スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-15開幕戦 DENvsDET

待ちに待った開幕。
開幕にもかかわらず客席には空席が・・・やっぱプレーオフ出場できなかった影響は大きいのか。
選手紹介から映像が始まり、アフラロのスピーチがありました。
開幕戦だけでなく毎試合選手紹介から映像を流してほしいっす^^

ナゲッツ     ピストンズ
PGローソン    PGジェニングス
SGアフラロ    SG KCP
SF ガロ      SFシングラー
PFファリード   PFスミス
Cモズコフ    Cドラモンド


DENはヒクソンが、DETはモンローが出場停止

1Q 2014-15シーズンDENのファーストオフェンスはトップの位置でローソン、ファリードの
  P&R→ローソンがドライブして右コーナー3ptラインで待ち構えていたモズコフへキックアウト→
  モズコフ3ptを狙うも外れる→ファリードがティップイン。

  最初のオフェンスは出来ればガロを使ってほしかった・・・。ただ結果的にファリードの
  ティップインという会場が盛り上がる得点が入ったのでよしです^^

  DET初得点はジョシュスミさんのミドルジャンパー。
  その後今度はファリードがポストアップから右フックを決め、ローソンのドライブで引き付け
  モズコフへパス、完全フリーになったモズコフがドライブしてダンクと良い立ち上がりを魅せる。
  立ち上がりは快調でしたがガロ、ファリード、モズコフとタフショットが続き、
  ドラモンド、スミスにポストプレーから決められて同点。
  その後ガロがローポストでもらいポストプレーでファアルをもらうなどで得点しますが
  スミスのミドルが連続で決まり同点で残り5分。
  モズコフに代わりヌルキッチ出場。
  交代直後めまぐるしく攻守が入れ替わる展開に。
  PSでも何度か魅せていたローソンのドライブからファリードに合わせるというパターンが
  出ましたが上手く決まらずTO→3対1で速攻をくらいますがガロがブロック→ローソンドライブから
  レイアップを狙うもスミスがブロック→DETの速攻を狙うパスをガロがスティール→今度は
  DENの速攻となりますがガロがパスフェイクに気を配りすぎてスミスがチャージングを狙ってんのに
  気づかずオフェンスファアル。この場面は正直どちらもぐだぐだでした^^
  ローソン、ガロ交代で長袖のフォイとウィルチャン出場。
  3度目のアフラロのローポストでのポストプレー、フェイダウェイでシュートを決める。
  ハイ・ローでアーサーからヌルキッチにボールが渡りヌルキッチが初得点。
  フォイのスティールからアフラロが速攻でレイアップを決めしかもエンドワン。しかしFTは失敗。
  その後アーサー、フォイのシュートが決まらずで、スミスに得点され1Q終了。
  DEN23-21DET

2Q ネイト、フォイ、ウィルチャン、アーサー、ヌルキッチで開始。
  1分経過したところでマギー登場。大歓声^^
  ヌルキッチの初得点と同じ形、ハイ・ローでアーサーからマギーにパスが渡り得点。
  マギーがぺネトレイトしてきた選手に対して全てブロックに飛んでる。
  オーガスティンにブロックをかわされて得点、体を預けられてファアル。(マギーが悪いわけ
  ではないです^^)残り8分同点でアーサーに代わりファリード出場。
  ネイト、タフバンクショットを決めたうえエンドワン。
  ファリードがジェレブコを離しすぎてフリーで3ptをうたれ決められる。
  スミスの時はある程度うたしてもいいですが、ジェレブコはまずい。
  マギー3secondTO、ネイト3pt失敗でオフェンスが決まらず、シングラーの3ptで6点差に。
  ガロの外からのシュートがこないなか、ファリードがオフェンスリバウンドで得点。
  ファリードがナイスパスでモズコフダンクを決めるも、とにかく外が来ないので勢いに乗れない。
  DETの3秒でFT獲得、なんとモズコフがFT・・・ガロでいいんじゃないか?決めたからいいけど 
  ファリードのミドルジャンパーが決まるもガロはこない。
  最後ローソンがステップバックジャンパーを決めて2Q終了。
  DEN42-40DET

FG41.5% 3pt11.1%(1-9)FT7‐9
DENが望んだことか、DETがさせたことなのかわかりませんが、
明らかに速攻の機会はあまりなく、ハーフコートオフェンスがほとんどの前半。
スターターの時間帯はローソンのP&Rやファリード、アフラロ、ガロがローポストでポストプレー
ベンチの時間帯はフォイ、アーサーのピック&ポップ、とかハイ・ロー、ハーフコートオフェンスを
色々やっていたのは見えました。ただ上手くいっていたといえるのはハイ・ローぐらいです。
やっていることは悪くないと思うので後半シュートを決めてほしいです。

DET 40% 3pt25%(3-12) FT5-12 
 

3Q 後半最初のオフェンスはローソン、ガロのピック&ポップ?、ローソンがぺネトレイトして
  キックアウトでガロが3ptを狙いますが外れる。ファリードのポストプレーから右フック失敗。
  後半初得点はアフラロのポストプレーからフェイダウェイでの得点。
  続いてモズコフが1on1でミドルを狙うも失敗。
  P&Rなどを使うのではなくファリード、アフラロ、モズコフと3連続で1on1勝負をさせている。
  シングラーの3ptが外れた所をドラモンドに拾われ豪快なリバースダンクを決められ同点。
  その後ローソンがドライブからレイアップミスもファリードがプットバックダンク。
  ガロフリーでの3ptは決まりませんが、ステップバックしての3ptを決める^^5点リード。
  ハイ・ローからドラモンドに強烈なダンクをくらう・・・
  その後ファリードがFTラインからシュートを決めますが、ガロのフリーでの3ptはまたも決まらず
  なかなか得点できない。ファリード4つ目のファアルでアーサーと交代。
  ピック&ポップでアーサーのミドル失敗、ヌルキッチスクリーンファアルをとられるなどで
  依然として得点できず。
  スミスにドライブからエンドワン、シングラーに3ptを決められて、DET3点リード。
  ヌルキッチの得点、ローソンのぺネトレイトからアフラロの3ptで1点リード。
  ウィルチャンのスティールからアフラロが3ptを決めて4点リード。3ptにみえましたが
  ラインを踏んでたようです。
  ジェニングスのTOに助けられて5点リード。ジェニングス交代でオーガスティン
  ウィルチャンのパスを受けてローソンがフリーで3ptを狙うもミス。
  離せるところで離せず結果2点リードで3Q終了。
  DEN65-63DET
  
4Q フォイ、ジー、ウィルチャン、アーサー、マギーで開始。
  ジーが初出場。
  アーサーのミドルが決まってないのでピック&ポップをあまり出せず、
  行き当たりばったりなオフェンスが続いていて決まらない。アーサーにかえてアフラロ。
  ジェレブコにマギーのブロックをかわしながらレイアップを決められ逆転された後
  フォイ3pt,ウィルチャンのナイスディフェンスで抑えて、アフラロが持ち上がりジーが3ptを
  決めて5点リード。一気にいきたいところでしたがDETタイムアウト後ドラモンド、スミスが
  ポストプレーから得点で1点差。どちらもマギーが相手・・・
  悪い流れでしたがジーがオーガスティンからスティールで速攻でウィルチャンがファアルを
  貰いFT2本成功。フォイ、ウィルチャンに代えてローソン、ファリード出場。
  アフラロのシュートが外れた所をモズコフがプットバックダンクで4点リード、
  さらにファリードのミドルが決まり残り6分で6点リード。
  残り6分をきってもジーはそのままでローソン、アフラロ、ジー、ファリード、モズコフ。
  この後も何度もリードをひろげられる場面はあったんですが、アフラロが3ptを外すなどで
  なかなかひろげられず、オーガスティンにフローターを決められて3分で2点差。
  この展開は危なかったんですがこの嫌な流れを断ち切ったのがファリード
  本日何度目かわからないアフラロのローポストからのジャンパーが外れたのをファリードが
  リバウンド、ファアルをもらいFT2本成功。この後ディフェンスで踏ん張り、モズコフのティップインで
  残り1分30で7点リード。
  そのままリードを守り逃げ切りました。
  DEN89-79DET
 
 ローソン、ガロ2大エースの大乱調
 ウィルチャン、アーサーも乱調、ネイト後半出場なし。マギーは・・・
 本当に良くこれで勝てたな・・・。
 勝利の要因はファリードの活躍、ヌルキッチが普通に通用したこと
 ガロ、ウィルチャンが不調な中4Qジーが12分出場でディフェンスで大きく貢献したこと。
 
 
 前半終了時点でファストブレイクがアフラロの得点だけ、後半はいくつかありましたが
 試合全体を通してほとんどハーフコートオフェンスをしていたように思います。
 前半終了後にも書いていますが、ファリード、ガロ、アフラロのローポストでのポストプレー
 ベンチメンバーになるといつも通りのアーサーのピック&ポップに加えてハイ・ロー。
 ローソン、ガロ、ウィルチャン、アーサーと不調の選手が多かったので上手くいかない場面が
 多かったのと1on1が多かったのでボールが止まる傾向にあることなど問題点はいろいろあると
 思いますが、速攻だけでは57勝時代を超えることはメンバー的に難しいので
 ハーフコートからどうにか得点しようとしているのは今後に向けて良い傾向だと思います。
 実際ハーフコート中心でオフェンスを組み立てようとしているかは今後数試合をみないと
 わかりませんが。
 ディフェンスは正直どうだったのかあんまりわからなかったですが、
 ハードヘッジを仕掛けて積極的にTOを誘うというディフェンスではなかったように思います。
 
 何にしても開幕戦勝てて良かった。

選手評は追記します。とりあえずスタッツだけ。
ファリード 27分出場 22得点(8‐12) FT6-8 17reb(7orb) 4ast
  

ローソン 33分出場 3得点(1-7) 5ast     


アフラロ 39分出場 15得点(6-16) 3pt2-5 4reb
    

ガロ 18分出場 7得点(1-8) 3pt1-5 3reb 2ast


ウィルチャン 23分出場 (1-6) 3pt1-4 3reb


アーサー 16分出場 (1-7) 4reb 3ast


フォイ 15分出場 (2-6)


ヌルキッチ 12分出場 5得点(2-4) 7reb 


ジー 12分出場 3得点


マギー 9分出場 2得点 2reb
     

ネイト 6分出場 3得点(1-4)
スポンサーサイト

2014-15シーズン EAST順位予想

開幕してしまいましたがEAST順位予想もやっておきます。

イースト予想1 CHI
2 CLE
3 WAS
4 ATL
5 MIA
6 TOR

7 NYK
8 DET
9 CHA
10 BKN

11 IND
12 ORL
13 MIL
14 BOS
15 PHI


応援するチームはDETと元DEN所属選手がいるWAS、NYK、ORL、MIAの5チーム。
実力的にはCHAが7、8位に入るはずですがDET、NYKを
希望を込めてPOにいれました。ORLはさすがに今季POはきつい・・・
昨年のEAST予想はMILを8位予想にしたり、TOR、CHAをPO圏外にしていたりで
大いに外しましたが、今回はCHAをPOから外した以外はなんとなくですが
当たりそうな気がします^^
主に応援するのは5チームですがファリードと共にスペインW杯で代表だった選手が所属するチーム、
ローズのCHI、アービングのCLE、デローザンのTORにも注目。

2014-15シーズン WEST順位予想 

DEN戦以外ほとんどPSを観てないので他チームの状況がいまいちわかりませんが、
開幕が明日に控えてるのでとりあえず今季も順位予想をしときます^^         
     ウエスト
WEST
1SAS
2 GSW
3 DAL
4 LAC
5 OKC
6 POR

7 HOU
8 MEM
9 DEN
10 PHO
11 NOP

12 SAC
13 MIN

14 LAL
15 UTA


昨季PO進出した8チームは依然として強く、最後までPO争いを繰り広げたPHOの戦力はそのまま、
さらにここへ昨季故障者に泣かされたDEN、NOPが今季はPOに絡んでくる、
少し落ちるけどSAC、MINも可能な範囲にいる?
POは厳しいという枠には入れたけどコービー率いるLALは侮れない、UTAは厳しい気がするが・・・
とにかく今季は昨季よりPO争いが熾烈になることは間違いないと思う。10枠ぐらいないと足りない。
PO争いは熾烈を極めると思いますが予想するとなると
昨季PO出場チームが今季も出場という安牌予想となりました^^

DENの9位予想について。
昨季は怪我人が多すぎてチーム作りとかそんなシーズンではなかったので
実質今季がショウHCの手腕が発揮できる初年度。PSを観ると前半戦は試行錯誤が続き
チームの形が出来上がるまで時間を擁しそうなので上手くいっても5割ぐらい。
中盤、後半戦にようやくチームの方向性が見えた時に一気にいけるかどうか、
ここで一気にいけないようならPO出場ラインが50勝近くなるはずなのでPOは厳しくなる。
30試合を15勝15敗でいけば、そこから52試合を35勝17敗でいかなければならない、
正直これをクリアするのは難しいということで現実的に上手くいっても9位ぐらいかなと予想しました。
予想は9位にしましたが、希望はHCA獲得です^^
戦力は57勝したシーズン並みなので上手くチームの向かう先が見つかれば
中盤、後半戦で大型連勝での快進撃がみられると思います。
それを達成するにはまずは怪我人なくシーズンを過ごすことが大前提なのと、
現在苦手としているハーフコートオフェンスの改善、ディフェンス難を克服できるかどうかだと思います。
ショウHCの手腕に期待します。

最後に自分が2012年、2013年最下位予想したチームの結果は
2012年HOUを最下位予想→結果8位 2013年PHOを最下位予想→結果9位
ということで今季はUTAが躍進するかもしれません^^


DENの開幕戦が始まる前にEAST予想もしたいと思います。

PS2勝6敗で終了 DENvsGSW

ナゲッツ     ウォリアーズ
PGグリーン   PGカリー
SGアフラロ   SGトンプソン
SFガロ      SFバーンズ
PFファリード  PFリー
Cモズコフ    Cボーガット


ローソン&ファリード欠場。
POR戦スターターをネイトにして上手くいかなかったから?なのか
詳しくはわかりませんが、ネイトではなくグリーンがスターター。

1Q 序盤オフェンスはヒクソン、モズコフのフェイダウェイが決まり得点できていましたが
  珍しくアフラロのディフェンスが悪く、ボーガットのスクリーンに完璧にかかり
  トンプソンを完全フリーにして決められ、ドライブで簡単にかわされレイアップ、
  さらにカリー相手に簡単にバックドアをつかれて得点されていました。
  その後DENのオフェンスが決まらなくなり、一方GSWはボーガットがダンク、アシストと
  無双。一気に10点差。
  終盤モズコフ、ネイト、アーサーとなんとか得点して一桁差で1Q終了。
  DEN21-29GSW

  
2Q ネイト、フォイ、ウィルチャン、アーサー、ヌルキッチで開始。
  オフェンスはネイトがドライブからエンドワン、その後再度ドライブから得点
  ヌルキッチがオフェンスリバウンドから、そしてポストプレーからフックと
  苦しいながらになんとか得点できていたんですが、ディフェンスでバルボサに連続3ptをくらい
  レイアップでエンドワンを決められるなど止められず点差は縮まりません。
  ヌルキッチがポストプレーからまた得点するも、今度はエジリにポストプレーからエンドワンを決められる。
  ヌルキッチ交代でマギー登場。
  得点は出来るけど得点を止められないという1Qからの流れは続き
  マギーのアリウープダンク、ジーのスティールからダンクと得点はできるんですが、
  ファアルが多くFTで得点されるなどで15点差とリードをひろげられます。
  その後ようやくGSWのオフェンスが止まってくれて、マギーのダンクで点差を少し縮めて2Q終了。
  DEN51-62GSW
  
  DEN FG50% 3pt20%(1-5) FT10-13 
  
  GSW FG61% 3pt53%(7‐13) FT11-16 
 
  ペイント内の勝負では勝る場面もありますが、外の勝負では圧倒的に負けています。
  点の取り合いになるとGSWの破壊力には勝ち目がないので、後半ディフェンスを
  なんとかして欲しい。

3Q スターターで開始しますが、ガロは3分出場しただけでQミラーと交代。
  トンプソンが全く止まらない。1Qはアフラロのディフェンスにも問題があったけど
  3Qはディフェンスがそこまで悪くないにもかかわらず、あっさり決めてきていました。
  トンプソンは止められませんでしたが、DENのオフェンスもグリーンが得点するなど
  地道に得点を重ねていたので点差としてはそこまで離れず3Q終了。
  DEN80-93GSW

4Q フォイ、アフラロ、ウィルチャン、アーサー、マギーで開始。
  アーサー、そしてなんとマギーがミドルを決めて9点差と一桁差にしますが
  すぐに返されて12点差。
  アフラロ、アーサー、マギー交代でジー、ヌルキッチ、ハリス
  フォイ、ハリス、ジー、ウィルチャン、ヌルキッチのメンバーになり
  フォイの3pt,ヌルキッチFT2本成功、そしてハリスの3ptが決まり
  1Qから4Q序盤まで続いていた10点台の攻防から抜け出して6点差とします。
  6点差になったところでGSWはリー、トンプソンが出場。
  カリー、トンプソン、バーンズ、リー、ボーガットの本気メンバー
  本来ならイギーがここに入る?のかもしれませんが6PFで退場になってます。
  DENはフォイ、ハリス、ジー、ウィルチャン、ヌルキッチのまま、6点差で残り8分。
  P&Rからヌルキッチが得点(放り投げた感じだったのに入りました^^)さらにその後
  ヌルキッチがゴール下でファアルをもらいFT2本成功でついに2点差。  
  2点差となりエンジンがかかったのかここからGSWのオフェンスがトンプソン中心に
  止まらず一気に9点差、その後フォイが1on1で連続得点するなど勝利への光を
  なんとか照らすものの、結局2点差となったところから最後までGSWのオフェンスを
  止めることはできず試合終了。
  DEN112-119GSW
  
  終始主導権はGSWが握りGSWのスイッチの入れ方次第でブローアウトもありえる
  試合展開でしたがいまいち集中力を欠き、それにDENが上手くつけこみ、
  前半の散々な出来から後半ある程度立て直して4Qにフォイ、ハリス、ジー、ウィルチャン、ヌルキッチの5人で
  GSWのスターターを引きずり出し勝負になる所まで持っていけました。、
  負けはしましたがハリス、ヌルキッチに経験を積ませながら、なんとか一矢報いることは出来たと思います。
  
  
  この試合が最後のPSだったのでこれでPS終了。
  PS成績2勝6敗
  お試し期間が長かったこと、怪我人の状況を考えると2勝6敗は仕方ないかなと思います。
  2勝6敗は別にいいんですがローソン以外でのオフェンスの形がいまいち見えてこなかったのは
  シーズンに向けてかなり心配です。   

アフラロ 20分出場 3得点(1-4) 
POR戦(映像は観れてないのでスタッツだけですが)に続いて
攻守でいいところなし・・・ 
オフェンスが不調なのは別にいいんですが、ディフェンスがいまいちなのが少し心配です。

     
フォイ 25分出場 13得点(4-14) 4ast
    4Q終盤1on1から得点しましたが、それまではジャンプシュート、レイアップが
    決めれずFG1-11と散々な出来。
    スポットアップシューターとして使えばPOR戦に続きこんな悲惨な成績にはならないと
    思うんですがネイトと組む以上それは難しそうなので、PGの感じでプレーするのは
    いいけどシュートに関しては、フォイにもう少し自重してもらうしかなさそうです。 
  
  
ヌルキッチ 15分出場 16得点(5-8)FT6-6 8reb(4orb) 1blk
    ポストプレーからフック、P&Rからレイアップ、ジャンプシュート
    様々な形から得点した上、PS序盤戦入る気がしなかったFTを6-6
    文句のつけようがない出来。


マギー 12分出場 11得点(5-6) 5reb
    アリウープ2発、リバースダンクと相変わらずの身体能力を発揮して得点
    リバウンドも5と出場時間にしては十分、2試合を観る限りPTは限られていそうですが
    怪我の影響はなさそうなので良かったです。


ジー 24分出場 10得点(4-7) 6reb 3ast  
   攻守で存在感があり完全にDENにフィットしています。
   ガロ、ウィルチャンがいるのでローテ入りは厳しいと思いますが
   何かあった時にジーが控えているのは心強いです。


グリーン 16分出場 12得点(5-8)3pt2-3 3ast
     ミドル、3ptをどのエリアからも決めて長所である得点能力を発揮。
      

PS第7戦 DENvsPOR

一昨日行われた試合。
映像なしなのでスタッツだけを観た感想を簡単に書きます。

ナゲッツ    ブレイザーズ
PGネイト    PGリラード
SGフォイ    SGマシューズ
SFガロ     SFバトゥム
PFファリード  PFオルドリッジ
Cモズコフ    Cロペス


マギーがついに復帰
これで昨季怪我で離脱した選手全員復帰しました。
ローソン欠場のため全員勢揃いとはなりませんでしたが・・・。

1Q DEN25-29POR
2Q DEN37-50POR

1Qはウィルチャンのシュートが決まっていて何とか得点していたみたいですが、
2Qのshot chartを観ると、マギーがジャンプシュートを2本外していたり、ファリードが
空回りしていたみたいで終わってみればたった12点しかとれなかったようです。

前半スタッツ
DEN FG38% 3pt38%(3-8) FT46%(6-13) TO9

POR FG50% 3Pt22%(2-9) FT83%(10-12) オルドリッジ14得点、リラード12得点

3Q DEN59-76POR
4Q DEN75-93POR

3Q序盤にリラード、バトゥム、マシューズに3ptを決められ20点差となった時点で実質
勝負は決まりました。その後もスターターに良いところはなく、良かったのは3Q終盤から
4Qにかけてのアーサーの得点とジーのスティールぐらいだったようです。

DENスタッツ
FG32.6% 3pt25%(4-16) FT56%(13-23)
ローソン不在だけが今回オフェンスの悪かった原因かどうかはわかりませんが、
PS全体を通してローソンに託す以外でオフェンスの軸を作れていないので
昨季と同じく今の所ローソン頼りのオフェンスになっています。
そしてこれは昨季というより数シーズンにかけてですがこの試合もいつも通りFTが酷かった。
今改善に向けていろいろと試しているんだと思いますが、この2つの問題が今後も続くようなら
主力が戻ってきたとはいえ昨季と同じく厳しいシーズンになるような気がします。
ガロの状態が上がってこれば2つとも多少ましになるような気はするのでガロに期待。

マギー 10分出場 1得点(0-3) 1blk
       今のところヌルキッチが計算できそうですが、今後壁にぶつかると思うので
       それまでに万全の状態にしてもらいたいです。
    
アーサー 10得点(5-11)
     ここまでPS不調だったミドルを連続で決めたようです。
     モズコフと同じく、3ptまでシュートレンジを
     ひろげなくていいので今日のように確率よくミドルを決めてもらいたい。
     
ジー  7得点 4reb 4stl
      リラードからスティールを奪うなどディフェンス面で活躍。

    
    

好きな選手がまた一人DENを去る・・・。

PSのDENvsPORの結果を確認して、映像がないのでスタッツをもとに感想を書いていこうと
思っていたところで悲しい報せが入ってきました。

Qミラーがリリースされるとのこと・・・
ハミルトン、フォーニエに続きドラフト、サマーリーグと追いかけてきた
選手がまたDENからいなくなってしまいますorz

プレシーズン7戦中Qミラーの出場機会はほとんど無く、一方でロスター争いでライバルのジーは
コンスタントに出場機会を得ていたので、Qミラーが近々こうなることは大体予測がつき
ある程度覚悟出来ていましたが、いざ実現するとフォーニエの移籍と同じくらいショックです・・
DENを去るのは残念すぎますがガロ、ウィルチャンがいる現状今季もプレーする機会は
ほぼ無いに等しい状況なので、今回のことがQミラーにとって良い転機になってくれればと思います。

DENを去ることが決まったQミラーの呟き

これまでありがとう、Qミラー。
リリースしといて何だけどいつかまたDENに戻ってきてくれ。
フォーニエの時と同じく、今後Qミラーの2年間を振り返るものを書きたいと思います。

SFのロスター争いに決着がついてしまったので、
これでロスター15人はほぼ決定しました

PGローソン、ネイト、グリーン
SGアフラロ、フォイ、ハリス
SFガロ、ウィルチャン、ジー
PFファリード、ヒクソン、アーサー
Cモズコフ、マギー、ヌルキッチ

シーズンに向けてようやく動き出した PS第6戦 DENvsLAC

ナゲッツ    クリッパーズ
PGローソン  PGポール
SGアフラロ  SGクロフォード
SFガロ     SFIngles
PFファリード PFグリフィン
Cモズコフ   Cジョーダン


ヒクソンが復帰
これで残すはマギーの復帰を待つのみ・・・

1Q DEN最初のオフェンスはローソンのドリブルからコーナーに開いていたモズコフにパス→
  そのままモズコフが3ptを放って外れる→ファリードオフェンスリバウンドからモズコフに
  ロブパスをあげるも大きくパスがそれて失敗。
  中盤までジャマクロさんにミドル1本と3本の3ptをくらい、さらにジョーダンのアリウープと
  LACのオフェンスを止められません。ただDENのオフェンスもガロ、モズコフが得点をあげて
  半分を終えてLAC3点リード。
  グリフィンのミドルが連続で外れ、ようやくLACのオフェンスが止まりますが
  DENも同じくガロの3ptが決まらず得点できない。
  残り4分30秒ヌルキッチ出場。  
  終盤は両チームTO連発でいまいちリズムを作れず、最後ネイト3pt,
  ウィルチャンスのテップバックジャンパーを決めたDENがリードして1Q終了。
  DEN26-25LAC

  残り2分からネイトが出場して
  ネイト、フォイ、ウィルチャン、ヒクソン、ヌルキッチ
  シーズンを見据えた2ndユニットがようやく実現しました。
  
2Q ネイト、フォイ、ウィルチャン、ヒクソン、ヌルキッチで開始。
  1Q最後決めたのと同じ形でウィルチャンがステップバックを狙いますが失敗
  しかしヌルキッチのオフェンスリバウンド、その後ヒクソンがファアルをもらいFT獲得。
  ヌルキッチがディフェンスでもブロック、シュートチェックを的確に行いエアーボールを誘う、
  さらにパスをカット、3つの素晴らしいディフェンスを魅せその流れから速攻でウィルチャンの3pt
  ヌルキッチのパスカット後速攻で走って自らフックシュートを決め、DEN9点リード。
  オフェンスに繋げるディフェンスをヌルキッチが3度もやってくれました。
  LACタイムアウト後
  グリフィンがヌルキッチに1on1を仕掛けますが、ヌルキッチがレイアップをブロック
  そこから速攻で走ってゴール前でポジションをとりファアルをもらいました。
  グリフィンをブロックしたのも凄いんですがその後速攻でしっかり走ってポジションをとり
  ファアルをとったのは本当に素晴らしかったです。
  残り7分30ネイト、ヒクソン、ヌルキッチに代わりハリス、アーサー、ファリード出場。
  フォイが単独で得点しますが、チームとしてはあまり上手くいっておらず徐々にオフェンスは停滞。
  良かったのは残り1分50秒のフォイからファリードへのアシストの場面、意図が感じられて
  見事に決まったというのはそれぐらいだったような・・・
  ディフェンスでポールに得点、アシストときりきり舞いにされて10点ちかくあったリードが
  無くなり同点で2Q終了。DEN51-51LAC
   
前半終わってみれば同点。
ローソンは怪我をしたみたいで2Q出場せず。
ローソンがいないDENオフェンスとポールがいるLACオフェンスの差が2Q中盤以降でてしまいました。

良かったのはいうまでもないですがヌルキッチ
9分出場 2得点 5reb(3orb) 2blk 2st
2Q序盤リードをひろげられたのはヌルキッチのおかげといってもいいぐらい
とくにディフェンスで貢献していました。

3Q ローソンは出場せず。フォイ、アフラロ、ガロ、ファリード、モズコフで開始。
  ディフェンスリバウンド後、速攻からガロのミドル、アフラロの3ptで得点。
  ポールがスクリーンを巧みに使ってミドルを決めますが、フォイとモズコフのP&Rから
  モズコフがグリフィンの上からエンドワンレイアップを決めます。
  ニックス時代グリフィンに上からダンクを決められたモズコフにとっては少し雪辱を晴らせたかも^^
  その後ギアが入ったのかグリフィンがFT、ポストプレーからフックショット、ミドルと次々決め、
  さらにはアリウープまで決められましたが、ガロのエンドワン、ファリードがoffリバウンドから得点
  ファアルをもらいFTなどでDENも着実に得点を重ねてリードを保ちます。
  グリフィンが5ファアルとなり交代した後LACのオフェンスがTO続出で上手くいかず
  速攻からフォイ、アフラロと得点して10点リード。
  DEN81-71LAC

4Q ネイト、ハリス、ジー、アーサー、ヒクソンで開始。
  3分経たずして4ファアル。そして3分経たずして5ファアルとなりLACにFT
  5ファアルのうち3つがヒクソン。
  残り8分ヒクソンに代わりヌルキッチ出場。
  ここまでシュート機会がなかったハリスにシュート機会が何度も訪れるも
  シュートが決まらない・・・。ただLACもシュートが決まらなかったのでそこまで点差は縮まらず。
  残り7分8点差。LACがポール、ジャマクロ、デアンドレなどを戻し、
  ポール、ジャマクロ、バーンズ、グリフィン、デアンドレ
  すかさずDENもアフラロ、ファリードを出場。フォイ、アフラロ、ジー、ファリード、ヌルキッチ
  ほぼLACのガチメンバー相手にこの5人でどこまでできるか。
  残り6分のフォイ→ヌルキッチ→ファリードがレイアップを決めるオフェンスは完璧でした。
  とくにヌルキッチの間髪入れず出したパスは素晴らしかった。
  その後ファリードが積極的にポストを仕掛けたり、ドライブからレイアップを狙うも失敗
  グリフィンにアリウープを決められ、ポールの速攻からのレイアップなどで7点差。
  迫られましたが最後はアフラロの2本のミドルが勝負を決めて試合終了。
  DEN104-93LAC

  試合前ショウHCが

   これからの試合おそらく開幕を見据えた戦いをしてくれるということみたいです。
  ここまでのPSは怪我の影響を考えてスターターが下がれば新人組&ロスター争いの選手の時間
  でしたが、ショウHCの言葉通り、ヒクソン復帰ということもあって今日の試合はPSで初めて
  スターターが下がった後に理想とする2ndユニットが出場。
  本来シーズンでするであろうローテーションを実行していました。
  ただローソンが怪我で1Qしか出場できなかったことでプランとかなり違ったかも・・・
  まだまだ2ndユニットの連携面やローソンがいない時のオフェンスの拙さなど課題となる
  面はたくさんあると思いますが、とにかく今日勝ちにいく意志をもって勝てたということは
  今後に大きくつながると思います。ようやくシーズンに向けて動き出したような気がします^^
  今日の出来だけでは判断できませんが前回書いた前半戦苦労するかもという勝手な妄想は
  今日の試合2ndユニットが出場したことにより、あとPS2試合しっかり出場すれば
  もしかしたら吹き飛ぶかもしれません^^
 

  LACで良かった選手は当たり前ですがポールとジャマクロ
  ポールのスクリーンの使い方、少し離れればミドル、寄せられればかわして得点orアシスト
  絶妙な間合いを保ち理解して動いていて改めてさすがだなーと感じます。
  ジャマクロさんは後半あんまりでしたが、前半とくに1Qはまさにアンストッパブルでした
  

ローソン 9分出場
     ベンチで観戦していたので、そこまで重症ではないのか?
     DENで一番怪我をされたら困る選手なので怪我だけは勘弁願いたい。
    
ファリード 29分出場 19得点(7-13) FT5-9 7reb
       ローポストからポストプレーをして右フックをやるのはまだいいんですが、
      トップの位置からドリブルで仕掛けてみたり、今日はなかったですが
      ミドルシュートを果敢に狙ったりと色々やろうとし過ぎ。
      再契約で気合が入っているのはわかりますが、今まで通りで十分なので
      あまりそれ以外のことをして、自分の強みを無くすことにならないようにしてもらいたいです。
      
ヌルキッチ 17分出場 4得点(1-4) 9reb 2ast 2stl 2blk
      体の強さと大きさでブロックするだけでなく、俊敏な動きからパスカット
      惜しくもパスカットとならない場面も含めて素晴らしいディフェンスでした。
      オフェンスは得点こそ少ないですが、ディフェンス後速く自らポジションをとり
      ファアルをもらう場面があったので悪くはなかったと思います。
      ドラフト時の評価で即戦力的な事だったと思うんですが、ここまでを観てる限り
      まさにそんな気がします。まだまだオフェンスでのポストプレーからのシュートなど
      改善すべき点はあるので、伸びしろもあるし本当に楽しみな選手です。

ハリス 12分出場 0得点(0-4)
    4Qまでオフェンスに絡めず、4Qシュートをうちましたが全て失敗。
    ディフェンスはショウHCが凄いと認めるぐらい良いパフォーマンスをしているので
    もう少しオフェンスが安定してくれればローテーションに入ることもできると思います。
    
ジー 10分出場 4得点 4ファアル
   10分で4ファアルは多いですが攻守で無駄な動きがなく、チームに上手く入れている気がします。
   今日の起用の仕方をみてもSFロスター争いで一つ抜けてるのかもしれません。
   
Qミラー 出場なし
     ついに出場すらなくなってしまいました・・・
     PSをみてるとジー、ウィリアムスのパフォーマンスの方がいいので仕方ないといえば
     仕方ないんですが、もう一度だけチャンスを与えてほしい。
     ハミルトン、フォーニエとドラフトから追いかけている選手がDENを去ってしまい
     Qミラーまでいなくなるのは残念すぎるので・・・。

  

前半戦は苦労するかも PS第5戦 DENvsGSW

ナゲッツ     ウォリアーズ
PGローソン   PGカリー
SGアフラロ   SGトンプソン
SFガロ     SFバーンズ
PFファリード  PFグリーン
Cモズコフ    CKuzmic


DENはガロ、フォイ、ネイト、ヒクソン、マギーが欠場。
GSWはリー、ボーガットが欠場。
今日の試合は映像が無く、詳細がわからないため
試合内容は飛ばしてスタッツだけで適当に感想を書きたいと思います^^



1Q DEN34-29GSW
2Q DEN62-49GSW
前半終わってのスタッツ
ウィルチャン15得点、ファリード11得点、モズコフ13得点
ローソン8アシスト ハリス8得点
DEN FG49% 3pt55%(6-11) FT12-14 ORB7


GSW FG48% 3pt54%(7-13) トンプソン18得点 カリー13得点

ディフェンスではカリー、トンプソンが抑えられなかったみたいですが
オフェンスは1Qモズコフ、2Q中盤まではハリス、終盤はウィルチャンが得点して
良かった様子。

3Q DEN85-68GSW
4Q DEN101-104GSW

 後半からGSWはカリー、トンプソンの2人を出場させず、DENは5,6分スターターのままだったので
リードをひろげていたようですが、4Qグリーン、ハリス、ジー、アーサー、ヌルキッチ
ウィリアムス、Qミラーなどお試しメンバーになると、オフェンスはTOばっかり
とくにヌルキッチが酷かった。
そしてマッカドゥーという選手に得点され、みるみるうちにリードはなくなり最後には
逆転されての負けとなったようです。
4QGSWはイギー、バーンズが出場していたとはいえ、そもそもGSWはリー、ボーガットが
出場してないし、上記でも書きましたが、カリー、トンプソンは後半出場していない、
この試合を負けるとは・・・。
4Qはあまりにも酷かったようなので観れなくて良かったと終わった瞬間は思いましたが
あくまでプレシーズンなので、グリーン、ハリス、ヌルキッチなどの何が悪かったのかを
詳細に知るためにも、やはり観ておきたかった試合でした。



 前半戦苦労しそうだ、というタイトルをつけたのはプレシーズンでここまで1勝4敗だからということではなく、
ここまでのプレシーズン5試合、ヒクソン、マギーのように怪我で出場できない選手や、
ガロ、ネイトなど安全のために休憩を与えている選手がいて、本来なら2ndユニットで戦う所を
新人組とロスター争いをする選手の時間になっているためです。
DENが他チーム相手に強みとするはずの2ndユニットをほとんど試せていないということで、
シーズン前半戦勝つことにかなり苦労するのではという勝手な妄想をしました。
個人的に2ndユニットへの不安は残りますが無理をさせて昨季のような長期離脱だけは
絶対にさけないといけないし、新人組にとっては今後大きなプラスになることを考えれば、
今のまま慎重にやっていく方が良さそうです。
残り3試合でガロ、ネイト、ヒクソン、マギーなどが20分ぐらい出場するようならこの妄想は
全て吹っ飛ぶので出来ればそういう展開を期待したいです^^
もちろん無理してではなく万全の状態で出場が前提です。



ローソン 26分出場 8得点(1-8) FT5-6 10ast
アシストはいつも通り良いのと、これまで悪かったFTを5-6で決めているのは
     悪くないんですが、FGが1-8。ジャンプシュートが外れていたようなので
     そこまで心配することではないかな。


モズコフ 27分出場 18得点(5-8) 6reb 4TO
     4TOは気になりますが、それ以外はこれまで通り良いスタッツです

ウィルチャン 25分出場 18得点(6-11) 3reb 4stl
       シュートが決まっていたようで、4stlということは攻守で良かったということ?
       控えから常に15点とはいわないので、10点ぐらいを確率よく決めてもらいたいです
。 

ヌルキッチ 20分出場 5得点(2-3) 8reb 6TO 5ファアル
      リバウンドは良かったみたいですが、6TO、5ファアルとヌルキッチの悪いところが
      存分に出た試合だったようです。ここまで悪いところはあってもそれ以上に良い面が
      観られていんですが、今日は悪い方が大分上回った試合だったと思います。
      どうなっていたのかみたかった・・・


ハリス 20分出場 10得点(4-10) 3ast
    得意のディフェンスは映像をみないとほとんどわからないんですが、オフェンスは
    ダンク、3ptと2Q序盤は良い活躍をしていたようですが、それ以降はいまいちな出来。

    
グリーン 21分出場 12得点(4-10) 2ast 
     

またまたヌルキッチ活躍でマギーの必要性が・・・ PS第4戦 DENvsCHI

ナゲッツ     ブルズ
PGローソン   PGローズ
SGアフラロ   SGバトラー
SFガロ     SFダンリービー
PFファリード  PFガソル
Cモズコフ    Cノア


ヒクソン、マギーは今日も欠場で全員出揃うのはまだ先になりそうですが、
4戦目にしてようやくスターターはベストの布陣となりました。


1Q 最初のプレーはペリメーターの位置からガロの1on1。
  ほとんどジャブステップを踏まずにミドルを撃って外しました。
  結果は失敗に終わりましたが、今回のようなペリメーターの位置からガロの1on1を
  もっと使って欲しい。
  DEN最初の得点はガソルのTOから速攻でガロがローズをユーロステップでかわしてレイアップ。
  バトラーのミドル、さらにノア→バトラー→ダンリービーと完璧なボールが回しから3ptを決められる。
  ファリードがミドル、フックショットと連続得点。
  その後速攻でローズのクロスオーバーからレイアップ(えげつなかった)をくらいますが、
  アフラロのドライブからファリードのレイアップでDENが2点リード。
  その後、ローソンのTOから、またもローズの速攻で決められるかと思いましたが、
  ファリード、モズコフが連続ブロック。
  その流れからアフラロがファアルを受けながらリバースレイアップを決めエンドワン。
  残り3分30、ハリス、ウィルチャン登場。
  ローソンの連続FTミスなどオフェンスの流れはいまいちでしたが、CHIがTO続出、
  ミロティッチが2本連続フリーでの3ptを外すなどそれ以上に悪く、DENがリードをひろげます。
  その後ギブソンのミドル、ミロティッチにはミスマッチをつかれてターンアラウンドジャンパー 
  と得点されますが、ウィルチャンがスクリーンを使ってドライブからのレイアップ、
  さらに速攻からレイアップを決めてオフェンスは好調のまま1Q終了。
  DEN31-19CHI 

2Q ハリス、フォイ、ウィルチャン、アーサー、ヌルキッチで開始。
  ここ3試合でリバウンドは強いがポストプレーは下手(シュートが雑)という印象をうけた
  ヌルキッチですが、序盤ギブソン相手にポストプレーから連続で得点。
  あの雑なフックシュートが見事にリングに吸い込まれていました。
  連続でポストから決めた後、ベンチは大変盛り上がってました^^座っていましたが
  アフラロの嘘だろ的な反応が良かったです。
  その後またヌルキッチにボールを入れる機会があったんですが、ハリスがなぜかボールを入れず
  サイドラインを踏んでTO・・・。ベンチもほとんど総立ちでヌルキッチのポストプレーを期待
  していた感じだったので残念。ハリスとすればいれると見せかけてドライブをしようとしたのかも
  しれませんがそこはヌルキッチで良かった・・・。
  残り7分ハリス、フォイが下がり、ローソン、アフラロ出場。
  その後ウィルチャン、マクダーモット以外スターターが出場。
  CHIがTOを繰り返すなどで得点できない中、DENはウィルチャンのプットバックダンク、
  ガロの3ptが決まり残り5分でDEN21点リード。
  ここからCHIの猛攻が始まります。
  口火を切ったのはマクダーモットの3pt,ローソンのTOからバトラーがレイアップ
  モズコフのレイアップをノアがブロック→マクダーモット3ptが決まり1分も立たずして
  13点差となります。 
  その後もオフェンスに勢いが出てきたCHIペースで試合が進みます。
  ガロの1on1でポストプレーからのシュートをガソルがブロック→速攻でローズがFT獲得、
  ファリードのジャンプショットが決まり10-0のランを止めますが、
  その後速攻でバトラーにやられ、ローズに3ptを決められ、最後はローソンのTOからスネルに
  ダンクをくらい、5分で21点あったリードがなくなり同点で2Q終了。
  DEN58-58CHI

  ローズが率いるCHI相手にTOをすることと安易なシュートミスからのトランジション
  ディフェンスの怠りは速攻をくらい致命傷になるという事を改めて思い知らされた
  2Q終盤でした。

3Q ガロはおそらく前半でお役御免、SFにウィルチャンで開始。
  序盤オフェンスでいい形は作れないものの、モズコフのミドル、ルーズボールをファリードが
  拾ってエンドワンを決めるなどなんとか得点できていました。
  ただディフェンスでまた速攻から決められるなどローズが速いのもありますが、
  DENの戻りが遅くて得点されている感じもします。
  拮抗した展開で5分ぐらい進み残り7分。
  先に流れをつかんだのはCHI
  アフラロのシュートをバトラーがブロックから速攻、さらにモズコフのパスをバトラーが
  スティールから速攻でファアルをもらいFT2本を決める。
  バトラーの2つのディフェンスでのプレーでCHIに流れがいってしまい
  上手くいかないDENオフェンスに対して、CHIはローズのぺネトレイトからハイポストの位置の
  ノアにキックアウト→ノアからカットしているバトラーにパスでバトラーがダンクと
  華麗なパス回しから得点を決めていました。
  その後も行き当たりばったりなオフェンスが展開されるDENは4分間FGなし、得点はファリードの
  FTだけでした。
  ネイト出場。  
  会場からは大歓声があがる。ローズが怪我でいないシーズン、プレーオフで大活躍していたので
  CHIからかなり歓迎されている。3OTまでいったネッツ戦でのネイトは凄かった。
  ネイト出場直後のオフェンスで時間が無くなりハーフコートぐらいから、ネイトが放ったボールが
  見事にリングに吸い込まれる。凄かった^^
  このネイトのシュート以外ではヌルキッチがエンドワンを決めたぐらいで
  他には特に見せ場なく3Q終了。
  DEN75-83CHI

4Q ネイト、ハリス、ジー、アーサー、ヌルキッチで開始。
  このメンバーでCHIの2ndユニット相手にどこまで出来るのかというところでしたが
  開始早々に連続得点をゆるします。
  ジー、アーサーに代わりウィリアムス Qミラー出場。
  Qミラーにいいところを魅せてもらいたかったんですが、ミロティッチに対する
  良いディフェンスが1回あったぐらいで攻守であまりいいところなく
  他のメンバーもヌルキッチはファアルアウトでいなくなるし、ハリスはいまいちだしで
  DENにとってほとんど見せ場なしの4Q
  一方CHIはマクダーモット、ミロティッチの新人が得点をあげていました。
  DEN90-110CHI

  2Q残り5分で21点リードをしていたのに、最終的に20点差で負けるとは・・・。
  後半ガロがいなかったし、4QDENはお試しメンバーが大半でCHIは2ndユニット
  だったということの影響があるとしても、後半のオフェンスは常に
  行き当たりばったりで、いいところがほとんどありませんでした。
  CHIのアジャストがすぐれていたのかもしれませんが、もう少しなんとかしてほしかった。
  
  後半は酷かったですが、今日の試合悪いことばかりではなかったです。
  スターターがガロで、ベンチからウィルチャンが出場してくるというのは
  かなり効果的だったと思うし、なんといっても今日もヌルキッチがよかった。

  14分出場 15得点(7-9) 3reb 6ファアル
  上記でも書きましたがここ3試合をみた限りポストムーブは上手いけど、
  かなり雑なフックシュートをするので、当分はポストプレーから得点は見込めないだろうと
  思っていましたが、今日はその雑なシュートがぽんぽん入っていました。
  ファアルの多さは気になりますが、今日のがまぐれでないとすると
  リバウンド良し、ポストプレー良し、ディフェンスもまずまずなので
  いよいよマギーの必要性がなくなります。
  
  マギーは来年も契約が残っているし、トレードに出すにしてもいいオファーをもらえる
  わけもないので、とにかくDENで活躍させる方法を見つけるのがベストだと思っているんですが
  ここまでヌルキッチが素晴らしい活躍をしているので、今後もこれが続くようなら
  真剣にマギーを干すことも考えなくてはいけないかもしれません。
  自分はまだマギーには期待していますが・・・。
  
  CHIで良いと感じたのはバトラー、マクダーモットの2人
  バトラーが卓越した守備を魅せることはわかっていましたが、オフェンスでミドル、速攻と
  あれだけ効果的に得点できるとは思いませんでした。
  今となってはハリス、ヌルキッチで正解だと思いますがドラフト前は個人的に獲得してほしかった
  マクダーモットはさすがのシュート精度をみせていました。
  あと昨季少しだけDENにいたブルックスはまだ攻守でいまいちCHIにあっていない感じですが
  シボドーならなんとかするので今後に期待です


ローソン 23分出場 2得点(1-3) FT0-4 7ast 4TO
     良いアシストは何本もありましたが、FTを全部外すなど得点は出来ずで
     4TOも安易なパスだったので今日は悪い出来の部類だと思います。

     

ファリード 23分出場 19得点(7-11) 4reb
珍しくハイポスト周辺から次々とシュートを決め、
      ディフェンスもノア、ガソル相手に頑張っていたと思います。
      プレシーズン、リバウンドが少ないのは心配。


ガロ 15分出場 6得点(2-9)
   PHX戦と比べてシュート精度がいまいちで得点できませんでしたが
   怪我の影響はほとんど感じなかったので今はそれだけで十分です。
   開幕に向けて徐々に出場時間を増やして慣れてほしい。


ウィルチャン 18分出場 8得点(4-7) 4reb
後半スターターになるといまいちでしたが
       前半ベンチから出場すると活き活きしていました。

       
Qミラー 9分出場 7得点(2-4) 3reb
     ジーが先に出場していることを考えれば、今のところカットされる
     可能性はかなり高い気がします。
     今日はそこまで悪くなかったですが、特別よくもなかった。
     今後の出来次第で十分残留することは可能だと思うので次に期待。

              







Gallo is back !!! PS第3戦 DENvsPHX

ナゲッツ      サンズ
PGローソン    PGドラギッチ
SGアフラロ    SGブレッドソー
SFウィルチャン  SFタッカー
PFアーサー    PFトリバー
Cモズコフ     Cプラムリ―


ガロが1年半ぶりの復帰ネイトも出場
ファリード、ヒクソン、マギーは欠場。

1Q トリバー3pt、ドラギッチにバンクショットを決められる。
  ローソンからモズコフへパスがわたってファアルをもらいFT2本成功。
  ボールムーブからローソンが3ptを狙うも外れ、ドラギッチに速攻をくらう。
  アフラロのポストアップからターンアラウンドジャンパーが外れるも
  モズコフオフェンスリバウンド後ファアルをもらいFT2本決める。
  その後ジャンプシュートは決まらなかったんですが、ウィルチャンがゴール下で
  2本決めたのと、モズコフがリバウンドで頑張り得点、
  ディフェンスは速攻についていけてない場面がありファアルをしてFTを与えてました。
  残り6分からガロ出場おかえりガロ
  最初のプレーはディフェンスでハードヘッジを効果的に決めて相手のTOを誘いました。
  ガロ初得点はおそらくローソンとのピック&ポップからの3pt。
  得点場面でPHXのオフェンスハイライト映像が流れていたのではっきりとわかりませんでした・・・
  その後ガロ3ptファアルをもらうもFT2本ミス

  残り4分からネイト出場。
  インバウンドパスからフリーになったヌルキッチのミドルが決まる。
  ガロ、リバウンド後そのまま1on1を仕掛けてドライブからエンドワン
  これまでローソンがいないと停滞しがちなオフェンスでしたが、ガロを中心としたオフェンスが上手くいっている。
  ガロがモリスに対してナイスディフェンス、その後ネイト速攻3pt外れるも
  ヌルキッチオフェンスリバウンドから、ガロがロング2を決める。
  ネイトがトーマスを抜き去りレイアップを決めるも、速攻からトーマスのフローター。
  DEN29-29PHX

  ガロが戻ってきたそれだけでも嬉しいんですが、
  それに加えて怪我前並みの攻守での活躍
最高すぎる

2Q ネイト、フォイ、ジー、ベニモン、ヌルキッチで開始。
  ヌルキッチのポストプレーからフックは外れますが、自らオフェンスリバウンド
  フォイが3ptを狙うが外れる。
  グリーンに抜かれてダンク、さらにその後ファアルでFT2本を決められる。
  ベニモンがゴール下から捻じ込んでDEN2Q初得点。
  グリーン出場。
  モリスがゴール下でフリーでシュートを狙うもヌルキッチが後ろからブロック。
  ジーが連続で速攻を狙うもレイアップミスとダンク1発で決まらずぶら下がりオフェンステンディング
  グリーン、フォイ、ジー、ベニモン、ヌルキッチのメンバーでサンズの控え組を
  相手にするのは難しいということが攻守でわかる時間になっている。
  ハリス、ガロ、ウィリアムス出場。
  ハリス、ドライブで相手を抜くもレイアップ決まらず、その後タフ3ptもミス
  前回の試合もそうだったけどレイアップが決まるようになれば大分違うんだけどな・・・
  ガロがドライブからファアルをもらいFT2本成功でDEN3分ぶりの得点。
  グリーンが速攻からレイアップを決めてベニモンが捻じ込んで以来の5分ぶりのFG。
  その後もガロ、グリーンが得点してオフェンスはある程度良かったんですが、
  ディフェンスはハリスがグッドウィンに裏をとられてダンクをくらう、
  モリスにミドル、3ptを決められるなど、なかなかサンズのオフェンスを止められない。
  ハリスまたレイアップミス・・・
  またガロドライブからエンドワン^^
  ハリスがグッドウィンのドライブに対してブロック&スティールのような
  完璧なディフェンスをみせる
  DEN52-46PHX  

  前半チームのFG34.9%のなかで復帰のガロは前半だけで17得点(5-9)と大爆発
  十分出来ることはわかったので後半は出場させなくてもいい。

3Q スターターで開始。
  後半最初のプレーはアーサーのミドル(外れる)
  フォイに続きアフラロもテクニカルFT失敗。
  ローソンのレイアップが決まるも、その後はローソン連続TO、アーサーミドル&3ptミスで
  オフェンスが決まらず、ドラギッチのレイアップ、ブレッドソーの3pt、
  速攻も決められてタイムアウト。
  ウィルチャンのタフ3ptが外れるも、アフラロのポジショニングが良くファアルをもらう
  その後ローソンのドライブからフローターで得点。
  タイムアウト後得点したので嫌な流れを止めたかと思いきや、
  タッカー&トリバーの3ptが決められる。
  不調のアーサーにかわりベニモン出場。ジーも。 
  ローソンFTもらうも2本ミス、その後ローソンのレイアップ、ジーの3ptが決まり
  PHXタイムアウト。
  ハリス出場。
  オフェンスはモズコフ、ベニモンが得点できて悪くないですが、
  ディフェンスでマーカスのモリスさんにやられる。
  ハリスまたまたレイアップミス、折角ドライブで抜いていい形まで持って行けているのに
  もったいない、決められなくてもいいからファアルをとってほしい。
  DEN64-80PHX

4Q ハリス、フォイ、ジー、ウィリアムス、ヌルキッチで開始。
  TOやFTミスで苦しいオフェンスでしたが、サンズもなかなか得点できず4分が経過。
  残り8分Qミラーこの試合初出場。
  ここからハリスとウォーレンが得点の取り合い
  ハリスが3pt&ロング2を決めれば、ウォーレンも3pt,ミドル
  さらにハリスが3ptを決めると、ウォーレンも3ptを決める。
  その後Qミラータフすぎるミドルを狙いエアーボール。その前も速攻の3ptを外していました。
  それはシュートセレクションとしては良かったんですが、このミドルは無理やりすぎです。
  ヌルキッチポストプレーを仕掛けるもオフェンスファアル。やっぱり上手くない。
  ハリスとヌルキッチのハイピックから、ハリスがドリブルでかわしてパス→ウィリアムス3pt
  グリーンがヌルキッチとP&Rもヌルキッチキャッチミスで失敗。
  DEN89-97PHX  
  
  昨季シーズン4戦全敗しているPHX相手にはプレシーズンといえど、
  勝利して苦手意識を払拭しておきたかったんですが・・・。
  今季PHXとは3戦中ホームが2試合あるので最低でも2勝、昨季の分もということを考えれば
  3勝してスイープ返しをしてもらいたい。
  上記の意味でも負けたことは残念ですが、ガロ復帰&怪我の影響なくプレーという
  これ以上ない大きな収穫があったので今日はそれだけで十分だと思うことにします^^

  
  PHXで印象に残ったのは今季ドラフト14位のウォーレン
  ミドル、3ptと外からのシュートは上手いし、ゴール下も強い
  今日観ただけの印象ですがマーカス・モリスと似ているのかなと感じました。
  4Q以外あまり出ていなかったので、もう少し観たかった。
   
  
ガロ 14分出場 17得点(5-9)3pt2-4 FT5-7 4reb
 今日の試合に限って言うと、怪我の影響を感じさせないプレーをしてくれれば
   活躍しなくても問題なかったんですが、前半のみの出場で17得点と大活躍^^
   ガロの得意なドライブからファアルをもらえていたし、3ptも決め、
   ディフェンスもタフにつけていたので、攻守において本当に申し分ない活躍でした。
   怪我は怖いですが、開幕から全開でやってもらわないと困るのでプレシーズンで
   どこまで出来るか今後も重要です。


ローソン 15分出場 7得点 4ast
LAL(25分出場)、OKC(30分出場)との2試合で十分な出来だったので
     怪我の事を考えてもPTをもう少し短くしてもいいと前回書きましたが、
     その通りになって安心しました。今後も20分弱のPTで良いと思います。


アーサー 11分出場、2得点(1-6)
     昨季モズコフと併用すれば良いプレーを魅せていたので、
     今日はいい結果が出ると思っていたんですが、ミドルに安定感がなく悪い出来でした。
     ヒクソンは出場停止、マギーは開幕に間に合わない可能性があるので、
     アーサーに頑張ってもらわないと・・


モズコフ 22分出場 14得点(4-6) FT6-6 6reb
   ガード陣からのパスに対してキャッチミスが少なく、
     ファアルをもらってFTを決めれているので文句なしの出来。


ネイト 9分出場 2得点(1-4)
    レイアップを決めたのと、外れましたがネイトらしいトランジション3ptがありました。
    無理せず徐々にPTを増やして、開幕を万全な状態で迎えてもらいたいです。
         

グリーン 14分出場 6得点(2-6) 5ast 3reb
     後半で5astを記録。ハリスがシュートを決めたというのもありますが
     アシストがついただけでも今後に向けて良い傾向だと思います。


ハリス 23分出場 8得点(3-9)
    3Q中盤連続でシュートを決めたのはさすがでしたが、それまでにレイアップを外しすぎ。
    上記でも書きましたが折角ドリブルで相手を抜いているのにもったいないです。
    フィニッシュ力がついてこればフォイのポジションを奪えると思います。


ヌルキッチ 25分出場 8得点(4-7) 12reb(4ORB)
      3試合にしてはやくもポストプレーの雑さはいつも通りと感じるほどになりましたが
      同時にリバウンドの強さもいつも通りの強さといえる12reb


ウィリアムス 19分出場 7得点(3-7) 8reb
    2試合連続キャンプ契約選手とは思えない活躍ぶり、
    ロスター入りもあるかもしれない


Qミラー 8分出場 0得点(0-2)
    ジー、ウィリアムスが持ち味を出してアピールしている中、
    PTも少ないし、出場しても焦りからなのかオフェンスで空回りしています。
    現状のままだとカットされることが濃厚になってきました・・・
    もう少しPTを与えて主力組とプレーさせてあげてほしい、それでだめなら
    ある程度諦めがつきます。
    Qミラーには絶対に残ってもらいたいので今後の活躍に期待。


新人組とキャンプ契約選手が活躍 DENvsOKC

スターター    
ナゲッツ    サンダー
PGローソン  PGウエストブルック
SGフォイ   SGロバーソン
SFアフラロ  SFデュラント
PFファリード PFマクギャリー
Cモズコフ   Cアダムス


今日もガロ、ネイト、ヒクソン、マギー欠場

1Q 5分間ぐらい見逃したので詳細はわかりませんが
  どうやらモズコフ、ローソンが頑張っていた模様。
  ファリードP&Rでフリーでパスを受けるもミス、ディフェンスでも簡単に抜かれて
  アシストをされるなど悪い。
  ここまで27-14と圧倒されている、悪い流れを断ち切ったのがウィルチャンで
  速攻からミドル、さらにウィルチャンからローソン3ptといいリズムでオフェンスを展開。
  速攻でハリスが持ち上がりレイアップミスもモズコフプットバックダンク
  ウィルチャンからアーサー3pt
  最後はジャクソン、デュラントに得点で流れを押し戻されて1Q終了


2Q グリーン、ハリス、ウィルチャン、アーサー、ヌルキッチ。
  2Q最初のプレーはグリーンのドライブ→コーナーからハリスの3ptミス→
  ヌルキッチがオフェンスリバウンド
  その後ヌルキッチが再びオフェンスリバウンドをとりシュートファアルを得ますがFT2本ミス
  LAL戦でもそうでしたがリバウンドを効果的にとれています。後はFTを決めることですが
  観ている限り、時間がかかりそう。
  なかなかオフェンスが決まらないなかタイムアウト後
  アーサー→ウィルチャンへハイ&ローで得点、今度はウィルチャン→アーサーで得点。
  ウエストブルックが出場してハリスとマッチアップ。
  ポストで攻められてハリスがファアル。
  ファリードのパフォーマンスが攻守でいまいちでサンダーに速攻から得点される。
  タイムアウト後。ローソン出場
  ハリスが3ptフェイクでウエストブルックをかわしてドライブからレイアップを狙うもミス
  その後のウエストブルックに対するストップジャンパーにしっかりとクローズアウトしてミスを誘う。
  ファリードリバウンド後ここまでの鬱憤を晴らすcoast to coastでダンクを決める。
  ここからローソン、フォイのドライブを中心に崩して得点。
  ローソンのドライブ→モズコフレイアップ、ローソンからハイポストに来たモズコフにパス
  モズコフミドルを決める。 フォイがドライブで得点。フォイのドライブ→モズコフダンク
  フォイドライブ→アフラロ3pt、フォイ→ファリードリバースレイアップ

  ファリードが空回りして得点にならなかったものもありましたがいい感じでオフェンスを展開
  出来ていました。
  最後はローソンのアリウープパスからなんとアフラロがレイアップを決め、しかもエンドワン
  DEN54-54OKC
 
  相手が控え組でこっちはスターターでしたが、ローソン、フォイが仕掛けて得点に繋げる
  2Q終盤のオフェンスは良かったと思います。ファリードは良い動きをしていたんですが
  少し空回りしている感じでした。
  新人組でいうとヌルキッチのリバウンドの強さが光りました
  サンダーはデュラント、ウエストブルック、アダムスなど主力組は当然良かったし
  マクギャリ―という選手が良かったです。ミドル、ゴール下どちらも精確に決めていた印象。

3Q DENはスターターで開始。OKCはウエストブルック、デュラントを外してジャクソン、ラム。
  フォイのジャンパーで後半初得点、P&Rからファリードレイアップ
  オフェンスは悪くないんですが、ディフェンスでファリード、モズコフの連携が上手くいかず
  フリーにして決められている。
  マーカス・ウィリアムス、プレシーズン初出場
  ウィリアムス1プレー目、ファリードにボールを入れますが少しパスが悪くTOになりかけるも
  なんとかキープしてモズコフへのノールックパスでモズコフがダンク。
  マクギャリ―、モズコフとの1on1でミドルから得点
  ファリードリバウンド後自ら持ち上がってグリーンへパス、グリーンが3ptを決める。
  ベニモン出場
  グリーンがプルアップジャンパー3pt、ハリスがドライブからターンアラウンドジャンパーと
  2人共1on1から得点。
  ローソンが出場しているときのように崩してアシストを決めるという展開はみられませんが
  得点は決まっている。
  ディフェンスはナイスディフェンスも何度かありましたがマクギャリ―に再びミドルを決められる、
  ファアルでFTを与えてしまうなど得点されていました。
  その後オフェンスが決まらなくなり、最後はテルフェアのタフ3ptが決まり3Q終了。
  DEN86-85OKC
  
    
4Q グリーン、ジー、Qミラー、ベニモン、ヌルキッチで開始。
  ジーはこの試合初出場。
  オフェンスでTOを連発して速攻をくらい、シュートへ持って行けてもタフショットの連続
  一方のサンダーは速攻で得点しているのと、ベテランのテルフェアが上手くオフェンスを
  コントロールしている。グリーンにオフェンスをコントロールするのはまだ難しそう。
  グリーン、Qミラーに代わり、ハリス、ウィリアムス出場。
  ヌルキッチがポストプレーで捻じ込む、速攻からウィリアムスの3ptが決まる。
  その後ジーのダンク、ハリスのリバースレイアップなど次々と速攻から得点を
  重ねてリードをひろげました。OKCのシュートタッチが悪かったのと、ディフェンスリバウンドを
  ヌルキッチがしっかり確保して速攻に繋げられていました。ウィリアムスがボールを運んで
  いるのは疑問でしたが、ボールハンドリングが良かったので問題はなかったです。
  DEN114-101OKC

  OKCは後半ウエストブルック、デュラントが出場していないうえ、
  イバカ、パーキンスなども欠場なので、主力組のプレーで圧倒して勝っても
  あまり意味はありませんでしたが、新人組やキャンプ契約の選手達
  4Qリードを広げたハリス、ジー、ウィリアムス、ベニモン、ヌルキッチの5人が
  上手く機能して勝ったので、かなり価値のある勝利だと思います。
  とくにヌルキッチ、ウィリアムスが素晴らしかった。
  OKCで良いなと感じたのは前半終了後にも書きましたが、今季ドラフト21位のマクギャリ―
  オフザボールの動きが良いのかオープンになる場面が何度もあり、確率よくミドルを
  決めていました。
  
ローソン 23分出場 12得点 7ast
     得点、アシストと申し分のない出来。
     ローソンが問題ないことは2試合で分かったので、
     後のプレシーズンはもう少しPTを抑えてもいいと思います。
     

ファリード 23分出場 8得点(4-9) 4reb 5TO
      リバウンド後coast to coastでダンクまでいった場面は良かったんですが
      それ以外は無理な、リバースレイアップやフックショットなど安定性にかける
      オフェンスをしていました。ディフェンスも悪かった。
      プレシーズンなので思い切ってやる分にはいいんですが、開幕から5試合は
      ヒクソンがいないので開幕までにはしっかり合わせてもらいたいです。  
    

モズコフ 24分出場 20得点(8-8) 8reb 3blk
     合わせのプレーから次々と得点、リバウンド、ブロックも及第点以上。
     3ptまでシュートエリアをひろげるより、今日のようにハイポスト付近からの
     ジャンパーを決めてもらいたいです。


ヌルキッチ 18分出場 4得点(1-4) 15reb(6ORB)  5TO
      ポストプレーの雑さは相変わらずで、キャッチミスでのTOも多かったですが
      15rebとリバウンドの強さをみせてくれました。
      マギーよりいいかも・・・


ハリス 25分出場 8得点(3-8)
    レイアップ、3ptが決まらず、LAL戦と比べればオフェンス面で苦労していましたが
    それでもミドルから2本決めるなど8得点なので悪くはないです。
    

グリーン 17分出場 9得点(4-8) 3ast
     いつものことですがSGとしてなら十分な出来なんですが、PGとしては・・・

ウィリアムス 15分出場 9得点(3-6) 3reb 3ast
       ボールハンドリングが良く、1on1で相手を抜き去りレイアップを
       決めれるしシュート力もある。個人的には今日の試合のMVPだと思います。


ジー 12分出場 10得点(3-3)
   強烈なダンク2本が印象的でした。
   

ウィリアムス、ジーが思ったよりいいので、Qミラーがロスターに残れるか本気で心配になってきました。
次の試合PHX戦はガロ、ヒクソン、ネイト、が出場するかもしれないみたいです。

プレシーズン開幕 DENvsLAL

スターター
ナゲッツ      レイカーズ
PGローソン    PGナッシュ
SGフォイ     SGコービー
SFアフラロ    SFジョンソン
PFファリード   PFブーザー
Cモズコフ     Cヒル


ガロ、ヒクソン、ネイト、マギーが欠場
出場できないということは怪我から完全復帰したというわけではないのか今後が心配。

1Q プレシーズン最初のプレーはtip offでモズコフが競り勝ってローソンへ渡ると
  すぐさまファリードへのパスを送るも失敗。ファリードはいつもtip off直後
  このプレーを狙っています^^
 ここから数分アフラロvsコービー
  アフラロが3ptを決めれば、コービーはターアラウンドジャンパーを決める
  DENのユニフォームを着てまたこのマッチアップが観られるとは夢のよう^^
  アウトサイドの3人でのボールムーブはスムーズにいっていたんですが
  ファリードとのピック&ロールは上手くいかず、何度も引っかかっていました。
  オフェンスリバウンドもヒル、ブーザーにとられて攻守でインサイド陣がいまいち。  
  ハリス、グリーンが残り5分をきってから出場。
  ハリスvsコービーも少しだけありました。
  残り1分でヌルキッチも登場。ポストプレーからフックショットを狙いますが
  フックが雑すぎてとんでもないミス・・・。
  DEN29-27LAL

  サンディエゴの試合でレイカーズファン多数、さらに放送もレイカーズの
放送なので完全アウェイ。
  DENが得点してもほとんど歓声があがりませんでしたが、
  ベンチの選手達が盛り上げていました。


2Q グリーン、ハリス、ウィルチャン、アーサー、ヌルキッチで開始
  序盤ランドルにダンク、ポストプレーでアーサー相手に得点と良いプレーを連発されます。
  派手なプレーではないですがDENもヌルキッチがタップしたのをハリスがオフェンスリバウンド
  というのが連続であり、ウィルチャンもオフェンスリバウンド、4ポゼッションの結果
  最後はヌルキッチのナイスパスをウィルチャンがレイアップを決める。
  残り7分からQミラーとベニモン出場。
  ベニモンがスクリーンに対して連続で安易にハードヘッジにいったため、
  簡単にフリーのエドデイビスにパスを通されて連続でレイアップを決められる。
  残り2分30からジー出場。
  Qミラーがトランジションから3pt、ランドルに華麗にリバースレイアップを決められますが
  その後またQミラーが今度はバンクショット3ptが決まる。
  DEN54-51LAL

3Q スターターで開始。
  後半最初のオフェンスはトップでローソンをフリーにしようとファリード、モズコフが
  ダブルスクリーンをかけますが失敗、その後ローソンがドライブして開いていた
  モズコフにキックアウト、モズコフが3ptを狙いますが外れる。
  その後スクリーンをセットしてアフラロ、フォイにジャンパーを打たせていました。
  やってることは悪くないんですがシュートが決まらずなかなか得点できない、
  状況をローソンがドライブでアシスト、得点と打開。
  ローソンの華麗なパスがモズコフに渡りますがモズコフ豪快にダンクミス
  オフェンスではローソンが一人気をはいていました。
  DEN72-76LAL

4Q グリーン、ジー、ウィルチャン、アーサー、ヌルキッチで開始。
  オフェンスで形を作れず3分得点無し、その後グリーンが難しい体勢から連続でシュートを
  決めて得点。こういう時にウィルチャンが軸になってくれればいいんだけど難しそう。
  残り8分からウィルチャンに代わりハリス出場
  ヌルキッチオフェンスリバウンドから得点、ハリス難しい体勢から3ptを決める。
  サクレのポストプレーに対してヌルキッチが良い対応、リンのドライブに対しても
  上手く対応している。
  エリントンにミドル、3ptと連続で得点されますが、ヌルキッチのパスからアーサーがレイアップ、
  ハリスの3ptが決まります。
  クラークソンの速攻からのダンクをベニモンがブロックしたかのように見えましたがファアル。
  デイビスにアリウープを決められ残り2分で6点差となりますが、FTでの得点で追い上げて
  残り21秒でグリーンがミドルを決めて2点差、その後リンがTO仕掛けますがなんとかキープされて
  ランドルのダンクが決まり勝負あり。
  LAL6点リード残り1.3秒勝負は決していますが、Qミラーが75ft約22Mの距離から放ったボールが
  見事にリングに入り試合終了、
  DEN95-98LAL 
  

  負けはしましたが久しぶりのDENの試合を堪能しました。


ローソン 25分出場 14得点(5-8) 6ast 2reb
タフなレイアップ、ジャンプシュートを決め、アシストも6と十分な活躍。
今季も間違いなくオフェンスの軸なので順調そうで良かった。

フォイ  20分出場 1得点(0-3) 2ast 1reb
     コービー相手にマッチアップすることがあったのでディフェンスでは存在感が
     ありましたが、オフェンスはとくになにもなし。

アフラロ 17分出場 10得点(2-5) FT5-5     
オフェンスも3ptを決めたりFT5-5と良かったですが、
印象強かったのはコービーに対しての激しいディフェンス
前DEN時代もコービー相手に良いディフェンスをしている記憶がありますが
今日も前と変わらず素晴らしいディフェンスをしていました。
 
ファリード 20分出場 6得点(0-4) FT6-8 1reb 2blk      
動き自体は鈍っていた感じはなく、いつも通りだった気がするんですが
FTをまずまず決めたのとブロック以外にさしたる活躍はなかったです。
リバウンドがとれてこれば乗ってくると思うので次に期待。

モズコフ 21分出場 13得点(5-8) 3reb
     昨季同様プレシーズンでのshaqtin a foolがあるなら
     ほぼランクインするであろうダンクミスはありましたが、
     それ以外のプレーはまずまず良かったと思います。

グリーン 19分出場 10得点(4-10)  
     難しい体勢からシュートを決めて得点はとれていましたが、
     期待しているアシストはなし。
     得点力が魅力なのでそこを消してまでする必要はないんですが、
     ゆっくりでいいのでPG能力もあげてもらいたいです。
     
ハリス  19分出場 11得点(3-5) 2reb     
オフェンスではディフェンスがついていながら3ptを2本決め
ディフェンスはボールマンに激しくプレシャーをかけてスティールなど
攻守ともに良い活躍でした。
今季ローテ入りは厳しいかと予想していましたが、初戦をみた限りでいうと
アフラロ、フォイに割って入る可能性もありそうです。

ウィルチャン 19分出場 5得点 9reb 2ast       
数字通り得点はいまいちでしたが、リバウンドをよくとりました。
リバウンド後ボールを運んでいる場面が何度かありましたが、
速攻をするにおいてそこまで効果的ではないのでPGに預けた方がいいかなと思います。

アーサー  23分出場 7得点(3-9) 6reb 2ast
      ディフェンスでランドル相手に苦労していました。
      オフェンスでもミドルの精度がいまいちで、いつもの安定感はなかったです。
      徐々に調子をあげてもらいたい。

ヌルキッチ 19分出場 2得点(1-8) 9reb 3ast     
攻守でリバウンドに絡み、ディフェンスでも良い動きをみせていましたが
オフェンスはフックシュートを連発して大きく外していました。
動きとしては想像以上によかったので、オフェンスを今後改善すれば
十分戦力になると思います。 

ジー   12分出場 4得点(1-2)     
豪快なダンク、ディフェンスで貢献。
ロスター入りも十分ありそう。
     
Qミラー  10分出場 10得点(3-5) 3pt3-3
バンクショット3pt、75ft3Ptとあたりにあたっていましたが
いまいち信用されてないのかジーより少ないPTでした。
もしかしたら現状の評価ではジーの方が上なのかも・・・

ベニモン  10分出場 2得点(1-3) 6reb      
デイビスが上手かったのもありますが、ヘッジのタイミングが悪くフリーに
したのは残念でしたが、リバウンドで体をしっかり相手に当ててとれているのは
好印象でした。
















歓喜&仰天のファリード再契約


ファリード5年60mで再契約
きたーーーーーー。
アフラロのDEN復帰も相当嬉しかったんですが
その代わりフォーニエが移籍して嬉しさは半減だったので
今回のファリード再契約は今オフ最高の報せです^^
おそらく今季、最悪の場合来オフまでファリード再契約に悩まされると思っていただけに
開幕前のこの時期に決まるとは!!ここまでのDENフロントの動きをみているとこの速さの再契約は驚きです。

昨季序盤戦ファリードが思うような活躍が出来ていなかったこと
ヒクソン、アーサー、2人の新加入PFがある程度の結果を残していたことにより、
シャンパートとトレードの噂。
具体的なトレードの噂だったので実際にDENフロントがトレードに動いていたことは間違いないことで、
仮にDENが納得する条件であればトレードされていたと思います。この時点でフロントは
ファリード放出路線で動いているなと感じていましたが、確信したのはその後
怪我人続出でチームが沈む中、ファリードはポストプレーからの右フックが急成長したこともあり
3.4月平均20得点、10リバウンドの大活躍で急成長を魅せたにもかかわらず
今オフもファリードをトレードか?など噂ですが流れてきていたこと。
この一連の動きでフロントはファリードをトレードの駒にしようとしていると確信していたので
今回の再契約問題早期決着は本当に予想外です。
いろいろありましたが結果的に最高のかたちでの再契約へ
という運びになったので終わりよければ全てよしということで

DENフロントGood Job
アフラロ、ネネにやったみたいに再契約後トレードなんてことも・・・いやおそらく大丈夫。
アフラロ、ネネ放出は結果的に失敗だったんだから同じような事やるわけない。



契約に関してですがWojさんの第一報は5年60Mだったんですが、4年になるかもしれない?
契約のことはいまいち理解していないのでわかりませんが、4年60Mになるかもということなのか?
ファリードのDENでプレーする姿を最低でもあと4年みられるということを考えれば年12Mであろうが、
MAX契約と同等の年15Mであろうがどっちでもいいと思う反面、今後のDENの事を考えると年3Mの差は
結構でかいので出来れば12Mでよろしく。



ジー&Mensah-Bonsuとキャンプ契約。19人でトレーニングキャンプ

トレーニングキャンプ始まる
噂になっていたジーとキャンプ契約、そしてMensah-Bonsuともキャンプ契約

トレーニングキャンプメンバー
PGローソン、ネイト、グリーン
SGアフラロ、フォイ、ハリス、ジー
SFガロ、ウィルチャン、Qミラー、ウィリアムス、Alexander
PFファリード、ヒクソン、アーサー、Benimon、Mensah-Bonsu
Cモズコフ、マギー、ヌルキッチ
昨年は18人でしたが今年は19人

ヒクソンもトレーニングキャンプに参加しています。
おそらくプレシーズンも出場できそうなので、出場停止の5試合の後はチームにすぐ合流して
復帰できそうで良かったです。

プロフィール

マーティン

Author:マーティン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
人気ブログランキングへ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。