スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マサイ・ウジリ Executive of the Year 受賞

またまたナゲッツの総括ではない記事です。
今シーズンの振り返りはどうも長くなりそうで書くのが難しいので、もう少し後になるかもしれません^^

少し前になりますがカールHCに続き、ナゲッツのマサイ・ウジリがEOYを受賞しました。
EOYとはエグゼクティブ・オブ・ザ・イヤーの略。詳細はわかりませんが、個人的なイメージとしてこの賞は
良きチーム作りをしたという功績を称えてみたいな感じだと思います。知りませんが^^

ウジリさんはメロのトレード、ファリードの獲得、ネネ、アフラロのトレードなど
プレイオフは勝っていないので一概に成功とはいえないものの、メロというスターを失い、
カンファレンスファイナルにいったメンバーが全員いなくなったのにもかかわらず、
その後しっかりプレイオフにいけるようなチーム作りをして、今シーズンチーム記録である57勝を達成しました。
今シーズンだけの活躍というよりもここ数年の実績が認められた感じだと思います。

印象に残っているのは上にあげた3つです。
まずはメロのトレードですが、レブロン、ハワードを失ったキャブス、マジックのようにスターを失ったチームは
低迷して、ドラフトで立て直しを図っています。が、ナゲッツはその路線ではなく、ある程度の戦力を
メロのトレードで獲得しました。それが、ガロ、チャンドラー、フェルトン、モズコフといった当時ニックスで
活躍をしていた主力達。メロだけでなく、ビラップスもトレードに加わっているのである程度釣り合いはとれている
トレードですがトレードが噂されている最初の方はこんな感じではなく、メロとガロ+αぐらいのトレードだったはず。
当時メロがニックスに行きたい感じで、シーズン中トレードされなくても、オフにFAになってニックスにいくことは
明らかだったので、ニックス的には待つという選択肢がありわざわざトレードしなくても、現戦力を維持しつつ、
メロを加入すれば最高の形となるはずでした。
ただニューヨークに拠点をおくことが決まっていたネッツがドラフト指名権を中心にメロ獲得に
動いたという信憑性の高い情報が入ってから、情勢がかわり、ニックスの主力達をトレードにするということに
なった感じだったと思います。間違っていたらすいません^^
ということでネッツの後押しも大いにありましたが、見事に釣り合うようなトレードをした、ウジリさんは素晴らしい仕事を
したと思います。

そして2つ目はファリードの獲得です。
22位指名ながら、今やチームの顔というべき存在であるファリードを獲得しました。

3つ目はネネ、アフラロのトレードです
メロ、ビラップスがナゲッツを去ったときも残念でしたが、ネネ、アフラロがトレードされたときは
それと同等かそれ以上ぐらいに残念だったことを覚えています。
シーズン前にネネ、アフラロとなんとか再契約。ネネは度重なる故障、そしてファリードの飛躍により、
トレードの対象となった感じです。サラリー的なこともあったかな。ただそれがマギーになるとはね^^
そのマギーはいまだに安定した活躍は出来ませんが可能性を十分感じる選手なので、
今の所トレードは失敗とは言えないと思います。
そしてアフラロはシーズンオフに、ハワードのトレードに加わり、イギー獲得のためトレードとなりました。
イギー獲得で結果的に57勝を達成したことを考えるとこの選択も悪くはなかったと思います。というか正しかったかな。
ネネ、アフラロと再契約した時点でトレードをしようということは頭にあったのかもしれませんね。

ということで簡単にまとめてみました。
ウジリさんだけの功績ではないと思いますが、メロトレード後も強豪を作り上げたのは素晴らしいの一言。
ただもう一度いうと、プレイオフで勝てないチームを作っても仕方ないという面もあり、
キャブスやマジックのように一度落ちるとこまで落ちて立て直しを図るということが優勝を狙うという意味では
正解だったのかもしれません。
20130509__masai-ujiri-denver-nuggets-050913xp1.jpg
ファン的には毎シーズンプレイオフにいってくれていて、シーズンもかなり楽しめているので
いいんですが来シーズンこそはプレイオフを勝ち上がれるチームとなってもらいたいです
ウジリさんExecutive of the Year 受賞おめでとうございます
スポンサーサイト

ジョージカールHC COY受賞

ナゲッツの今シーズン総括をしようと思っていましたが
だらだらしているうちに、カールHCのCOY受賞が発表されたので、こっちを今回は書きたいと思います。

候補に挙がっていましたが個人的には厳しいだろうなと思っていました。
なぜなら、イーストでは27連勝という驚異的な記録を作ったヒートのスポルストラ
昨年7位と実力通りの活躍が出来なかったニックスを立て直し2位の好成績をあげた
ニックスのウッドソン、エースグレンジャーを欠きながら昨年に続き強さをみせた
ペイサーズのボーゲル、ローズ以外にも怪我人続出のなか好成績をおさめたブルズの
シボドー、そしてウエストではハーデントレード後の影響をあまりみせず、
1位の座についたサンダーのブルックス、例年通りの強さをみせたスパーズのポポビッチ
リーグ1のディフェンス力を誇ったグリズリーズのホリンズ、ディフェンスを改善して
カリー中心のチームで躍進したウォリアーズのジャクソンとCOYに相応しいHCがいました
その中でジョージカールが受賞ということになりました。
理由としては、ナゲッツのチーム記録であるシーズン57勝達成、ホームでリーグ1の38勝
リーグ1の得点ということが評価されたということです。
一番大きかったと個人的に思うのはカールHCが一度ももらっていなかったということだと思います。
もちろん受賞に値するものでしたが、他のHCと比べると群を抜いているわけではないので、
初受賞ということと、年齢的なことも考慮されて、カールHCにCOYをとなったのではと考えました。
201305081318478937526-p2.jpg
プレイオフでは残念な結果に終わりましたが、シーズンではこれ以上ない最高の出来でした。
来年こそはプレイオフを勝ち抜いてもらいたいです。
ジョージカールHCコーチ・オブ・ザ・イヤー受賞おめでとうございます。

10年間で9度目の1回戦敗退 DENvsGS GAME6

スターター
ナゲッツ       ウォリアーズ
PGローソン     PGカリー
SGイギー      SGトンプソン
SFチャンドラー   SFバーンズ
PFファリード    PFランドリー
Cマギー       Cボーガット


ナゲッツはガロ
ウォリアーズはラッシュが欠場。

1Q ローソンのスクリーンを使ってフリーになったところでジャンプシュートを放つというのが
  上手く決まっており、さらにクーフォスの3ptが決まるという奇跡も起こりました。
  ただシュート確率自体はよろしくなかった。でもオフェンスリバウンドを獲りまくったため、
  そこから得点に繋げられていたという感じでした。
  ディフェンスはシューターにしっかりとプレッシャーを掛けれていて、外させる事に成功してました。
  ナゲッツ4点リードで1Q終了

2Q 1Qと同じくオフェンスリバウンドをとって序盤は得点できていましたが、
  中盤以降はボーガットのペイント内のディフェンスが効きだして、なかなか得点できずに終わる。
  ディフェンスはジャックにやられはしましたが、そこまで悪くはなかった印象。
  一時は二桁リードをするときもありましたが、中盤以降の失速で追い上げられました。
  ナゲッツ2点リードで2Q終了
 
  オフェンスリバウンドは13と驚異的にとっていたものの、シュート自体は決まってませんでした。
  ボーガットのディフェンスが効き始めるとペイント内で得点できないのでかなり厳しい状況に。
  出来れば1Qやったようなローソンのミドルシュートで得点がとれるといいかなと。
  前半のディフェンスはかなり良かったと思います。

3Q 序盤ファリードが連続ファアルをして4ファアルとなりベンチへ。
  その後カリーのフリースローで同点とされてから、ウォリアーズディフェンスが
  マッチアップゾーンを使ってきて、ナゲッツは得点させてもらえず、そしてカリーが2連続で3ptを決めて、
  10-0のランとなり一気に6点差とされます。
  中盤以降もウォリアーズのオフェンスが止められず得点されまくる。一方ナゲッツはフリーでの
  3ptがことごとく外れて追い上げることができない・・・
  ブリュワーが4Q残り20秒ぐらいから2本連続でフリーで3ptをうちますが外れ、さらに残り1秒をきってるのに
  ファアルをしてしまいフリースローを与えてしまうという酷いプレーもありました
  ウォリアーズ11点リードで3Q終了

4Q 序盤にグリーンに3ptを決められる。そしてナゲッツは4分近く得点できず、18点差に・・・
  絶望的な点差となりましたが、そこからウォリアーズの気が抜けたのか、ターンオーバーを続出
  シュートミスをしている間にイギーが3ptを決めるなどで一気に追い上げ、残り4分で4点差とします。
  その後スローでみると明らかなグリーンのチャージングでしたが、取ってもらえず。
  GSのフリースローとなり、ナゲッツの勢いが止まり8点リードに・・・
  しかし、残り2分イギーの3ptが決まり6点差。
  その後またしてもウォリアーズが安易なターンオーバーをしてくれて、チャンドラーのレイアップが決まり4点差、
  ここでまたミラーがスティールしますが、ローソンがレイアップを決めれずバーンズがフリースローを決めて
  6点差となります。その後イギーがまたも3ptを決めて3点差、さらにファリードがフリースローをもらい1本決めて
  残り30秒で2点差。
  またまたウォリアーズがターンオーバーをして、同点を狙いチャンドラーがレイアップを狙いますが外れ、
  ボールが外に出るのをブリュワーがキープしますが、その前にボールがラインに着いてたらしく、
  ウォリアーズボール・・・リプレイでみましたが、ラインにかかっていたかどうかも微妙なプレイでした。
  もしプレイ続行していればブリュワーがファリードにパスしてダンクを決めていたので同点だったのに・・・。
  ただ審判がリプレイで確認したので仕方ない。
  その後ジャックにプレッシャーをかけ3人で囲み、ジャンプボールかと思いましたがチャンドラーの足が
  外に出ていてウォリアーズボールとなりました。もったいないプレーでした。
  その後ジャックが2本フリースローを決めて4点差となり、オフェンスでミラーが3Ptを狙うという謎の
  シチュエーションを選択して当然の如く外れて、試合終了。
  ウォリアーズが4点差で勝ち。

DEN 25 17 20 26 88
GS 21 19 33 19 102


オフェンス
ナゲッツがシュート数98本、ウォリアーズが77本とシュート数の差が21本もあるにも関わらず、
負けてしまう、しかも完敗するということは明らかにオフェンスが悪いことが原因。
フリーでのミドル、3ptが決まらない上に、レイアップはボーガットのプレッシャーもあって
ブロックされたり、外したりと散々な出来でした。
フリースローも大事なところで外してたし・・・もう何から何までダメ。
オフェンスリバウンドを20もとり、ターンオーバーは7つと少ないんですが、こんなことをしていては意味が・・・

ディフェンス
4Qウォリアーズのターンオーバーに助けられ失点は少なく済みました。
ただ3Qカリーにやられ、ボーガットにやられと、オフェンスが不甲斐ない出来だったので
ある程度は仕方ないですがやられたい放題でした。前半の出来はよかっただけに・・・

個々の選手について
201305022215801225221-p2.jpg
イギー 24得点、9リバウンド、6アシスト
     4Qの3ptを連続で決めるあたりはさすがアメリカ代表だと思わせるプレーでした。
    
チャンドラー 11得点、3アシスト、3スティール
       シュートタッチが悪く、同点となる場面でも決めきれず、
       ガロのかわりを務めるような活躍はなく、シリーズを終えました。
       シーズンでの活躍が嘘のように得点力がなかったです。       

ローソン 17得点、6アシスト、5リバウンド
     前半はよかったですが、後半はいまいちでした。
     今日はいまいちでしたが自分がエースだと、思わせるようなプレーを何試合か
     みせてくれたので悪いとは言えませんね。

ファリード 11得点、11リバウンド
      3Qファリードが下がってからリズムがウォリアーズにいった感じでした
      動きのキレはある程度戻ってきていたんですがね。
      
マギー 9得点、10リバウンド
    オフェンスリバウンド7個も奪い、ハッスルプレーもありました。
    ただ4Q終盤フリースローを2本とも外したのは残念。

ミラー 8得点、3アシスト、3リバウンド
    結局、GAME1のミラーが戻ることはなかった。
    今回はディフェンスはジャック相手にまずまずよかったと思います。
    ミラーは9回プレイオフを経験しているらしいですが、プレイオフ1回戦を一度も
    突破したことがないみたいです・・・    

クーフォス 6得点、3リバウンド
      前半に3ptを決めるという驚きのプレーがありましたが、センターとしては全くでありました。

ブリュワー 2得点、2リバウンド
      不調は相変わらずで、シュートが全く決まりませんでした。無駄なファアルもありました。

今日の負けで2勝4敗、プレイオフ1回戦敗退となり、ナゲッツの今シーズンは終了。
4Q残り8分ぐらいで18点差もあったのに、そこから追い上げるという意地は魅せてくれましたが、
それと同時にあれだけ同点、逆転のチャンスがあったのに決めきれないという勝負弱さも観られました。
審判の判定に言いたいこともありますが、それ以前に今日の試合をしている限りプレーオフで勝ち上がる
ことはできないと感じる試合内容でした。
6試合をみて、厳しいですがナゲッツが勝ち上がりにはふさわしくなく、
圧倒的にウォリアーズの方が勝ち上がりにふさわしかったです。4勝してるので当然ですがね^^
内容的にという意味でも圧倒しておりました。

カリーを筆頭にトンプソン、ジャック、バーンズの得点力のあるバックコート陣
さらに、攻守で輝きを取り戻したボーガット、ベンチからの得点源であるランドリー
曲者のグリーン、エジリ、そして今シーズン絶望かと思わたけれど復帰できそうなリーと
ナゲッツ以上の層の厚さがあると思うので、スパーズ相手は厳しいと思いますが是非とも
アップセットを達成してもらいたいです。

ナゲッツのシーズンが終了したということで、ナゲッツの選手、カールHC、スタッフのみなさん
今シーズンも楽しい試合をありがとうございました。
ゆっくり休んでもらい、来シーズンは今シーズンを超えるシーズンを期待しています。

ナゲッツのプレイオフについてまだまだ書き足りないことがあるので次回書きたいと思います。
あとはほかのチームのプレイオフを追っていくという感じで記事にしたいと思います。

最後に少数だと思いますが、こんな拙い文章のブログを読んでいただきありがとうございました。
ナゲッツの今シーズンは終了しましたが今後も続けていくので、よければ覗いてもらいたいです。

望みをつなぐ1勝 DENvsGS GAME5

スターター
ナゲッツ       ウォリアーズ
PGローソン     PGカリー
SGイギー      SGジャック
SFチャンドラー   SFトンプソン
PFファリード    PFバーンズ
Cマギー       Cボーガット

ナゲッツはガロ
ウォリアーズはリー、ラッシュが欠場しました

ナゲッツはスモールラインナップをやめる選択をとりました
スモールラインナップをやめるのは予想通りでしたが
個人的な予想としてはクーフォスをいれて、出来るだけ数多くやってきたメンバーでと
思っていましたが、クーフォスがシーズン通りのプレーをみせれていないという判断で
マギーを入れてのスターターとなったのかなと思います

今回は試合内容を簡単にします

3Qまでディフェンスではバーンズをフリーにして決められる場面はあったものの、カリー、トンプソン
をある程度抑え、前回やられたボーガットにはほとんどなにもさせませんでした
ディフェンスをしっかりやって、リバウンドをとっていたので
ナゲッツらしい走るオフェンスからペイント内で得点できていて、ハーフコートの際もアウトサイドを
イギー、チャンドラーが決めていたのでオフェンスが停滞することなく、ウォリアーズのゾーン
ディフェンスはあまり効いていない感じになり、ナゲッツ17点リードで3Q終了となりました
4Qに入り、ローソン、ミラー、ストーンという3ガードを使い、ストーンをカリーにマッチアップさせ
ていました。カリーにはそこまでやられませんでしたが、全体的に押し込まれる展開となり
17点リードがみるみるうちになくなり、一時は5点差まで追い上げられました
最終的にウォリアーズがシュートを外してくれて、ファリードのダンクなどで得点していきリードを
ひろげましたが、審判の笛にも助けられた感もあり、正直逆転されていてもおかしくない
雰囲気でした
ナゲッツ7点リードで勝ちとなりました

GS  22 24 23 31 100
DEN 36 30 20 21 107

オフェンス
プレーオフではほとんど見られなかった、トランディションからのダンクが何度も観られ
ナゲッツらしいオフェンスが出来てました。
アウトサイドもナゲッツにしたら良いぐらい決まっていました。
4Qでの失速はローソン、ミラー、ストーン、ブリュワー、ファリードで開始しましたが
ストーン、ミラーがアウトサイドがうてず、ブリュワーは調子がまったくだめ、ファリードは得点を
量産するタイプではないので、ボールは回ってはいましたが得点できていませんでした
それでリズムが狂い、その後の展開にも影響したと思います
確率自体は低いですが、オフェンスリバウンドをとっていたこともあり
4Q以外はよかったと思います

ディフェンス
スモールラインナップをやめたことにより、ボールマンへのプレシャーはあまりかけていません
でしたがアウトサイドへの対応が悪くなることはなく、ペイント内ではファリード、マギーが
いるので、GAME4のようにボーガットに散々やられることはなかったです
次の試合もこのスターターでいくのかな?
あと、ついにミラーがカリーにマッチアップすることをやめていました。
その効果なのか、単純にカリーの調子が悪かっただけなのかは分かりませんが、簡単なシュートを
うたせる場面はあまりなく、得点を抑えることができていました
ミラーがカリーにつかないため、4Q開始でストーンを出場させ、ストーンをカリーにつけていました
結局3ガードにしてオフェンスではいまいちな出来でしたが、ストーンがついている間
カリーにそこまでやられませんでした。
恒例のローソン、ミラーの2ガードにしていたときはローソンがカリーについていました
ローソンはある程度カリーにやられましたが、ミラーよりはましだと思います
ナゲッツファンのほとんどが分かっていたことなので、もう少し早くから、これをしていればと
思ってしまいます。

とりあえず、勝ちはしましたが4Qの追い上げられるところをみると、アウェイで勝てる
イメージができないです。
3Qまで圧倒する内容だっただけに、もう少しすんなりと勝ってもらいたかったです

これで2勝3敗となりました
勝ちはしましたが、ナゲッツが厳しい状況はかわりません。
次のアウェイで勝てれば、ホームでの最終戦となるのでなんとかいけそうですが
ナゲッツにとってアウェイで勝つのは至難の業。
追いかける展開となれば負けは確実なので、主導権を握る展開へ持っていけるかどうか。

個々の選手について
201304302014728650699-p2.jpg
イギー 25得点、12リバウンド、7アシスト
    シュート確率がよく得点して、アシストをして、リバウンドもとり、ディフェンスでも
    貢献するといったイギーの長所が存分に出ました
    ガロ離脱後のイギーの姿が戻ってきた感じでした
    次の試合も期待したいです

チャンドラー 19得点、2リバウンド 
       3ptのシュートタッチがまずまずよくて、ある程度決めてくれました
       期待通りにはまだまだ遠いですが、プレイオフでは一番よかったと思います
       シーズンでみせたような、ドライブ、3ptと止められなくなる
       爆発力あるオフェンスを次はみたいです 

ローソン 19得点、10アシスト、3リバウンド
     レイアップ、ジャンプシュートがあまり決まらず、得点自体はあまりでしたが
     10アシストとしっかりとPGとしての役割は出来ていました
     4Q厳しい時間帯にもっと得点してもらいたかったです

ファリード 13得点、10リバウンド
      徐々によくなってきてはいるんですが、動きのキレは個人的にはまだまだ本調子では
      ない気がします。徐々によくなっているはずなので、次は全開を期待したいです

マギー 10得点、8リバウンド、3ブロック
    プレイオフに入ってようやく、少し存在感を示す活躍が出来た感じでした
    期待しているのには程遠い出来ですが、今日はまずまずよかったです

ミラー 11得点、5アシスト
    ターンオーバー3と3ptを狙った場面は気になりましたが、ほかはまずまずよかったと思います
    GAME1のようなミラータイムをアウェイでみせてもらいたいです

クーフォス 6得点、5リバウンド
      プレイオフでは散々な出来でしたが、そのなかでは一番ましだったと思います

ブリュワー 4得点、3スティール
      ディフェンスでの貢献度は高いですが、今日はオフェンスが全然でした
      ブリュワーにはこういう日は必ずあるので、次はあたりの日がくると思うしかないです

ストーン オフェンスではシュートにいかず、ボールを回すだけで、変にオフェンスに絡みませんでした
     ディフェンスでカリーに対して厳しくついていてよかったと思います

ランドルフ 出場時間が短いためとくにないです

次の試合はアウェイで日本時間金曜日の11:30です


プロフィール

マーティン

Author:マーティン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
人気ブログランキングへ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。