スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

nbaファイナル GAME1

スターター
マブス         ヒート
PGキッド        PGビビー
SGスティーブンソン SGウェイド
SFマリオン      SFレブロン
PFノビツキー     PFボッシュ
Cチャンドラー     Cアンソニー

両チーム予想通りのスターターで始まったnbaファイナルは
1Q両チームのディフェンスがいいことと、オフェンスがまだ
固いこともあってロースコアの展開になり、どちらかというと
ヒートのペースで進みましたが、マブスがキッド、テリーなどが
3pを決めマブス1点リードで1Qが終了し
2Qは序盤から中盤あたりまでは1Qと同じく得点が入らない展開で進みましたが
残り4分ぐらいから両チームのオフェンスが決まりだし、ヒートはウェイド、ボッシュ
チャルマーズが得点し、マブスはノビツキー、チャンドラー、テリーなどの得点で
両チーム拮抗したままでマブス1点リードで2Q終了
3Qは序盤マブスがマリオンの得点などでリードを7点に広げますが
ヒートもその後、ウェイド、レブロンの得点で2点差まで詰めます
その後残り5分でマブスが4点りーどしますがその後マブスのオフェンスが
機能しなくなりレブロンの3pで逆転をされ、さらにラストショットのブザービーターも
レブロンに3pを決められヒートが4点リードで3Q終了
4Qは序盤は両チーム拮抗して進みますが、中盤に入りマブスが約4分間無得点という
状態になり、ハスレム、ウェイドに決められ6点リードされ
その後マブスはフリースローなどで追い上げますが、ヒートのオフェンスを止めれず
さらに追い上げのところでテリーがファアルをしてしまいチームファアルで
ヒートにフリースローを与えてしまいそれをしっかり決め
ヒートが勝ちとなりました
DAL 17 27 17 23 84
MIA 16 27 22 27 92
d5c0da38d57eb9bed5234ec2cb90b352-getty-114832789mw138_dallas_maver.jpg
  チームディフェンスが上手く機能し、マブスをロースコアの展開に持ち込み
  ヒートペースで試合ができていたとおもいます
  オフェンス面ではウェイド、レブロン、ボッシュが上手く得点し
  特にウェイド、レブロンはいいリズムで外のシュートも確率よく決めれていました
  ディフェンス面でもノビツキーに対するチームでのディフェンスが上手くできていたと
  おもいます
  負けたマブスはノビツキーが少し苦戦したことも痛かったですがそれよりも
  自慢のベンチ陣のテリー、バレア、ペジャの活躍がいまいちでした
  テリーは要所で決めていましたが、バレア、ペジャはほとんどなにも
  できず、バレアらしいドライブがあまりみられずヒートのディフェンスのうまさに
  やられてタフショットを打たされていました
  ペジャは3pで待つのが基本の選手なのでバレアのドライブが今日は有効ではなかったので
  外があまりあかずでしたが決めれるショットもあったとおもいます
  今日の試合はヒートペースで進んだ試合でしたがマブスが十分戦えていたとおもいます 
  GAME2では今日はヒートが勝ったリバウンドの数とマブスのオフェンスでは
  ノビツキーの活躍はもちろんですがベンチ陣のテリー、バレア、ペジャの活躍が
  重要になり、ヒートもそれを意識して今日は上手くディフェンスできていたように感じたので
  マブスのベンチ陣の活躍が勝敗を左右するのかなとおもいます
     

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マーティン

Author:マーティン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
人気ブログランキングへ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。