スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

力負け DENvsTOR

ナゲッツ     ラプターズ
PGローソン   PGラウリー
SGアフラロ   SGロス
SFウィルチャン SFJジョンソン
PFファリード   PFAジョンソン
Cモズコフ    Cバランチュナス


欠場
DEN:ガロ、フォイ、マギー
TOR:デローザン

アーサー復帰 

前半
 DEN54-60TOR 
 DENが決めたFG18の内、ローソン、ウィルチャンで10本。
  2Qはほとんどローソン、ウィルチャンの2人でオフェンスを展開してました。
  アフラロいまいち、復帰したアーサーもミドル&3ptが決まらず
  2人以外確率よくFGあげれそうな雰囲気じゃなかった・・・
 それでも54得点出来た理由は
  1.FTを23本も貰えたこと(15本しか決めれませんでしたが・・・)
  2.ファリードの6orbなどチームで10orb
  3.いつも10個ぐらいするTOが4つ
  DENにしては珍しく粘り強いオフェンスをしました。
 粘り強く得点したオフェンスに比べて、ディフェンスは何の粘りもなく
  TORオフェンスに好き放題やられる。
  外への警戒が甘く決められる→外への警戒を少し強めたら
  パス1本orフェイク1つで簡単にゴール下から得点される・・・
  ラウリー、ウィリアムスが全く止められず。
 ファアルも多くFT17本献上。ただ7本外してくれる^^
 バスケスのフローターが決まってたらもっと悲惨でした。

 前半スタッツ
DEN FG38.3%(18-47) 3pt3-10 FT15-23 TO4
TOR FG51.1%(23-45) 3pt4-10 FT10-17 TO2

 3Q アフラロがミドル&3pt,ファリードは速攻で豪快なアリウープ&レイアップ
   勢いに乗ってミドルまで決める。ポストからの右フックも決めました^^
   さらにベンチから登場したネイトも加勢して、前半18だったFGが3QだけでFG14
   前半のローソン、ウィルチャン頼りのオフェンスが解消され、理想的なバランスアタック
   を展開しました。
   オフェンスは前半の修正が効いていたんですが、ディフェンスは依然として
   ラウリー、ウィリアムスの2人が止められない・・・
   さらにこれまた前半にやられたハンズブローに3orbをゆるし得点へと繋げられる。
   追い上げはしましたが要所でTORオフェンスにやられて1点差で3Q終了。
   DEN87-88TOR
 
 4Q とにかくラウリー、ウィリアムスが止められないorz
   シュートに対して厳しくチェックにいくと躱されてレイアップorアシストorファアルでFT
   スクリーンなどで少しでも隙が出来るとシュートを決めてくる。
   ラウリー、ウィリアムスが凄かったのはもちろんですが、1試合を通して
   やられ続けるDENディフェンスというのも・・・まあいつものことか。 
   ラウリー、ウィリアムスが決めてくるTORオフェンスに対して、序盤は
   ファリード、ウィルチャンがなんとか得点して対抗したんですが
   残り7分からローソンがレイアップ、ミドルとFGは2本を決めただけ・・・
  DEN102-116TOR

 前半粘って6点差→3Q同点に追いつく→連戦のTORに4Q一気に離されて14点差で敗戦
 力の差を実感させられる試合展開でしたorz

 勝敗が決した4Q終盤ファリードがあと1つで2戦連続の20リバウンド達成
 だったので、それに注目していたんですが結局20リバウンド達成ならず・・・
 リバウンドの機会はあったんですが、ウィルチャンに獲られました。
 譲って欲しかった・・・

 スタッツ
 DEN FG42.5%(37-87) 3pt4-17  FT24-34 TO10
 TOR FG48.9%(43-88) 3pt10-23 FT20-32 TO6

 次戦はホームでLAL戦。

tor8.png
スポンサーサイト

ファリード26得点、25リバウンド DENvsMIN

ナゲッツ     ウルブス
PGローソン   PGラビーン
SGアフラロ   SGウィギンス
SFウィルチャン SFモハメド
PFファリード   PFヤング
Cモズコフ    Cジェン


欠場
DEN:ガロ、フォイ、アーサー、マギー
MIN:ルビオ、マーティン、ペコビッチ 

 前半
 DEN53-47MIN
 ・得点源とならなければならないアフラロ、ウィルチャン2人でFG4-18・・・
  アフラロはウィギンス相手にシュートスペースをクリエイト出来てはいたんですが
  最後シュートチェックでプレッシャーをかけられて外す。
  ウィルチャンは得意のフローターが決まらないのと3ptの確率もワイドオープンの割には決まらず。
 ・ファリード14得点14リバウンド(6orb)、前半でダブルダブル達成
  ファリードのポジション取りと飛ぶタイミングが良いのもありますがボールがファリードの
  もとへと集まってました。
 ・FT12-14。DENにしては珍しく確率よく決めました。 
 ・ヤングにフローターを次々と決められる。
 ・TO、リバウンド後などDENの戻りが遅いのと、MINのウィギンス&ラビーンの
  コンビが速く何度か速攻を食らう。

 前半スタッツ
DEN FG38.8%(19-49) 3pt3-13 FT12-14 TO8
 Shotchart_1419663974942.png

MIN FG36%(18-50) 3pt2-5  FT9-10 TO3
 Shotchart_1419663966860.png

3Q 立ち上がりヤングを連続でフリーにして得点をゆるしたファリードですが
  その後offリバウンドから押し込む、deffリバウンドからウィルチャンへast
  ペリメーターからシュートを決めオフェンスで無双。
  ファリードのオフェンス無双で10点リードとなり、その後ローソンがペリメーターから
  シュートを決める、ウィルチャンがドライブから得点してオフェンスは好調でしたが
  ウィギンス、ジェン、バディンガーと次々に得点をゆるし、リードを縮められ3Q終了。  
  DEN79-74MIN

4Q ハメルにピック&ポップからミドルを連続で決められる。しかも全く同じ形で・・・
  さらに同じくハメルにオフェンスファアルを2度誘われる。
 序盤ハメルに攻守でやられMIN逆転。
  早々にスターターを投入するも流れが良くなる所かTOから速攻を食らうなどで
  MIN5点リードで残り5分。
  モズコフ&ファリードのoffリバウンドからの得点で流れが変わり、
  その後ファリードのティップイン、ローソン、ウィルチャンがFTを2本決め
  ここまでウィギンスのプレッシャーもあってシュートスランプだったアフラロが
  ミドル2本を決め、 ディフェンスではヤングに得点されるなどMINオフェンスを止めれた訳では
  なかったんですが要所でFTを外してくれて、DEN4点リードで試合終了。
DEN106-102MIN
 
  ファリード26得点、25リバウンド(自己最高)モンスタースタッツで勝利^^
  試合内容には色々と問題ありなので本来ならとても喜べる勝利ではないんですが、
  今季苦しんでいるファリードの大活躍で 勝てたということで個人的には最高の勝利です^^
 
  29分で26得点、25リバウンドというのが凄い。
  もし35分ぐらいでも出てたらラブ以来の史上20人目となる30得点、30リバウンドも出来たんではないか
  というぐらい、ポジション取り&跳ぶタイミングが良く、ボールが吸い寄せられるように
  ファリードの元へと集まってました。
  過去に何度か今回に匹敵する数字を残したことがあったと思いますが   
  おそらく今回のに一番近いのがルーキーシーズンGSW戦での24分出場、27得点、17リバウンド
  この時も35分以上出場していたら30-30もいけたんではないかというぐらい凄かったです。   
 

 スタッツ
 DEN FG41.1%(39-95) 3pt3-19 FT25-32 TO18
 MIN FG39.8%(4-103) 3pt3-15 FT17-24 TO7
 
 次の試合はホームでTOR戦。
 
min1.png

連敗 DENvsBKN

ナゲッツ     ネッツ
PGローソン   PGジャック
SGアフラロ   SGKarasev
SFウィルチャン SFジョンソン
PFファリード   PFKG
Cモズコフ    Cプラムリー


欠場
DEN:ガロ、フォイ、アーサー、マギー
BKN:デロン 

 前半
 DEN54-58BKN
 ・ローソン17得点、7アシストの大活躍。アシストはいつも通りですが
  今季ほとんど決まってないペリメーターから決めたことで得点もとれました。 
 ・アフラロは外から、ウィルチャンは華麗なドライブからしっかりフィニッシュ。
  ファリード7reb(4orb)、モズコフは・・・
 ・ヌルキッチがフック2本とロング2を1本決めてFG3-3で6得点。
 ・シュートが好調&オフェンスリバウンドをとれてるのにTO10・・・
 ・ジョンソンの1on1を止められないのとジャック&プラムリーのコンビにやられ続ける。
  TOからの速攻でも何本かやられました。

 前半スタッツ
DEN FG51.2%(22-43) 3pt3-10 FT7-10 TO10
Shotchart_1419391630587.png

BKN FG53.1%(26-49) 3pt3-11 FT3-5 TO4
 Shotchart_1419391639967.png

 後半
 ・アフラロ、ウィルチャンの長距離砲不発。2人で3pt1-11
  とくにウィルチャンは1-7と酷かった・・・ 
  前半ドライブから得点できてたんだからやり続ければよかったのに。
 ・ローソン3pt3-3を決めるなど好調を維持。
 ・ローソンと同じく後半も好調のファリードでしたがなぜかPTが少ないorz
 ・前半やられたプラムリーを3Qはモズコフが抑えたんですが
  4Q中盤ヌルキッチが攻守で無双されてしまう・・・
 ・ヌルキッチがやられてるからとヒクソンに交代、なぜかファリードではない・・・
  しかもネイト、ローソン、アフラロ、ウィルチャン、ヒクソンというスモールラインアップを採用
  したのでオフェンスリバウンドをとられて得点される・・・。不調のネイトを終盤で出す意味が・・・
  DEN96-102BKN
 
 好調だったファリードのPTを削ってまで4Qなぜヒクソンを投入し、不調のネイトを出場させて
 スモールラインアップにしたのか?本当に疑問です・・・
 ただファリードを出場させていたら勝てたかといわれるとアフラロ、ウィルチャンの外が全く決まらない&
 ジョンソンを止める術がなかったのでおそらく無理だったと思います。    
 

 試合とは関係ない事ですがBKNの実況個人的に好きです^^
 相手側が得点したらすごいプレーでもまったく反応しない放送が多いんですが
 BKNの放送ではまるで応援しているチームが決めたみたいなリアクションをしてくれるので^^ 

 スタッツ
 DEN FG43.9%(36-82) 3pt7-25 FT17-22 TO18
 Shotchart_1419391708808.png

 BKN FG47.3%(43-91) 3pt6-23 FT10-14 TO9
  Shotchart_1419391716588.png

 次戦はホームでMIN戦。
 
bkn10.png

大敗 DENvsCHA

ナゲッツ     ホーネッツ
PGローソン   PGウォーカー
SGアフラロ   SGヘンダーソン
SFウィルチャン SFMKG
PFファリード   PFゼラー
Cモズコフ    Cアルジェファ


欠場
DEN:ガロ、フォイ、アーサー、マギー
CHA:ランス 

 前半
 DEN40-58CHA 
 ・ウォーカー(14得点、4アシスト)、アルジェファ(18得点FG8-10)にやられまくり。
  とくにアルジェファはポストからフック、ミドルも決まり止められなかった・・・
  モズコフでアルジェファが止められないのは分かっていたので
  ハワードをある程度抑えたヌルキッチに期待したんですが巧みなフェイクからのフックで躱されてました。
 ・モズコフ流血事件。
 ・ローソン13得点(6-10)も0アシスト・・・パスが無理やりでTOとなる場面はありましたが、
  ぺネトレイトでギャップを作っても味方のシュートが決まらなかったorz
  ・2ndユニットFG2-15。ネイトが無理やり撃つしかほとんどやりようがない。
  やはりガロの抜けた穴は大きい。
 ・最近リバウンドといえばモズコフだったんですが、ファリードが8リバウンド。 
 
 前半スタッツ&ショットチャート
DEN FG38.1%(16-42) 3pt1-10 FT7-11 TO8
 Shotchart_1419304134297.png

CHA FG57.1%(24-42) 3pt4-8  FT6-10 TO4
 Shotchart_1419304142903.png


後半
 ・ゼラーさんに豪快なダンクを叩き込まれ、ミドルを決められ、ブロックも食らう。
 ・ファリード時間は十分ありフリーでもないのになぜか3ptを狙う→当然外れる→ジーと即交代。
 ・3Q終了して27点差がつき4Qはガベージタイムへ。
 ・ジーが得点してました。
  DEN82-110CHA

 攻守で良い所なしの大敗。
 スターターが不調なら大敗するという図式が戻ってきました。
 そろそろフォイ、アーサーが復帰する頃なのでそこでどうにかなるのを
 期待するしかないんですが、ガロを失った2ndユニットにスターターの不調を
 カバーできる気がしません・・・
 
 スタッツ&ショットチャート
 DEN FG37.8%(82-31) 3pt2-18 FT18-24 TO13
 Shotchart_1419304103557.png

CHA FG53.8%(43-80) 3pt8-19 FT16-24 TO12
  Shotchart_1419304114724.png

次戦はアウェイでBKN戦。

cha10.png

ガロ半月板損傷で長期離脱・・・


半月板損傷で最低でも3週間の離脱orz
IND戦好調だったのにもかかわらずガロが最終盤出場しなかったのは
それまで全然だったアフラロ、ウィルチャンにショウHCが取り返してこいという
気概をみせてのことだと勝手に思っていたんですが、単に怪我したから出場出来なかったんですね・・・
ドライブが多かったから怖いなとは思っていたんですがまさかやってしまうとはorz
ようやく2ndユニットがガロの復調によって機能し始めたと思ったらこの結末・・・辛すぎます。

3週間で帰ってこれるとは到底思えないし、復帰出来たとしてもまた一から調子を
あげていくことになりそうなので、ガロの代わりとしてジー、もしくは最近SFとして起用されている
アーサーが今後頑張ってくれることに期待するしかないです。

ロースコアゲームを制して連勝 DENvsIND

ナゲッツ     ペイサーズ
PGローソン   PGスローン
SGアフラロ   SGスタッキー
SFウィルチャン SFソロモンヒル
PFファリード   PFウエスト
Cモズコフ    Cヒバート


欠場
DEN:フォイ、アーサー、マギー
IND:ヒル、ジョージ 
 
  前半
  DEN32-33IND
 ・32対33という1Qが終わったのかと思うぐらいロースコア―ゲーム。
 ・IND33点中ウエストが15得点(1Q11、2Q4)
  2Qはマッチアップしていたファリード、ヒクソンがまずまずプレッシャーをかけれて
  いましたが、1Q特に序盤はピック&ポップでやられたい放題やられる・・・
  得意と分かっているのにミドルをがら空きにしてました。
 ・アフラロ、ウィルチャン絶不調。2人でFG1-14
 ・ローソン、ガロのドライブが効果的に決まる。 
 ・モズコフ守で貢献。ただリバウンド後の球離れが遅い。

 前半スタッツ&ショットチャート
DEN FG33.3%(15-45) 3pt0-8  FT2-4 TO7
 Shotchart_1419137993221.png
IND FG30%(12-40) 3pt3-10 FT6-8 TO8
Shotchart_1419138390841.png

後半
 ・ウエストのピック&ポップへの対応が良くなり、ポストプレーに対しても
  ファリード、ヒクソン、ウィルチャンがなんとか抑え、後半ウエストのFG2-11
 ・モズコフがブロック、リバウンドに前半同様ペイント内で存在感を発揮。
  ただFT時のリバウンドではボックスアウトを失敗して割り込まれ2度リバウンドをゆるす。
 ・CJマイルズにタフなミドルを決められる。
 ・アフラロ、ウィルチャンは依然として不調、ファリードも右フックを外しまくり
  ローソンもペリメーターからシュートが決まらない。4人でFG7‐24
 ・ガロは前半と同じくドライブから得点、4Q残り10分この試合DEN初の3ptを決める。
 ・接戦となった最終盤好調のガロを使わずショウHCはスターターを起用。
  ウィルチャンがタフな3pt、P&Rからファリードの豪快なダンクが決まり
  結果的にはスターター起用が成功して勝利。
 DEN76-73IND
  
  スターターFG28.8%(15-52)37得点、2ndユニットFG50%(15-30)39得点
  LAC戦に続いて2ndユニット大活躍で連勝。
  これまでの試合ならスターターがだめならそれまででしたが
  ここ2戦はスターターがだめでも2ndユニットで流れを変えることが出来ています。
  層の厚みがDENのストロングポイントなので最初からこういう戦い方が出来ないと
  いけなかったんですが・・・
  
  ガロが復調模様なのが2ndユニットがようやく回りだした要因です。
  HOU戦16得点、LAC戦10得点、そして今回19得点
  外からたまたま決まっているだけなら復調か微妙なところですが
  今回の試合単純に外から撃つのではなく、積極的にドライブしてレイアップ、
  ファアルをもらいFTで得点できていたので完全復調といってもいいと思います。
  というかそろそろそうなってくれないとプレーオフが絶望的になってしまう。

 スタッツ&ショットチャート
 DEN FG36.6%(30-82) 3pt2-16 FT14-19 TO16
 Shotchart_1419138237281.png
 勝ったチームのものとは思えないですね^^
  
IND FG30.7%(27-88) 3pt7-23 FT12-17 TO14
 Shotchart_1419138686789.png

 次戦はアウェイでCHA戦。

 ind15.png

 

なんとか勝った DENvsLAC

ナゲッツ     クリッパーズ
PGローソン   PGポール
SGアフラロ   SGレディック
SFウィルチャン SFバーンズ
PFファリード   PFグリフィン
Cモズコフ    Cジョーダン


欠場
DEN:フォイ、アーサー、マギー
LAC: 

前半
 ・ローソン11アシスト(モズコフへ4、アフラロ4、ファリード2、ウィルチャン1)
  モズコフがペリメーター&ダンクをしっかり決める。今季2本目の3ptも決めました。
 ・ネイト3連続3pt&デアンドレに体を預けながらレイアップで12得点の大爆発!!
 ・折角シュートが好調なのにTO13・・・  
 ・緩いプレッシャーしか与えられないDENディフェンス、ただレディックの3pt、
  グリフィンのペリメーターからのシュートが決まらないことに助けられる。
 ・ジャマクロさんにはタフショットを決められた 
  DEN59-43LAC 
 
 前半スタッツ
DEN FG58.5%(24-41) 3pt7-14 FT4-9 TO13
LAC FG36.9%(17-46) 3pt1-11 FT8-11 TO4

3Q 開始2分グリフィンに立て続けにワイドオープンでシュートを決められLAC7-0のラン
  ショウHC怒り気味で即座にファリードをヒクソンと交代・・・ファリードだけが悪かった
  訳ではなかったんですが・・・
  ヒクソン登場後もオフェンスは単純な1on1を繰り返しては外す、ボールが回っても
  シュートが決まらず、ディフェンスの崩壊は相変わらずでバーンズのカットから連続で
  得点をゆるし、LAC16-0のランで同点orz
  ガロが3ptを決めて6分たってようやく得点するも、バーンズが攻守でキレキレで
  スティールからダンクを決められLAC逆転。
  その後前半不調だったレディックにシュートを決められ7点差となりますが
  ネイトが3pt、ガロがFT2本を決めるなどいいオフェンスではなかったですが
  しぶとく得点を重ね、なんとか3点差で終了。
  DEN71-74LAC

4Q ネイトがスティール、さらに3Q終盤から出場していたジーが2スティール
  ディフェンスから流れを作り一気に7点リード。
  この後フレグラント、テクニカル続出。
  ファリードがデアンドレに対してハードファアルでフレグラント1(FT2本&ポゼッション)
  ハードファアルに苛立ちをみせたデアンドレがテクニカル、さらに映像ではなかったんですが
  おそらくそれに抗議したリバースHC&ターコルもテクニカル、LAC3連発テクニカル。
  ネイトFT3本→デアンドレがFT2本撃ってLACポゼッション
  これだけでも十分凄かったんですが、直後DENボールとなると今度はデアンドレが
  ヌルキッチにフレグラント1。両チーム揉めることなく、ここまでテクニカル、フレグラントが飛び交ったのは
  初めて見ました。ヌルキッチFT2本決め、その後ミドルも決めてDEN9点リード。
  その後LACオフェンスを止められずジャマクロ、グリフィンに得点され
  バーンズにオフェンスリバウンドから押し込まれて残り3分でLAC逆転。
  その後DENオフェンスが3連続同じセットオフェンスを使い見事に成功。
  自分では詳しく説明できないので詳細は省きますが^^ウィルチャンを上手く使ったいいセット
  だったと思います。今後も使えそうです。
  これで残り1分30でDEN7点リードとなり勝負ありかと思ったんですが、
  レディックへの3ptファアル、インバウンズパスミスにより残り13秒で4点差で
  LACボール、両チームタイムアウトなし。
  グリフィンにファアル、1本目のFTを決められ、2本目はわざと外しにくるというところで
  DENはローソン、ネイト、アフラロ、ウィルチャン、ガロ、この後のFTを考えての
  スモールラインアップを採用。これが悪い方向に働き、グリフィン、バーンズに対して
  ボックスアウトを怠り、オフェンスリバウンドをとられてジャマクロがワイドオープン3pt
  も失敗、しかしグリフィンがタップして今度はレディックが3pt、これも失敗
  ただまたまたLACがオフェンスリバウンド、今度はポールがブザービーター3ptを狙いますが
  これも外れて試合終了。
 DEN109-106LAC
   
 後半色々酷い事はありましたがとりあえず勝てて良かった。

 スタッツ
 DEN FG47.5%(38-80) 3pt11-29 FT22-30 TO21
 LAC FG45.9%(39-85) 3pt3-18  FT25-33 TO11   

  ネイトが今季初?の大爆発
  ようやくネイトらしい姿が観られました^^
  ローソンの負担を減らすためにも本当は毎試合安定して結果を残してもらいたいんですが・・・
  今後3試合に1回ぐらい今回のような大当たりの日が来てほしいです。

 次戦はホームでIND戦。
   
lac20.png

3連敗 DENvsHOU

ナゲッツ      ロケッツ
PGローソン    PGベバリー
SGアフラロ    SGハーデン
SFウィルチャン SFアリーザ
PFファリード   PFモティユナス
Cモズコフ     Cハワード


欠場
DEN:フォイ、マギー
HOU:テリー、ジョーンズ、ガルシア、パパニコラウ

ファリード先発復帰&ガロ復帰 

1Q P&Rでローソン→モズコフへのバウンズパスをベバリーがスティール、
  さらにポストでアフラロにボールを入れようとしますがこれもベバリーがカット
  ベバリーに良いディフェンスをされてTOを連発、モズコフがFTライン付近で
  ノーマークもシュートを決められない、ローソン→ウィルチャンの3ptが
  効果的に決まった以外は機能せず8分間で12得点・・・。ただHOUオフェンスも
  ハーデンがFTなどで8得点しましたが、前回ペイント内で得点しまくった
  ハワード、モティユナスが決めれそうなシュートを決めきれず8分間14得点で
  HOU2点リード残り4分。
  ウィルチャンに代えてガロではなくアーサーをSFとして投入。
  HOUのシュートミス、TOを速攻に繋げアフラロ、ローソンがファアルをもらいFT獲得、
  ハーフコートでもアフラロ、アーサーがポストからターンアラウンド、ローソンを基点に
  パスを回してアフラロと交代で入ってきたガロが3ptを決めるなどで得点を重ね
  残り30秒で8点リード。
  このまま最高の形で終わりたかったんですが、その後ハーデンvsアーサーの1on1で
  アーサーが完璧にシュートチェックをして3ptをブロックしたと思ったらファアルのコールでFT3本・・・
  このファアルに怒ったショーHCがテクニカルで4点を献上・・・
  さらに最後のオフェンスでアーサーが3ptを放った際にチェックにいった
  モティユナスが僅かにアーサーの手に触れますが、ファアルをとってもらえず
  アーサー抗議でテクニカル・・・orz
  4点リードしたとはいえ最悪の流れで1Q終了。
   DEN29-25HOU

  1Q残り1分30秒アフラロがガロと交代したとき
  ローソン、ガロ、アーサー、ヒクソン、ヌルキッチというビッグラインアップになっていました。
  SFアーサーはまだ分からなくないですが、SGをガロにするとは驚きでした。
  攻守でのリバウンド、オフェンスで高さのミスマッチを作るため、
  ディフェンスでスイッチしていくから?他にも。

2Q ヒクソンをファリードに代えただけで、SGガロ、SFアーサーは変わらず
  ローソン、ガロ、アーサー、ファリード、ヌルキッチのビッグラインアップで開始。
  ファリードのハーフコートアリウープレイアップ??という名称でいいのか分かりませんが
  それが決まり、1Q最後の悪い流れを変えたと思ったんですが、アリーザにバンクショット&3ptを
  決められて1点差。その後ヌルキッチがハワードからスティール→速攻で外に開いていたガロが3pt
  さらにベバリーの3ptが外れた後も速攻を仕掛けローソン→ファリード→アーサー→またも
  外に開いていたガロが3ptを決め、しかもファアルをもらい4ptプレーで一気に10点リード。
  HOUタイムアウト後もDENの勢いは止まらない。
  ヌルキッチがポストでパスの受け渡し役となり、アフラロ3pt,ファリードダンク
  さらにヌルキッチスティール→速攻でアフラロレイアップ、ウィルチャンの3ptが
  決まって残り4分で16点リード。ここで10分以上出場していたヌルキッチがモズコフと交代。
  すると2Qほぼ完ぺきに抑えていたハワードが次々と得点・・・モズコフだけが悪いわけでは
  ないですがヌルキッチが抑えられていただけに・・・
  4分間全くHOUオフェンスを止められず一気に5点まで縮められて2Q終了。  
  DEN60-55HOU

 前半スタッツ
 DEN FG46.8%(22-47) 3pt7-12 FT9-9 TO8
 HOU FG41.5%(17-41) 3pt3-10 FT18-22 TO6

  前回の試合と2Qの感じを観ているとハワードに対してはモズコフより
  ヌルキッチの方が圧倒的に守備で良いパフォーマンスをみせているので
  もしかしたら後半スタートからヌルキッチで、と思ったんですがモズコフのまま開始。

3Q ファリードポストプレー連発も失敗。その後ハワード相手にも一瞬やろうとしましたが
  躊躇ってパスを探しているうちに24秒orz 
  ローソン、アフラロのTOなどもあり6分間でFGはウィルチャンのジャンプシュート1本のみ・・・
  その間HOUオフェンスも良いという訳ではなかったんですが、モティユナスがポストから
  フック&3pt、ハーデンがタフなジャンプショット2本決めるなどで得点される。
  HOU1Q終盤以来のリード。
  終盤またローソン、ガロ、アーサー、ヒクソン、ヌルキッチのビッグラインアップ。
  HOUオフェンスを止めることは出来ませんでしたが、ヌルキッチがフック連発、
  ヒクソンがミドル&ダンクで得点して、なんとか3点リードで3Q終了。
  DEN78-75HOU

4Q ローソン、ガロ、アーサー、ヒクソン、ヌルキッチで開始。
  立ち上がりハワードのポストプレーをまたもヌルキッチが抑え、ガロ、ヒクソンの得点で
  7点リードしますが、直後リバウンド争いでヌルキッチがファアルをとられて5PFとなり
  ヒクソンと交代。
  その後速攻からハワードに連続得点、アリーザに3ptを決められてHOU逆転。
  中盤、ハーデンがぺネトレイトからキックアウトしてアリーザ3pt。さらにぺネトレイトから
  今度はハワードへアシストしてHOU5点リード。
  その後HOUはTO連発で得点できず、アーサーの3ptが決まり残り3分30秒で同点。
  ハワードをファアルでしか止められませんがFT1-4と外してくれて、ファリードのナイスパスから
  アフラロのレイアップ、アフラロスティールからレイアップが外れた所をファリードがプットバック
  ダンクが決まり、残り1分30秒で3点リード。  
  その後ハーデンの3ptは外れますが、ベバリーにリバウンドで絡まれ、ハワードにボールが渡り
  ファアル。FTをハワードが2本しっかり決め1分で1点差。
  アーサーが3ptフェイクからドライブしてフローター気味に狙いますが失敗。
  しかしウィルチャンがオフェンスリバウンドをとり、時間を使ってローソンがミドルを撃つ。
  ただこれも外れて21秒でHOUボール。
  ハワードのスクリーンでウィルチャンとアーサーがスイッチするとハーデンvsアーサーの1on1。
  ステップバックするハーデンにしっかりとチェックにいけていたんですが3ptを見事に決められて
  10秒でHOU2点リード。
  ファリードにボールが入るとパスを出すと見せかけてぺネトレイトしますがハワードに完璧に
  対応される→コーナーに走っていたアフラロへパス→ハーデンが完璧にチェックしていて
  スティールされる・・・orz
  当然ハーデンにファアルしてFT。ハーデンが2本目のFTを落としますがリバウンドに絡まれて
  少し秒数が進み残り4秒。タイムアウトも使い切っていたのでエンドラインからのスタート。
  ローソンが持ち上がりそのままシュートかと思ったんですが、貰いに来たアフラロへパス
  即座にアフラロが3ptを放つとブザーと共にリングに吸い込まれて同点!!
  なんでアフラロが良い体勢で撃てたんだとスローをみると、ハーデンが完全にアフラロを
  見失ってました。
  とにかくアフラロのクラッチが炸裂してOTへ。
  DEN99-99HOU

OT 4Q終盤出場していたローソン、アフラロ、ウィルチャン、アーサー、ファリードで開始。
  ファリードが5ファアル&ポストディフェンスが悪いという所を
  モティユナスに突かれてポストで連続得点をゆるし、しかもファリード6PFでファアルアウト。
  ただ交代で入ってきたガロが3ptを決め逆転。
  その後ハーデンが止められず3連続得点、DENオフェンスもファアルをもらいFTを獲得するん
  ですがアーサー、アフラロが1本ずつ外したことでHOU1点リードで24秒をきったため、
  ファアルゲーム突入。
  ハーデンがきっちり2本を決め、直後のDENオフェンス、スクリーンを使って上手くガロが
  右コーナーでフリーになりますがロング2or3pt?が外れてベバリーがリバウンド。
  ベバリーFT2本決めHOU5点リード。
  アフラロがタフな3ptを決めて11秒で2点差にしますが、ベバリーがまた2本決めて4点差。
  再びアフラロが3ptを狙いますが今度は外れて試合終了。  
  DEN111-115HOU
 
 3連敗で10勝15敗。
 今後WEST上位7チームが急激に落ちる可能性は低く、8位の枠を狙うのは
 既に抜かれているOKCが好成績を残してくると予想されるので、まだ25試合ですが
 早くもDENのプレーオフ進出は赤信号が灯っているような・・・
 
 スタッツ
 DEN FG40.4%(40-99) 3pt13-30 FT18-23 TO15
 HOU FG41.2%(35-85) 3pt8-28 FT37-48 TO16

 オフェンス
 ・OTということもあって、おそらく今季最高の30アシスト(前半17、後半9、OT4)
 ・17astが表すように前半速攻、ハーフコート両方でパスが効果的に回りシュートを決める
 ・後半はHOUディフェンスに撃たされたのか?DENのセレクションが悪かったのか
  ペリメーターのシュート多数でほとんど決まらずFG34.6%
 ・FT18-23はこれまでのDENを考えると決まった方ですが、大事な所でアーサー、アフラロが外す。
 ・OTで重要なFTを外したアフラロですが、4Q同点となる3ptブザービーターは昨季のフォイ並みに震えた。 
 ・ガロが好調だったこととヌルキッチがオフェンスの起点になっていたことは
  今後に大きなプラスになるはず。というかなってくれ。
 
 ディフェンス
 ・ハーデン、ハワードに計37本のFTを与える 
 ・今回もモティユナスを抑えることが出来ず18得点される
 ・ハワードのポストに対してヌルキッチが良い対応を何度も見せたのは大収穫

 次戦はホームでLAC戦。

hou25.png

アフラロがSeason highの31得点をあげるも連敗 DENvsSAS

ナゲッツ     スパーズ
PGローソン   PGジョセフ
SGアフラロ   SGグリーン
SFウィルチャン SFレナード
PFヒクソン    PFダンカン
Cモズコフ    Cスプリッター


欠場
DEN:ファリード、フォイ、ガロ、マギー
SAS:パーカー、ミルズ 

1Q 中盤までアフラロがポストからターンアラウンド連発、ローソン→ミドル、3ptも決まり、
  アフラロが無双してオフェンスを牽引。SASオフェンスもダンカンを軸にした見事な
  パス回しで得点してきましたがアフラロ無双が上回りDEN6点リード。
  その後アフラロ連続TOによりオフェンスが停滞し5分間で5得点しかできませんでしたが、
  ベンチから登場したハリス、アーサーがスティール、ヌルキッチがぺネトレイトしてきた
  ジノビリをブロックとベンチ陣のディフェンスがSASオフェンスを自由にさせず
  なんとか2点リードして1Q終了。
  DEN22-20SAS

2Q ネイト、ハリス、ジー、アーサー、ヌルキッチで開始。ネイト4試合ぶりの復帰。
  SASはジノビリ、ベリネリ、レナード、ディアウ、ベインズ・・・強い。
  メンバーを観る限り10点差にならなければ御の字と考えていたんですが
  約6分間攻守で互角の展開。オフェンスはジーの2TOなどありましたが、
  ヌルキッチ→アーサーがカットしてダンク、ピック&ポップからアーサー3ptとアーサーが得点、
  ディフェンスではTOから速攻を許して得点されてはいましたが崩壊には繋がらず。
  残り7分からスターター全戻り。
  折角2ndユニットが耐えてくれたんですが、スターター対決になったここからが悲惨でした。
  レナードの攻守備&モズコフがドフリーのミドルを連続で外すなどで得点できず、
  ディフェンスは1Q終盤から2Q序盤にかけてベンチ陣が見せてくれた粘り強さは皆無で次々と
  ペイント内で失点・・・SAS12点リードで2Q終了。
  残り3分、ローソンがジノビリとの接触で左まぶたあたりを切ってロッカーに下がりましたが
  それまでに10点差をつけられていて流れは最悪だったので、ローソンがいたところで感はありました・・・
 DEN34-45SAS

3Q ローソン治療中?のためかネイトが代わりに開始から登場。
  立ち上がりモズコフが2Qの鬱憤を晴らすかのようにロングミドル、P&Rからエンドワンを
  決めて得点しますが、SASオフェンスを止めることはできず点差は縮まりません。
  ヒクソンが2分経たずしてヌルキッチと交代。
  ファアルトラブルでの交代ではないので、おそらくですが入りそうもないポストプレーをしたのと
  ディフェンスでヘルプにいかず楽々とレイアップを決められたのが原因だと思います。
  残り9分ローソン復活。
  ローソンが戻ったんですが、ヌルキッチの雑なフック連続などでオフェンスが停滞
  グリーン、レナードにミドルから得点されて一気に17点差。
  DENタイムアウト後、1Qのようなアフラロのシュートタッチが戻ってきたことにより
  これまでの停滞していたオフェンスが嘘のように次々と得点を重ねていくんですが
  SASにしぶとく得点されて10点差までしか縮められず3Q終了。
  DEN61-71SAS

4Q ローソン、ハリス、アフラロ、ジー、ウィルチャンの超スモールラインナップで開始。
  SASがジョセフ、ベリネリ、グリーン、レナード、ディアウだったから合わせたという
  ことなのかSAS側が合わせたのか分かりませんが、ネイト、ローソン、Aミラーを
  出場させていた時並のスモールラインナップ。
  
  序盤、依然としてキレキレのアフラロがタフショットを決め一桁差、
  その後グリーンが3ptを連続で外してくれて、追い上げるチャンスを
  ローソンのダンクミス、ネイト3pt失敗などで点差を縮めきれず・・・
  ここで追いつけないようではと思ったんですが、その後もDENの流れは続き、
  ジーのスティールから速攻で6点差、ベリネリの3pt&レイアップがいずれもリングに嫌われ、
  直後ネイトが速攻でレイアップを決めて残り6分で5点差とついにSASの背中を捉えます。
  その後アフラロ、そしてヌルキッチがダンカン相手に得点を重ねるなどでオフェンスは
  好調を維持していたんですが、どたばたしていたSASオフェンスが落ち着きを取り戻したのか
  それともDENディフェンスが悪かったのか、ぺネトレイトから簡単に得点されて一進一退の展開。
  背中は捉えたんですがそこから並ぶことがなかなかできないまま、残り3分でSAS5点リード。
  この捻じりあいの中から先に抜け出したのはやはりSAS・・・
  ジノビリの3pt、ローソンTO→ジョセフのレイアップが決まって一気に10点差となり勝負あり。
  大量に観戦に来ていたSASファンからGO Spurs GOの大合唱をやられてました・・・orz
  DEN91-99SAS

 スタッツ
 DEN FG41%(34-83) 3pt8-16 FT15-21 TO21
 SAS FG45.9%(34-74) 3pt5-16 FT26-35 TO13

 オフェンス
  アフラロが無双、ウィルチャンも安定して得点、これまでの試合なら2人がよければ
 後はローソンがぺネトレイトして自ら得点orビックマンに合わせるやらで大概上手くいくんですが、
 ローソンのシュート不調、モズコフがゴール下でレナード、ダンカンのブロックに阻まれる、
 さらにTO量産などで得点機会を逸してしまいました。
 ローソンのシュートが決まらないのと、モズコフがブロックされたのはレナードが素晴らしい
 ポジショニングをとって後ろからブロックしてきたのである程度仕方ないとしても
 TO21は・・・オフェンスリバウンド15取れていただけ余計にもったいなかったです。
  
 ディフェンス
  ハリス、アーサーなど2ndユニットが時折良いディフェンスを魅せてはいましたが     
 勝負所になるとSASのオフェンスを止めることが出来ず主にペイント内から次々と
 失点しました。個人的にはもっとこっぴどくやられると思っていたので良くやってくれた
 方だと思います。
 
 最終的に接戦となりましたが、追い上げられてもなんてこなく決めてくるSASを
 観ていると、実力差は大分あるように感じました・・・。
 次回SASとの対戦は現地1月20日今度もペプシセンターでの試合。 
 この頃もおそらく今と対して実力差は詰まっていないような気がしますが、
 この試合のようにペプシセンターでGO Spurs GOの大合唱をやられては癪なので
 是非とも勝利を期待します。 


 次戦はホームでHOU
 前回書きましたがモティユナスをなんとかしてもらいたい。

sas10.png

攻守でペイント内を制圧されて完敗 DENvsHOU

ナゲッツ     ロケッツ
PGローソン   PGベバリー
SGアフラロ   SGハーデン
SFウィルチャン SFアリーザ
PFヒクソン    PFモティユナス
Cモズコフ    Cハワード


欠場
DEN:ネイト、フォイ、ガロ、マギー
HOU:カナン、パパニコラウ、ガルシア、ジョーンズ 

既報通りハワードが復帰。
そしてファリードまたしてもベンチからの出場。
まさかこのままベンチで行こうと考えてるんじゃ・・・
そんなことになったらファリード、ガロ、マギーで10M選手が3人ベンチからという
ありえない状況になるんだが・・・

1Q 序盤分かってはいましたが、ハワードをファアルでしか止められず
  残り7分でモズコフが早々に2ファアルとなりヌルキッチに交代。
  ハワードのFT2-6だったのでファアルした効果はありました。
  しかしDENもヒクソンがFT1-4と散々・・・ただウィルチャンのフローター連発
  などでなんとか得点出来てはいました。
  中盤以降もヌルキッチ、ローソンと折角もらったFTを外し(2-6)ますが
  ヒクソン、ヌルキッチのハイ&ロー、さらにヌルキッチ2ファアルのため登場した
  ファリードとヒクソンのハイ&ローが決まり、ローソンの3pt&速攻レイアップ、
  さらにアフラロのポストアップからアーサー3pt、とFT以外は何から何まで
  上手く得点が決まりました。ディフェンスはオフェンスリバウンドを散々ゆるし
  決して良いディフェンスをしていたわけではないですが、HOUが外から外しまくって
  残り約4分からテリーの3pt1本のみの失点。
  10点リードで1Q終了。   
  DEN31-21HOU

2Q グリーン、ハリス、アーサー、ファリード、ヌルキッチで開始。
  普通にいくならSFにジーを入れるんですが、1Qリバウンドをとられすぎた
  ことを考えたのかアーサーをSFに入れてビッグラインナップを形成。
  ガベージタイムでは当然何度かありましたが、この時期にまさか2ndユニットで
  グリーン、ハリス、ヌルキッチの新人3人衆揃い踏みを観れるとは^^
  
  序盤ヌルキッチ→ファリードのアリウープ炸裂と気持ちいいプレーは
  ありましたが行き当たりばったりのオフェンスが多く、4分でグリーン、ハリスに
  代えてローソン、アフラロと交代。
  直後アフラロの3ptが決まり14点リードとなるとHOUもハワード、ハーデンを出場。
  その後ハーデン、ハワード主体で来るかと思いきや、まさかのモティユナス、モティユナス、モティユナス
  ポストプレー連発でファリードが止められず次々と失点、その間オフェンスは
  HOUディフェンスの質が上がったのと、DENのシュートがオープンでも決まらなくなり
  14点リードは4分で消え去りました・・・
  ファリードのディフェンスの脆さをしっかりとついてこられました。
  終盤この最悪の流れを挽回できるはずもなくハーデンに次々と得点されてHOU8点リードで2Q終了。
 DEN54-48HOU

 前半スタッツ
DEN FG43.2%(19-44) 3pt4-12 FT6-13 TO7
HOU FG38.6%(17-44) 3pt7-19 FT13-21 TO8

3Q ハワードのゴール下の支配力が絶大。とくにディフェンスが強力で
  ブロックを何発かくらい、ブロックされなくてもシュートを外させられる
  HOUの選手もハワードがゴール下にいるからなのか?外への対応が素晴らしい、
  ハワードがベンチへ下がる残り4分までほぼ速攻でのFGしかなし。
  3Q立ち上がりにハワードのブロックを受けたアフラロがとくにその影響を受けて
  る感じでポストプレーからターンアラウンドしたらいいところで諦めてパスを出したり
  意識しすぎてレイアップ外したりしていました。
  DENディフェンスは依然としてモティユナスが止められず、ハワードにオフェンスでもやられて
  残り4分でHOU13点リード。この間良かったといえるのはヌルキッチがディフェンスで相手の
  ぺネトレイトに対して壁となって立ちふさがって何度かブロックを決めていたことです。
  ハワードがベンチへ行った後
  アーサーが速攻ダンク&3pt、さらにプットバックで押し込むなど得点を重ね
  残り30秒で5点差まで追い上げたんですが、その後ハーデンにレイアップを決められると
  グリーンとヌルキッチの息が合わずインバウンズでTO・・・
  7点差で3Q終了。
  DEN73-80HOU

4Q グリーン、ハリス、ジー、アーサー、ヌルキッチで開始。 
  ファリードが3Q途中で足を痛めたということが要因なのか?それとも
  HOUの対応してのことなのか?分かりませんが2Qでのビックラインナップを解除して
  SFにジーを入れる普通のラインアップ。
  ベバリー、アリーザ、ハワードを開始から出場させて勝負を決めに来るHOU相手に
  どこまでスターターなしで対応できるか注目だったんですが、そんなことを考えているうちに
  ヌルキッチが6PFで退場・・・ジーが得点してなんとかついていけてはいましたが
  3分たちHOU10点リードとなったところで、ローソン、アフラロを投入。
  なんとか早めに一桁差にという願いは虚しく3分間得点なしでさらに離されて15点差。
  その後ローソンが次々とシュートを決めだしましたが(昨季の試合もほぼ勝負が
  決まった終盤ローソンが無双してたような・・・)HOU2大エースハーデン、ハワードに
  きっちり決められて試合終了。
  最後ハーデンがあと1リバウンドでトリプルダブルという場面でファリードのフックが
  エアーボールとなり0.1秒でハーデンがリバウンドを記録してトリプルダブル達成^^
 DEN96-108HOU

 スタッツ
 DEN FG37.5%(36-96) 3pt7-28  FT17-26 TO16
 HOU FG44.3%(39-88) 3pt10-34 FT20-34 TO15

 オフェンス
  1Qこそハイ&ローが完璧に決まり、ウィルチャンのフローター連発などで
 ペイント内から得点できていましたが、ハワード擁するHOU相手にそんなことが
 長く続くはずがなく、正確かどうかわかりませんが1Qペイント内でFG7本が、2Q以降は9本に
 とどまりました。内がだめなら外から決められれば良かったんですが、HOUのシュートチェックが
 良いのと、単にアフラロ、ウィルチャンのシュートタッチが悪いので外からも打開できず
 速攻とローソンに頼むぐらいしか打つ手がない状況に・・・
 上手くFTもらったとしても2本に1本は外す可能性が高いし、正直やりようがなかった。
 
 ディフェンス
  ハーデン、ハワードにはこれぐらいやられるだろうという予想はできていましたが
 まさかモティユナスにキャリアハイの25得点を献上してしまうとは・・・orz
 25得点は献上しすぎですが最近5試合のモティユナスの成績をみると15、13、16、18、14得点
 常時二桁得点でFG%も高い、この試合はハワードが復帰してやりやすくなった?のと
 DENの脆弱なポストディフェンスを考えると25得点されたのも残念ですが納得な気がします。 
  話は変わりますがこれだけ安定したポストが出来るならUSAvsLithuania戦
 モティユナスはファリードとマッチアップしていたので今回のようにもっとモティユナスの
 ポストを使った方が効果的だったかもしれません。
  ファアルアウトにはなりましたがヌルキッチのポスト、ぺネトレイトに対する対応は
 良かったと思います。
 
 次回HOUとの対戦は3日後今度はペプシセンターでの試合。
 今回のようにハワード、モティユナスにペイント内を荒らされては
 ホームとはいえ勝ち目がなくなるので、とにかくモティユナスを止めるしかない。
 ダブルチームにいくわけにもいかないので、どうにか1on1でヒクソン、ファリード、アーサーの
 誰でもいいから止めてもらいたい。
 
 次戦はホームでSAS戦。
 
hou30.png

4連敗でストップ DENvsMIA

ナゲッツ     ヒート
PGローソン   PGコール
SGアフラロ   SGウェイド
SFウィルチャン SFデン
PFヒクソン    PFハミルトン
Cモズコフ    Cボッシュ


欠場
DEN:ネイト、フォイ、ガロ、マギー
MIA:マクロバーツ、アンダーセン

ファリード復帰もヒクソンが先発・・・
バードマン欠場も残念

1Q ローソンがパスを捌き、アフラロ、ウィルチャン、ヒクソンが
  得点する理想的なオフェンスを展開、ディフェンスはDENが良かったというより
  MIAがゴール下で何度か外してくれたこともあって4分間で失点4、16-4と最高の滑り出し。
  リードを広げることが出来なくても維持できれば十分良かったんですが、
  アフラロの3ptがリングに嫌われて外れたのをきっかけに、その後連続TOで
  序盤のオフェンスが嘘のように得点できなくなり4分FG無し・・・
  その間にMIAオフェンスは調子を取り戻しボッシュ、デンに得点され
  残り3分でMIA逆転。ファリード出場。
  ファリードがリバウンド後自ら持ち上がりウィルチャンへのアリウープに
  繋げようやくFGを決め、なんとか1点リードで1Q終了。   
  DEN22-21MIA

2Q ローソン、ハリス、ジー、アーサー、ファリードで開始。まだローソン休息なし。
  ファリードがオフェンスリバウンドからフック、アーサー4ptプレー
  ローソン速攻からエンドワン、1Q終盤の嫌な流れを見事に吹き飛ばす
  立ち上がりをみせ9点リード。ここでローソンが交代でグリーンが出場。
  その後ウェイドにポストプレー&スクープショット、チャルマ、ウィリアムス
  に3ptを決められ立て続けに失点しますが、こちらもアフラロがポストプレーで得点、
  さらにメロばりのジャブステップ→ジャンパーを決め、グリーンの3ptも決まり
  なんとか5点リード。
  残り6分スターター全員戻りますが、1Q立ち上がりのようなローソンを起点にする
  オフェンスは上手く機能せず、ウィルチャンがタフショットでなんとか得点にしていましたが
  MIAがウィリアムス3pt2本、ボッシュ、コールが得点、最後はデンがブザービターを決めるなどで
  DENオフェンスを上回り同点で2Q終了。
 DEN48-48MIA

 前半スタッツ
DEN FG47.6%(20-42) 3pt4-11 FT4-10 TO5
MIA FG40.9%(18-44) 3pt5-10 FT7-8 TO3

3Q ウィルチャンがスピンムーブからレイアップ、速攻でローソンの3ptが決まり
  3Q連続最高の立ち上がり2分で7点リード。
  その後これまで通りDENオフェンスは停滞気味になっていったんですが
  ウェイド、ボッシュが連戦のため?かいまいち状態が良くなくDEN以上に
  MIAがほとんど得点できず、ジーの得点などでじわじわとリードをひろげ残り3分で12点リード。
  終盤もDENペースは変わらず、モズコフの偶然のエンドワン、グリーンがブザービータ
  3ptを決めるなどでリードをさらに広げて17点リードで3Q終了。 
  DEN79-62MIA

4Q グリーン、ハリス、ジー、アーサー、ファリードで開始。
  MIAがウェイド、ボッシュを投入して追い上げを図ってきましたが
  逆にDENがファリード、ジー、グリーン、ハリスとバランスよく得点を
  重ね残り7分で27点リードとさらにリードをひろげて勝負あり。
  勝敗がついた後もファリードは出場を続けていました・・・
 DEN102-82MIA

 スタッツ
 DEN FG44.7%(38-85) 3pt8-23 FT18-27 TO10
 MIA FG36.6%(30-82) 3pt7-22 FT15-21 TO11
 
 久しぶりの快勝で連敗を4でストップ。
 ネイト、フォイ、ガロ、マギーと本来なら2ndユニットを担わなければならない選手達が
 いない状態なので(いても・・・)この試合もローソンを酷使してなんとか勝利できるぐらい
 だなと思っていたんですが、まさかのグリーン、ハリス、ジー、アーサー、ファリードが
 2ndユニットとして十分すぎる役目を果たしてくれました。とくにグリーンが素晴らしかった^^
 一時のこととはいえ20試合そこらでグリーン、ハリス、ジー、アーサー、ファリードが
 2ndユニットなんて誰が想像したでしょうね・・・ 
 まさかの2ndユニットの活躍で最近5試合39、43、35、44、49と平均42分出場していた
 ローソンを30分出場に抑えられました。
 
 この試合を観てショウHCがヒクソン先発、ファリードは2ndと決めて
 しまわないかだけが心配…ファリードは先発でみたい。
 
 次戦はアウェイでHOU戦。
 何やらこのDEN戦からハワードが復帰するようです・・・
 ハワードがいなくても勝てる気はしませんがいるとなるとorz
 昨季GSW戦23得点、29リバウンドを記録したモズコフでも降臨すれば
 勝ち目はあるけど・・・。

mia15.png

第2回EAST遠征3戦全敗で4連敗 DENvsTOR

ナゲッツ     ラプターズ
PGローソン   PGラウリー
SGアフラロ   SGバスケス
SFウィルチャン SFロス
PFヒクソン    PFジョンソン
Cモズコフ    Cヴァランチュナス


欠場
DEN:ファリード、ネイト、フォイ、マギー
TOR:デローザン 

ファリードは連戦なので大事をとって前回欠場したんもんだと
思っていたんですが、腰?の痛みで欠場・・・

1Q WAS戦でウォール→ビールにやられたことを、TOR相手にやり返し
  ローソン→左コーナーのウィルチャンが3連続3pt。
  さらにローソン自身のシュートが好調なのと、ここ2戦沈黙していた
  アフラロのタッチも良く、ローソンを中心にオフェンスを組み立てる
  連勝時のDENオフェンスが出来ていました。
  オフェンスは文句ないぐらいに良かったんですがディフェンスが崩壊・・・
  TORのスクリーナーが完璧にスクリーンをかけれていて良い仕事をしているのも
  ありますが、それにしても一つのスクリーンで簡単にフリーを作られすぎで
  その後のローテーションも遅く、簡単にミドルを決められるorゴール下でダンクを食らう
  ファールで止める場面も多く1Qだけで9本もFTを与えました。
  何もかもが止められないディフェンスをしてはリードできるわけもなく
  TOR5点リードで1Q終了。
  DEN30-35TOR
 
  ウィルチャン交代時、ガロよりジーが先に出場・・・

2Q グリーン、ハリス、ジー、ガロ、アーサーで開始。
  今回こそは連戦ということもあるので、ガロが2ndユニットを引っ張って
  スターターを出来るだけ休ませてもらいたかったんですが、
  結果はATL戦と同じく全く機能せず、3分でほとんどがスターターと交代・・・
  ウィリアムスに3ptを連続で決められるなど4分間で一気に17点差。
  スターター投入後ウィルチャン、アフラロが得点を重ねるなどオフェンスは
  機能しだしたんですが、TORオフェンスを止めることができず点差はそこまで
  変わらず残り2分でTOR14点リード。
  残り2分ようやくTORオフェンスをアーサーのブロック&ローソンのスティールで
  ウィリアムスのFT2本のみの失点に抑え、オフェンスはアーサー→モズコフのハイ&ロー
  ウィルチャンのレイアップなどが決まり10点差で2Q終了。
  DEN52-62TOR

 前半スタッツ
DEN FG50%(21-42) 3pt6-10 FT4-7 TO8
TOR FG61%(22-36) 3pt3-10 FT15-20 TO5

3Q TORがPFをジョンソンではなくパターソンにして開始。
  内外ともにシュートが決まらず序盤オフェンスは停滞
  TORも開始2分は付き合ってくれていましたが、その後ロスがフローター、
  1on1からロングミドルを決めるなどでTOR16点リード。
  その後苦し紛れのモズコフのミドル、ヒクソンのポストからのフックが決まると
  流れが変わり、ディフェンスではこれまでやられ続けたスクリーンの対処が
  上手くいきTORオフェンスを抑え、オフェンスではアフラロがポストアップから
  華麗なステップを踏みレイアップを決めて残り4分で一気に6点差。
  終盤パターソンに3pt&ミドルを決められ流れを止められたかに思ったんですが
  アーサーが2本のオフェンスリバウンド、モズコフもティップインを決めるなど
  しぶとく得点して、なんと1点差で3Q終了。
  DEN81-82TOR

4Q グリーン、ハリス、ガロなどを起用せず
  ローソン、アフラロ、ウィルチャン、アーサー、モズコフで開始。
  アーサーの3pt,ミドルは決まりませんがオフェンスリバウンドを連続で
  とり得点に繋げて1Q4分以来のDENリードとなります^^
  中盤両チームディフェンスで踏ん張り、どちらも流れを掴むことができず
  DEN1点リードで終盤突入。
  アーサー、モズコフがオフェンスリバウンドをとりまくり4ポゼッション後
  ローソンがレイアップを決めて3点差、ロスの3ptが連続で外れると
  速攻でローソンがレイアップを決めて残り3分で5点リード。
  その後オフェンスはアーサーが連続でシュートを決めて得点したんですが
  ラウリーが巧みにFTをもらい4本決められ、パターソンに3ptをくらい
  DEN1点リードで残り1分。
  アフラロがステップバックジャンパーを決めて残り40秒で3点リード
  ここは3ptさえ食らわなければというところで、ラウリーのぺネトレイトに
  対してアーサーがヘルプにいきすぎてパターソンが完全フリーで3ptを放つと
  見事に決まり残り29秒で同点・・・。よりによって好調のパターソンをフリーにしてはいかん。
  時間を使いモズコフのスクリーンから、ローソンが仕掛けますがラウリーに
  完璧に対応されて、ウィルチャンに渡しますがウィルチャンがシュートを撃たず
  ローソンにリターンしてショットクロックバイオレーション・・・
  モズコフのスクリーンが中途半端でローソンの仕掛けるスペースを防いだだけで
  完全に余計だった・・・後ウィルチャンシュート撃てよ・・・。
  残り4秒ラウリーが3ptを狙いますが外れてOTへ。
  DEN102-102TOR
 
OT ローソン、アフラロ、そして好調のアーサーが開始早々に5PFとなったことと
  連戦ということもあったのか、後半の粘り強いディフェンスが無くなり、前半のゆるゆるな
  ディフェンスが復活してやられたい放題やられる。
  さらにオフェンスはウィルチャンが3ptを放り投げるのと、ジャンプシュートが不調な
  アーサーに撃たせることしかできず、試合終了。
  DEN107-112TOR
 
OTになれば連戦ということもあり厳しいということは分かっていたので
4Qで決着をつけたかったし、つけれたはず。
上記でも書いていますが4Q最後の攻防は自らOTにさせたような感じでした。
2ptは良い場面でこの試合TORで最も3ptが決まっていた好調のパターソンを完全フリーにしてしまう。
中途半端にモズコフがスクリーンにいったことで、ローソンの仕掛けるスペースが限定され
ラウリーに止められる、最終的にウィルチャンがシュートを撃たなくて24秒になる最悪のオフェンス・・・
モズコフにスクリーンさせるならさせる、させないならシンプルにローソンorアフラロの
アイソレーションで良かったはず・・・後上記でも全く同じことを書いていますがウィルチャンシュート撃てよ
結果論なのは分かってますがそれにしても酷かった。
 
前日43分出場、連戦となるこの試合49分出場したローソンのためにも勝ちたかった・・・
ローソン本当にお疲れ様でした。
これをベンチで観ていた選手達&欠場していた選手達が復帰以降、奮起してもらいたい。   

 スタッツ
 DEN FG41.3%(43-104) 3pt10-30 FT11-15 TO15
 TOR FG50.6%(41-81) 3pt9-33  FT21-29 TO16
 
 EAST遠征3連敗でPOR戦の敗戦も含めて4連敗。
 EASTトップ3相手なので仕方ないといえば仕方ないですが、
 WESTのプレーオフ圏内チームが全く落ちてこない現状、最低1つでも勝っておきたかった。
 CHI、@PHO、PHO、@UTA、POR、@WAS、@ATL、@TOR
 この8試合を最低でも3勝5敗で乗り切ってもらいたいと思っていたので
 結果として達成されましたが@UTA戦ですでに3勝はクリアしていたので5勝3敗の
 勝ち越しまでには持って行ってもらいたかったです・・・。 
 今後10試合の日程は
 MIA、@HOU、SAS、HOU、LAC、IND、@CHA、@BKN、MIN、TOR
 ホーム戦が7試合もある、この10試合で最低でも6勝4敗の勝ち越しが出来ないようだと
 プレーオフは絶望的になってしまいます。

 次戦はホームでMIA戦。

tor12.png

3連敗 DENvsATL

ナゲッツ     ホークス
PGローソン   PGティーグ
SGアフラロ   SGコーバー
SFウィルチャン SFキャロル
PFヒクソン    PFミルサップ
Cモズコフ    Cホーフォード


欠場
DEN:ファリード、ネイト、フォイ、マギー
ATL:なし 

ファリードに関しては大事をとっての欠場みたいで次戦は出場可能らしいです。
欠場者が4人もいて、全員ベンチにすらいなかったので
ベンチが5人とすかすかの状態で寂しいなか試合開始。

1Q 良かったのは外からのシュートが決まった序盤だけ
  中盤以降はTO続出で得点できず、ディフェンスはベンチから
  出てきたアンティッチに次々とミドルレンジからシュートを
  決められ11点差で1Q終了。
  DEN21-32ATL

2Q グリーン、ハリス、ガロ、アーサー、モズコフで開始。
  このメンバーならガロがオフェンスを率いないといけないんですが
  シュートが決まらない・・・。ガロがどうにもならないなら
  オフェンスが上手く回るはずもなく3分間でハリスのFT1本のみ。
  その間ATLに得点され16点差。
  何も出来ないまま2ndユニットを交代でスターター投入。
  スターター投入後も流れはさほど変わらず19点差となったので、
  ヒクソンに変えてジーを投入してローソン、アフラロ、ジー、ウィルチャン、モズコフの 
  スモールラインナップに変更。
  変更後オフェンスが好調になりウィルチャン、モズコフが得点して残り3分で12点差。
  あわよくば一桁差で前半終了といきたいところでしたが、
  その後シュートが決まらず得点できない、さらにATLにFTを与え得点されて
  21点差とリードをひろげられて前半終了。
 DEN36-57ATL

 前半スタッツ
DEN FG31.7%(13-41) 3pt3-16 FT7-9 TO8
ATL FG45.7%(21-46) 3pt5-14 FT10-14 TO

3Q 開始早々ヒクソン4PFでアーサーと交代。
  ウィルチャンがシュートフェイクからぺネトレイトしてレイアップ、フローター、
  さらに3ptを決めるなど得点しますが他の選手がこれに続くことができず
  後ATLも流れを持っていかれそうなところでミルサップ、ホーフォードが
  しっかり得点してきたため中盤まで20点差前後のまま。
  終盤ATLのTO&シュートミスから速攻でウィルチャン、モズコフ、ジーが
  得点して11点差。その後ジーの連続スティールなどもあり10点差まで
  追い上げますが、ATLもミルサップがしぶとく得点して流れを完全には
  渡してくれず11点差で3Q終了。
  DEN66-77ATL

4Q ローソン、ジー、ウィルチャン、ガロ、モズコフで開始。
  立ち上がりモズコフのジャンプシュートが決まりついに9点差と
  一桁差にしますが、それ以降ワイドオープンの3ptをガロ、ハリスなどが
  ことごとく外すなどで5分近く得点なし。ただATLもお付き合いしてくれたので
  13点差で終盤へ。ウィルチャン、ジーが得点し残り3分で7点差までいきますが、
  その後コーバーに無慈悲な3ptを決められると、やり返そうとしたアフラロの3ptは
  決まらず、じわじわ離されて試合終了。
 DEN84-96ATL

 スタッツ
 DEN FG36.6%(34-93) 3pt6-35  FT10-13 TO14
ATL FG41.4%(36-87) 3pt10-27 FT14-19 TO12
 
 2試合連続の拙攻で3連敗。
 EAST遠征に入るまでローソン中心に上手くいっていたんですが
 ここにきて最悪の頃のオフェンスへと戻りつつあります・・・
 
 次の試合が連戦なのにローソンを43分出場させなければならない上に
 負けが付き、ダブルダブルの記録も7で止まってしまいましたorz
 ガロの調子が一向に上向かず2ndユニットは崩壊状態だし・・・
 ウィルチャンが依然として好調なのだけが救いです。
  
 次の試合はアウェイでTOR戦。
 デローザンがいないとはいえ、勝てる気がしません。

atl20.png

大敗 DENvsWAS

ナゲッツ     ウィザーズ
PGローソン   PGウォール
SGアフラロ   SGビール
SFウィルチャン SFピアース
PFファリード   PFハンフリーズ
Cモズコフ    Cゴータット


欠場
DEN:フォイ
WAS:ウェブスター 

1Q 立ち上がり、アフラロがターンアラウンド、ウィルチャンがステップバックと
  タフショットを決め、WASがTOを連発してくれて8-2。
  アウェイの試合立ち上がりにリードを広げるという理想的な試合展開だと
  喜んでいたのも束の間、ファリードが3TO、ピアースに連続得点を食らい
  たったの2分で逆転・・・  
  中盤以降ウィルチャン、ローソンを中心に得点はとれていましたが、
  ウォール→ビールの左コーナーからの3ptを3連続で決められるなど
  落ち着きを取り戻したWASオフェンスになすすべなく失点を重ね1Q終了。
  DEN28-30WAS 
 
2Q ネイト、ハリス、ガロ、アーサー、ヒクソンで開始。
  元々スターター対決でリードするのは厳しいと予想していたので
  2ndユニット対決でリードをひろげてスターターにバトンタッチするのを
  期待したんですが、バトラーに次々と得点を与え10点差に広げられるという
  最悪の結果・・・。
  スターターを戻しますが、流れを引き戻すどころか
  WASペースの流れをより加速してしまいます。
  原因は残念ながらファリードのディフェンスで、ハンフリーズへの対応が
  意識しなさすぎたり、意識しすぎたり、どう説明したらいいか分かりませんが
  とにかく最悪のディフェンスでした。
  それによってWASオフェンスにやりたい放題やられ、WAS19点リードで2Q終了。
  DEN46-65WAS

3Q 依然としてハンフリーズを見失いシュートを決められるなど
  やられ続けるファリード・・・。ゴータット、ウォールも続きとめられる気がしない。
  ファリードの速攻アリウープとウィルチャンがタフな3ptを2本決めた以外は
  とくに何もなし。
  DEN69-90WAS

4Q ネイト、ローソン、ハリス、ガロ、マギーで開始。
  3ガードにも驚いたけど、それよりもマギーが出場できたんだということに驚きました^^
  Aミラーさんのロブパスショータイム、セラフィンがマギーを圧倒
  WASファン大喜びの展開で試合終了。
 DEN89-119WAS

 スタッツ
 DEN FG38%(31-82) 3pt5-22 FT22-30 TO19
WAS FG52.9%(45-85) 3pt7-20 FT22-27 TO16

 ファリード、ガロがハンフリーズ、バトラー相手に完敗しては
 勝ち目なんかあるわけもない。
 と書いたところでハンフリーズ、バトラーの最近の成績をみると
 ファリード、ガロが完敗するのも仕方ないか?と思うような成績を残してます。
 つまりもともと勝ち目はなかったということですね^^
 

 個人的なこの試合の収穫
 ローソンのダブルダブルが7試合連続
 ウィルチャンのシュートは好調
 マギーが出場できる状態だということと、WASファンから嫌われてるん
  だなということを知ったこと。
 この3つです。
 マギーの件については少し驚きました。
 出場してなかったのは怪我じゃなくて出場機会がなかったということだったのか・・・。
 あとWASファンのマギーへのブーイングですが、ネネとのトレードは結果的に
 明らかにWASが得しているのでマギーを歓迎してると思ったんですが、そうでもなかったんですね・・・
 昨季は怪我でWAS戦出場しなかったはずですが2年前は出場しているはずなので
 その時もそうだったのかな?良く覚えてない。
 もしかしたら古巣からの大ブーイングを叱咤激励と捉えて
 今後大活躍なんてことも・・・・無理ですかね^^
 
 次戦はアウェイでATL戦。
 この試合を観た後でミルサップをファリードが抑えられる気がしませんが
 それが出来ないとアウェイで勝つのは難しいと思うので、NOP戦デイビス、アンダーセンに
 みせたような気合いの入ったタフなディフェンスを期待したいです。

was20.png

POR戦7連敗 DENvsPOR

ナゲッツ     ブレイザーズ
PGローソン   PGリラード
SGアフラロ   SGマシューズ
SFウィルチャン SFバトゥム
PFファリード   PFオルドリッジ
Cモズコフ    Cロペス


欠場
DEN:フォイ、マギー
POR:マッカラム 

ポジション通りのマッチアップではなく
オルドリッジvsモズコフ、ファリードvsロペス、
マシューズvsウィルチャン バトゥムvsアフラロ
おそらく2回の対戦経験でモズコフの方がオルドリッジへの対応が
良いということと、マシューズのポストプレーに対してウィルチャンなら
抑えられるだろうと見越してのことだと思います。

前半
・オルドリッジ対策でモズコフをつけたはずだったんですが
 ぺネトレイトしてくる選手に反応しすぎてパスを捌かれ完全フリーで
 ミドルを決められる、ポストプレーも止められず前半で26得点献上・・・
 アーサーが良いディフェンスをしていたのでアーサーならもしかしたら
 というのはありましたが、スターターをアーサーで行くわけにはいかないので
 モズコフで止められないなら仕方ない。
 オルドリッジ対策には失敗しましたがマシューズにウィルチャン
 バトゥムにアフラロをマッチアップさせたのは功を奏した?みたいで
 彼らに得点を量産されることはなく、前回のような誰も止められない
 という状況は避けられました。
 オフェンスは2Q中盤までいつものようなローソンが起点になるオフェンスが機能
 しませんでしたが、アフラロ、ガロの個人技、オフェンスリバウンドを得点に繋げる。  
 それ以降はローソンが自ら得点をあげました。 
 DEN56-50POR
 
 前半スタッツ
DEN FG54.8%(23-42) 3pt2-8 FT8-11 TO6
POR FG51.2%(21-41) 3pt0-7 FT8-11 TO7

3Q リラードを3Q序盤で4ファアルに追い込み、交代させることに成功しますが
  代わりのブレイクが3pt連発(ローソンが他を意識してマークを外しすぎてました・・・)
 ただオフェンスはローソン、ウィルチャン、アフラロとバックコート陣が
  シュートを決めまくり好調を維持して中盤で14点リード。
  POR側はこれ以上離されたくないということで3Q中盤4PFのリラードを出場。
 これまで影を潜めていたリラードがここから次々とシュートを決めだし
  一気に2点差までリードを縮められてしまいます。その後ウィルチャンが
  なんとか得点して3Q7点リードで終了。
  DEN85-78POR
 
4Q 3Q猛追されるきっかけになったリラードを序盤抑え、ローソンの3ptなどで10点リード。
  DEN10点リードとなり、PORはすかさずバトゥム、オルドリッジ、ロペスを投入。
  するとそこからPORペースとなりブレイク、マシューズの3pt、オルドリッジ、リラードの
  得点で残り3分で逆転。その間一方的にやられたのではなくDENもアフラロ、ローソンの
  得点などで食らいついてはいたんですが10点リードが無いかのようなぐらい追い込まれている
  印象を受けました。
  このままPORがリードをひろげていくのかと思いましたが、
  タフなショットをローソン、ヒクソン、アフラロが決めて残り1分で同点。
  その後オルドリッジ、マシューズとシュートを落としてくれましたが、
  ワイドオープンのローソンの3ptが決まらず、さらにTOをやってしまい
  残り19秒でPORボール。
  リラードがレイアップを外してくれたんですがディフェンスリバウンドは
  ロペスに絡まれてとれず、5秒残って再びPORボール。
  オルドリッジorリラードどちらでくるのかと注目していて、
  ハイポストの位置でオルドリッジにボールが入ったのでこのままジャンプシュート
  でくると思ったんですが、ここでローポストで待ち構えていたロペスにパス
  予想していなかったであろうヒクソンは対応できず楽にレイアップを決められ
  残り1.3秒でPOR2点リード・・・
  ローソン、アフラロ、ウィルチャン、ガロ、アーサーと外を狙える選手を
  配置させて勝負。
  スクリーンをかけますが全く効かず3ptラインから2mぐらい離れた位置でガロが
  ボールをもらい難しい体勢でシュートしますが外れて試合終了。
  DEN103-105POR
  
 ・最終盤について
  ローソンがワイドオープンの3pt失敗、TOをしてしまいましたが、
  連戦なのにもかかわらず後半出ずっぱりのローソンにそこまで完璧なプレーを
  求めるのはさすがに酷です。
  あと最後のディフェンスでロペスに対してヒクソンがマッチアップ
  あそこがモズコフだったらハイ&ローを防げたかもしれないと一瞬よぎりましたが
  あの場面でオルドリッジからロペスへボールを出すなんて予想外のことなので
  PORの作戦が上手かったというしかないと思います。
  DENとは違い最終盤にメンバーを固定できる強さというのを感じました。
  
  スタッツ
  DEN FG50.6%(41-81) 3pt7-20 FT14-19 TO14
 POR FG50%(43-86) 3pt5-22 FT14-17 TO12
  
  大半を支配したのに最後追い上げられる試合は前回のUTA戦のように
  最終的に勝てたら良い試合だったな^^で終われるんですが
  負けたらブローアウトされるよりも最悪の気分になりますね。 
  とくに昨季から6連敗中のPOR相手だったので余計に勝ちたかった・・・
  今季POR戦はこの試合も含めて3戦を終えたので後はアウェイでの試合を残すのみ。
  ホームでこの試合展開でも勝てないとなると、今季中POR相手の連敗は止まりそうにないです・・・。  
  
  次戦はアウェイでWAS戦。
  @WAS、@ATL、@TORと今回のEAST遠征は12/3時点でEASTトップ3との対決。
  初戦となるWAS戦はネネ、AミラーとDENを支えてくれた選手達とのマッチアップ
  ファリードvsネネ、Aミラーvsネイトに注目。
  改めてWASのスターターを確認したんですが
  ウォール、ビール、ピアース、ネネ、ゴータットって強すぎる・・・

追記します。 
por20.png

見応えある試合 DENvsUTA

ナゲッツ     ジャズ
PGローソン   PGバーク
SGアフラロ   SGバークス
SFウィルチャン SFヘイワード
PFファリード   PFブッカ―
Cモズコフ    Cカンター


欠場
DEN:フォイ、マギー
UTA:フェイバース 

1Q オフェンスは中盤まで、いつも通りローソンを軸にボールを回しフリーを何度か
  作れていたんですがアフラロ、ウィルチャンの外からのシュートが入らず
  ファリードが泥臭く得点した以外なかなか得点に結びつきません。
  中盤以降も外からのシュートは来ませんでしたが、P&Rでローソンが
  自ら得点orアシスト、ヒクソン、ウィルチャンがティップインなどで
  なんとか得点しました。
  ディフェンスはカンターの多彩なムーブにモズコフがついていけず
  ゴール下で次々と得点をゆるしましたが、カンター交代後の終盤は
  ゴベールにティップされた以外得点されませんでした。
  終盤UTAオフェンスが停滞してくれたので3点リードして1Q終了。
  DEN26-23UTA
 
2Q ネイト、ハリス、ガロ、アーサー、ヒクソンで開始。
  序盤、UTAがゴベールへのアリウープ失敗、フッドのトラベリングなどTO連発
  外からのシュートも入らず得点できないなか
  DENはアーサーがカットしてレイアップ、コーナーからドライブしてフック、
  ガロのポストからのパスを受けて3ptと無双。ネイト、ガロもタフショットを決めるなど
  2ndユニットが躍動して13点リード。
  序盤の勢いそのままに中盤もアーサー、ハリスが3ptを決めるなど得点して
  さらにリードをひろげ19点リード。
  その後スターターになってもオフェンスは止まらずアフラロが1on1から連続で
  ジャンパーを決め得点して一時は22点差までいったんですが、
  それ以降はUTAもバークス、カンターが得点。19点リードで2Q終了。
 DEN62-43UTA

 前半スタッツ
DEN FG56.5%(26-46) 3pt4-10 FT6-8 TO5
UTA FG40%(16-40) 3pt2-9  FT9-12 TO11

3Q 両チームスターターで始まったんですが、2分も経たないうちにブッカ―が
  3ファアルとなり(ファアルトラブルが原因かは分かりません)ゴベールと交代、
  DENもモズコフが4ファアルとなりヒクソンと交代。
  その後ヒクソンがレイアップ、FTラインからのジャンパー失敗、
  ファリードのP&Rへの対応が悪くバークスに簡単にレイアップを食らい
  14点差となりDENタイムアウト。
  タイムアウト明け、ローソンがぺネトレイトから連続でアシストするなど
  オフェンスを牽引して残り4分18点差とリードをひろげたので、
  山を乗り切ったと一安心したんですが、ここからUTAの猛攻が始まります。
  バークスにぺネトレイトで切り込まれてレイアップorファアルでFT、
  外してもゴベールがフォローして得点され、オフェンスはローソンのぺネトレイトからの
  合わせが思うように決まらなくなりタフショットを強いられ外しまくり
  最後の最後約4分ぶりにローソンのぺネトレイトからハリスの3ptでFGを
  決めますが、バークスに3ptを決め返されて6点差で3Q終了。
  DEN83-77UTA

4Q ネイト、ハリス、ガロ、アーサー、モズコフで開始。
  前半機能しまくった2ndユニットで流れを断ち切ってもらいたかったですが
  オフェンスは沈黙、ディフェンスはブッカ―にプットバックダンク、ゴベールに
  アリウープを食らいたったの2分で一気に同点・・・流れを断ち切るどころか
  一番会場が盛り上がる得点のされ方でした。
  DENタイムアウト後スターター全戻り。
  最悪の流れのなかでしたがここからスターターがやってくれました。
  まずはアフラロがタフなジャンパーを決める、
  ファリードがヘイワードとの1on1でオフェンスファアルを誘う、
  ローソンのぺネトレイトから完璧なパスがファリードへと渡り得点、
  ヘイワードとのP&Rでフリーになったゴベールのダンクをファリードがブロック
  ローソンのジャンプシュートは外れますがファリードが後ろから飛んできて
  オフェンスリバウンド→アフラロの3pt
  アフラロが流れを断ち切ってくれたのと、ファリードが攻守にわたり大活躍^^
  ゴベールをブロックして直後オフェンスリバウンドという一連の流れは物凄かったです。
  スターター投入が功を奏して2分で7点リード。
  今度こそ山場は乗り切ったと思ったんですが、UTAタイムアウト後ヘイワード3pt
 DENオフェンスは決まらず、同点まであり得る展開になりましがフッドのFT失敗
  カンターのゴール下でのミスに助けられてなんとか4点リードで残り6分。
  どちらに流れがいってもおかしくない状況で事件が起きます。
  ファリードのTOからUTAの速攻、1対3の局面を作られバークスがレイアップに
  それをブロックしにいったアフラロの腕がバークスの頭に当たり
  フレグラント2でアフラロ退場・・・バークスがダブルクラッチでレイアップに
  いったのでブロックにいこうとしたアフラロの腕が当たってしまいました。
  故意ではなかったにしろ危ないプレーだったので退場もやむなしですね。
  退場したアフラロに代わりハリスがSGとして出場。
  UTAに流れがいくのかと思いましたが、意外にもDENがローソンがフェイダウェイ、
  ウィルチャンが3ptを決めて残り3分で5点リードと先に流れをつかみました。 
 ファリード交代でアーサー出場。
  その後ハリスの3ptが2本外れるなどオフェンスが決まらず、バークに3ptを
  決められ残り2分で同点。
  残り1分当然ローソンが得点しに行くものだと思っていたんですが
  アーサーとのピック&ポップからモズコフにボールを入れて左フックで得点。
  ここでモズコフを使ってくるとは思いませんでした^^
  直後UTAはヘイワードが1on1からタフショットを決めて同点に。
  今度こそローソンの1on1だと思ったんですが先ほどと同じオフェンスを試みる・・・
  しかし今度はUTAディフェンスにきっちり対応されたので最終的に時間が
  無くなってからローソンの1on1。ポンプフェイクで相手を飛ばして
  ファアルを狙いながらのタフなジャンプシュート、笛は吹いてもらえませんでしたが
  リングを弾んで見事に決まり残り30秒で2点リード。
  UTAは当然ヘイワードの1on1。
  ぺネトレイトに対してウィルチャンが完璧な対応を魅せてパスを選択させます。
  もう一度ヘイワードがボールを持ちぺネトレイトして今度はウィルチャンをかわしますが
  ローソンがヘルプに来ていてコースを遮りながらボールに触り体勢を崩させながらの
  レイアップにさせると上空でモズコフがブロック。残り10秒ショットクロック4秒。
  またヘイワードでくると思ったんですが今度はバークがスクリーンを使い3pt
  ローソン、モズコフ2人がファアルをしないぎりぎりまでプレッシャーをかけたためか
  外れてウィルチャンリバウンド。
  その後ファアルゲームとなりアーサーが貴重なFT2本決めて試合終了。  
  DEN103-101UTA
  4Q長すぎ・・・書き終わった後気づきました^^
  まとめられる気もしないのでこのままにします。

 スタッツ
 DEN FG47.1%(41-87) 3pt9-26 FT12-17 TO11
UTA FG42.9%(36-84) 3pt7-18 FT22-30 TO14

 明日連戦ということを考えると当然3Q中盤までの20点リードを保ち、主力を休ませ勝利できれば
 ベストなんですが、1プレー1プレーが敗戦に繋がりかねない緊迫した場面での
 ローソンの華麗なアシスト、ファリードの野性味溢れるブロック&リバウンド、
 クラッチシュート&ディフェンス、アフラロの退場も含めて見応えある試合を観れた上で
 勝てたので個人的には満足です^^負けていたら最悪でしたが・・・
 
 退場となったアフラロですが、そういえばアフラロは前DEN時代UTAのホームで
 ヘイワードに肘をくらわせて退場していました。アフラロにとっては鬼門の場所ですね・・・
 前回のヘイワードへの肘は点差があってフラストレーションが溜まった結果
 明らかに故意で肘をくらわしていたので出場停止(おそらく1試合)になったと
 記憶していますが、今回のは故意ではなく偶然による結果なので出場停止は無いといいですが・・・。

 次戦はホームでPOR戦。
 昨季4戦全敗+今季2敗=POR戦6連敗
 PHO戦の連敗を5で止めたので、POR戦の連敗もホームでなら止められるはず。
 勝利するにはファリードがオルドリッチを止められるかどうかも重要ですが、
 ロペス、ケイマンのC陣を攻守で躍動させないことが一番のポイントになりそうな
 気がします。モズコフ、ヒクソン頑張ってくれ^^

uta10.png
プロフィール

マーティン

Author:マーティン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
人気ブログランキングへ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。