スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グリズリーズインサイド陣の活躍で勝利 ウェイドの活躍でヒート勝利

グリズリーズインサイド陣の活躍で勝利 
MEM 28 29 27 30 114
OKC 24 23 24 30 101
インサイドのランドルフ、ガソルを中心にオフェンスを組み立て
終始グリズリーズがリードし4Qサンダーに追い上げられる場面も
ありましたが上手いパス回しからの得点といいディフェンスをみせ
逆転を許さずアウェイで貴重な勝利をしました
ap-201105011544566458209.jpg
ランドルフ、ガソルともにダブルダブルでイバカ、パーキンス相手にオフェンスで苦しむと
おもいましたがこの試合はあまり苦しむことなくシュートを決めていました
サンダーはターンオーバーが多く特にウエストブルックが7つもしてしまい
そこからの得点を与えてしまったのが痛かったです
GAME2はサンダーにとっては絶対に勝たなければならない試合になります

ウェイドの活躍でヒート勝利
BOS 14 22 26 28 90
MIA 20 31 25 23 99
この試合もウェイド、ジョーンズの活躍でヒートが主導権を握る形になり
4Qにはピアースの2つ目のテクニカルで退場となってしまい
セルティックスは万事休すとなってしまいました
301bbda60dddfec5dcf16002e9871d5d-getty-113243933me019_boston_celti.jpg
ウェイドはドライブに加えこの試合はミドルレンジも決めていたので
ディフェンスでとめるのは難しかったとおもいます
ボッシュはあんまりでしたがレブロンはなかなかでした
ヒートにとって大きかったのはジョーンズが3pを5本決めたりフリースロー10-10と大活躍でした
一方セルティックスはピアース、アレンはよかったんですがガーネット、ロンドがあまり振るわず
フリースローをあたえすぎたのも敗因の一つだとおもいます
ピアースが退場する時は点差があったので勝敗に影響があったのかはわかりませんが
ピアース退場になった瞬間セルティックスの負けは決定的になってしまいました
GAME2ではさらに激しい試合がみられそうです
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マーティン

Author:マーティン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
人気ブログランキングへ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。