スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

nbaファイナル GAME4

スターター
マブス       ヒート
PGキッド    PGビビー
SGバレア    SGウェイド
SFマリオン   SFレブロン
PFノビツキー  PFボッシュ
Cチャンドラー  Cアンソニー

1Q スティーブンソンの代わりにバレアをスターターにしたマブスは
   早い展開から開始直後ノビツキーが3連続得点を決めいい感じで
   立ち上がりますが、そのあとが続かず約4分間無得点になり
   ヒートにオフェンスリバウンドからの得点をゆるしてしまい
   そのあとは一進一退で同点で1Q終了

2Q 序盤ヒートはボッシュ、マブスはスティーブンソンが得点していき
   中盤以降もヒートがウェイドが得点し、マブスはマリオンなどが
   得点していきヒート2点リードで2Q終了

3Q ヒートはボッシュ、ウェイドが得点し、マブスはバレア、マリオンが
   得点していき両チームどちらにもリズムがいかずに進み
   終盤レブロンからウェイドへのアリウープとレブロンのジャンプショットが
   決まりヒート4点リードで3Q終了

4Q 立ち上がりミラーの3p、ハスレムのショットが決まりヒートが9点リード
   に広げますがその後ノビツキーの得点やレブロンのターンオーバーなどで
   マブスが残り5分に逆転に成功します。
   その後両チームシュートがほとんど決まらずフリースローの得点をしていき
   残り30秒でマブスが1点リードからノビツキーがハスレムとの1on1で
   ドライブからのレイアップを決め残り14秒となりマブスが3点リードします
   その後ウェイドのダンクで2点を返し、テリーがフリースローを決め
   マブス3点リードで残り6秒でヒートボールでウェイドがボールをもらいますが
   こぼしなんとかつなぎますが、ミラーが苦しい体勢から3pが外れマブスの勝ちと
   なりました

MIA 21 26 22 14 83
DAL 21 24 20 21 86
0652e178032ae65a3a753a1f3f5f01dd-getty-114832969cc145_miami_heat_v.jpg
 ノビツキーが熱があったらしく立ち上がり以外はよくなかったんですが
 最後はさすがでした。
 キッドはターンオーバーをする場面もありオフェンス面はだめでしたが
 ディフェンスではレブロン相手に上手くディフェンスしていました
 バレアがスターターの効果があったのかはよくわかりませんでしたが
 スティーブンソンが控えからの活躍ができたので結果よしかなとおもいます
 テリーとともにマブスの得点源であるペジャはファイナルではほとんど活躍できず
 だったのでほとんど出場時間がもらえずでした
 負けたヒートはウェイドは2006年のときのようなすばらしいうごきで
 一人では止めようがないぐらいでした。ボッシュも確率よくショット決めていました
 問題はレブロンでGAME3に続きあまり得点ができず、今日は8点で二桁得点をできなかったのは
 久しぶりだということらしいです。
 これで2勝同士のタイになりました。
 ノビツキーの調子が体調などもありいまいちだったのでマブスにとっては
 大きな勝ちになったとおもいます。ヒートはレブロンをどのようにオフェンスで
 使っていくかがGAME5でのポイントとなりそうです
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マーティン

Author:マーティン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
人気ブログランキングへ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。