スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DENvsLAL GAME7

スターター
ナゲッツ      レイカーズ
PGローソン    PGセッションズ
SGアフラロ    SGコービー
SFガリナリ    SFワールドピース
PFファリード   PFガソル
Cモズコフ     Cバイナム


ナゲッツはチャンドラー、ルディが怪我で欠場
レイカーズはフルメンバー

1Q 序盤ナゲッツはファリード、ローソン、レイカーズはガソル、バイナムなどが得点していき
  一進一退でいきます
  中盤序盤と同じく得点のとりあいとなりナゲッツはアフラロ、ローソン
  レイカーズはバイナム、ガソル、ワールドピースなどが得点していきました
  終盤ナゲッツがハリントンのエンドワンで4点リードしますがその後レイカーズがブレイクの3pt
  などで逆転しました
  レイカーズ1点リードで1Q終了

2Q 序盤ナゲッツはハリントン、レイカーズはブレイクが3ptを決め、その後レイカーズのシュートが
  決まらずナゲッツがブリュワー、ファリードの得点で1点リードします
  中盤ナゲッツはシュートが決まらず、ターンオーバーもしてしまうなどで4分間ぐらい得点できず
  レイカーズがガソル、ブレイクなどの得点で9-0のランを決めて8点リードします
  その後ナゲッツはようやくアフラロが得点して6点差とします
  終盤レイカーズのシュートが決まらなくなり、ナゲッツが2点差まで追い上げますが
  その後はとってはとられの展開でいき、残り1分をきってレイカーズがセッションズの得点と
  ガソルのブザービーターのティプインでリードしました
  レイカーズ6点リードで2Q終了

3Q 序盤ナゲッツはターンオーバーをしてしまいなかなか得点できず、レイカーズがコービー
  ワールドピースなどの得点で9点リードします
  中盤レイカーズがワールドピースなどの得点で16点リードしますが、その後ナゲッツがローソン
  などの得点で少し追い上げ11点差とします
  終盤レイカーズのシュートが決まらずなかなか得点できず、ナゲッツがローソン、アフラロなどの
  得点で一気に追い上げました
  レイカーズ1点リードで3Q終了

4Q 序盤ナゲッツがハリントンのレイアップ、3ptで4点リードしますが、その後レイカーズがブレイク
  の3ptなどで1点差とします
  中盤ナゲッツは4分間でミラーのエンドワンの3点だけの得点で、レイカーズはガソルがオフェンス
  リバウンドをとりまくり上手く得点にしていき、ブレイクの3ptで5点リードします
  終盤レイカーズがバイナムの得点などで9点リードします
  その後ナゲッツがアフラロの3ptなどで5点差としますが、直後にコービーが3ptを決めて
  勝負ありとなり、その後ナゲッツは3ptを狙いますが決まらずでした
  レイカーズ9点リードで勝ちとなりました

DEN 24 18 26 19 87
LAL 25 23 21 27 96


  オフェンス
  ガロ、ミラー、マギーがここまで抑え込まれてしまってはオフェンスを展開するのはきつい。
  ガロはワールドピース、ミラーはコービーに抑えられ、マギーは抑えられたというより・・・
  シュートセレクションが悪かったです。ファリードはターンオーバーが多く、ブリュワーもシュートが決まらず。
  予想通りではありましたがGAME6の調子は続かず、さらにワールドピースが復帰したことで
  レイカーズのディフェンスが良くなって上手くオフェンスが出来ておりませんでした。
  そんな中でも、GAME6と同じくローソンはよろしかったです。
  4Qこそコービーにマッチアップされて抑えられましたが、3Qでの追い上げですばらしい活躍を魅せました。
  シリーズを通して不調だったハリントンも今日はなかなかの活躍でした。
  アフラロもプレイオフのなかでは今日の試合が一番良かったかと。
  今日は決していいオフェンスではありませんでしたが3Qの追い上げは素晴らしく、消極的なオフェンスという
  よりは積極的にオフェンスをしたのが結果的にレイカーズのディフェンスに抑えられただけで、
  そこまで悪印象のオフェンスではありませんでした。
  
  ディフェンス
  これまでやってきたインサイドを固めてアウトサイドをある程度フリーにするディフェンスでそこそこ
  上手くいっていましたが、今日はワールドピース、ブレイクの3ptが決まってしまいました。
  そうなることで、ガソル、バイナムへの対応も難しく、リバウンドもなかなか獲れませんでした。
  レイカーズが上回っただけでナゲッツは今日のディフェンスでやることはやったと思います。おそらく^^
  
  3Qで16点差ぐらいにされたときは大敗かなと思いましたが、そこから4Q序盤には逆転しもしかしたら
  というところまでいきました。結果は負けましたが本当に選手たちは諦めず全力で試合をしてくれました。
  もちろん勝つに越したことは無いんですが負けるならこういう負け方なら納得も出来るという感じです。

  1回戦敗退となると同時に、ナゲッツの今シーズンは終了。
  1-3から3-3まで持ってきて、もう一歩で1回戦突破というところまできての敗退は正直悔しい。
  ただ今のブルズ、サンダーが強くなる前はこういう戦いを繰り広げて、1回戦で負けた後の次のシーズン
  からさらに強くなっていったような気がします。なのでこれは来季くる様な気がしないでもありません。
  若い選手が多いナゲッツにとって、レイカーズとGAME7までプレイオフを戦ったという貴重な経験は
  必ず来シーズンに繋がるはず。
  ローソンはこのプレイオフで急成長しているし、あまり活躍できなかったアフラロ、ガロ、さらにレイカーズの
  強力ビックマンと対決したファリード、モズコフ、マギー、コウフォスも、この経験をいかして来シーズンは
  必ずやってくれると思います。今日が誕生日だったらしいカールHCが来シーズンもさらに強いナゲッツを
  作ってくれることに期待であります。今シーズンは怪我人が多くなかなかベストメンバーが揃うことがなかったので
  来シーズンはベストメンバーでの試合を多くみたい。短縮シーズンではありましたがここまで楽しめたのは久しぶり。
  ありがとうナゲッツ本当に楽しいシーズンでした。来季は今季以上に楽しませてください。
  
ap-201205130047028548484.jpg
  今後はナゲッツの今シーズンのまとめみたいなのと、ナゲッツはFAなどもいるのでそこらへんを書けたらなと。
  それとプレイオフはまだまだ続くのでそれも書きつつ楽しみたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

久しぶりです。
レイカーファンのガロ好きとしては複雑な対戦でしたが、
正直4Qで4点差になった瞬間は負けだと思いました。
本当にこのシリーズの戦いは素晴らしかったと思いますよ。

カモラネージさんへ
コメントありがとうございます

ナゲッツのやれることはすべてやってくれました
若い選手が多いのでいい経験ができたと思います
来シーズンナゲッツにとってガロの成長が一番重要かもしれません
ガロがオールスタークラスにまで成長してくれることに期待したいです

お疲れ様でした!

1勝3敗からの追い上げ、お見事でした。
最後の試合は気になって、リアルタイムで観戦していました。
3Qでとてもいい活躍を見せたローソンが、4Qではコービーに抑えられてしまいました。
やる気がない、と批判されていたガソル&バイナムが奮起してしまい、そんな中よく追いつきましたよね!
完全にナゲッツの流れだ!と思ったんですが…。
惜しかっただけに悔しいですね…!

ナゲッツの選手は誰がFAになるんですか?
来季どのようなチームをつくっていくのか、楽しみにしています。
これからもブログ記事、楽しみにしておりますw

あみさんへ
コメントありがとうございます

結果的にまた1回戦突破はなりませんでしたが1-3から3-3まで持ち込み
GAME7では3Qで大量リードされた時は個人的には大敗かと思ってしまいましたが
そこからもしかしたら勝てるというところまでいってくれて
ナゲッツはシリーズを通して諦めず全力で試合をしてくれました
若い選手が多いので必ずこの経験は来シーズンにつながると思うので
来シーズンこそはプレイオフ1回戦を突破してもらいたいです

ミラーは完全FA、マギー、ルディが制限つきFAだったと思います
これについて今度まとめて書きたいと思います

サンダーはnbaトップクラスの実力でそのチームが若い選手が多いという
現在も未来も明るく本当にいいチームでうらやましいです

プロフィール

マーティン

Author:マーティン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
人気ブログランキングへ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。