です

次の試合はアウェイでジャズ戦です
4日間も間隔があくので今日のいいプレーを忘れず、アウェイなので前半から
主導権を握った展開で勝ってもらいたいです


スポンサーサイト

大激戦の末敗戦で連敗 DENvsSAS

スターター
ナゲッツ     スパーズ
PGローソン   PGパーカー
SGイギー    SGグリーン
SFガロ     SFレナード
PFファリード  PFダンカン
Cクーフォス   Cスプリッター

ローソンが復帰して
両チームベストメンバーでした

1Q 序盤はスパーズに攻勢をかけられて8点リードとなりますが、中盤以降は終盤得点がとれない
  時間帯はありましたがベンチメンバーを中心に攻守でいい動きをみせて追い上げました 
  スパーズ2点リードで1Q終了

2Q 序盤から中盤にかけてベンチメンバーが攻守で活躍をみせて、逆転し13点リードします
  その後オフェンスではチャンドラーなどが得点できていたものの、グリーンの3ptが決まりまくり
  追い上げられました
  ナゲッツ3点リードで2Q終了
  グリーンが当たっているというのにフリーにしてしまうという場面があり
  マッチアップはガロが多く不用意にヘルプにいってフリーにしていました
  オフェンスでもガロはいいところがなく、攻守で悪い出来でした
  スターターの出来が悪く、ベンチがかなりよかった前半となりました

3Q オフェンスはガロがミドルレンジのジャンパーを決めるなどで得点していましたが
  2Qのような勢いのあるオフェンスが出来ず停滞していました
  ディフェンスではファアルがかさみスパーズに多くのフリースローをゆるしました
  スパーズ8点リードで3Q終了
  
4Q 序盤にマギー、ミラーの活躍で得点していき、スパーズのオフェンスは上手くいかずで
  一気にリードが縮まり逆転しました
  中盤ナゲッツはターンオーバーが多く出てしまい得点できず、スパーズはダンカンが得点して
  逆転されます
  終盤マギーのダンクなどで追い上げると、ダンカン、ジノビリの3ptなどで離されてしまいます
  残り1分ぐらいからガロが連続でフリースローをもらい4本決めて、残り34秒で1点差となります
  その後ダンカンのシュートが外れて、残り10秒でナゲッツボールとなります
  マギーのスクリーンがうまく決まりますが、スパーズのローテーションとヘルプディフェンスが
  上手くガロがシュートにいけず、止まってしまい、苦し紛れにミラーにパスを出して
  ミラーがドライブ後ブザービーターシュートを狙いますが外れて勝負ありとなりました
  スパーズ1点リードで勝ちとなりました
  
DEN 20 34 21 24 99
SAS  22 29 32 17 100

オフェンス
ローソンが復帰して、どうなるかと思われたオフェンスはローソン自体が
リズムを良くすることはなく、むしろ全然だめでしたが
ミラーがベンチから出場することによっていつものリズムで戦えていて、ベンチ陣の大活躍に
至ったと思います
ここ3試合のひどいオフェンスに比べるとすごくよかった感じです
あとはローソンの調子をあげてもらい、スターターが活躍するようになればいいと思います
敗因としては3ptが10本うって1本も決まらなかったことです
ただフリースローの確率はよく、ミドルシュートも意外と決まっていたので
全体としてはいいオフェンスをしていました

ディフェンス
3ptに対するディフェンスが悪いことと、スパーズがよく決めたことの両方あったと思いますが
前半のグリーンのように調子のいい選手にはその時間帯はある程度離さずついてもらいたいです
マギーがいいディフェンスをみせていたのでゴールしたが安定した結果4Q上手く得点を抑える
ことができました
フリースローを与えすぎたことと、3ptに対するディフェンスは少し改善が必要ですが
マギーがダンカン相手にディフェンスできるという大きな収穫があったのでよかったです

連敗となりましたが、ここ3試合の不甲斐ない試合にくらべると内容がまずまずよくて
連勝ストップ後の次の試合でスパーズのアウェイでここまでの激戦をしてくれたら十分です
今日はここのところ全く活躍が無かったマギーが攻守で活躍してくれたので
今後に向けて期待の出来る試合になったと思います
今後負けるにしても今日のような見ごたえのある試合をしてもらいたいです

個々の選手について
201303272130774470997-p2.jpg
ミラー ベンチから14得点、8アシストとPGとして申し分ない活躍でした
    最後のシュートを決めてくれれば完璧でしたが、それまでに苦しい時間帯で得点を
    とってリズムを掴んでいました
    ローソンが欠場中の3試合スターターとは見違えるぐらいよかったので
    ベンチ陣との連携が高く、理解しているんだなと思いました

イギー 10得点、7アシストといい活躍をみせてくれました
    確率が悪い3ptをもう少し確率よく決めてもらいたいです

ガロ  前半は攻守に悪かったですが、後半は3Qでのジャンプシュートを決め、4Q終盤では
    ファアルをもらいフリースロー4本をしっかり決めていたのでよかったです
    ミドルレンジは決まっていましたがレイアップ、3ptが外れていました

ローソン ジャンプシュートをうっていましたがことごとく外れていました
     怪我あけということもあるので仕方ないかなと思います
     今日の結果は気にせず、次に向けて頑張ってもらいたいです

ファリード 悪くはなかったんですが、チャンドラー、マギーがかなりよかったので
      起用法という意味であまり使われず、出場時間が短くなりました
       
クーフォス 悪くはないんですがオールスタークラス相手になると
      どうしても難しいです

マギー 21得点、11リバウンド、3ブロックと久しぶりに素晴らしい活躍でした
    オフェンスに関してはダンクがほとんどなので今後当てになるかどうかはわかりませんが
    ダンカンへの1on1でのディフェンスは素晴らしかったです
    ピックアンドロールへの対処もよかったと思います
    オフェンススキルを磨くより、ディフェンスを磨いた方がいいと思います
    
    
チャンドラー ブロックされたりしていましたがスピードのミスマッチをついての
       ドライブをしかけたり、ミドルシュートを決めたりと積極的にいっていました
       ベンチから出場しているというだけで十分スターターと同じ以上の活躍を
       してくれています
      
ブリュワー 勢いよく3ptを狙うのはいいんですが確率が悪いので出来れば自重してもらいたいです
      ミドルの精度が上がってきているので上手くスクリーンを利用していく戦術のほうが
      ブリュワーにとってはいいと思います
      
次の試合はホームでネッツ戦です
悪い内容の試合をして勝てる相手ではないと思うので
今日ぐらい内容ある試合をしてもらいたいです

今シーズン最悪の試合で連勝ストップ DENvsNOH

スターター
ナゲッツ     ホーネッツ   
PGミラー    PGロバーツ
SGイギー    SGミラー
SFガロ     SFアミヌ
PFファリード  PFデイビス
Cクーフォス   Cロペス

ナゲッツはローソン
ホーネッツはバスケス、ゴードン、リバースが欠場しました

前半
同じパターンのピックアンドロールで何度もやられたり、オープンにしてはならない
アンダーセンをオープンで3ptをうたせてしまい簡単に決められてしまい
さらには外れたのもオフェンスリバウンドをとられるなど、とにかくディフェンスが崩壊状態でした
ディフェンスが崩壊状態となるとそこから速攻につなげるはずのオフェンスはもちろん
数が少なくなり、ミラーということもありあまり出せず、ハーフコート中心になり
シュートは決まらないは、ターンオーバーは出るわで
ここ2試合ひどかったオフェンスをさらに増した形で披露しました
ホーネッツ21点リードで前半終了
何から触れていいのか分からないぐらいひどい前半でした
ホーネッツのPGロバーツに前半だけで11アシストをやられています
PGにこれだけ仕事をされては勝てません
ディフェンスからリズムを作ってもらいたいです

3Q ファリードをスターターから下げて、チャンドラーを起用しました
  序盤ガロ、チャンドラーがフリースローなどで得点をあげていき、ディフェンスでも
  まずまずになり11点差とします
  中盤9点差に迫る場面もありましたが、メイソンを立て続けにフリーにしてしまい3ptを
  2本決められ、二桁差にされます
  終盤得点がなかなかできず、ホーネッツはオフェンスリバウンドからしっかり得点していき
  リードをひろげられました
  ホーネッツ18点リードで3Q終了

4Q 序盤ブリュワーの速攻での得点などで12点差とします
  中盤以降7分間でとった得点が4点と悲惨な結果となり、リードをひろげられました
  ホーネッツ24点リードで勝ちとなりました

DEN 18 20 30 18 86
NOH 27 32 27 24 110

オフェンス
3試合連続同じような停滞したオフェンスでした
チャンドラーが復帰したので大丈夫かなと思われましたが
この出来ということは、ローソンの不在が大きいのか
それとも単純に調子が悪いだけなのか、明確にはわかりませんが
ローソンが3試合欠場となって3試合とも悪いのでおそらくローソン不在が
アーリーオフェンスを停滞してリズムが悪くなっているのではないかと感じます
ミラー不在のベンチ陣の時間帯が悪くなっています
ローソン復帰後どうなるかに注目です

ディフェンス
連勝中は3ptに対する対応を悪く感じたことはあまりなかったんですが
今日の試合は悪く、ピックアンドロールで簡単に外されたりもしていました
あとトラップディフェンスを仕掛けるのはいいんですが、ヒートのようにローテーションが
上手くいかないので中途半端になってしまい、楽にシュートをうたれたり、外れたとしても
リバウンドをとられたりとちぐはぐなディフェンスでした

フリースローを決めていた以外は攻守すべてにおいていいところが無かった
試合だったと思います
シクサーズ戦、キングス戦と不甲斐ない内容の試合でもホームなのでなんとか
勝てていましたが、アウェイでこんな内容をすると大差で負けるというのは
当然の結果だと思います
連勝が止まったことは悔しいですが、変に接戦になるよりもこのぐらい完膚なきまでに
負けたほうが切り替えもきくと思うのでそういう意味ではいい敗戦だったと思います

個々の選手について
hh.jpg
ガロ  フリースローを10本決めるなどオフェンス面で引っ張ってくれました
    ガロが調子を取り戻しつつあるのは今日の収穫です

イギー 珍しく攻守において存在感が無かった気がします

ミラー ローソン欠場の3試合でスターター陣とはあまりあわず、ベンチからの出場のほうが
    ナゲッツのリズムとしてあっていて、ベンチ陣の活性化をうながしてくれるという
    ことが分かった感じです
 あとディフェンスでどうしてもシュートチェックが甘くなる場面や
    タフについていないので、ミラーがすべて悪いわけではないですがロバーツに18アシストと
    やられたい放題でした
    
    
ファリード ファアルが4つと多かったですが、13得点、7リバウンドでファリードらしさは
      まずまず出ていたと思います  

クーフォス シュートが決めきれず、リバウンドもなかなかとれずでした
      前までの簡単なシュートを落とすクーフォスに戻りつつある気がします

マギー 攻守でなかなか絡めずでした
    マギーが戦力として機能しない試合が多いと感じます
    プレイオフに向けて調子をあげてもらいたいです 

チャンドラー シュート、レイアップがうまく決まらずでした
       怪我あけなのでどうかと思いましたが動きにキレはあったので安心しました

ブリュワー 29点とった反動がきているのかオフェンスが悪いです
      ディフェンスではいい面をみせているのでオフェンスでの活躍に期待です

ハミルトン 確率はいまいちでしたが積極的にシュートを狙う姿勢はよかったです
      オフェンスリバウンドをとってねじ込んだシュートが印象に残りました

次の試合はアウェイでスパーズ戦です
3試合連続で内容が悪い試合をしているので勝てる気がしません
勝敗どうこうというよりも今日よりもいい内容が出来ればいいと思います

ひどい内容も連勝15に伸ばす DENvsSAC

スターター
ナゲッツ     キングス
PGローソン   PGトーマス
SGイギー    SGエバンス
SFガロ     SFサーモンズ
PFファリード  PFトンプソン
Cクーフォス   Cカズンス

ナゲッツはローソン、チャンドラーが欠場
キングスはベストメンバーでした
今回は簡単にします

前半
オフェンスでターンオーバーが多く、無理やりのシュートも何度もあり
上手くいっていない感じでした
ペイント内での得点を狙いすぎて、全員がカットしまくって
ごちゃごちゃしている感じでした
おそらくブリュワーのシュートタッチがよくなかったので
ベンチ陣の時間帯でアウトサイドが狙える選手がおらず、ペイントでごちゃごちゃしている
ように感じたんだと思います
ディフェンスではナゲッツのディフェンスがよかったというよりはキングスのオフェンスが
ターンオーバーをしてくれたり、フリースローを外していたりで助かっていました
ナゲッツ10点リードで前半終了
10点リードできましたがひどい前半でした
ストーンが初出場をしてオフェンスではあまり絡めていませんでしたが、ディフェンスは
よさそうにみえました

後半
前半と同じく手詰まりのオフェンスは改善されず、ディフェンスではカズンスにやられたい
放題で3Q終盤に逆転をされます
4Qは序盤ランドルフの活躍、終盤はクーフォスの得点、そして最後はミラーのエンドワンで
得点をとれていて、ディフェンスではカズンスには得点されましたが他の選手のシュートタッチは
よくなかったのでなんとか逃げ切りました
ナゲッツ6点リードで勝ちとなりました

SAC 17 23 31 24 95
DEN 27 23 20 31 101

オフェンス
シクサーズ戦同様悪かったです
シクサーズ戦で悪かったガロはよかったんですが、ミラー、ブリュワーが悪かったです
とくにブリュワーは人が変わったようにシュートがまったく決まらず、パスもターンオーバーになり
だったのでベンチ陣でリズムを作れず、苦しい展開になりました
2試合連続でオフェンスの出来が悪く、前半戦のナゲッツに戻ったみたいになっています
おそらくチャンドラー欠場がかなり響いていそうです
安定感はあまりないですがチャンドラーはドライブ、3ptとオフェンスが多彩で1on1からも
得点できるので、局面を打開してくれていたと思います
現状はパスは回りますが結果的に誰が決めるのかといえば曖昧な感じで、タフショット
ターンオーバーになっているように感じます
ローソンが戻ってくれば、ミラーが控えになって、ベンチ陣が活性化する可能性もあります

ディフェンス
4Qにボールマンにプレッシャーをかけて、いいディフェンスが出来ている場面もありましたが
全体としては悪く、キングスのシュートミスとターンオーバーに助けられた感じでした

とりあえず勝ち、連勝を15に伸ばしましたがひどい内容でした
ローソン、チャンドラーは無理せず十分な状態になってからでいいと思っていましたが
2戦連続で悪い内容の試合をみせられると、出来るだけ早く戻ってきてもらいたいと思ってしまいます
代わりに出ている、ランドルフ、ストーンなどはよくやっているんですが
常時出ているメンバーがどうも上手くいってないように感じます
ホームなのでこの内容でも勝てましたが、次からはアウェイなのでなんとか修正してもらいたいです

個々の選手について
201303232103758080079-p2.jpg
イギー シュートの確率は悪いですが、うたなければならない状況が多かったので
    それをシュートタッチがそこまでよくないイギーが確率よく決めるのは難しいので
    仕方ないと思います。アシストが8ということでまずまずよかったと思います
    ディフェンスなどでイライラしているところがありました

ガロ  19得点と前回の出来を考えると十分な活躍ですが、ローソン、チャンドラーが
    いない状況で他の選手の調子もいまひとつということで、もう少し積極的にボールを
    もらって仕掛けてもよかったと思います
    リバウンドも8ととれていました

ミラー 勝負を決めたエンドワンはトーマスがスクリーンを気にして一瞬目をそらしたところを
    見逃さずドライブからのレイアップを決めるということで、さすがでしたが、それまでは
    ジャンプシュートが決まらず、ポストプレーもあまり出ずと効率のいいオフェンスは
    できてませんでした
    ディフェンスももう少しシュートチェックを厳しくいってもらいたいです

ファリード 17得点、9リバウンドでした
      得点を確率よく決めていて、ディフェンスリバウンドもとれていたのでよかったと
      思います
      2Qで3つ目のファアルをしてしまっていたので、毎度のことですがファアルには
      気を付けてもらいたいです

クーフォス カズンスの調子がよかったので悪くはないディフェンスでしたが止めれませんでした
      13得点、9リバウンドと出来るだけのことはやっていたと思います 

マギー 基本ダンクで得点していました
    オフェンスリバウンドが3ととれていましたが、ディフェンスリバウンドが0でした
    飛び込む形でのリバウンドをとるのは上手いですが、止まってしまうと体の強さで負けて
    リバウンドをとられてしまう場面が多くあります

ブリュワー 前回はなにをしても上手くいっていましたが今回はなにをしても上手くいかなかった
      という感じでした
      ディフェンスではまずまずでした
      きりかえて次に期待です

ランドルフ シクサーズ戦に続き得点、リバウンドでいい活躍をみせてくれました
      あとは4Qに決めた位置ぐらいで安定してミドルシュートを決めてくれると
      いいかなと思います
 
ストーン ジャンプシュートをうたず、無理をしないオフェンスをしていました
     ドライブで相手を抜けているのはよかったです
     得意のディフェンスでは初出場ながらしっかりとできていました

次の試合はアウェイでホーネッツ戦です
今日の内容では勝てないので、改善してのぞんでもらいたいです

ブリュワーの活躍で逆転勝利 DENvsPHI

スターター
ナゲッツ     シクサーズ
PGミラー    PGホリデー
SGイギー    SGターナー
SFガロ     SFウィルキンス
PFファリード  PFヤング
Cクーフォス   Cホーズ

ナゲッツはローソン、チャンドラー
シクサーズはバイナム、ニックヤング、リチャードソンが欠場しました

1Q 6分間でガロが3ターンオーバーをしてしまうなど、ほかにもターンオーバーが多く
  合計で5つもしてしまいオフェンスのリズムがまったく掴めません
  ただシクサーズがシュートを決めていなかったので接戦となりました
  中盤はマギーが3ターンオーバーをするなどでオフェンスでのリズムがよくなることはなく
  シクサーズのホーズがシュートを決めるなどで8点差にされます
  終盤シクサーズがターンオーバーをしてくれましたが、速攻から上手く得点できずでした
  シクサーズ5点リードで1Q終了

2Q シクサーズのターンオーバーなどで速攻からの得点をとり、ブリュワが3ptなどを決めて
  次々と得点していき、逆転します
  終盤シクサーズにシュートを決められますが、ナゲッツはダンクなどペイント内で確率よく
  得点していきリードをひろげました
  ナゲッツ7点リードで2Q終了

3Q 序盤はクーフォスなどが得点してオフェンスのリズムがよかったんですが、シクサーズが
  ジャンプシュートをしっかり決めて一進一退となりました
  中盤ターンオーバーなどで3分間無得点となり、シクサーズに逆転されます
  終盤フリースローなどで得点をつなぎ逆転しました
  ナゲッツ4点リードで3Q終了

4Q 序盤ターンオーバーなどでなかなか得点がとれず、シクサーズに逆転されます
  中盤ターナーにジャンプシュートを2本決められ6点差とされ、その後オフェンスでは
  得点するものの、ディフェンスでシクサーズのオフェンスを止められず追い上げられません
  終盤残り2分でウィルキンスにシュートを決められ8点差となります 
  その後シクサーズに得点をされず、フリースローでじわじわ追い上げ残り1分で6点差とします
  ガロが3ptを狙いますが外れ、シクサーズのシュートも外れ、残り25秒で速攻でランドルフが
  決めて3点差、ファアルゲームとなりホリデーが2本決めて5点差、そしてブリュワーが3ptを
  決めて2点差となり、またファアルをして、ここでターナーが2本フリースローを外して
  残り6秒で2点差でナゲッツボールとなります
  ガロのスクリーンからブリュワーがフリーになり3ptを狙い、遅れてチェックにきた
  ウィルキンスがファアルをして、3ptファアルとなります
  ブリュワーが3本フリースローを決めて、残り2秒でナゲッツが1点リードとなります
  その後シクサーズのオフェンスはウィルキンスがシュートを狙いますが、ランドルフが
  ブロックをして、終了となりました
  ナゲッツ1点リードで勝ちとなりました

PHI 22 22 27 29 100
DEN 17 34 24 26 101

オフェンス
ローソンが欠場でエースとして頑張ってもらいたいガロが7ターンオーバーで
シュートもあまり決まらずではファリード、クーフォスが自ら得点できるタイプの選手では
ないのでガロもそうなってしまうとスターターのオフェンスがうまくいくのは厳しいです
ブリュワーのシュートが好調だったのと、ミラーの得点、アシストでなんとか得点を
つないだという感じでした
あと数試合はチャンドラーがいない状況となりそうなので
ガロの復調は勝利に必要です

ディフェンス
3ptの対応が悪い場面がありましたが、全体としてはプレッシャーを積極的にかける
ディフェンスが出来ていて、ターンオーバーを誘えていたのでそこまで悪くはなかったと思います
シクサーズの選手がしっかりミドルシュートなどを決めてきていました

完全な負け試合で連勝ストップを覚悟しましたが、まさかまさかの大逆転劇で勝ちになりました
ターナーが2本のフリースローを外したこと、そしてブリュワーが外したら負けの場面で3pt
フリースロー3本を決めたのが勝ちにつながりました
内容のいい勝ち方ではないものの、連勝にさらに勢いをつけるような勝ち方が出来ました
会場の盛り上がりも尋常じゃなかったです

個々の選手について
130321222849-corey-brewer-iso-emotion-yellow-uni_home-t3.jpg

ブリュワー 29得点、5スティールと攻守で大活躍でした
      オフェンスではシュートタッチがよく次々とシュートを決めてくれました
      クラッチで3pt,フリースロー3本を決めすごい活躍でした
      ディフェンスでも常に手をだしスティールを狙うというディフェンスが
      いい方向に出ていました
      連勝中はチャンドラーの活躍で存在感があまりなかったブリュワーですが
      チャンドラーが欠場となってしっかりその穴を埋める活躍を見せてくれました

イギー オフェンスはジャンプシュートが決まりませんでしたがまずまずだったと思います
    今日もディフェンスでの貢献度がかなり高かったので印象はよかったです 

ガロ タフショットが多く、パスもターンオーバーとなり、7ターンオーバーといいところが
   ありませんでした
   ここの所なんとなくですがオフェンスでの動きが鈍い気がします
   ディフェンスでは上手くチャージングをとっていますが、オフェンスがあまりにも
   悪すぎました
      

ミラー オフェンスの苦しい時間帯で得点、アシストといい活躍をみせてくれました
    いつかわすれましたが前にもローソンが欠場したときがありましたがミラーがしっかり
    カバーしてくれました

ファリード 前半は6得点、6リバウンドとなかなかの出来でしたが、後半は存在感がなかったです
      
クーフォス ここ最近はなかったんですが今日は簡単なシュートをキャッチミス、シュートミス
      する場面が多かったです

マギー オフェンスでは安易なターンオーバーがあり、ディフェンスではリバウンドがとれずと
    あまりいいところはなかったです
    フリースローを決めたのはよかったです 

ランドルフ リバウンドをとることはあまりできませんでしたが積極的にスティールを狙い
      ダブルチームのタイミングもよく、そして最後のブロックといいディフェンスを
      しました。かなりのアピールになったと思います

フルニエ シュートをうつタイミングがあまりなかったです

次の試合はホームでキングス戦です
連勝を伸ばしてもらいたいです

予想外の勝利で13連勝 DENvsOKC

スターター
ナゲッツ      サンダー
PGローソン    PGウエストブルック
SGイギー     SGセフォローシャ
SFガロ      SFデュラント
PFファリード   PFイバカ
Cクーフォス    Cパーキンス

ナゲッツはベストメンバーでした
サンダーはサビートが欠場しました

1Q 中盤まではサンダーに得点はされていましたが、オフェンスではいつも通りペイント内で得点を
  とれていたので接戦でいきました
  終盤まずまず得点はとれていましたが、ウエストブルック、マーティンに次々と得点され
  一気にリードをひろげられます
  サンダー8点リードで1Q終了

2Q セカンドユニット勝負となる序盤ナゲッツの得意とする速攻が何度かでて、2点差まで
  追い上げます
  中盤ウエストブルック、デュラントが出てきてから得点され、少しリードをされます
  終盤パーキンスの連続得点で9点差にひろげられます
  その後ナゲッツのオフェンスが決まりだし、いつものようにペイント内から得点を量産して
  追い上げました
  サンダー1点リードで2Q終了

3Q 序盤サンダーのシュートが決まらず、ナゲッツがガロ、ファリード、クーフォス、ローソンと
  バランスよく得点をとり、8点リードします
  中盤は一進一退でいき、終盤ブリュワー、ローソンの得点で13点差としますがその後
  ターンオーバーなどでなかなか得点できず、ジャクソンに得点され追い上げられました
  ナゲッツ7点リードで3Q終了

4Q 序盤サンダーはデュラントが得点していきますがほかの選手がなかなか続かず、ナゲッツは
  ミラーの得点、アシストから得点していきリードをひろげました
  中盤ナゲッツが3分間無得点があり、6分間で3得点しかとれずという状態でしたが
  サンダーも上手く得点できなかったのでナゲッツが5点リードでいきました
  残り2分ぐらいから、ナゲッツはミラーが連続でジャンプシュートを決め
  サンダーは3ptを狙いますが外れて、残り1分近くでナゲッツ9点リードのところで
  サンダーがファアルゲームをしますが、ミラーがしっかりフリースローを決めて
  リードを保ちました
  ナゲッツ10点リードで勝ちとなりました

DEN 26 39 24 25 114
OKC  34 32 16 22 104

オフェンス
ローソン、ミラーの2人のPGが試合を作ってくれました
とくにミラーの終盤での得点、そしてポストプレーからのアシスト
それに合わせる選手がしっかり動いてタイミングよく、カットしてくるというのが
得点になっていて、ハーフコートで得点できていました
ただそのほかのハーフコートオフェンスがあまり上手く決まらず、イギー、ガロのシュートタッチが
悪かったです
プレイオフに向けてハーフコートで使えるオフェンスを増やしてもらいたいです
単純に一番いいのはガロの1on1で得点をとれるといいと思います
今日はオフェンスリバウンドをファリードを中心にとっていて、フリースローも82%と高確率でした

ディフェンス
前半ウエストブルックに18得点でかなりやられていましたが、後半は7点としっかり抑えたのが
大きな勝因となりました
デュラント含めサンダー全体のシュートタッチがいまいちだったのにも助けられました

連戦でアウェイのサンダー戦でまさかの勝利となり、これで13連勝となりました
アウェイでのサンダー戦は惨敗がいつものパターンだったのでかなりの驚きでした
もしプレイオフで1回戦を勝ち抜けば当たる確率のあるサンダーなので苦手意識を少し
取り除けてよかったと思います
最高で3位でプレイオフという予想をしていましたが、今日の勝利でもしかしたら2位になる
可能性も見えてきました
まだまだ5位になる可能性も十分あるのでとりあえずホームコートアドバンテージとなる
4位以上を保ってもらいたいです

個々の選手について
201303192314836717032-p2.jpg
ローソン サンダー相手はウエストブルック、セフォローシャにマークされて抜けたとしても
     イバカにブロックをくらうというのでなかなか得点できないことが多かったんですが
     今日はブロックもくらわず、高確率で得点できていました
     フリースローは7-7とすべて決めました

イギー ミドル、3ptレンジのシュートはやはり安定感がなく決まる気があまりせずオフェンスでは
    悪かったですが、ディフェンスでウエストブルック相手にしっかりと守れていたと思います
    
ガロ  無理のある3ptがここ数試合多い気がします
    ミドルレンジがあまり得意ではないので3ptを狙うのは分かりますがもう少しいい形で
    狙ってもらいたいです 

ファリード 13得点、15リバウンドでダブルダブルでした
      攻守ともにリバウンドで強さをみせました
      ブルズ戦でよくなかっただけにしっかりと活躍してくれました

クーフォス シュート確率はよくなかったですが、リバウンドはまずまずとれていたので
      よかったです

ミラー 20得点、9アシストと勝利に大きく貢献しました
    4Q終盤でもオフェンスでシュートを決めるところはさすがでした
    ミラーはかなり強気な選手なのでクラッチに強いのと、相手ディフェンスがだれであろうが
    突破していくという意外性は相手にとって脅威になっていると思います
    ただそれがやりすぎてしまいマイナスに働くこともあります

マギー マギーがダンク以外でポストプレーなどで得点してくれるといいんですが
    どうも期待できそうにないです
    オラジュワンに教わったドリームシェイクが少しでもみれればなと思います

チャンドラー 35得点をとった後なので活躍度は低く感じましたが、ベンチからとしては
       十分でした
       怪我の度合いは分かりませんが怪我をしたみたいです

ブリュワー 3ptは決まりませんでしたが、カットしてきてシュートをしっかり決めていました
      チャンドラーが怪我で欠場となるとブリュワーの重要性がかなりましてくるので
      今後のさらなる活躍に期待です

次の試合はホームでシクサーズ戦です
イギーの古巣相手です
開幕戦で負けている相手なのでここで勝って借りを返し
連勝を伸ばしたいです
    

チャンドラー今シーズン2度目の35得点 DENvsCHI

スターター
ナゲッツ     ブルズ
PGローソン   PGロビンソン
SGイギー    SGベリネリ
SFガロ     SFデン
PFファリード  PFブーザー
Cクーフォス   Cノア

ナゲッツはベストメンバー
ブルズはローズ、ハインリック、ギブソンが欠場しました 

1Q ジャンプシュートがほとんど決まらずでしたが、オフェンスリバウンドを
  うまくとって、ペイント内でなんとか得点をとり
  ブルズのターンオーバーにも助けられた形でなんとか接戦になります
  ファリードが序盤に2ファアルで下がりましたが、チャンドラーがうまく
  得点してくれました
  ナゲッツ1点リードで1Q終了

2Q 序盤からアーリーオフェンスで得点できる形となり、チャンドラーの調子がよくて
  3ptも決まりだし、ディフェンスではブルズのシュートがあまり決まらずで
  リバウンドをしっかりとってオフェンスにつなげるということが出来ていました
  終盤オフェンスではペイント内から得点をとれていてかわらずよかったですが
  ディフェンスでネイトに得点される場面が多く出てしまったり、オフェンスリバウンドを
  とられる場面もありました
  ナゲッツ8点リードで2Q終了
  2Qのボールの回り方は素晴らしかったです
  前半決してシュート精度がよかったわけではないんですがナゲッツらしいペイント内で
  得点をとるという確率の高いバスケットが出来ていたと思います
  それだけに二桁リードで終わりたかったところでした
  
3Q 得点の大半が速攻からで、あとは序盤のファリードの得点と、ガロがうまくファアルをもらい
  フリースローを得ていました
  ディフェンスでブルズにジャンプシュートを決められました
  ナゲッツ6点リードで3Q終了

4Q 序盤から得点のとりあいとなり、ナゲッツは速攻からマギーがハワードのスーパーマンダンクの
  様なものすごいダンクを決めたりで
  ブルズはネイトの4ptプレイなどフリースローなどで得点していました
  中盤は両チーム得点が停滞します
  終盤ナゲッツも得点していましたが、それ以上にブルズがベリネリなどの得点で追い上げ
  残り13秒でネイトの同点の3ptが決まります
  その後ナゲッツはローソンがブザービーターを狙いますが外れました
  同点で4Q終了

OT 立ち上がりにブルズが4点先取しますが、その後ローソンの3ptなどで追い上げ逆転します
  残り1分をきりナゲッツが1点負けている状況で、クーフォスがゴールテンディングをとられず
  ティップインを決め逆転します
  その後ノアに得点され、ナゲッツのオフェンスは決まらずで、ファアルゲームとなり
  ネイトが1本フリースローを決めて、残り18秒でブルズが2点リードとなります
  その後ミラーがドライブで仕掛けて苦し紛れに出したパスをイギーが3ptを決め逆転します
  残り7秒からブルズボールで、ベリネリが逆転のミドルシュートを狙い、これをノアが
  ティップして一旦は得点となりましたがリプレイ後ゴールテンディングをとられます
  ベリネリのシュートがリングに届くか届かないか微妙な所でノアがティップしている感じで
  ゴールテンディングの定義がどのようなことなのかよくわかりませんが
  ベリネリのシュートの軌道がエアーボールではなくリングに当たる段階でのティップなので
  ゴールテンディングというのは妥当な判断だと感じましたが、ブルズファンならばゴールテン
  ディングはないだろうということになると思います
  クーフォスの判定、ノアの判定と結果的にナゲッツが助けられた形となりました
  ナゲッツ1点リードで勝ちとなりました  

DEN 21 32 26 26 14 119
CHI 20 25 28 32 13 118

オフェンス
チャンドラーを筆頭にベンチ陣に助けられたオフェンスとなりました
スターターはシュートタッチが悪く、攻め手を失っていた感がありました
いつも通り速攻が出ていて悪いリズムではなかったですが、スターターの出来がいまいちでした
ただOTでのローソン、イギーの3pt、などいいところもありましたがそれまでが悪かったです
いい方に考えればスターターが悪くてもベンチ陣で十分補えるだけの力があるとなりますが
プレイオフではスターターの活躍でリズムを掴みたいので安定した活躍をしてもらいたいです

ディフェンス
全体としてプレッシャーをかけれていたので悪くはなかったと思います
4Q終盤で得点を量産された時のメンバーがローソン、ミラー、イギー、チャンドラー、ガロで
かなりのスモールラインナップで、プレッシャーをかけるディフェンスというのは分かりますが
インサイドでブロックの脅威がないのでどうも上手くいってなかったように感じました
マギーをいれるのは賭けになるのでどうかと思いますが、クーフォスをいれてもよかったと思います

ブルズはけが人が多くて、実質6人で戦っていて終始ナゲッツが主導権を握っていたので
4Qで勝ちをとらなければいけない試合でしたが、OTで判定に助けられての勝利となりました
連戦となる明日のアウェイでのサンダー戦を考えるとOTで負けると連敗が濃厚になるので
そういう意味で大きい勝利となりました
主力のローズ、ハインリック、ギブソンがいないなかでのこの試合でブルズの強さ、粘り
というものを改めて感じる試合でした

個々の選手について
201303182015729574509-p2.jpg
チャンドラー 前回のブルズ戦でも良い活躍をしていましたが、今日も35得点、9リバウンド
       4アシストと素晴らしい活躍でした
       PFとはスピードのミスマッチなのでどんどんドライブしてもらいたいと
       前に書きましたが今日はそれをやっていて上手く得点していました
       空回りすることもありますが積極的にいっていいと思います

イギー 12得点、10リバウンドでダブルダブルでした
    最後の決勝点となる3ptはよかったですが、それまではダンクミスなどがあり
    イギーらしさであるアシストも今日は1つでした
    ディフェンスでのリバウンドはしっかりとれていました
    悪いところはありましたが、フリースローがここの所決まっているので印象としては
    そこまで悪くはなかったです

ガロ フリースローをもらうプレーが出来ていましたが、3本外してしまいました
   怪我前の調子までは上がってないみたいです

ローソン 攻守でネイトに負けた感じでした
     ガロはまだまだみたいなので、ローソンの調子がスターターの出来を決めると思います

ファリード 1Q序盤にファアルトラブルとなり、3Q序盤に得点していましたがそれ以降は
      チャンドラーが好調なこともあってほとんど使ってもらえませんでした
      次に期待です

クーフォス 無理に得点しにいく姿勢はあまりよくなかったですが、リバウンドをとれていたので
      よかったと思います

ミラー 8得点、13アシストで活躍してくれました
    リバウンドでも6でオフェンスリバウンド3とよかったです 

マギー ハワードがスラムダンクコンテストで決めたスーパーマンダンクにちかいものを決めました
    謎のフックシュートはありましたがまずまずよかったと思います

ブリュワー オフェンスでいちはやくコートを走っていて、ファストブレイクをしてくれました
      
次の試合はアウェイでサンダー戦です
OT後の連戦、アウェイでサンダー戦という厳しい条件です
負けるとしても完敗ではなく、最低でも4Qまで楽しめる試合を期待したいです

ディフェンスで奮闘して大きな1勝獲得 DENvsMEM 

スターター
ナゲッツ      グリズリーズ
PGローソン    PGコンリー
SGイギー     SGアレン
SFガロ      SFプリンス
PFファリード   PFランドルフ
Cクーフォス    Cガソル

両チームベストメンバーでした

1Q ファリードがガソル、クーフォスがランドルフをディフェンスにしていました
  得意のアーリーオフェンスがなかなか出せず、ハーフコートでのオフェンスを強いられて
  なかなか得点できず、ディフェンスで奮闘していたので接戦となりました
  リバウンドで両チームがとりあう形で、ディフェンスでの勝負だったので完全に
  グリズリーズペースの1Qでしたがうまくリードすることができました
  ナゲッツ5点リードで1Q終了

2Q オフェンスではクーフォスのオフェンスリバウンドなどからの得点していきますが
  ディフェンスでミラーがボールをみているのでマークマンを見失ったりスイッチに
  気づかなかったりなどでフリーになってしまい得点され追い上げられます
  その後ミラーの巧みな得点、ファリードのオフェンスリバウンドなどからの得点で
  9点リードします
  その後ガソルの得点、ランドルフのオフェンスリバウンドからの得点で追い上げられました
  ナゲッツ1点リードで2Q終了
  ナゲッツのペースではなかった前半でしたが、終盤9点リードしたところからあっさり
  1点差まで追い上げられたのは残念でした
  オフェンスリバウンドの数は同じくらいですが、オフェンスリバウンドに数えられないもので
  ディフェンスリバウンドをとりきれずアウトオブバウンズになったとこがありました

3Q 序盤ターンオーバーを続出して、そのうちの一つがファリードのオフェンスファアルで
  4ファアルとなりファアルトラブルで交代します
  ターンオーバーを続出している間グリズリーズに得点され6点リードされます
  4分無得点後ようやくチャンドラーが得点します
  その後もグリズリーズのディフェンスに苦しみ得点できず、ディフェンスで頑張っていたので
  6点差でいきます
  その後もチャンドラーが速攻でミスを連続したりと上手くいかず、いいディフェンスをするも
  オフェンスリバウンドをとられと、主導権が完全にグリズリーズにいきました
  グリズリーズ8点リードで3Q終了
  グリズリーズの完璧に近いディフェンスとナゲッツの焦りが出てしまい、3Qは10点という散々な
  結果に終わりました
  
4Q 序盤にブリュワーが5点をとり、ファリードが攻守でエネルギー溢れるプレーをみせて
  1点差まで追い上げます 
  その後ファリードが5ファアルとなってしまいベンチに下がります
  ファリードが下がったことで主導権を握られるかと思いましたが今日の試合初の3ptをガロが
  決めて逆転して、クーフォスが攻守で活躍してブリュワーのミドルシュートが決まり
  5点リードします
  コンリーの3ptなどで同点に追いつかれ、その後はフリースローなどで両チーム得点をとり
  一進一退でいきます
  残り2分をきってイギーのナイスパスからクーフォスが得点して4点リードします
  その後ベイレスにフリースロー2本を決められ2点リードとなります
  ガロがランドルフの1on1で見事にジャンプシュートを決めて4点リード、さらにコンリーの
  ターンオーバーからイギーがダンクを決めて6点リードとなります
  その後はディフェンスでチャンドラー、ブリュワーなどのストッパーを出場させ
  いいディフェンスをして得点されずでした
  ナゲッツ7点リードで勝ちとなりました  

MEM 18 29 19 14 80
DEN  23 25 10 29 87

オフェンス
ナゲッツのオフェンスが悪かったというより、グリズリーズのディフェンスがすごかった
感じで、3Qなんかはほとんどまともにシュートがうてず、結果的に得意とする速攻も
上手く守られたのと焦ったのがあって思うような得点ができませんでした
4Q上手くいった要因は明確にはわかりませんが速いペースでできたことと
グリズリーズのディフェンスが3Qより対応が悪く崩れていたことだと思います
ガロは4Qよかったですがそれまでだめで、チャンドラーもよくなかったんですが
せっかくPFのところでスピードのミスマッチが起こっているので厳しいオフェンスになっている
ときはガロ、チャンドラーのところに預けてドライブを仕掛けてもらいたいです

ディフェンス
オフェンスリバウンド20と散々とられましたが、リバウンド以外に関しては
しっかりとディフェンスできていてよかったと思います
4Qのインサイドでのファリードのディフェンス、そしてクーフォスのリバウンドは
勝利に結びついたと思います
あと残り1分をきっての守備布陣、ブリュワー、イギー、ガロ、チャンドラー、クーフォスの
布陣は今後も重要なところで使ってもらいたいです
ブリュワーのところをローソン、クーフォスのところをファリードなどあると思います

3Qの展開をみて終わったと思いましたが、ブリュワー、ファリードの頑張りで主導権を握り
クーフォス、イギー、ガロなどが勝利を掴む活躍をみせてくれました
全員が一体となってリズムを掴んでくれました
珍しくディフェンスで奮闘をみせての勝利で、こういうディフェンス勝負の戦いでも
勝てるならばプレイオフも期待できるかもと思える試合となりました

ナゲッツが一試合を通してほとんどファストブレイクが出なかったのは久しぶりで
グリズリーズの堅守が凄かったということだと思います
グリズリーズの対戦成績は3勝1敗と勝ち越し、同率の場合はナゲッツが上の順位となるので
今日の勝利はかなり大きいものです
ナゲッツはよほどのことがない限り6位以下にはならないし、1,2位も無理なので3~5位となります
ホームコートアドバンテージを4位でとってもグリズリーズかクリッパーズなので出来れば
3位といいたいんですが、3位でもウォリアーズ、もしくはようやく力を出してきたレイカーズが
考えられるので、どうしようがプレイオフは厳しいことにはなりそうです
今日のようなディフェンスで勝てることを増やしていくことがプレイオフを勝ち抜くことだと
思います

個々の選手について
201303152116765815027-p2.jpg
ガロ  3Qまではタフショットが多くいまいちでしたが、4Q逆転の3pt、クラッチでの
    ミドルシュートを決めるなどで大事な所でしっかりと決めてくれました
    
イギー 8得点、7アシスト、7リバウンドと攻守で活躍してくれました
    タイミングのいいパスが多く、いつもはターンオーバーが多くなるんですが
    今日は0で効率のいいオフェンスを展開してくれました

ローソン シュートが決まらずいまいちな出来でした
     ディフェンスではスクリーンを上手くかわしいいディフェンスをしていましたが
     4Q終盤のベイレスへのファアルは必要なかったです

ファリード 今日もファアルトラブルに苦しみましたが、短時間のなかでファリードらしいエネルギー
      溢れるプレーがみられました
      8得点、4リバウンド、4ブロックとスタッツにはない部分での活躍がありました
      ファアルトラブルを避けてほしいと何度も書いてきましたが
      ファリードのよさが消えてしまう部分もあるので思いきったプレーでファアルに
      なったら仕方ないのかもしれません
      ただすこしづつその制御をしてもらいたいです
      
クーフォス 18得点、16リバウンド、3ブロックと大活躍でした
      オフェンスでは合わせのプレーのタイミングでしっかり決めていて
      オフェンスリバウンドでの得点もしっかり決めていました
      ディフェンスでは5ファアルにはなりましたがタフにつけていて、リバウンドも
      とれていました
      地味であまり活躍しないが安定感はあるというのがクーフォスのイメージなんですが
      ここ数試合は攻守ですばらしい活躍をみせてくれています
      まだベンチを温める存在で活躍していなかったころに3年契約を結んだナゲッツ
      フロントは素晴らしい仕事をしてくれたと思います

ミラー オフェンスでの活躍はよかったですが、ディフェンスでフリーにしてしまう場面があり
    ました。ボールを持っていない選手につくときもう少し気を付けてもらいたいです

マギー ランドルフにリバウンドで完敗していました
    クーフォスの活躍があるので、余計にマギーの荒さが目立ちます
    1000万ドルの選手として11分の出場では物足りなさすぎます

チャンドラー ディフェンスではいつも通りタフについていましたが
       オフェンスで空回りしたのかターンオーバー、シュートミスが多かったです
 
ブリュワー 3Qまではよくなかったんですが、4Q主導権をナゲッツに持ってきてくれました
      フリースロー5-5とよかったです

次の試合はアウェイでブルズ戦です
11連勝でいい状態でアウェイで強豪相手にどこまで出来るかが注目です


メロ 移籍後デンバーでの初試合 DENvsNYK

スターター
ナゲッツ     ニックス
PGローソン   PGフェルトン
SGイギー    SGシャンパート
SFガロ     SFホワイト
PFファリード  PFメロ 
Cクーフォス   Cチャンドラー

ナゲッツはベストメンバー
ニックスはスターダマイアーが欠場。

1Q メロが持つたびにブーイングが起こってましたが、悪意的なブーイングというよりは
  好意的なものだったように感じました。自分にはですが^^
  いつも1Qはそこまで速い展開ができない印象のナゲッツですが
  今日はショットクロックをほとんど使わず、効率よく得点を重ねていく。
  ニックスのシュートが外れていたこともあり、ナゲッツ5点リードで1Q終了
  そういえば、JRもブーイングされていました。
  JRの移籍の仕方はそこまで悪かったわけではなかったので意外。

2Q マギーの豪快なプットバックダンクを皮切りに、1良いディフェンスからの
  速攻が出まくり、一気に20点リード。
  チャンドラーの突進から得点するのがかなり印象的でした。
  終盤タイソンチャンドラーが怪我をしたようでロッカーに下がりその後出場せず。
  ナゲッツ22点リードで2Q終了
 
  ナゲッツらしい効率のいい速攻での得点、ペイント内での得点が数多く決まりました。
  オフェンスリバウンドをほとんど獲らせずしっかりと確保したことによって速攻がでましたね。
  ニックスの試合ではチャンドラーがタップしてオフェンスリバウンドをとるという場面が
  かなりあるので、それをさせませんでした。
  オフェンスリバウンドもファリードがよく動き、チャンドラー相手にリバウンドをとっていました。
  ハーフコートのディフェンスもいつもより、シュートチェックがかなりはやく、
  ファアルもほとんどせずほぼ守れていました。

3Q ニックスはチャンドラーにかわりマーティンを出場させ、得点をとるためホワイトに代えて
  JRを出場させてスタート。
  序盤イギー、ローソンの3ptが決まり26点リードとしたところで
  メロが怪我なのか?ロッカーに下がりその後出場せず・・・。
  その後、リードを30点にひろげるまでいきましたが、シャンパート、スミスに3ptを
  立て続けに決められ20点差まで追い上げられます。
  しかし、チャンドラーの得点で再びリードをひろげ、ナゲッツ28点リードで3Q終了
   
4Q ハミルトンがスタートから出場し、その後モズコフ、フルニエ、ランドルフと出場。
  ガベージタイムとなりました。
  ナゲッツファンからWhere is Meloのコールが・・・
  ナゲッツ23点リードで勝利。
    
NYK 26 16 27 25 94
DEN 31 33 33 20 117

オフェンス
前半のオフェンスはジャンプシュートは決まりませんでしたが
ナゲッツの理想とする速攻を連発。チャンドラーがディフェンスがいても
無理やりでも、仕掛けて得点をとっていたのがかなり効いていた気がします。
後半はどちらかというとジャンプシュートが中心となり、ハーフコートの展開でした。

ディフェンス
シュートチェックもしっかりできていて、リバウンドもとれてました。
オフェンスにつながるディフェンスが出来ていました。


メロ、チャンドラーが途中で抜けましたが、ロッカーに下がる前で既に20点リードしていたので
2人が抜けたからどうこうという試合ではなかったかな・・・失速のナゲッツでもあるのでわかりませんが・・・。
とにかく、終始(ガベージタイム以外は)、ナゲッツらしい速攻が出まくりの
ナゲッツファンにとっては楽しい試合でした^^
怪我のため途中で下がり17分の出場だったとはいえ、チャンドラーに
オフェンスリバウンドをあたえず、ディフェンスリバウンドをしっかりと確保できたのが
ナゲッツペースに持っていけた一つの要因だと思います。

個人的に注目したメロvsガロ。
結果はどちらもあまりいいパフォーマンスが出来ず・・・
メロは膝の状態がいまいちよくなさそうでした。しっかり治してプレーオフに臨んでもらいたい。
メロに対するブーイングやコールはナゲッツファンが楽しんでやっているように感じました(自分は)
あと、元ナゲッツ選手でいうと、キャンビーのプレーはみられませんでしたが、
スミス、マーティン、フェルトンが観れてよかったです。
マーティンの存在感がかなり衰えてきているように感じるのは残念というか寂しい感じがしました・・・。

チャンドラーを怪我させてしまった形になったブリュワーですが、元マブスで優勝を経験している
同士なのでプレーをみてもわかりますが悪意はなかったと思います。軽傷を祈る。

ナゲッツはこれで10連勝。
上位陣が負けないので10連勝した割には、ほとんど差が縮まってない・・・。
この調子で勝ち続けるしかない。

個々の選手について
201303132342853269471-p2.jpg
チャンドラー 積極的に仕掛けてしっかりと得点。
       ベンチから24得点、ディフェンスでも貢献してくれるので、頼もしい存在です  

イギー 14得点、6アシスト、6リバウンドと攻守でオールラウンドに貢献する
     イギーらしい活躍ぶりでした

ガロ  速いタイミングで3ptを狙い、これがことごとく外れていました
    オフェンスではいまいちでしたが、ディフェンスで頑張っていたので印象は悪くないです

ローソン オフェンスで得点よりはアシストという感じでした。
      ただ要所で3ptをきっちり決めました
     
ファリード 11得点、10リバウンド。24分という短い出場時間でしたがダブルダブル。
      攻守でリバウンドに飛び込みもぎとるという、ファリードらしさ全開でした。
      オフェンスリバウンド後しっかり得点できるともっとよかったですね。

クーフォス リバウンドをしっかりとって、ディフェンスもよかったです

ミラー 安定したプレーをしていました。

マギー 11分という出場時間でしたが8得点8リバウンドを記録。
    豪快なダンクなどいい部分もありましたが、謎の1on1が何度かありました^^
    もう少しプレーさせてもらいたいんですが、どうも出場時間が増えません。
    おそらく1on1で入る気がしないのに、仕掛けていく意味不明な部分と
    スタミナというのがあるんだと思います。
    そして今日は点差があったので怪我のこともあったのかもしれません

ブリュワー チャンドラーに比べると印象はおちますが攻守でまずまずの活躍でした

ハミルトン いいドライブからレイアップを決めました

モズコフ ダンクで得点。

フルニエ 3pt決める。ディフェンスではファアルに気をつけてもらいたい。

ランドルフ ダンクで得点。

次の試合はホームでグリズリーズ戦。
上位陣がほとんど負けてくれないので、この直接対決で勝ち
ホームコートアドバンテージ獲得に前進してもらいたいです。
グリズリーズとの対戦成績は2勝1敗でナゲッツがリードしていて
現状、同率になると直接対決で勝っているナゲッツが上の順位になるはず・・・
ということなので、ここで負けると同じになるのでそういう意味でも勝っておきたいです。

9連勝 DENvsPHO

スターター
ナゲッツ      サンズ
PGローソン    PGドラギッチ
SGイギー     SGジョンソン
SFガロ      SFマーカスモリス  
PFファリード   PFマーキーフモリス
Cクーフォス    Cスコラ

ナゲッツはベストメンバ
サンズはゴータット、オニールが欠場しました

1Q 6分で13得点で、クーフォスが全得点となる13点とるということで
  クーフォスは活躍しましたがナゲッツらしい形とはいえず、その後もなかなか得点できず
  ディフェンスでマーカスモリスに得点されるなどでサンズペースで試合が展開していき
  終盤なんとか追い上げましたが悪い出来でした
  サンズ1点リードで1Q終了

2Q 序盤サンズのターンオーバーからナゲッツが速攻を決めて5点リードしますが
  その後ナゲッツがターンオーバーをしたり、オフェンスリバウンドをとられたりするなどで
  サンズボールが続き、ダドリー、ビーズリーなどの得点で7点リードされます
  その後ファリードの豪快なアリウープでリズムをかえて、1Q存在感の薄かったローソンが
  積極的に得点をとりにいき、なんとか逆転しますが主導権を握るところまではいきませんでした
  ナゲッツ3点リードで2Q終了
  オフェンスでは得点をとらなければならない選手があまりとれず、ディフェンスではオフェンス
  リバウンドをとられたり、ボールが手につかずサンズボールとなったりなど、前半は攻守で
  かなり出来が悪かったです
  あとクーフォスを戻すタイミングも遅かった気がします

3Q 序盤攻守でリズムがまずまずよくなりファリードの得点などで9点リードとします
  中盤以降はダドリーに2本連続の3ptを決められるなどで4点差とされることもありましたが
  ブリュワー、ローソンが得点をとりリードをひろげました
  ナゲッツ6点リードで3Q終了

4Q 中盤まで両チーム得点がなかなかとれませんでしたが、ナゲッツがマギーの豪快な
  アリウープでリズムを掴み、そこからローソン、イギー、クーフォスなどが得点を
  とっていきリードをひろげていきました
  ナゲッツ15点リードで勝ちとなりました 

DEN 25 28 27 28 108
PHO 26 24 24 19 93

オフェンス
ほとんどの得点がペイントエリア内という今のナゲッツを象徴とするような得点の取り方でした
クーフォスが得点に絡むと前半はあまりよくかったんですが、後半はファリード、クーフォス
ローソンと上手く得点できていたように感じます
ここまであまり見たことがなかったクーフォスのピック&ロールでピック直後ローソンが
バウンズパスをクーフォスにすぐに出してというオフェンスをしていました
それが今回は上手くいっていたので今後も上手くいくようであればハーフコートでのオフェンスの
幅がひろがりそうです
ローソンは後半得点をとりましたが、イギー、ガロがほとんど得点できない中で
今日のようにクーフォス、ファリードを上手く使っていく方法がある程度使えると今後も
いいと思います
ただサンズはセンターのゴータット、オニールが欠場している状態だったので
決まっただけの感もあるので今後どうなっていくかです

ディフェンス
前半はオフェンスリバウンドをとられたりなどで上手くいっていない感がありましたが
後半はリバウンドをまずまずとれていて、ディフェンスのプレッシャーもよかったと思います

後半に立て直すというナゲッツらしい試合展開で最後は安心して見られました
クーフォスの活躍が勝利に大きかったと思いますがリズムをかえたのは
ファリード、マギーの豪快なアリウープだったような気がします
あれでナゲッツにエンジンがかかってその後上手くいっていたように感じます
あと3Qかなりよかったファリードを4Qは全く出場させなかったのは疑問です
ガロの調子もよくなかったのでファリードを出してもよかったような気がします
もしかしたら怪我をしたのかと思いますがその様子はなかったと思うのでよくわかりません
とりあえずアウェイでしっかり勝って9連勝としたのでよかったと思います

個々の選手について
201303112131774633754-p2.jpg
クーフォス 22得点10リバウンドと一流選手のダブルダブルをしました
      マッチアップがスコラだったのであまりブロックを気にせずしっかり得点できて
      いました
      ここの所しっかりしていますが今後も本格的なセンター相手にも冷静に得点を
      してもらいたいです

イギー オフェンスでは得点ではなく、7アシストとアシストで貢献していました
    ディフェンスは前半はイギーらしさはあまりなかったんですが後半はよかったです
 
ガロ  フリーのシュート、タフショット、レイアップといろいろありましたがどれもほとんど
    決まらず出来は悪かったです

ローソン 前半の出来は悪かったですが、後半速攻でのレイアップなどで得点していました
     ミドルシュートをあまりうっていなかったのでいつもよりは得点は伸びませんでしたが
     まずまずよかったと思います

ファリード 前半は豪快なアリウープだけでそれ以外はあまり目立ちませんでしたが
      3Qの出来はかなりよかっただけに4Q出場させてもらいたかったです
      10得点9リバウンドということだったので尚更思いました

ミラー まずまずの出来でした

マギー アリウープはよかったですが、ハダディ相手に攻守で苦労しているように感じました
    ボックスアウトはしっかりやっていたんですが関係ないところでやりすぎて
    ファアルをとられたりともう少し臨機応変に対応してもらいたかったです

チャンドラー 11得点、6リバウンドと大活躍といきませんでしたがしっかりとベンチから
       攻守で活躍してくれました

ブリュワー 積極的すぎる感じはしましたが、最近あまり決めていなかった3ptを決めていて
      20得点だったのでよかったと思います

次の試合はホームでニックス戦です
怪我で欠場していたメロが今日の試合で復帰したので
ついにメロ移籍後初のデンバーでの試合となります
個人的にはメロはいまだに応援している選手なのですが会場はどうなるでしょうか
ナゲッツ、ニックスともに上手くいっているので今考えれば
いいトレードだったと思います
ナゲッツファンはメロを応援していると思いますが、歓声で迎えるというのはなんかへんなので
ブーイングであったとしてもいい意味のブーイングになると思います
あとJRスミスも移籍後初ということになりますが、今日の試合でフレグラントファアルで退場
しているので出場停止がなければということになります
スミスは歓声で迎えられると思います
さらにマーティン、フェルトン、キャンビーとナゲッツでプレーした選手が数多くいる
ニックス戦は今から楽しみです

ローソンの32得点の活躍で8連勝 DENvsMIN

スターター
ナゲッツ      ウルブス
PGローソン    PGルビオ
SGイギー     SGリドナー
SFガロ      SFジルボル
PFファリード   PFウィリアムス
Cクーフォス    Cスティームズマ

ナゲッツはベストメンバー
ウルブスはラブ、ペコビッチ、キリレンコ、ロイが欠場しました

1Q 確率よくアウトサイドのシュートが決まってはいましたが、得意の速攻はウルブスが
  ターンオーバーをしないし、シュートをしっかり決めていたのでなかなか出せず
  ペイント内で得点できない状況となりナゲッツらしさはあまり出せず、ウルブスの
  オフェンスがフリースロー以外はしっかり決まっていたのであまりリードできませんでした
  ナゲッツ3点リードで1Q終了  

2Q オフェンスでは速攻が出せるようになり、得点していきますがターンオーバーなどで
  なかなか勢いには乗れず、ディフェンスでは悪くはないんですがウルブスのオフェンスを
  止められず、終盤ナゲッツが7点リードしましたがその後ウルブスに追い上げられました
  ナゲッツ1点リードで2Q終了
  攻守で悪くなかったできでしたがリードをできませんでした
  原因としてはウルブスのオフェンスがしっかり機能していて、得点されたことです
  ナゲッツのディフェンスは悪くはなかったですが要所で決められていました
  あとオフェンスでターンオーバー10というのも多いかなと思います 
 
3Q 立ち上がりウルブスに得点され逆転されましたが、それ以降は3ptや速攻からの得点が
  決まり、リードをひろげていくという展開でした
  ウルブスのターンオーバーを誘い、オフェンスがいつも通りに速攻が出せたことが
  リードをひろげるということになりました
  ナゲッツ13点リードで3Q終了
  3Qは両チームともに厳しい笛を吹かれていて、テクニカルファアルがかなりありました
  カールHCが激昂していました

4Q ブリュワー、ローソンが得点をとり、20点ぐらいのリードとなりガベージタイムとなりました
  ナゲッツ23点リードで勝ちとなりました

MIN 24 25 21 18 88
DEN 27 23 33 28 111

オフェンス
前半は速攻があまり出せず得点のリズムがナゲッツらしくなかったんですが
後半は速攻も出て、今日は全体的にアウトサイドのシュートタッチがよかったので
良いオフェンスが出来ていたと思います
3pt、フリースローの確率と珍しくどちらもよかったです
次が心配です

ディフェンス
ウルブスの得点源であるラブ、ペコビッチがいないなかで前半はやられてしまいました
ナゲッツのディフェンスが悪かったわけではなく、ウルブスが良かったという方がいいと思います
後半は上手くスティール、ターンオーバーを誘い、ウルブスのシュートタッチもよくなかったので
得点はあまりされませんでした
後半のイギーのディフェンスはすばらしく、しっかりボールをはたきスティールしていました

主力の怪我人が多いウルブス相手とはいえ、相性的にはあまりよくないと思っていたので
しっかりと勝ててよかったです

個々の選手について
201303092107760368291-p2.jpg
ローソン 32得点と得点面でオフェンスを引っ張りました
     アシスト3、ターンオーバー4は残念ですが32得点とれば十分です
     シュートタッチがよく、自信をもってミドルシュートをうてている感じです
     ここにきてローソンがかなりの成長を見せているように感じます 

イギー オフェンスはシュートタッチが悪くいまいちでしたが、ディフェンスで4つのスティール
    3つのブロックとかなりの貢献をしていました

ガロ  得点面では11点でしたが、6アシストとアシストが多かったです
    得点面で期待していますが、ガロはパスのセンスもかなりあるのでこういう貢献の 
    仕方もいいと思います

ファリード 4得点、11リバウンドと4試合連続ダブルダブルはなりませんでした
      得点がとれないときでもリバウンドでしっかり貢献してくれればいいと思います

クーフォス クーフォスが入った時はなんとなくディフェンスがいいような気がします
      リバウンドもしっかりとれているし、フックシュートも決めています

ミラー いいアシストが多く、得点もしっかりとっていました 

マギー 良いときは攻守ともにいいんですが悪くなるとなんとなくみていてダメだなとわかります
    もう少し冷静にプレーしてもらいたいです

チャンドラー 珍しくファアルトラブルになっていました
       厳しい笛を吹かれていた部分もあるので仕方ないと思います
       
ブリュワー 3ptはいまだ不調を継続中ですが、速攻でいちはやくコートを走っているし
      レイアップの精度は高い、ミドルシュートもまずまず決まっているので
      いいと思います

次の試合はアウェイでサンズ戦です
苦手なアウェイですが、上位陣が負けてくれないので
なんとか勝っておきたいところです


後半の猛攻で7連勝 DENvsLAC

スターター
ナゲッツ     クリッパーズ
PGローソン   PGポール
SGイギー    SGビラップス
SFガロ     SFバトラー
PFファリード  PFグリフィン
Cクーフォス   Cジョーダン

ナゲッツはベストメンバー
クリッパーズはクロフォードが欠場しました

1Q 序盤ファリードがオフェンスではフックショット、レイアップと得点して、ディフェンスでは
  ブロック、リバウンドと攻守で活躍してナゲッツがリードします
  中盤ガロの3pt、クーフォスの豪快なダンクで8点リードしますが、その後バーンズなどの得点で
  追い上げられました
  終盤3-2のゾーンディフェンスをされて、フリーで3ptを狙いますが外れてしまいオフェンスの 
  ペースが乱れましたが、ディフェンスでなんとかもちこたえました
  ナゲッツ2点リードで1Q終了

2Q 序盤ミラーのジャンプシュートで得点をとっていましたが、クリッパーズのオフェンスを
  止められず、次々に得点され逆転されます
  中盤またも3-2のゾーンをしかれますが今度は上手くペイント内で得点しますが
  クリッパーズの得点をなかなか止められずリードは変わらないままいきます
  終盤チャンドラーの豪快なダンク、3ptが決まり逆転しますが、その後バーンズに得点される
  などで逆転されます
  その後一進一退でいきました
  同点で2Q終了
  前半はあまり速攻も出せず、ハーフコートでは3-2のゾーンをやられるなどでオフェンスで
  苦労していたように感じました
  ナゲッツペースというよりはクリッパーズペースだったので同点で終われたのは
  よかったと思います
  
3Q 序盤得点のとりあいとなり、クリッパーズは前半得点があまりなかったグリフィンがファリードを
  圧倒して次々と得点を決めていき、ナゲッツはローソンの2本の3pt、クーフォスの得点などを
  していきました
  中盤イギー、ガロの3ptが決まり、さらにガロのアリウープが決まるなどで13点リードします
  終盤ガロのダンクで15点リードしますが、その後ポールにオフェンスを組み立てられたのと
  マギーが攻守でぎこちない動きを連発して追い上げられました
  ナゲッツ10点リードで3Q終了

4Q 序盤ナゲッツはなかなか得点できませんず、クリッパーズがポールの得点で追い上げます
  中盤クリッパーズの得点があまり決まらず、ナゲッツがファリードの得点などでリードを
  ひろげます
  終盤ローソンの得点でリードを維持しました
  ナゲッツ15点リードで勝ちとなりました

LAC 25 24 26 17 92
DEN 27 22 36 22 107

オフェンス
前半は悪くはなかったんですがどうもナゲッツのリズムではありませんでしたが
後半3ptがよく決まり、速攻もまずまず出せてペイント内でも得点できていたので
後半とくに3Qは最高の出来でした
3-2のゾーンに前半は苦戦していましたが、後半は落ち着いて対応できていたと思います
今日のように3ptの確率がよくて、フリースローの確率がいいとかなりの確率で勝てると
思うので、そういう意味でどちらも得意なガロが復調したのは本当に大きいと感じました

ディフェンス
3Q序盤グリフィンにファリードがやられ続けたとことと、バーンズのカットなどに対応できて
いなかったのは気になりましたが、それ以外はよかったと思います
クリッパーズが得点源のクロフォードがいない状況なので助かったという面もありました

クロフォードがいない状態で連戦のクリッパーズ、そしてナゲッツのホームというナゲッツ有利な
状況でしたが、かなり苦戦すると予想していただけに攻守で素晴らしいプレーでした
今日はスターター、ベンチ陣がバランスよく得点していたのでそれもよかったです

個々の選手について
201303072238815351770-p2.jpg
ローソン 21得点、11アシスト、6リバウンド、そしてターンオーバー0というすごい活躍でした
     前半はいまいちでしたが、後半で得点、アシストと見事でした
     ポール、ビラップスという相手にこれだけ出来たことは今後大きいと思います

イギー 14得点、7アシストと十分の出来で、ディフェンスでもポール相手にいいディフェンスを
    していました

ガロ  20得点とキングス戦と同じくいいシュートタッチで得点して、ディフェンスでも
    誰とマッチアップしてもいいディフェンスをしてくれました
    攻守ともにかなりいい出来になってきたので今後も期待したいです

ファリード 12得点、10リバウンドで3試合連続ダブルダブルです
      3Q序盤グリフィンにやられましたが、全体としてみるとリバウンド、ブロックと
      活躍していて、成績に比べて内容がよかったです

クーフォス 豪快なダンク、柔らかいシュートで上手く得点をとっていて
      ディフェンスでもよかったです

ミラー 前半の厳しい時間帯に得点をとってくれました

マギー 強烈なブロックがありましたが、攻守でじたばたしていて、リバウンドがとれずなど
    悪かったです

チャンドラー 12得点、5アシスト、4リバウンドと攻守で活躍してくれました
       豪快なダンクが印象的でした

ブリュワー 12得点といい活躍でしたが、最近攻守で印象が薄くなっている気がします

次の試合はホームでウルブス戦です
ナゲッツのホーム3敗のうちの一つがウルブスでその時は
バレアにやられたので注意してもらいたいです
  

ガロ復調で6連勝 DENvsSAC

スターター
ナゲッツ      キングス
PGローソン    PGトーマス
SGイギー     SGエバンス
SFガロ      SFサーモンズ 
PFファリード   PFトンプソン
Cクーフォス    Cカズンス

両チームベストメンバーでした

試合経過を今回は簡単に書きます

ほとんどリードして主導権を握った展開で試合を進めていたナゲッツですが
連戦もあってか攻守でいつものキレがなくリードを引き離せず、安全圏にまでなかなか
いかず4Q終盤まで勝敗が分からない展開となりました
最終的にミラーが重要な場面で得点したり、ガロがシュートを決めたりでなんとか勝ちました

DEN 24 26 36 34 120
SAC 22 28 29 34 113

オフェンス
ここ数試合はベンチメンバーに得点を頼ることがありましたが、今日はガロの復調もあり
スターターが得点をとってくれました
120点とれていますがいつもの速攻はあまり見られず、最近よかったフリースローが
ローソンが6本外すなどもあり確率が低く、点数よりは印象が悪かったオフェンスでした

ディフェンス
ピック&ロールでミドル、3ptレンジがフリーになって決められるなどがありました
外れたのもオフェンスリバウンドでとられる場面が多く、安易なファアルでフリースローと
なっていたところもよくなかったです

内容はよくなかったですが、アウェイで連勝を6に伸ばせたことはよかったです
ガロの復調もよかったです

個々の選手について
201303052157790775724-p2.jpg
ファリード 19得点12リバウンドで2試合連続ダブルダブルとなりましたが
      今日の試合も3Qの序盤に4つ目のファアルとなり、ファアルトラブルになってしまいました
      調子がいい時は出来るだけ気をつけてもらいたいです

イギー 得点面ではいまいちでしたがアシストが7とオフェンスではまずまずでした
    ディフェンスで5スティールで、1on1のディフェンスでもいいプレッシャーをかけれて
    いたのでよかったです 

ガロ  3ptを5本決めて、ミドルシュートも決めてさらにフリースローももらえていたので
    今日の出来を見る限りは調子がよかったです
    このまま調子をあげていってもらいたいです

ローソン シュートはまずまず決まっていて、24得点、アシストも7とよかったんですが
     フリースローのスランプに陥り、6本外してしまいました
     
クーフォス 15得点、8リバウンドでオフェンスではリバウンドから得点につなげ
      ディフェンスではカズンス相手にタフについていました

ミラー 4Q重要な場面で次々と得点をとってくれました
    
マギー リバウンドがあまりとれませんでしたが、攻守でまずまずの活躍だったと思います
    もう一段階レベルを上げてもらいたいです

チャンドラー オフェンスは散々な出来でしたが、ディフェンスで貢献してくれているので
       悪い印象はなかったです

ブリュワー 無茶なシュートがなかったですが、その分印象があまりなかったです
      ディフェンスでもプレッシャーをかけすぎてファアルとなる場面がありました
      
次の試合はホームでクリッパーズ戦です
現在ホームでは11連勝らしいので、そろそろ負けるころだと思いますが
なんとか連勝を伸ばしてもらいたいです 

内容はいまいちも5連勝 DENvsATL

スターター
ナゲッツ      ホークス
PGローソン    PGティーグ
SGイギー     SGジョーンズ
SFガロ      SFトリバー
PFファリード   PFスミス
Cクーフォス    Cホーフォード

ナゲッツはベストメンバー
ホークスはウィリアムス、コーバー、スティーブンソン、パチュリアが欠場しました

前半
オフェンスは1Qはハーフコートで上手く得点をとっていて、2Qはアーリーオフェンスで
得点をとっていき、確率よく得点をとれていてよかったと思います
ディフェンスは速攻でやられる場面はありましたが、ハーフコートではホークスの3ptの
確率があまりよくなかったこともあって結果的に上手くディフェンス出来ていたと思います
ナゲッツ8点リードで前半終了
ホークスは欠場者が多くて、あまりオフェンスがうまくいかず、主導権はナゲッツが握っていて
最大16点リードまでいっただけに8点リードは物足りない前半でした
マギーが攻守ともに存在感をみせていました

3Q ターンオーバーの連続で4点差まで追い上げられます
  中盤ホークスのターンオーバーを速攻につなげローソンなどの得点で10点リードにひろげます
  終盤ターンオーバーが出てしまい4点差まで追い上げられますが、その後ミラー、ブリュワーの
  得点で再びリードをひろげました
  ナゲッツ8点リードで3Q終了

4Q 序盤いいディフェンスでホークスのターンオーバーを誘い、速攻で得点をとり、リードを
  13点にひろげました
  中盤もブリュワーなどの得点でリードをひろげ、終盤はガベージタイムとなりました
  ナゲッツ16点リードで勝ちとなりました

ATL 27 23 23 15 88
DEN 28 30 23 23 104

オフェンス
オフェンスファアルなどのターンオーバーが多く決していいとは言えない出来でしたが
速攻を多く出せていた部分はよかったです
今日の試合もスターターより、ベンチメンバーのほうが機能しているように見えました

ディフェンス
88点というナゲッツにしてはかなり失点が少なかったですが、4Q以外のディフェンスは
あまりいいとはいえず、ホークスのメンバーがベストならもっと得点されていたと思います
オフェンス同様、ディフェンスもベンチメンバーが入った時の方が安定していたと思います

ホークスは連戦ということもあってなのかレイカーズ戦で出場していたメンバーが3人休んで
いたので、4Qはよかったですがもう少し速い段階でリードをひろげてもらいたかったです
ガロがまだ本調子の様には見えず、ファリードは状況判断があまりできておらずというなかで
スターターが攻守でかなり苦しんでいるように思います
前にも書きましたが、ガロが本調子に戻るまでチャンドラーをスターターとして使っても
いいのかなと思います
勝ちはしましたが、サンダー戦と同じくベンチの活躍が大きかったので、次はスターターが
中心になった勝ちを見せてもらいたいです

個々の選手について
201303042100756133223-p2.jpg
イギー 12得点、6アシスト、6リバウンドでイギーらしい活躍は見せてくれました
    ガロが本調子ではないのでもう少し得点面で貢献してもらいたいです

ガロ  シュートタッチはいいんですが、ドリブルからファアルをもらうことができておらず
    ガロらしさは出ていないのでまだいい状態とはいえない気がします

ローソン 18得点、8アシストとオフェンスで十分な活躍だったと思います
     ガロがまだまだの出来なのでローソンも得点面で期待したいです

ファリード 10得点、13リバウンドでダブルダブルと成績はまずますよく、リバウンドを
      積極的にとれていましたが、オフェンスのほうで簡単なシュートを外したり
      オフェンスファアルをとられたりでまだまだ荒削りな部分が多かったです
      状況判断をもう少しよくするのと、ファアルトラブルも気をつけてもらいたいです  

クーフォス あまり印象には残りませんでしたがリバウンドをとれていたのでよかったと思います

ミラー アシスト9でロングパスのアシストを何度か決めていてよかったです
     
マギー 17分の出場で9得点、4リバウンド、5ブロックとかなりよかったです
    明日が連戦となることを考えたのかもしれませんが攻守でよかっただけにもう少し
    出場させてもよかったと思います

チャンドラー サンダー戦ほどシュートタッチはよくなかったですが、得点面でも貢献して
       ディフェンスでもスミス相手にタフについていました

ブリュワー 3ptは決まりませんでしたが、速攻での得点などで22得点と大活躍でした
      最近決まっていない3ptをそろそろ決めてもらいたいです

次の試合はアウェイでキングス戦です
苦手なアウェイですが6連勝としたいところです

チャンドラー35得点、ローソンクラッチショットで4連勝 DENvsOKC

スターター
ナゲッツ      サンダー
PGローソン    PGウエストブルック
SGイギー     SGセフォローシャ
SFガロ      SFデュラント
PFファリード   PFイバカ
Cクーフォス    Cパーキンス

ガロが怪我から復帰して
両チームベストメンバーでした

1Q 序盤ファリードからのインバウンドパスをガロが見ていなくて、ウエストブルックにスティール
  され3ptを決められるなどでいきなりサンダーに主導権がいってしまい二桁差とされます
  ファリードもガロもどちらも不注意でした
  中盤ローソン、チャンドラーの得点で追い上げ、終盤ウエストブルックが止められず得点
  されていましたが、マギー、チャンドラーの得点でなんとかついていきました
  サンダー3点リードで1Q終了

2Q 序盤リバウンド後アーリーオフェンスを狙うナゲッツらしさが前面に出て、ブリュワー
  ミラー、チャンドラーなどが得点をとり、1Q終盤と合わせて、16-0のランを決めます
  中盤以降はなかなか得点できない時間となりましたが、サンダーの得点をほとんどフリースロー
  にとどめてなんとかリードを保ちました
  ナゲッツ9点リードで2Q終了
  オフェンスのナゲッツらしさはベンチメンバーの2Q十分出ていました
  珍しいことにディフェンスがうまく機能していました
  
3Q 序盤デュラントなどの得点で一気に3点差まで追い上げられますが、カールHCの対処が速く
  ファリード、ガロをすぐかえて、チャンドラー、ブリュワーを入れました
  その後チャンドラーが3ptを決めるなどでリードをひろげました
  中盤リードをひろげた直後また追い上げられますが、またリードをひろげ、追い上げられ
  という展開でいきました
  終盤またもチャンドラー、そしてブリュワーなどの得点でリードをひろげました
  ナゲッツ10点リードで3Q終了

4Q 序盤は一進一退でいきましたが、中盤ナゲッツの得点が3分ぐらい止まってしまい
  ウエストブルックなどの得点で3点差とされます
  その後チャンドラーが3ptを決めたり、ミラーが得点したりしますが、サンダーも
  ウエストブルックなどが得点をとっていき、同点となります
  終盤クーフォスが2本フリースローを外し、その後ウエストブルックが3本フリースローを決めて
  サンダーが3点リードとなります
  その後サンダーのオフェンスをなんとか抑えて、チャンドラー、ガロのフリースローで同点
  ミラーのレイアップが決まりナゲッツ2点リードとしますが、デュラントのフリースローで同点
  残り22秒でチャンドラーがレイアップを決めて2点リード、その後デュラントに決められて
  残り17秒で同点となります
  その後ローソンがセフォローシャとの1on1からジャンプシュートを決めました
  惜しくもブザービーターとはならず、0,2秒残りましたが勝負を決めました
  ナゲッツ2点リードで勝ちとなりました

OKC 29 18 28 28 103
DEN 26 30 29 20 105

オフェンス
スターターの得点が34得点、ベンチメンバーが71得点ということで
チャンドラーを中心としたベンチメンバーがオフェンスを引っ張ってくれました

ガロが怪我空けで本調子ではないみたいで、ローソン、イギーはサンダーのディフェンス
相手に苦労していて、ファリード、クーフォスは自らオフェンスを出来るタイプではないので
得点が取れずとスターターは何もできなかったに等しいできでした
そういう時にこそナゲッツのベンチメンバーがというナゲッツの層の厚さがみれたオフェンスでした

得点のパターンとしてはほとんどが速攻からのリズムで得点という場面で
ハーフコートでも上手くボールが回って決めるというよりは苦し紛れに得点したという感じでした
ファリード、クーフォスがミドルレンジがほとんどうてないのでその中でハーフコートオフェンスを
組み立てるのは難しいと思いますが上手く得点する方法をみつけてもらいたいです
もし無理ならばチャンドラーをスターターにすることも考えなければならないと思います

ディフェンス
ナゲッツにしては珍しくいいディフェンスだったと思います
サンダーが3ptを外してくれたのもありますが、インサイド、アウトサイドともに
なかなかよかったです
サンダーのベンチメンバーに10得点しかあたえず、つながせなかったところもよかったです

最後はローソンが決めてくれましたが、それまでのベンチメンバー、とくにチャンドラーの
活躍で勝ちにつなげたのは大きいです
スターターがここまでだめでもベンチで跳ね返す力があるということをみせてくれました
ベンチメンバーにとっては自信になるし、スターターは危機感を持ってくれると思うので
いい試合になったと思います

個々の選手について
201303020032019555909-p2.jpg
ローソン ドライブからのレイアップがあまり決まらず、シュートもほとんど決まらずと
     出来が悪かったですが、最後のあのシュートを決めてくれたのでそれで全てが
     帳消しになった感じです
     今日の出来にもかかわらず、自らシュートをうつことを選んで、決めてくれたのは
     すごくよかったです
     ローソンのあの喜びようはおそらく、今シーズンガロはクラッチで決めていましたが
     ローソンはセルティックス戦では同点となるのはありましたが勝利になるシュートを
     なかなか決めれていなかったので相当うれしかったんではないかと感じました

イギー ディフェンスでは存在感がありましたが、オフェンスでここ2試合の活躍が嘘のような
    出来でした
     
ガロ 怪我の影響かどうかわかりませんが積極性がなくて試合勘もないように見えました
   いきなりデュラント相手だったので厳しかったのもあると思います
   徐々に調子を上げてもらいたいです

ファリード 攻守で存在感がなく、チャンドラーが好調だったため出場時間が短かったです

クーフォス シュートを外したり、フリースロー2本ミスはありましたが
      リバウンドを13と多くとっていて、ブロック3つでディフェンスの位置がよくて
      いいディフェンスをしていました

ミラー アシスト7といいアシストをマギーなどにしていて、得点面でもブロック、ターンオーバーは
    ありましたがいい場面で得点していました 

マギー 攻守で脅威になれる存在で今日もまずまず悪くはなかったと思うので
    もう少しみたいです

チャンドラー 3ptを6本決めるなどでキャリアハイとなる35得点と大活躍でした
       ブレイザーズ戦ではまったくシュートが入りませんでしたが
       今日は面白いように決まっていました
       安定してシュートを決めるのは難しいと思うので、今日のようにスターターが
       いまいちの時に大活躍してくれるといいと思います
       ディフェンスでは安定して貢献してくれるのでオフェンスがいまいちでも
       十分だと思います

ブリュワー 積極的なディフェンスでスティール5つ、オフェンスではシュート精度はいまいち
      でしたが速攻からのレイアップで得点してくれました
      
次の試合はホームでホークス戦です
連勝を伸ばしてもらいたいです
  
プロフィール

マーティン

Author:マーティン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
人気ブログランキングへ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。