スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビッグ3の活躍でヒート勝利 3OTサンダーが制す

ビッグ3の活躍でヒート勝利
MIA 28 22 19 17 12 98
BOS 31 22 20 13 4 90
終始接戦で進んだこの試合はピアースのブザービターを
狙ったシュートが外れOTになり
そのOTでレブロン、ウェイド、ボッシュが得点し
特にボッシュのティップインが勝負を決め
ヒートが勝ち、3-1となりヒートが王手となりました
6e7f37932ac346437017a037312e9174-getty-113244021eg015_miami_heat_v.jpg
 プレイオフでそこまでいい成績が残せていなかったボッシュですが
 今日はダブルダブルでしかも重要なティップインを決めていました
 今日のヒートはビッグ3だけで83得点をとりました
 セルティックスはKGの不調とチーム全体の3pの不調がいたかったです
 王手をかけられて3連勝が必要となり、しかもアウェイで2勝しなければ
 ならなくなり勝ち抜けが難しくなりました
 
3OTサンダーが制す
OKC 16 33 22 25 13 10 14 133
MEM 28 25 19 24 13 10 4 123
4Q残り1分をきってサンダー3点リードからパーキンスがフリースローを2本外し
同点のチャンスが回ってきたグリズリーズはコンリーが3pを決め同点にし
OTへ入り、1OTでも残り10秒ぐらいでサンダー3点リードからグリズリーズのバスケスが3pを
決めてそのあとのデュラントの3pが外れ2OTへ
2OTは両チームほとんど差がつかずブザービターを狙ったウエストブルックのシュートが外れ
3OTになり、3OTでグリズリーズがなかなか得点できなくなり、一方サンダーはデュラントが
しっかり得点し一気に差がつきサンダーが勝ちとなりました
0866b78d86c69d34bb40610a6ee3b65b-getty-113288562al032_oklahoma_cit.jpg
  デュラントは3pの確率も悪く調子はよくなかったんですが
  最後のバティエとの1on1はすごかったです 
  サンダーはチーム全体で3pの確率が悪かったんですが
  フリースローを多く獲得できたのが17点近くあった差を詰めていけて
  それが勝ちにもつながったとおもいます 
  グリズリーズは点差をつめられたことはよくなかったですが
  負けそうなところで粘れていたことはよかったとおもいます
  これでシリーズは2-2の五分になりました
  サンダーがホームで2試合ある分サンダーが有利だとはおもいますが
  グリズリーズもサンダーのホームで1勝しているのでまだまだ分かりません
  7戦目までもつれそうな感じがします
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マーティン

Author:マーティン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
人気ブログランキングへ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。