スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

開幕戦 DENvsSAC

ナゲッツ     キングス  
PGローソン    PGバスケス
SGフォイ     SGソーントン
SFランドルフ   SFサーモンズ
PFヒクソン    PFパターソン
Cマギー      Cカズンス

1Q 序盤オフェンスではマギーがミドル、ポストプレイと積極的に狙うが、フックシュート以外は外れてしまい
  ボールもなかなか回らずターンオーバーになったりで思うように得点がとれず
  ディフェンスでもキングスがカズンスのポストプレイを中心に攻めてきていたので
  マギーが相手となりディフェンスではまずまず抑えれていました
  攻守ともにマギーがカギになった序盤でした
  7分30秒でマギーが2つ目のファアルをしてしまい、モズコフが入ります
  中盤ファリード、フォーニエが入りますが、ローソン以外にオフェンスの軸が見当たらず、
  得点出来ず、ターンオーバーを多くしてしまいます
  ディフェンスはキングスのミスもあって助かった感じです
  終盤ミラーが入り、ローソン、ミラーで一つ得点の形が増えますが、チームとしての得点という形は
  ほとんどなく、残り1分ぐらいからディフェンスからの速攻で得点をとりなんとか3点差ですみましたが
  オフェンスは相当ひどかったです
  キングス3点リードで1Q終了

2Q ネイト、アーサーが入りますが、ミラーの個人技以外得点が入りそうもないオフェンスは相変わらずで
  キングスも途中までつきあってくれていましたが、トーマスのロング3ptが決まった後
  流れをもっていかれ11点差となります
  中盤も残り5分まではオフェンスの流れはよくならずでいきましたが残り5分をきり、
  ローソンのパスからフォイの3ptが決まりここからエンジンがようやくかかり、ヒクソンのダンク、
  マギーのブロックからファストブレイクでフォイの3ptとようやく流れのいいオフェンスがでました
  その後はターンオーバーなどありましたが、これまでもらっていなかったフリースローを上手くもらい
  得点につなげていました。
  キングス3点リードで2Q終了

プレシーズンでもいらいらするようなオフェンスを2Q5分までやっていました
インサイド陣に得点させようと、ミドル、ポストプレイの形を作りますが得点できず
ローソン、ミラー以外に打開策が見当たらないひどいオフェンスでした
ディフェンスではキングスもナゲッツ同様に得点する選手が見当たらないオフェンスをしていたので
ナゲッツとしては助かりました
後半はインサイド陣とフォーニエ、ランドルフなどの得点ができるかがかぎになりそうです

3Q 立ち上がりは速攻から3pt、スティールからの得点でいい流れをつかんだかと思われましたが
  そこからフォイの不用意な連続パスミス、ランドルフのチェックがあまいディフェンス、フリーの3ptが
  決まらずで、一気に点差をあけられたところを自ら逃してしまいました
  中盤キングスの得点が決まりだし、ナゲッツは得点できなくなり流れはキングスへと変わります
  終盤ファリード、フォーニエが出場し、ファリードのリバウンド争いに勝ってのレイアップ
  フォーニエの3ptが決まり同点となります
  その後カズンスにモズコフがやられエンドワンを決められますが、ミドルシュートを決め返し
  さらにトーマスのレイアップをブロックして、ファリードがフリースローをもらい逆転します
  その後一進一退となりましたが、なんとかナゲッツ2点リードで3Qを終了しました

4Q 序盤フォーニエがブロックされたり、ターンオーバーをしてしまい
  トーマスの連続3pt、カズンスの得点などで一気に逆転され7点差をつけられます
  その後ヒクソンが得点し、5点差となったところで、ネイト、フォーニエにかえて
  ローソン、フォイを出場させます。この時点でメンバーはローソン、ミラー、フォイ、アーサー、ヒクソン
  5点差をヒクソンのポストプレイ、アーサーのミドル、ローソンのレイアップで得点し
  ディフェンスではカズンスにやられる場面がありましたが、まずまず抑えて徐々に追い上げ、
  残り5分で2点差とします
  その後カズンス、ヒクソンのジャンプシュートが決まります
  一進一退でいきたかったところですが、カズンスが今日は止まらず、ゴール下からダンクを捻じ込み
  さらにディフェンスでローソンのオフェンスファアルを誘い、トーマスがタフシュートを決めて
  6点差となり一気に流れはキングスへといきました
  タイムアウト後アーサーがミドルを決め得点して4点差、ヒクソンのスティール後ローソンがフリースローを
  決めて2点差、そしてフォイの良いディフェンスのあとピック&ロールからヒクソンがレイアップを決めて
同点となりました
  雑にならずディフェンスをしっかり集中してオフェンスへとつなげていました
  残り1分30秒カズンスのオフェンスはなんとかとめるが、こちらも決まらずで
  1分をきり、カズンスにダブルチームにいったところをプットバックダンクでトンプソンに決められ2点差
  その後フォーニエが3ptを狙いますが外れ、さらにディフェンスでカズンスを抑えますが
  速攻でローソンのレイアップがぎりぎり外れ、残り0,9秒フォイが3ptを狙いますが外れて試合終了
  キングス2点リードで勝ちとなりました

DEN 22 23 27 16 88
SAC 25 23 22 20 90

  オフェンス
  速攻からの得点もありましたが、昨年に比べると速攻への意識はあまり感じず
  ハーフコートを意識したオフェンスをしているように感じました
  上手くいってるかといわれれば、ほとんどうまくいってないように見えましたが
  結果的にファリード、マギーを終盤使わずにヒクソン、アーサーのシュートエリアが広い選手を
  選んだのはハーフコートを意識したということだと思います
  それが上手くいっていたのでショウHCの策は最終的によかったです
  
  ディフェンス
  カズンスを抑えることはできませんでしたが、全体的にシュートチェックは厳しくいけていました
  昨季までのオフェンスにつなげるために、ディフェンスでボールマンにプレッシャーをかけて
  ターンオーバーを誘いにいくというよりは、シュート確率を下げるようにディフェンスしている
  感じがしました

  交代について
  昨季までのカールHC率いるナゲッツであれば、最後の数分で絶不調でない限り
  Aミラーを外すなんてことはなかったと思いますが、今日は好調だったにもかかわらず、
  残り3分をきり、Aミラーを下げて、あまりよくなかったフォーニエを出場させていました
  最後の3分はローソン、フォイ、フォーニエ、アーサー、ヒクソンの5人
  カールHCのときは終盤ミラーのポストアップをオフェンスとして使っていましたが
  ショウHCはそれよりもローソンがボールを持ち、スクリーン後ヒクソンにあわせるか、
  ヒクソン、アーサーにミドルシュートを狙わせつつ、コーナーではフォーニエ、フォイが待機する
  という形を作るために3ptを狙えるフォーニエをAミラーにかえて入れたと考えられます
  ディフェンスのこともあると思いますが、おそらくオフェンスでそれをやるためにかえたのだと
  個人的に感じました
  
  ショウHCの初陣は負けに終りましたが、攻守で上記にあげたここ数年とは違ったところがみられました
  それがいいかどうかは今後をみてみないと正直わかりません
  ここ数年のとにかく走るナゲッツのバスケの方が見ていて楽しいと感じたが、
  それではプレイオフで勝てないことは実証されたので、多少地味になっても
  勝てるバスケになるならば受け入れなければならないと思います
  ただガロ、チャンドラーの不在によるところかどうかわかりませんが、
  相手の方が常に上回っていて、勝てる感じではなかったような気がしました
  ガロはおそらく2月ぐらいまで戻ってこない、チャンドラーがもし長期離脱となると
  ジリ貧になるように感じました
  フォーニエ、ランドルフ、ハミルトン、Qミラーの活躍がないとプレイオフ出場も厳しいシーズンになりそう
  まだ1試合なので時期尚早すぎますが、とりあえず初戦を終わって思った感想です
  あとファリードどうなるんだろう・・・


ローソン シュート確率は悪かったですが、フリースローを8-8決めていて、アシストも8とまずまずの活躍でした
     最後の同点になるレイアップを決めてもらいたかったです
     ガロが復帰まで時間がかかるので、今後エースとして活躍できるか注目です

フォイ 2Q終盤の連続3Ptは良かったですが、不用意なターンオーバーがありました
    ディフェンスでの貢献は高かったです
    プレシーズンよりも攻守でパフォーマンスがよかったと思います

ランドルフ ディフェンスではサーモンズにまずまずな対応をしていましたが
      オフェンスではほとんど絡めずでした
      シーズンでの活躍は難しいのかもと思わせるようなできでした

マギー ファアルトラブルになってしまい思うようなパフォーマンスができませんでした
    ポストプレイに対するディフェンスはいまいちでしたが、切れ込んでくる選手相手には
    タイミングよくブロックできていたので、そこはよかったです
 
モズコフ カズンスのオフェンスを止めることはできていませんでしたが、ブロックは3
     オフェンスではシュートをしっかり決めて、マギーのバックアップとしては十分な活躍でした

ファリード オフェンスではボールはあまり入りませんでしたが、ポストで体をはって受ける姿勢を
      みせていて、フリースローも3-4とまずまず決めていました
      攻守で積極的に動いていましたが、ショウHCの考えに合わないのかそれとも怪我の影響を
      考慮してかわかりませんが14分の出場に終わりました
      ファリードが入って流れがよくなった場面があったので決して悪くはなかったです
      
アーサー 良いパフォーマンスをしたかといわれるとそうでもないですが、PFでシュートをうてるのが
     アーサーだけなので終盤に出場していたという感じです
     
Aミラー 苦しい時間帯で得点をとってくれていました
     
フォーニエ 積極性はありましたが、上手くいってはなかったです
      終盤を任されるぐらい期待されているので次は活躍してもらいたいです

ネイト アシストは4ありますが、得点は0とあまりいいところがなかった。
    

ランドルフ、ネイトが今日みたいな出来のときはハミルトン、Qミラーも出場させてもらいた。

次はホームでブレイザーズ戦。
ホーム開幕戦でまずは初勝利を。    
スポンサーサイト

2013~2014 イースト順位予想

1MIA レブロンがいる限りほぼ1位は確実なぐらいレブロンが驚異的なので
   昨季からのプラスαはほとんどないが、戦力が落ちたわけでもない
   プラスがあるとすればオデンがまさかの大復活、ビーズリーの覚醒があれば
   大きな戦力となるが確率的には低そう。それがなくても1位は盤石だと感じる
   
2CHI 昨季ローズは全休な上に、ほかの主力選手にも怪我人がでたにもかかわらず5位という好成績
   ローズ復帰で臨む今季は4位以上はほぼ確定
   1位になるには少し厳しい気はするが、シーズンでヒートを超えるならブルズな気がする

3IND グレンジャーの復帰、スコラ、コープランド、ワトソンの加入と昨シーズンから戦力的には
   プラスになっているが、ブルズのローズ復帰があるので昨シーズンと同じ順位の3位と予想
   プレイオフではヒバートを擁していることもあり、ブルズ以上にヒートを倒せる存在になりそう   

4BKN ピアース、ガーネット、テリー、キリレンコと超大型補強をして
   一気に優勝候補となりそうだが、シーズンに関しては4位だと予想
   デロン、ジョンソン、ピアース、KG、ロペスとスターターはオールスターで
   ベンチにテリー、キリレンコ、エバンス、ブラッチェと良い選手がそろっている
   シーズンは4位予想だがプレイオフでは優勝もありうる布陣

5NYK バーニャーニ、ワールドピースが加入したがプラス材料に働くかは微妙なところ
   ただこの2人が活躍しなくても十分な布陣なので、5位まではいけると思う
   加入選手2人とアマレの復活があればホームコートアドバンテージの獲得は可能 

6CLE バイナムがある程度プレーしてくれるならという前提での6位
   アービング、バイナムの内、外のコンビが完成すればダークホース的な存在になりうる
   
7WAS 個人的にイーストで好きなチームの一つということで希望をこめての7位
   ウォール、ビール、ウェブスター、ネネ、そして新加入のゴータットを加えた
   スターターはなかなか強力だし、ベンチからはアリーザ、ポーター、そして昨シーズンマジックで
   出番がほとんどなかったハリントンがいるのでベンチもなかなかいいと思う
   
8MIL ジェニングス、エリス、レディックなどが抜けて、ナイト、メイヨ、バトラーなどが加入
   戦力的にはほとんどかわらないが、昨季より安定した戦いができそうな選手がそろった気がする
   上位にくいこむのは厳しそうだがプレイオフは確保できそう

9DET ジェニングス、スミスの加入、そしてビラップスの復帰ということで好材料が多い
   モンロー、ドラモンド、KCPと若手のいい選手がいるし、プレイオフ争いができそう
   ここ数年低迷していてビラップスが戻ったことで再び強くなってほしいという
   個人的希望も含めての9位

10TOR 戦力的にはスターター、ベンチ共に悪くはないんですが、それほどよくもない感じ
    バランチュナス、ロスの活躍があれば十分プレイオフを望める布陣だと思うが
    なければギリギリ届かない感じになりそう

11ATL スミスは移籍してしまったが、ミルサップでそこそこはカバーできている
   ティーグ、ウィリアムス、コーバー、ミルサップ、ホーフォードとスターターはなかなかだが
   ベンチからの得点源があまりみつからないので11位と予想

12CHA ジェファーソンの加入とドラフトで獲得したゼラーの加入でインサイドからの得点が可能な
    布陣になりかなりの戦力アップにつながった
    MKG、ビヨンボの活躍があればプレイオフ争いもいけるかもしれない

13BOS ロンドが開幕から万全ならプレイオフも望める布陣だと思うが、どうやら復帰はまだみたいなので
    今シーズンは無理をせず、来季以降の戦いにむけてということになりそう

14ORL アフラロがいるので応援したいチームの一つですが、戦力的にまだプレイオフは厳しい
    ブチェビッチ、ハリス、オラディポとまだまだ伸びそうな選手がいるので
    今季をその選手達中心に戦って来季以降の戦いにつなげたい

15PHI ノエルは今季復帰可能かどうか微妙みたいだし、戦力的にもプレイオフにはいける感じでは
    なさそうなので、若手の成長と来季のドラフトへむけた戦いになりそう

1~5位までは順位が変動する可能性はあると思うが5チームで上位を争う
6位~12位まででどこのチームが強いのか正直シーズンが始まらないとわからないので
ここでプレイオフを争うかたちになると面白い
13~15位は来季以降の戦いを見据えた感じになりそう

個人的に応援するのは元ナゲッツの選手も所属しているMIA、NYK、WAS、DET、ORL
とくに、WAS、DET、ORLの3チームは注目したいです


 

2013~2014シーズン ウエスト順位予想

シーズン開幕間近ということで順位予想をしときます
昨シーズンほとんど外れたので、今シーズンも当たる気はしません

1SAS 今季も主力を上手く温存しつつのシーズンになると思うが、誰が出場しても質がそれほど変わらない
   オフェンスの組み立てをするスパーズなので、主力の長期離脱がない限り1位は堅いと予想する

2OKC ウエストブルックが開幕に間に合わないこと、ベンチからの得点源だったマーティンが
   抜けたことは不安要素だが、それでも2位はいけると思う
   カギはPGレジージャクソンとマーティンのかわりにベンチからの得点源として期待される
   ラムの若手選手、この2人が活躍し、ウエストブルックが順調に戻れば1位も考えられる

3MEM スターターの5人はどこのチームと比べても引けをとらず
   ミラー、クーフォスの加入でベンチが安定した布陣になったように感じる
   HCが変わったことで、どうなるかは不安要素だが、それが上手くいけば3位は十分いける

4LAC 加入選手、移籍選手を比べると若干戦力的には落ちたように感じるが
   十分な戦力が揃っていて、リバースHCということでホームコートアドバンテージをもらえる
   4位は確保できそう
 
5GSW ジャック、ランドリーは抜けたが、イギー、スペイツ、オニールの加入で十分昨シーズンと
   同等かそれ以上の戦力は保てている。
   オフェンスは内、外ともに得点源がいるので、ほとんど問題なし
   昨季気になったディフェンスはイギーが十分カバーできる
   カリー、リー、ボーガットの状態が万全でシーズンを戦えれば2位まで十分いけるメンバーだと思う
   
6HOU ハワード加入により昨シーズンなかったインサイドからの得点が期待でき
   ハーデンとのコンビが完成すれば相当な強さを発揮すると思う
   ベンチからの得点源が弱い気がするので、シーズンでの順位でいうと6位ぐらいと予想

7DEN 希望を含めてもこの順位までしかいけない
   万全な状態でシーズンを送れれば5,6位にはいけないわけでもないと思うが
   それはすでに、ガロの欠場が決まっているので不可能
   さらにほかにも怪我人が多数いる、HCが新しくなった、戦力的にも昨シーズンより落ちた
   いろいろな不安要素があるので今のところは良くても7位
   
8MIN スターター、ベンチともに充実した戦力が揃っている
   ここ数年ずっとそうだが、怪我人がでなければプレイオフは十分な布陣

9POR スターターはプレイオフに出場する上位陣と比べても大差はない
   昨季よくなかったベンチ陣もモー、ライトの加入である程度は得点してくれそう
   マッカラム、レナードの2人が活躍すればプレイオフにいけると思う
 
10LAL コービーがいつ復帰するかによって順位がかわってくるので、予想しづらい
   ナッシュは今シーズンよさそうな感じに見えたし、ガソル、ケイマンのラインは
   ガソル、ハワードよりももしかしたらいいかもしれない
   上位は厳しいがプレイオフ出場は可能

11DAL エリス、カルデロン、ダレンベアの加入で昨季と同じくらいの戦力は保てたが
    ノビツキー、マリオン、カーターはいずれも35歳オーバーなので怪我がなくても
    シーズンを万全には戦えないと思うので、プレイオフにはギリギリ届かないぐらいだと予想

12NPO ホリデイ、エバンス、ゴードンとバックコート陣の戦力は充実しているし
    デイビスの更なる成長がありそうなので、上手くはまればプレイオフにいけると思う
    
13SAC カズンス、トンプソン、ランドリーとインサイドはなかなかで、バックコート陣もバスケス、ソーントン、
    マクレモア、トーマスと悪くはない
    戦力はいつもなかなかのメンツがいるが、なぜか勝てないのがキングスなので予想するとなるとこの順位

14UTA 来季以降に向けての戦いになる
    若手選手の伸びに期待できそうだし、負けてもドラフトで高順位を獲得できる

15PHO ジャズと同じく来季以降を見据えつつの戦いになると予想
    若手選手を使い、負けても来季のドラフトが豊作といわれているだけに期待できる
    
1~6位までは順位に変動がありそうだが上位6チームは堅いと思う
それ以降7~12位までで今季も激しいプレイオフ争いが繰り広げられると予想
13~15位は来季以降の戦いに向けて

ということで簡単ではありますがウエストを予想してみました
    

    

ローソンも怪我 DENvsCHI

ナゲッツ      ブルズ
PGローソン    PGローズ
SGフォイ     SGバトラー
SFランドルフ   SFデン
PFヒクソン    PFブーザー
Cマギー      Cモハメド

1Q オフェンスではローソン、ヒクソンのキレがよく積極的に仕掛けて得点をとっていました
  とくにローソンのスピードはすごかったです
  フォイはローソンからのボールを逆サイドで受けている場面を何度かみました
  少しボールが高かったりなどがあったのでシュートはうてていませんでしたが
  コートをひろげられるし、フォイの得意な3ptもでるので、いい形を作れていたと思います
  ディフェンスはブーザーにはミドルレンジから決められていたものの、ローズにはしっかり
  ローソンが簡単には抜かせず、抜かれても、マギー、ヒクソンの2人が壁となって得点を抑え
  デンはランドルフがマッチアップしてスクリーンを使われての形でやられる場面はありましたが
  1対1ではサイズをいかして、タフショットにさせていました
  
2Q スタータの流れをそのままに、ネイト、フォーニエ、Qミラー、アーサー、モズコフのメンバーも
  オフェンスでは積極的にシュートをうって得点していました
  ネイト、アーサーは久しぶりの出場でしたが、とくに違和感は感じないプレーをしていました
  マギー、ヒクソンが戻った後はQミラーがマギーに良いパスを2本出すなどいい形を作り出していました
  ディフェンスではブルズのシュートタッチが悪かったこともありますが、しっかりチェックできていました
  終盤にAミラーがむきになってターンオーバーを何度もしてしまったのは残念です
  点差があった段階なのでもう少し落ち着いてもらいたかった
  ただベテランながらむきになって仕掛けるのはAミラーのいいところでもあるので、
  ある程度は仕方ないかとも思います

3Q ローソンは足首を痛めたみたいで戻ってこず、ネイトがスターターで開始となりました
  中盤まではネイトが不用意なパスからのターンオーバーを何度かしてしまいますが、
  ハーフコートになったときはランドルフ、アーサーがミドルからシュートを決めたり、
  マギーのポストアップがなかなか良かったりで悪くはなかったです
  ディフェンスではネイトがローズにやられてしまい、フリーを何度か作り出されてしまい得点されていました
  ローズとのマッチアップなので仕方ないですがネイトが攻守でパフォーマンスが悪かったです
  さらに終盤ターンオーバーから次々と得点をゆるしていました
  前半このメンバーで出来すぎなぐらいよく、ローソンが攻守でローズに勝っていたというのが大きかったのに
  そのローソンがいなくなってしまったので仕方ないです

4Q 序盤は3Qを引きずってオフェンスではターンオーバー、ディフェンスはファアルでしか止められずと
  ともにリズムが悪かったですが、中盤になるとトランディション、リバウンド、合わせのプレーで
  次々とヒクソンが得点してリズムを取り戻しました
  終盤はAミラーのドライブから得点、ランドルフの1対1からの得点がありましたが
  ローズ、ブーザーのコンビにやられて惜しくも負けました
  
 
  この試合ネイト、アーサーが復帰したものの、ガロはもちろん、チャンドラー、ファリードが出場せず、
  さらに後半からは怪我をしたらしく前半キレキレだったローソンも出場しませんでした
  後半グダグダになってしまいましたが、サンズ戦でみせたプレーが嘘のように
  今日は攻守でなかなかのプレーできていたように感じます
  クリッパーズ、ブルズのアウェイではよくて、ホームのサンズ戦で悪い、HCが変わろうとナゲッツはいまだに
  良くも悪くも安定感がないです。それがナゲッツの面白いところでもありますが、プレイオフを勝つには
  安定感は必要なのでショウHCには良い安定感をつけてくれると期待しています
   
   
  オフェンス 
  前半はローソン、ヒクソンが良いプレーを連発していて、それに乗ってほかの選手も
  得点できていた印象です。前半で悪かったプレーはAミラーが連続でターンオーバーを
  してしまったことぐらいです
  後半はネイトの積極性が悪い方向にでまくり、パスでターンオーバーになるわ、シュートは外れるわで
  一気に前半勢いのあったオフェンスの流れが悪くなりました
  そんななか前半悪いプレーをしたミラーと前半同様に後半もヒクソンは良かったです
  3ptが0-9、フリースローが11-20ということで、今シーズンも3pt,フリースローには苦戦しそうです
  ただミドルレンジは意外に決まっているのでそこまでペイント内ばっかりということでもないとは思います

  ディフェンス
  後半はオフェンスのターンオーバーなどから、ファアルをとられたりで、
  オフェンスのリズムが悪かったせいで、ディフェンスにも影響してしまった感じでした
  3ptをオープンにしてしまう場面がありブルズの選手が外してくれていたので、
  そこでかなり助けられていたという部分があると思います
  あと今回もディフェンスリバウンドが悪いです。今日もブルズにオフェンスリバウンド16もとられています
  インサイドの選手も積極的にシュートチェックにいくので、リバウンドに飛べないという状況になり
  リバウンドがとれていません。臨機応変に対応できればいいんですが、今のところそれができていないです
  今後どう改善していくのかが注目です

ローソン 前半ありえないほどキレキレだったんですが、怪我をしてしまったみたいです
     プレシーズンだから大事をとって休んだのか、それとも深刻なのかわかりませんが
     もし深刻な怪我なら、現状怪我人が多いナゲッツにとって相当厳しい前半戦になりそうです
     
フォイ  ロングパスをもらってシュートの形が何度かありましたが、パスが悪くてうてないという感じでした
     フォイのオフェンスでの絡み方はこういう感じが一番いいかもしれません
     自らボールを持った時はミドルを狙うんではなくドライブで仕掛けた方がまだましだと思います

ランドルフ オフェンスではトランジションからのミドルレンジを決め、オフェンスリバウンドに絡んでの得点
      ディフェンスではデンに対して、1対1ではなかなかのディフェンスをみせていました
      ガロ、チャンドラーが戻ってくるとどうなるかわかりませんが、SFでの起用でいいと思います

ヒクソン ディフェンスでブーザーにミドルを決められてはいましたが、悪いディフェンスだったわけではないです
     オフェンスではトランジションでもハーフコートでも得点できていました
     ファリードが怪我の現状開幕のスターターはヒクソンになりそうです

マギー 積極的にポストプレイからシュートを狙いまずまず決めていましたが、フリースローが3-7と悪かったです
    一昨年のシーズン後半にナゲッツに入ってから徐々にではありますが、バスケットの質があがってきている
    ように感じます。まだまだ伸びる選手だと思うので今シーズンも注目です

Aミラー 前半に流れをとめるターンオーバーがありましたが、後半はそれを取り返す得点をとっていました
     ベテランらしからぬ強引なところが良くも悪くもAミラーだと改めて感じた試合でした

フォーニエ プレシーズンを通してですがフォーニエが入ったときはいい流れでバスケットが出来ているように
      感じます。今日も攻守ともにいい出来でした
      
ネイト 古巣のブルズが相手だったんですが、攻守で残念なできでした
    ディフェンスの方はローズ相手なので仕方ないと思いますが、オフェンスでは無理なパスをなんども
    ターンオーバーにしてしまい、ネイトらしいシュートは外れてしまうという悪循環でした
    ローソンが離脱するとなると重要な存在なので調子をあげてもらいたいです

Qミラー シュートは決まりませんでしたが、良いパスを何度か送っていました
     
アーサー ミドルレンジからシュートを決め、ディフェンスリバウンドもしっかりとりと良い活躍だったと思います

モズコフ 前半は良かった印象でしたが、後半チームの流れと共にターンオーバーを何度かやってしまいました
     昨シーズンほとんど出場がなかったので試合勘がないのはわからなくはないですが
     クーフォス以上の活躍はしてもらいたいです
     
ハミルトン 積極的にドライブで仕掛けて得点していました
      これで外のシュートが入れば十分ローテーションに入れる選手なので今後に期待です

ジェームス 6分の出場で6得点と十分な活躍でした

今日の試合でプレシーズンは終了です
2勝5敗と負け越しましたが、若手が多く出れていて、収穫のある敗戦もありなかなか良かったです
開幕までに怪我人が戻ってこなくてもある程度勝負になるように、プレシーズンで試せたと思います 
開幕試合はアウェイでキングス戦です
     

  
  
 

プレシーズンで良かった DENvsPHX

スターター
ナゲッツ    サンズ 
PGローソン   PGブレッドソー
SGフォイ    SGドラギッチ
SFハミルトン  SFタッカー
PFヒクソン   PFモリス
Cマギー     Cゴータット

1Q 中盤までローソン、マギー、ヒクソンがシュートを中心にシュートをうっていきますが
  マギー、ヒクソンの確率が悪く、得点が思うようにできていませんでした。
  サンズのオフェンスもシュートが決まっていなかったので、中盤までは締まった展開というよりは
  ぐだぐだな試合展開になりました
  途中出場のQミラーがモズコフへのナイスパス、3ptなどで活躍し、その後ナゲッツはオフェンスの
  リズムがよくなり、シュートは決まらない場面もありましたがいい形を作れていました
  ディフェンスはシュートチェックにある程度いけてはいますが、スクリーンでビックマンが
  相手PGにマッチアップをしてしまい、シュートが外れてもリバウンドをとられていました
  ピック&ロールを簡単にやられるよりはましですが、今後改善する必要がありそうです

2Q 前回の試合上手くいっていたAミラー、フォーニエ、Qミラー、ランドルフ、モズコフの布陣が
  今回は上手くいかず、プラムリーのブロックにあうなど得点できず、ディフェンスでもサンズのターンオーバーに
  助けられた部分が多く、オフェンスリバウンドをとられる場面もありました
  その後マギー、ヒクソンをいれ、サンズのラン&ガンにやられてしまう時間帯はありましたが
  マギー、ヒクソンのポストプレイから得点につなげていました
  
  前半はフロントコート陣が合わせのプレーからのレイアップを外す場面が多くみられました

3Q 3Qも中盤までぐだぐだな展開でした
  1Qと同様だったので調子ではなくスターターの選手に問題があるように感じます
  個人的に原因はフォイ、ハミルトンがオフェンスで上手くはまっていなくて、ボールが回らず
  タフショットをうたざるおえなくなっているように感じました
  Aミラー、フォーニエ、ハミルトン、ランドルフ、モズコフの布陣になってからは
  フォーニエがロングレンジ、ランドルフがミドルシュートをしっかり決めていたので
  ボールが回り得点をとれていました
  
4Q 3Q終盤上手くいっていましたが、序盤なかなか得点できなくなり、サンズに逆転を許してしまいます
  その後完全に流れがサンズに傾き、プラムリーに得点、アシスト、リバウンドと暴れられ
  グリーンに次々シュートを決められ、オフェンスでは得点できず一気に、得点差をひろげられました

  ガロ、チャンドラー、ファリード、ネイト、アーサーが抜けているとはいえ
  クリッパーズ戦はそれでもいい試合をしていたのに、今日の試合は残念な内容の試合になってしまいました
  プレシーズンでよかったというひどい出来でした

  オフェンス
  全体としてレイアップをしっかり決めれない、フリースローを決めれないのも改善点ですが
  一番の気がかりはフォイ、ハミルトンがオフェンスに全くといっていいぐらい
  噛み合っていない感じがします。シュートが決まらなくて、オフェンスに絡めていない感じです
  ハミルトンはボールハンドルがあまりよくなくドライブがあまり上手くないので
  シュートが決まらなければ自分のリズムをつかめないのが原因だと思います
  ハミルトンはどう改善すればいいのか具体的に難しいです
  フォイは後半みせていたドライブからのレイアップをみせていけば、大丈夫な気がします
  
  ディフェンス
  4Qはタフショットを決められたりしている部分もあったので、仕方ないと思います
  全体的にシュートに対してチェックにいけていますが、その分、オフェンスリバウンドをとられました
 
  
ローソン シュート確率はいまいちでしたが、ドライブからのパスはよかったです
     
フォイ ボールハンドリングはいいと思うので、外でまっていたり、一度かわしてミドルシュートだけでなく
    もう少しドライブをしてもいいと思います

ハミルトン 3ptが決まらないとどうにもならないかもしれません
      ショウHCも我慢して使っていたので、はやくシュートタッチを取り戻してほしいです
  
ヒクソン プレシーズンの中では一番よくなかったと思いますが、それでも及第点はあるぐらいの出来だと思います

マギー オフェンスではまずまず存在感を出しましたが、ディフェンスでの存在感はいまいちでした

Aミラー ここ2試合積極的でしたが今日は自ら得点を狙うという場面は少なかったです  
    
フォーニエ 確率は決してよくないですが、オフェンスの軸になる良いプレーをしているように感じます
      今の状態ならフォイよりフォーニエの方がいいと思います

Qミラー 得点は3ptの2本、アシストにはなりませんでしたが良いパスも何度かありました
     ガロが復帰するまで控えSFとしていけると思います

ランドルフ ミドルシュートをしっかりと決めていました
      常に活躍が期待される選手ですが、今季こそ飛躍の年かもしれません

モズコフ 簡単なシュートを外していました

ジェームス リバウンドを積極的にとっていました

次の試合はプレシーズン最後の試合でアウェイでのブルズ戦です

収穫ある敗戦 DENvsLAC

スターター
ナゲッツ      クリッパーズ
PGローソン    PGポール 
SGフォイ     SGグリーン
SFハミルトン   SFダドリー
PFヒクソン    PFグリフィン
Cマギー      Cジョーダン

1Q オフェンスでは中盤までターンオーバーが多いのとハミルトンのシュートミスが目立ちました
  中盤以降はスクリーンからの動きでフリーを作ろうとしますが、なかなか作れず結局ターンオーバーに
  なったりなどの場面がありました
  ディフェンスはマギーがペイント内でいい動きをみせていましたが、リバウンドに関しては
  オフェンスリバウンドをとられていました。
  クリッパーズもトラベリングなどターンオーバーが多かったので助かった感じです
 
2Q 1Q終盤のメンバー、Aミラー、フォーニエ、Qミラー、ランドルフ、モズコフが序盤上手く機能し
  攻守で良い動きをみせて11-0のランを決めます。フォーニエがオフェンスでアウトサイド、インサイドと
  どちらからも上手く得点できていて、ディフェンスではQミラーがブロックをなん本か決めるたり
  組織としてチェックがはやく良いディフェンスが出来でいました
  個人的に期待している選手が活躍ということで良い場面が観られました
  その後は両チームスターターに戻し、ポールがゾーンに入ったみたいで次々と得点していき
  追い上げられます。ディフェンスはやりようがないぐらいポールのキレが凄かったです
  オフェンスはその間フリースローなどで得点はしていました
  
  1Qはいつも通りの重い感じでしたが、2Qに入ってからは攻守で良い動きをしていたと思います
  2Qは中盤まで10点差ぐらいで完全にナゲッツペースでしたが結局1点差というのはポールが凄かったの
  一言につきます
  デュラントの時もそうでしたが、スーパーエースを乗せると手の付けようがないですね

3Q ローソンが5ファアルですぐにAミラーにかわってしまいます
  その後マギーがオフェンスで頑張りますが、ディフェンスではやはりポールに得点される
  オフェンスリバウンドをとられるなどで悪いところがでます
  中盤以降ポールがベンチに下がった後は2Qよかったメンバーの
  ランドルフ、フォーニエ、Aミラー、Qミラー、モズコフでいい形で得点をあげていき、
  ディフェンスは得点を抑えて追い上げました
  
4Q 序盤3Q終盤のメンバーでいき、フォーニエ、ランドルフとアウトサイドの精度がよく
  動きもいいのでフリースペースを見つけることができたり、タフショットも決めていました
  中盤ポール、グリフィンが出場します。そこからコリソンが個人技で得点し
  ナゲッツはQミラーが得点してという展開になります
  残り5分でナゲッツはローソン、フォイを出場させ、ローソン、Aミラー、フォイと3ガード状態にします
  その後ヒクソン、マギーも出場してスターターからハミルトンをAミラーにかえた形になります
  そこからAミラーが得点すれば、ポールも得点して一進一退の展開となります
  残り2分をきってヒクソンの得点で4点差としますが、その後ポールの得点で同点となります
  残り22秒からブザービーターを狙うシュートをうちたかったんですが、うてず延長へ

OT 立ち上がりはよかったんですが、その後はロングリバウンドをとられて速攻をくらったり
  ターンオーバーからの得点をされたりで一気に得点差をひろげられました
  7点リードでクリッパーズ勝利となりました

 デュラントに続き、今度はポールにスーパースターの格をみせつけられました
 ポールといえども一年に何度もないぐらいの活躍だったはずなので
 延長までいって7点差という出来は十分です
 サンダー戦になかった攻守でのキレのある動きが全体的にできていました
 ハミルトンだけ残念な出来でしたが・・・
 ガロ、チャンドラー、ファリード、ネイトなどが欠場の中なので尚更素晴らしい試合でした
 
 オフェンス
 ランドルフ、フォーニエ、Aミラー、Qミラー、モズコフのユニットが攻守で上手くはまっていました
 単純にフォーニエ、ランドルフの調子が良かったといえばそうですが、形を作りしっかり得点をとるという
 流れがいいオフェンスをしていました。
 ユニットとしてはこの5人が機能していましたが、マギー、ヒクソンも個々に良い活躍していました
 マギーはジャンプシュート、ポストプレイと得点をあげ、ヒクソンはジェイミソンに対して
 ポストプレイ、ドリブルからジャンプシュートと4Q終盤、OTとオフェンスをけん引していました
 ミドル、アウトサイドのシュートが決まると、ハーフコートオフェンスは上手くいくということが
 しっかりと分かった試合でした
 8人が二桁得点なので申し分ないオフェンスでした
 課題があるのはやはりフリースローで、今日も19-30と悪いです
  
 ディフェンス
 デュラントの時と同様で、今日のポールを止めることは難しかったと思います
 前半のディフェンスはシュートチェックがはやく、良いディフェンスをしているように感じましたが
 後半は振り切られる場面がおおかったように思いました
 無駄なファアルが多いのもダメな点でした 

ハミルトンの活躍がなかったのは残念でしたが、フォーニエ、Qミラーと期待している選手の
活躍がみれて、しかも緊迫した試合展開だったので面白かったです
次はハミルトンの活躍で勝ってもらいたいです 

ローソン ファアルが多い、ターンオーバーが多いとあまりいいところなく終わってしまいました 

フォイ 積極的にシュートにいっていましたが、確率はよくありませんでした
    古巣相手ということで気合が入っていたのかもしれません

ハミルトン 3本うちましたが、2本がエアーボールという散々な結果でした
      次に期待です

ヒクソン 4Q終盤、OTで得点を量産して、オフェンスの多彩な面をみせていました
     調子がよかったとはいえ、ファリードよりはオフェンスの幅はかなりひろいので
     このままいくと、スターターはヒクソンの可能性が高そうです

マギー シュート確率はインサイドとしては低いですが、ジャンプシュート、ポストプレイと
    マギーらしからぬ素晴らしい動きから得点していました
    昨シーズンまでのマギーならエアーボール、もしくは滑ってこけたりというところなんですが
    決まる決まらないは日によって違うと思いますが、スムーズなポストプレイ、ジャンプシュートを
    みせています

Aミラー ポールとの得点の取り合いは楽しかったです
     ネイトが出場しないことにより今日は一段と頑張らないといけなかったのもあり
     相当ギアをあげてプレーしているように感じました
     フリースロー2本連続で外すというらしからぬ場面もありましたが、全体として良い動きでした

フォーニエ オフェンスで個人技からの3pt,ドライブからのレイアップと次々と得点していました
      オフェンスは完璧というぐらいの出来でしたが、ディフェンスでは不用意なファアルがあり
      フリースローを与えるという場面がありました
      ディフェンス面さえ改善すればスターター起用もあり得ます

Qミラー オフェンスではリーチを生かしたダンク、3ptと得点をあげて
     ディフェンスではブロックで貢献と攻守で良い動きをみせていました 
     ローテーション入りする可能性もあります

モズコフ オフェンスでのポストプレイがいい形で決まる場面がありました
     オフェンスリバウンドも体の大きさを生かした形でとっていました

ランドルフ ミドルから次々とシュートを決めていました
      これ、これをやってほしかったんです^^
      調子が良い日悪い日があるとはいえ、ミドルレンジから狙う形を作ってうつということを
      できるので今後もこれをしてもらいたいです

ジェームス リバウンドをとっていたいがいあまり印象に残りませんでした

欠場者が多い中、スターター、ローテーション入りを目指す選手がしっかりアピールしていました

次の試合はサンズ戦です


   

大敗 DENvsOKC

スターター
ナゲッツ      サンダー
PGローソン    PGジャクソン
SGフォイ     SGセフォローシャ
SFランドルフ   SFデュラント
PFヒクソン    PFイバカ
Cマギー      Cサビート

サンダーの得点後リプレイがあるため、ナゲッツのオフェンスが終わってしまう場合があります
昨シーズンもどこかの試合であったのでプレシーズンなので仕方ないかと思い観戦しました

1Q デュラントのアイソレーションをまったく止められず、次々と失点してしまいます
  ランドルフのミスもありましたが、あれだけ精度の高いミドルをうたれるとどうしようもないですね
  オフェンスの方はペイント内ではブロックをくらい、アウトサイド中心に得点していました
  そこまで悪くは見えなかったですがネイトの3pt連発がなければ得点はあまりとれていなかったです

2Q 途中数分映像が見れない時間帯がありました
  プレシーズン3戦目にしてようやくAミラーさんが積極的に得点を狙いにいき、得点していました
  得点差のある状況だったので追い上げムードへと導く得点でした
  ただその後オフェンスでは今度はQミラーが3pt、ミドルシュートを決めるなどいい感じでしたが
  デュラントが次々と得点をあげて得点差をひろげられました
  
  デュラントに対して、ランドルフ、ハミルトン、Qミラーがマッチアップするという形でしたが
  そのなかではハミルトンがまだ一番やれていたようには思います
  今日のシュートタッチのデュラントを止めろという方が無理な話です
  これまではガロ、チャンドラーなどがデュラントにはついてきていたはずなので
  マッチアップした3人はいい経験をできたと思います
  デュラントが止められないこともあって得点差はついてしまいましたが
  ここ3戦のなかで前半は一番よかったんではないかと思います

3Q 序盤ナゲッツがなんとか得点しますが、それをあざ笑うかのように
  デュラントが次々と3ptを決めてどんどん得点差がひろがっていきました
  その後デュラントがいなくなってからは拮抗した状態になりました
  ナゲッツはモズコフ、Qミラーが得点していました
  形を作っての得点というよりはたまたまの得点が多かったです

4Q ターンオーバー連発でぐだぐだなオフェンスをしていました
  勝負が決まったとはいえ、プレシーズンは勝敗をあまり気にしなくていいので
  4Qは良い部分をみせてもらいたかったですが、ひどい4Qでした


シーズンならばデュラントが凄すぎたから勝てなかったでいいかもしれませんが
今はプレシーズンなので、さっきも書きましたが、デュラントが凄すぎたで終わるのではなく
4Qはオフェンス、ディフェンスで躍動してもらいたかったです
あれだけやられればやる気をなくすのもわかる気もしますが、もう少し4Qは頑張ってもらいたかったです

オフェンス
4Q以外は悪くはなかったように感じました
それだけにどこがどう悪くて得点できていないのかもよくわからなくなってきました
おそらくペイント内での得点が少ないのが得点の低さになっている気がします
被ブロック7本くらっているようにペイント内で得点がとれている感じがしません
昨シーズンはペイント内だけの得点ぐらいの感覚だったので、
それを変えるためにプレシーズンでアウトサイドを中心に戦っているのなら
これからということになるので、開幕してもオフェンスが完成していなくても
仕方ないかなと思います。昨シーズンもイギー加入後すぐ結果がでたわけではないので

ディフェンス
何度も書いていますがデュラントが凄すぎた
あれだけミドル、3ptから精度高くシュートを決められると1対1じゃ防ぎようがないです
シーズン中ならダブルチームや、フェイスガードで仕掛けることもあると思いますが
ランドルフ、ハミルトン、Qミラーに経験を積ませるためか、ほとんど1対1の状況で
ディフェンスをさせていました
サンダーにオフェンスリバウンド21もとられているのはデュラントとはあまり関係ないので
今後しっかりしないといけない部分だと思います

個々の選手について

ローソン 良いドリブルをしていましたが、ターンオーバーが多かったです
     ドライブを仕掛けてもパスを選択せざるをえない状況となっていました
     
ヒクソン ミドルレンジから確率よく決めていました
     ここ3戦に比べるとインパクトはなかったですが、悪くはなかったです

マギー フックシュートがエアーボールになるなど、ヘンなシュートはありましたが
    今日もフリースローの確率がよく5-5と完璧に決めました。リバウンドも8で十分です
    この試合展開のなかでこれぐらいできればかなりいいと思います
    今後もこの調子でいってもらいたいです

ランドルフ 現役最高クラスのSFとのマッチアップだったので今日の結果は仕方ない部分が大きいです
      
フォイ  スパーズ戦がいいきかっけになればと思いましたが、今日はいまいちでした
     連携の問題なのか、実力なのかまだはっきりとはわかりません 

ファリード イバカ相手に攻守で苦戦していました
      とくにオフェンスではポストプレイからのレイアップをブロックを意識しすぎて
      エアーボールが何本かありました
      ヒクソンが安定しているだけにスターター争いはわからなくなってきました

Aミラー 8分の出場で10得点とようやく得点意欲をみせました
    大差で負けていたこともあったのかかなり積極的でした
    開幕までは無理せずでいいと思います

ネイト  1Qの連続3pt以外はあまり目立ちませんでしたが
     自らチームの流れを変えられる選手なので今後も期待です

フォーニエ 悪くはなかったですが、よくもない感じです
      何か決定的なものがあればフォイを差し置いてスターターになる可能性もあります

Qミラー プレシーズンでは一番良かった出来でした
    オフェンスでは3ptを決めて、ディフェンスではブロック2本とリバウンドも3つとっています
     これからもっと活躍してもらいたいです

ハミルトン 3pt精度がいまいちで微妙な出来でした
      フォイ、フォーニエと同じく、個人的にはまだSGのスターターはまだ決まっていないと
      思うのでこれからのプレー次第でスターターもあると思います

モズコフ 攻守でなかなか良かったと思います 

アーサー まだアーサーの良い部分があまりみられていないのでこれからです
    
ジェームス 前の試合同様リバウンドにはよく絡んでいましたが、それ以外はいまいちでした

次の試合はクリッパーズ戦です  


   

フォイが活躍 DENvsSA

スターター
ナゲッツ      スパーズ
PGローソン    PGジョセフ
SGフォイ     SGグリーン
SFランドルフ   SFレナード
PFヒクソン    PFディアウ
Cマギー      Cスプリッター

1Q 立ち上がりナゲッツは全くシュートが決まらず、一方でスパーズは主力を欠く中でも
  しっかりと形を作り得点をあげていて7-0とされます
  その後ランドルフの3ptが決まり、フォイがミドル2本、ローソンからフォイにパスが渡り
  3ptを2本と次々とシュートを決めていき逆転となりました。
  スクリーンからというよりもローソンのドライブからや、速攻の形からフォイの3ptを狙う方が
  いいかなと思わせるシュートの決め方でした
  その後ファリード、モズコフ、フォーニエ、ハミルトン、ネイトが出場し、
  オフェンスの流れは良かったんですが、ハミルトンのシュートが決まらず
  得点はあまりできませんでした

2Q Aミラー、アーサー、Qミラーが出場
  スクリーンを使って形を作りますがシュートが決まらずオフェンスが停滞気味で進みました
  終盤ローソン、フォイ、マギーが戻ってからディフェンスでマギーのブロック2本などから
  ファストブレイクで得点していきました
 
ローソンがいるときはまずまずでしたがハーフコートでのオフェンスがなかなか決まっていませんでした
スパーズが主力を欠く中でもスクリーンを巧みに使ってフリーを作り出す動きは参考になると思うんですが
活用するのは難しいんでしょうかね

3Q 序盤スパーズに内、外からシュートを決められ逆転されます
  その後もなかなかオフェンスでリズムを作れないまま進み
  ディフェンスでもスパーズにシュートを次々と決められ、点差がひろがりました
  スパーズが上手くシュートを決めていたのでディフェンスはそこまで悪くはなかったですが
  オフェンスでやはりハーフコートで得点できていませんでした
  
4Q 立ち上がりにフォイの3pt、ハミルトンのスティールからのダンクで同点となります
  その後スパーズも得点、ナゲッツはネイト、ヒクソンのピック&ロールから2回連続得点して
  一進一退となります。
  中盤はスパーズのターンオーバーに助けられた形で得点をあげていき、
  終盤はローソン、ネイト、フォーニエ、ファリード、アーサーというスモールラインアップで
  トランジションなどからの得点でなんとか得点差をひろげられました

パーカー、ダンカン、ジノビリがいないなか、さらに後半からグリーンを出さず
4Qはレナードを出場させていないにもかかわらず、4Q終盤にようやく得点差が離れるという試合に
なってしまったというのは残念でした
ただカールHCの頃からどのチームにも勝てて、どのチームにも負ける要素があったナゲッツなので仕方ないかなとも思います

オフェンス
ハーフコートオフェンスで苦戦しているのは変わらずでしたが、フォイ、ヒクソンの新戦力が活躍したのは
よかったと思います。ヒクソンはプレシーズンその前の2戦とも良い動きをみせているので特別ではないですが
フォイはここ2戦は全くオフェンスに絡めていなかったので、今日の活躍はうれしいです
まだスクリーンを使ってフリーになりパスをもらってシュートを決めるという理想の形にはなっていませんが
自らシュートを狙い決めたり、ローソンからのパスで3ptを決める場面、さらにいいアシストも何度かありと
ようやくフォイのいいところが見られました
単純にシュートタッチがよかったといえばそれまでですが、これをきっかけにしてもらいたいです

ディフェンス
スパーズの主力がいないなかででしたが、巧みなスクリーンからフリーを作られ、シュートもきっちり決められました。
フリースローを外してくれていたのと、マゲッティの確率が悪かったので助かった印象です
スパーズのようなハーフコートオフェンスが出来ればと何度も思ったぐらい、いいハーフコートオフェンスをしていました

ナゲッツにとってトランジションは大きな武器なので、なくす必要はないですが
プレイオフを勝ち上がるにはスパーズの主力がいなくても試合になるような
ハーフコートオフェンスをする必要があると感じる試合でした

個々の選手について

ローソン 速攻でもハーフコートでもいいオフェンスを展開していたと思います
     ただフリースローが4-7としっかり決められていません
     一時期ローソンがフリースローを外しまくっていた時期があったので心配です
     開幕までには修正してもらいたいです

ファリード 22得点、9リバウンドと好成績でした
      ポストプレイからエンドワンを何度か決めたり、速攻のフィニッシャーになったりと
      良い部分が多く出た試合でした

マギー 2戦よかったオフェンスでしたが、今日はさっぱりでした
    ただディフェンスではブロック2本を決めるなど、守護神としてはよかったので
    総合的には良い活躍といえると思います

フォイ 初戦、2戦目と全くオフェンスに絡めていませんでしたが、今日は15得点と活躍しました
    チームとしてのオフェンスという形ではまだまだですが、シュートを決めれていたので
    今後につながる良い試合になったと思います

ランドルフ SFとして先発しましたが、3ptを一本決めて、リバウンドも7とPFよりもSFの方が
      いいような気がします
      シュート力が上がれば、SFで十分いける選手だと感じました

Aミラー ここ3戦ほとんどギアをあげていない感じなので、プレシーズンはこのまま、若手の活躍を
     見ているという感じになりそうです
     アンドレさんは開幕に合わせてくれれば十分です

ネイト シュートで積極的過ぎた面はありましたが、ヒクソンとのピック&ロールは今後使えそうなぐらい
    綺麗に決まっていました
    
フォーニエ フリースローは5-6でしっかり決めていますが、シュートがいまいち決まりません

ハミルトン いい形でシュートをうてているんですが、決まりません
       
モズコフ オフェンスではポストプレイから得点しようとしていますが、ほとんど押せず
     ミドルシュートの確率も悪いです
     ディフェンスでは壁としてゴールをまもっているので、オフェンスが悪くてもいいので
     今日のようにディフェンスで活躍してもらいたいです

ヒクソン ピック&ロールからの得点、速攻のフィニッシャーといい感じで得点していました
     今の感じだとシーズンでも問題なく活躍してくれそうです
 
Qミラー いいブロックが1つありましたが、それ以外は印象に残りませんでした 
     前回も書きましたが、もう少し積極的にシュートにいってもいいと思います

アーサー ミドルを決めるなどまずまずといったところです

ジェームス オフェンスリバウンドに絡みよくとっていました

個人的に期待している、フォーニエ、ハミルトン、Qミラーのプレシーズンでの出来があまりよくないので
残念ですが、まだ試合はあるのでここからローテーションを勝ちとってもらいたいです

次はサンダー戦です




早くも先行き不安になるオフェンス DENvsLAL

スターター
ナゲッツ      レイカーズ
PG ローソン    PGナッシュ
SG フォイ     SGミークス
SF Qミラー     SFヤング
PF ファリード   PFガソル
C マギー      Cケイマン

1Q 前の試合の28ターンオーバーを上回るつもりのようにやっているのかというぐらい
  ターンオーバーを繰り返し1Qだけでもしてしまいます
  そしてFGも3-18で16%とほとんど決まらず、フリースローをもらっても外しまくり
  得点のにおいがほとんどしない、1Qでした
  ディフェンスも特別よかったわけでなくレイカーズもターンオーバーを何度かしていたので
  助かっていた印象です
  
2Q シュートが決まりだし、パスが回り次々と得点するレイカーズに対して、
  ナゲッツのオフェンスのギアは全く上がらず得点差は広がる一方で20点になります
  特別にレイカーズのディフェンスがよかったというわけではなく、1Qの流れをそのまま引きずり
  ターンオーバーはしなくなりましたが、ボールの回りが良くてもシュートが決まらず
  打開の仕様がない感じでした
  終盤オフェンスリバウンドをとりまくるなどでなんとか追い上げはしましたがひどい
  1Qに続きひどかったです
  
まさか開幕戦よりひどい前半になるとは・・・
ターンオーバーに始まり、フリースローミス、シュートミスと悪循環に陥っていました

3Q ハーフコートではヒクソンのミドル中心に攻めますがなかなか決まらずでしたが
  トランジションからの得点で得点差は少し縮めます
  その後マギーのフリースロー、ポストプレイからのフックシュートとらしくない得点をあげて
  得点差をつめたところで、ローソン、ネイトのダブルガードコンビ出場となりました
  ポストプレイ中心でオフェンスをしていたので、特になにかがあったわけではありませんでした
  3Qのオフェンスはヒクソン、アーサーに対してかなりの割合をピック&ポップを多用
  していたように感じました。(うまくシュートは決まっていませんでした)
  
4Q 両チームスターターは下げていましたが、その場合の戦力はナゲッツが勝っているので
  ネイト、ランドルフの得点などで終盤は大接戦になりました
  ターンオーバー、フリースローミスなどが響き結果2点差で負けました
  スターターとベンチの差があまりないナゲッツなので、こういう展開になれば勝ってもらいたかったです

オフェンス
前半はターンオーバーに始まり、フリースロー、シュートなど全てにおいてダメダメでしたが
後半はターンオーバーをあまりせず、ピック&ポップや単純なポストプレイなどでせめていて
あまり決まりませんでしたが、前半よりは遥かにましでした
ガロ、イギーがいた昨シーズンはハーフコートでも捻じ込むことが出来ましたが
今のところをみていると、ハーフコートで脅威となれる選手がローソンのドライブぐらいしかないです
ハーフコートでなんとか得点をとれる方法をプレシーズンのうちに見つけないと厳しいことになると思います
オフェンスでシュート精度が悪いのはある程度仕方ないにしても、フリースローにまで影響しすぎです
ここ数シーズンの課題ですが今シーズンこそフリースローをしっかり決めてもらいたいです

ここ2戦をみていると、新加入のネイト、ヒクソン、アーサーは自分の役割をしっかりこなせているように
感じますが、フォイがどうもオフェンスに参加できていない感じです
フォイがフィットするかどうかシーズンに向けて重要になってきそうです

ディフェンス
ナッシュの動きが昨シーズンまでと違ってキレていたこともあり、かなり揺さぶられてオープンを作らされて
いました。ケイマン、ガソルとミドルをうてる選手がいるので、対応が遅れる場面があり簡単にダンクで
合わせられて得点をゆるしていました。
ナゲッツのディフェンスが悪かったというより、レイカーズのオフェンスがなかなか捕まえずらい
オフェンスを展開しているように見えました


勝ち負けはそこまで気にしなくていいんですが、内容が1戦目より悪かったのは残念です
とくにフリースローはなんとかして決めていかないと、今シーズンはガロが戻ってくるまで
安定して得点をとれる形にはなりそうもないので、とれる時はとっておいてもらいたいです

ローソン ドライブは決まっていましたがレイアップのところでブロックをされてしまう場面が
     何度かありました。フローターシュートを練習していたというのを聞いた覚えがあるので
     もう少しそれをみせてもらいたいです

ファリード タイミングが合えば果敢にミドルシュートを狙っていましたが、あまり入りませんでした
      USA代表の青白戦でもミドルを狙っていたので、おそらくこれを今後伸ばしていこうということで
      だと思うので、プレシーズンのうちはどんどんうって自信をつけるのがいいかもしれません
      もしミドルレンジが入るようになれば相当な武器になるので
      リバウンドの意識も高いみたいですし、プレシーズンではオフェンスバリエーションを増やすのも
      いいかもしれません

マギー 1戦目に続きなかなか高いパフォーマンスをしていました
    ポストプレイからの得点、リバウンドの意識、ディフェンスでのブロック、攻守で活躍でした
    まだプレシーズンなのでなんともいえませんが、今のところは上出来だと思います

Qミラー 積極的にアウトサイドから狙ってもいいと思います
    ショウHCも期待しているので、次は活躍を期待したいです

フォイ 試合になかなか入れておらず、ほとんど存在感がなかったです
    イギーの代わりというよりは、アフラロみたいな存在になってくれればと思います

Aミラー 今日も得点できませんでしたが、あまり無理せずといった感じだと思うので心配ないと思います

ヒクソン フリースロー3-9はひどいのでどうにかしてもらいたいですが、ほかはよかったと思います
     ファリードとほとんど同じタイプですが、ファリードは爆発力をもっていて、ヒクソンは
     安定していて柔軟なオフェンスをしている印象です
     あと気になったのはディフェンスでピック&ロールの対処が悪いので
     フリースローとディフェンスを改善できれば、さらに安定した活躍をできると思います

フォーニエ ドライブで抜き去ることは何度かできていましたが、決めるまではいきませんでした
      あとシュートタッチがいまいいちでした
      フォイがあまりフィットしていないので、開幕スターターを狙うチャンスだと思います
      
ネイト ミドルレンジのシュートの確率が悪かったです
    それでもターンオーバー0で、追い上げるきっかけとなる連続シュート成功はよかったです
    流れを変えられる存在としていいと思います

アーサー ミドルがあまり決まらず、ほかの存在感はなかったです

ランドルフ SFとしてプレーする場面もみられ、まずまずよかったと思います
      アウトサイドのシュートが決まるようになれば、ボールハンドリングはPG並に良いので
      SFとしてもできると思います

ジェームス 積極的にシュートにいき決めていました
      まだよくわからないのでこれからといった感じです

次の試合はホームでスパーズ戦です

  
  

プレシーズン開幕 DENvsLAL

2か月近く更新をしませんでしたが
ナゲッツのプレシーズンが始まったため
これから随時更新していきたいと思います
今シーズンもよろしくお願いします

このnbaが休みの期間、nbaと同じくらい好きな野球、サッカーなどの観戦を
していて、さらに興味が出てきていたNFLにもはまりました
応援しているチームはデンバーブロンコスです
理由はナゲッツと同じくデンバーというのが大きな要因で、それに重なりマニングというNFLをまったく
知らなかった自分でも知っていた選手の加入、そしてボンミラーという選手の動きが
素晴らしく好きな選手になったことです
一昨年ぐらいからブロンコスの存在は知っていて、ティーボウという選手が
有名になっているという話をききそこでは結果をみるぐらいでした
マニングの加入で一気に強豪になったときにファンになるという
NFL好きの方から怒られそうな形でファンになってしまいましたが
弱くなったから、好きな選手がいなくなったからで応援するチームは変えないと思うので
おそらくブロンコス一択で今後応援していこうと思います

ナゲッツの話題に戻ると更新していない間に起こったことといえば
グリーンがヨーロッパでプレーするということぐらいだと思います

開幕に向けてショウHC率いる新生チームがどんな感じなのか

スターター
ナゲッツ    レイカーズ
PGローソン   PGナッシュ
SGフォイ    SGヤング
SFQミラー    SFジョンソン
PFファリード  PFウィリアムス
Cマギー     Cガソル

前半
1Q終盤はトランジションなどから得点できていましたが
後はとにかくグダグダな展開でした
他のチームを見ていないので、よくわかりませんが、プレシーズンの開幕戦の
前半はこんな感じでいいんでしょうかと心配になるぐらいターンオーバーが飛び交い
グダグダな前半でした
試すという意味合いが強いので、積極的にいくのはいいんですがファリードはいきすぎ
ジェームスというよくわからない選手もいまいちでした
よかったのはリバウンドの意識、ランドルフ、フリースローが意外に決まっていたことぐらい
ディフェンスは内、外ともになかなかよかったように感じました

後半
ピック&ロールへの対応がよく、抜かれても身体能力の高いC、Fが待ち構えるという形で
ペイント内で簡単に得点させずいいディフェンスが出来ていてよかったですが
オフェンスは繰り返しムービングスクリーンをとられるなどぎこちない動きがでていました
3Q終盤ネイト、フォイの3ptは気持ちよく決めてくれました
4Qはレイカーズがヘンリーの活躍、サマーリーグでナゲッツでプレーしていたオドムが
豪快のダンクをみせるなどなかなかの活躍をみせていました

DEN97-88LAl 

オフェンス
トランジションでのターンオーバー、スクリーンでのターンオーバーと次々出ていました
初戦なので仕方ない面はありますが28個は多すぎます
ファリード、マギーのポストプレイからの得点は今シーズンも今のところ期待できそうにないです
ただマギーがミドルレンジからシュートをしっかり決めていて、フリースローも6-6でした
もともとシュートが下手な感じには見えなかったので、フリーのミドルレンジを決めてくれると
オフェンスの幅が広がりそうです
さらにヒクソン、アーサーが出場した際もミドルシュートを狙う場面があったので、
これを確率よく決められると、ピック&ロールの効果が高くなりいいオフェンスができそうです
一番空回りだったのはファリードで、正直リバウンド、ディフェンスで頑張ってからんでくれれば
十分なので、プレシーズンでは積極的に得点を狙うプレーはいいですが、あまり無理はやめてほしいです

ディフェンス
レイカーズがミドルが決まっていなかったのもあってか
ピック&ロールへの対応はなかなかよかった印象です
ターンオーバーをしてもしっかりディフェンスする意識がある感じでした
昨シーズンディフェンスを支えていたイギー、ブリュワーが抜けて
難しいとは思いますが、ショウHCへの一番の期待は守備強化だと思うので
ここをなんとかしてもらいたいです

新生ショウHC率いるナゲッツの初戦ということで、グダグダ感はいなめませんでしたが
久しぶりのナゲッツ戦だったので楽しめました
新加入の選手はフォイ以外は持ち味をだせていたと思います
個人的に期待しているフォーニエ、ハミルトン、Qミラーにはプレシーズンで結果を出して
ローテーション入りしてもらいたいです

個々の選手について

ローソン 15得点、10リバウンド 6アシストとトリプルダブル目前の成績でした
     キレが抜群でドライブで切り裂く場面が何度かみられたので、怪我をしない限り
     今シーズンもいい活躍をしてくれる状態にあるなと感じました

フォイ 新加入ということでオフェンスではターンオーバー5、スクリーンから上手くフリーになれず
    シュートもあまりうてていませんでした
    ディフェンスはタイトにつけていて、悪くなかったです

Qミラー 個人的にも期待している選手で、ショウHCが期待しているらしいですが
     今日はフリースローを4本外すなどオフェンスでの活躍がありませんでした
     ガロが戻ってくるまでにアピールすればローテーション入りもあるだけに
     頑張ってもらいたいです

ファリード 積極性が完全に裏目にでてしまいました
      プレシーズンなのでいろいろ試すのはいいんですが、出来が悪かったです
      
マギー ポストプレーから得点できなかったんですが、ミドルシュートを決め
    リバウンドに積極的に絡みなかなか良かったと思います
  
ヒクソン 特別いい感じはしませんでしたが、10得点、6リバウンドとなかなかの成績です
     今日みたいにファリードが不調な時には十分すぎるぐらいのバックアップが出来るので
     貴重な存在です

モズコフ オフェンスではスクリーンファアルをとられるなどいまいちでしたが
     ディフェンスでは壁のように立ちはだかって、5ブロックしました
     
フォーニエ オフェンスでは9得点ともう少し得点をとれた感じもしましたが、まずまずで
      ディフェンスでも良い動きを見せていたと思います
      
ハミルトン ディフェンスでスティール後ダンクといういい形で得点していました
      3ptが1-4なのでここを安定して決められるようになると、あとはディフェンスの改善だけで
      十分スターターになれると思います

Aミラー 自らシュートにいくことはなく、ボール運び、アシストに徹している感じでした
     
アーサー ミドルシュートを決めていましたが、それ以外はいまいち印象に残りませんでした

ランドルフ 豪快なダンクからの得点をしましたが、前半の段階で5ファアルになるなど
      悪い場面もありました
      線が細いだけにミドルレンジから得点できないと厳しいです

ネイト 早いタイミングで3ptを狙えるのでナゲッツにとっては大きな武器になりそうです 
    
ジェームス 見たことない選手でしたが、いまいちな感じでした

次の試合もレイカーズ戦みたいです

プロフィール

マーティン

Author:マーティン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
人気ブログランキングへ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。