スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナゲッツのドラフト指名選手を考える~1ナゲッツのニーズとは?

現在カンファレンスファイナルが進行中、今季残っている貴重な試合もちろん全試合チェックしています。
これまでプレイオフの試合を適当に予想したり感想を書いてきたので、
今回もカンファレンスファイナルについて思うことを書くのもいいんですが
一応ナゲッツのブログなので、ドラフトの指名順位がが決まったということもあり、
今回から数回ドラフト指名を誰にするか?というテーマでいきたいと思います。

 今回は指名選手を考えるのではなくて、ナゲッツのニーズはどういうものだろうか
という根本的なことを考えたいと思います。
ドラフト指名で重要視されることといえば主に2つ
1 ポジション
2 即戦力か将来性


何度も書いてきていますがまずロスターをみてみると
PGローソン、ネイト、ブルックス
SGフォイ、フォーニエ
SFガロ、チャンドラー、Qミラー
PFファリード、アーサー、ランドルフ、ヴィセリー
Cモズコフ、マギー、ヒクソン

怪我のヒクソン、ネイトは来季すぐには戻ってこないことを考えても、
ある程度の戦力は保てていて、それぞれのポジションにそこそこの選手が揃っている状況にあります。
1のポジションに関して言えば、PGサイズのPGとPF過多なのでPFは外すとして、
それ以外のポジョションということになると思います。
そして難しいのが2の即戦力か将来性、正直NBAでプレーして観ないとまったく見当もつかないのですが、
現時点で判断できることということです。
指名後すぐに活躍できる選手を求めているのか、現戦力のなかで成長を待てる選手を
考えるのか、上記でも書いた通りナゲッツのロスターは安定しているので、スター選手で
ない限りすぐにスターターになることは難しいし、ローテーションに入るのもそう簡単には
いかないと思います。

結論としては
1 SG、SFのポジション
2 どちらかといえば将来性


ということでドラフト指名選手を考える前にナゲッツのニーズを考えました。
11位指名となると多数の候補がいるので、次回から指名選手を考えていく上で
2の即戦力か将来性というのは外して考えますが、1のポジションはある程度考慮して
指名選手を予想していこうと思います。
スポンサーサイト

奇跡はDENには起こらなかった

ロッタリー抽選、ニックスのHCになるかもしれないと噂されたショーHCが
ナゲッツの代表として参加。
11位でナゲッツと呼ばれなければ3位以内確定でしたが、結果呼ばれてしまい11位確定。
当然といえば当然ですが奇跡は起こらず、前回記事にしたもし1位指名獲得したらのことは
妄想は妄想のまま終わりました。
ナゲッツは奇跡を起こせませんでしたが、今回奇跡と呼べる確率で1位指名を獲得したのが
またもやCLE、1.7%というとんでもない確率で1位指名権を獲得。
4年のうちで3回目となる1位指名権、ドラフトはCLEのためにあるかのような結果です。


1位指名は夢に終わりましたが、11位指名権をどう使うか考えなければなりません。
過去10年の11位指名選手
2004 ビードリンシュ
2005 フランバスケス
2006 JJレディック
2007 エイシーロウ
2008 ベイレス
2009 テレンスウィリアムス
2010 コールオルドリッチ
2011 クレイトンプソン
2012 メイヤーズレナード
2013 カーターウィリアムス


11位指名にしてはまずまずの選手がいるので、良い指名が出来る可能性はあります。
指名するのも一つの手ですが、この指名権をトレードに使うのもありだと思います。

ドラフトまで1ヶ月ちかうあるので指名するならだれを選ぶのか
また記事にしたいと思います。

もしDENがドラフト1位指名権を獲得したら

ドラフトの抽選が明日行われます。
ここまで10年間プレーオフに出場し続けてきたナゲッツからするとメロ以来のドラフト抽選、
自分にとっては応援しているチームで初めての抽選であります。
これまで20位ぐらいの指名だったのでそこまでドラフトに対する盛り上がりはありませんでしたが、
今回は最低でも11位、もしかしたら1位だってありうるという状況で明日のドラフト抽選、そしてドラフト予想が
いつもより楽しみになっています。

そこで明日に控えたドラフト抽選で今日がどの順位を得られるかの妄想が出来る最後ということで
もしナゲッツが1位指名権を獲得したらというテーマで書いていきたいと思います^^

えっと、本題に入る前にまず何度も書いていますが今一度、ナゲッツのドラフト指名権の確認をすると
ナゲッツは自身の指名権とニックスの指名権の良い方を選択できる。
確率を調べると
1位指名権獲得率 DEN0,8% NYK0,7% 計1.5%
2位指名権    DEN0.9% NYK0.8% 計1,7%
3位指名権    DEN1.2% NYK1.0% 計2.2%

今回は1位指名を獲得できたらということで進めていきます。 
TOP3指名濃厚なウィギンス、パーカー、エンビッドの誰かを獲得できる確率は
DENが3位以内を指名できる確率は2.9%、NYKは2.5%なので計5,4%となかなかのもんです。
指名権の確認と確率はこんな感じです。(間違っていたらすいません)

ここから本題の1位指名権を獲得できたら
ドラフト指名権のトレードということも考えられますが、それはなしの方向で話を進めます。
指名するとなれば間違いないのはウィギンス、パーカー、エンビッド3人の
誰かを指名することになるということ。
 ナゲッツには3人のなかで誰が必要なのかを考えます
まずは現状DENのロスターを確認
PGローソン、ネイト、ブルックス
SGフォイ、フォーニエ
SFガロ、チャンドラー、Qミラー
PFファリード、アーサー、ランドルフ、ヴィセリー
Cモズコフ、マギー、ヒクソン

ネイト、アーサーがPlayer Option、ブルックス、ヴィセリーは完全FA
ネイト、ヒクソンは怪我で来季満足に出場できるかどうか微妙。

ウィギンス、パーカーはSF、エンビッドはC
SFにはガロ、チャンドラー、Cモズコフ、マギー、ヒクソン
両ポジションとも十分人材は揃っています。
ただ今シーズンのように怪我のリスクを考えなければならず、そうなると今季のことを考えれば
計算できるのはモズコフのみで後は不透明。
Cはヒクソンが1年かかるかもしれない状況といえど、なんとかモズコフが計算できる
さらにエンビッドが怪我を抱えている、SFの2人共怪我がち
こういう現状から1位指名をするとなるとSFであるウィギンス、パーカーが現実的な気がします。
ではウィギンス、パーカーのどちらを選択するか
どこのチームもそうだと思いますが、ナゲッツに必要な要素はハーフコートで安定して得点力を
発揮できるSFの選手、理想はレブロン、デュラント、メロのようなgo to guy
メロ移籍以降ずっと課題としてきたことで、PGであるローソンには十分可能性がありますが
やはりSFで得点力がある選手にはどうしても勝ち目がない。
この要素を昨季要所で披露していた、ガロにまだ期待していますが怪我でどうなるかわからない。
どこからでも得点できるナゲッツの布陣に軸をいれれば
最大目標である優勝に近づくことが出来るはず

それでは結論に入ります
ウィギンス、パーカーどちらもgo to guyになってくれる選手だと思いますが
現状の得点能力でいえば、ウィギンス<パーカー、ということでナゲッツの布陣の軸と
なれるという観点で1位指名はパーカーに決定

パーカーのオフェンス能力は完成されすぎていて、メロと似たプレースタイルなのでスーパースターにはなれても、
優勝がなかなか遠いというその足跡をたどる可能性も十分ありますが、現時点で選択するならパーカーかなと。
もちろん、ウィギンスの能力は計り知れないし、今後のことを考えればウィギンスの方がいいのかも
しれませんが、将来性の話をすれば完成されているとはいえパーカーも十分あるのでやはりパーカー・・・
usa代表でみれるというのもあります^^
2位で指名出来たらということも考えると、誰が残っているかわかりませんが
優先順位として1パーカー、2ウィギンス、3エンビッドです。
ここまでやってなんですが、1位指名権を獲得したらということで1人を決めないと
いけないので理由をこじつけて最終的にパーカーを選択しましたが、
正直ウィギンス、パーカー、エンビッド、実力的には変わらず、これからどうなっていくか
なんか読めるわけでもないので、この3人ならだれでもいいというのが本音です^^

各所で間違いがあると思いますが、1位指名など確率的に奇跡といえるレベルで
明日こんな妄想は吹き飛ぶと思うのであまり気にせず、書きたいことを書きました。
まず間違いなく11位指名になると思うので、指名できそうな選手、ナゲッツに合いそうな選手を
とりあげたいと思います。

WAS敗退、CONFERENCE FINALS組み合わせ決定

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

WAS game3敗戦でgame4はmust winの展開に

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

MIA、SAS2連勝

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

CONFERENCE SEMIFINALS WASが先勝

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

CONFERENCE SEMIFINALS 決定

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

game7へ5試合突入 リラード劇的なブザービーター 

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

game7が楽しみ

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
プロフィール

マーティン

Author:マーティン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
人気ブログランキングへ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。