スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナゲッツ vs ピストンズ

スターター
ナゲッツ      ピストンズ
PGローソン    PGスタッキー
SGフォーブス   SGマクグレディー
SFチャンドラー  SFハミルトン
PFマーティン   PFプリンス
C ネネ      Cモンロー

ナゲッツはサンズ戦と同じくアフラロとガリナリが怪我で欠場
ピストンズはベンやマキシエルがでていなかったんですが怪我なのか
どうかはわかりません

1Q ナゲッツのオフェンスは立ち上がりから好調でインサイドとアウトサイド両方
   上手く得点していき、特にフォーブスの3pとネネの得点がよく決まっていました
   デイフェンスでは序盤はよかったんですが、中盤からリップやプリンスにジャンプシュートを
   決められ、オフェンスの流れをディフェンスにはあまり生かせていませんでした
   ナゲッツ5点リードで1Q終了

2Q  ナゲッツはオフェンスでは最近不調が続いていたハリントンと
   トレード後目覚しい活躍をみせるアンダーセンのインサイドの2人が
   ガード陣のアシストがうまいこともあり、得点を重ねていきました
   ディフェンスではいいディフェンスをみせる場面はありましたが
   ピストンズもオフェンスが好調でゴードン、ビラヌエバ、ウィルコックスに
   上手く得点されました。ナゲッツ6点リードで2Q終了

3Q ナゲッツのオフェンスは序盤はチャンドラーが得点をしていき
   中終盤はJRとフェルトンがオフェンスで3pを決め
   ナゲッツらしいオフェンスをみせてくれました
   ディフェンスでは序盤は決められていましたが、中盤あたりから
   ナゲッツの流れになり、残り4分30秒から3Q終了まで得点を
   与えませんでした。ディフェンスリバウンドもよく取れていました
   ナゲッツ19点リードで3Q終了

4Q 立ち上がりナゲッツがオフェンスリバウンドを3本連続で取りましたが
   3pを4連続で外しました。序盤はフリースローで得点をとっていきました
   中盤に入り20点差近くあってほぼ試合は決まっていましたが、ここから
   JRが3pを決めだし、結局4Qだけで7本の3pを決めました。
   ディフェンスではウィルコックスやデイにかなり決められていました
   ナゲッツが30点リードで勝ちとなりました
a15530e2a7b0ed87e808d43ea1c8341e-getty-103883998dp008_detroit_pist.jpg
まさにJRらしい活躍でした。JRは試合を通して9本の3pを決めたんですが
  4Qだけで3p7本を決めました。
  試合がほぼ決まった状態でのこの活躍はJRらしいんですが
  今度は接戦での今日の4Qのような活躍をみしてほしいです
 
 
DET 28 32 14 27
101
DEN 33 33 27 38
131

11b25bcb28221af79cc7833f79bee04b-getty-103883998dp002_detroit_pist.jpgap-7d48a88c53bf46de84d735c11ab3c9fc.jpg
 ネネは最近無理に得点することが減りアシストパスからうまく得点できているとおもいます
 ローソンはネネへのパスもすばらしく、3pもかなり高確率で決めています
 2人のコンビをより高めていってナッシュとアマレのコンビみたいになってくれればオフェンスの
 軸ができ上手く試合も運べるようになるとおもいます

 今日はオフェンスでは3pが良く決まり、新生ナゲッツになってから得意としている
 ピックアンドロールからの得点もよく決まっていました。
 ディフェンスではこれまでに比べれば悪かったんですが、要所要所でピストンズのオフェンス
 を上手く抑え、24秒を使わせるディフェンスができていたと思います。
 次の試合はアウェイでのホーネッツ戦です
 かなり苦しい試合展開が予想されますが、アウェイ4連戦の1戦目なので勝ちたいところです
 ホーネッツ戦でガリナリやアフラロが復帰するかもしれません

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マーティン

Author:マーティン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
人気ブログランキングへ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。