スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SL ナゲッツvsウォリアーズ

GSW  24 19 25 27 95
DEN  27 21 14 12 74

前半はなかなかよかったんですが後半はぐだぐだで結局
ナゲッツはターンオーバーを29もしてしまい
原因としては連携関係というのもあると思いますが
大きな原因はPGというよりもSG向きな選手が多く
パスのさばきがあまりよくないのと、フォアード、センター陣の
キャッチミスが多かったことだと思います

個人評価

E. Fournier
外のシュートはいまいちでしたがパスをフリーの選手へ上手くさばいていて
オフェンスのリズムを作れる選手だと思いました
もう少しフルニエからオフェンスを組み立てたらと思わせるぐらいでした
ディフェンスは少しシュートチェックが甘いところがありましたが
ドリブル、ポストプレーなどに対してはタフについていたと思います

K. Faried
ピック&ロールからフリーでボール受け手はいましたがその後はドライブからレイアップも
上手くいかず、パスもカットされと良くありませんでした
ミドルレンジのシュートを上達することが今後の課題となりそうです
ディフェンスでは後半リバウンド、ブロックなどでファリードらしい動きがみれました

S. Alabi
スターターで出ていましたが特別印象を残せなかったように感じます

J. Hamilton
ダンク、ミドルレンジ、3pとオフェンスで多彩な所をみせてくれて
さらに勝気が一番出ていたのはハミルトンだったので気持ちの面でもよくて
サマーリーグでのナゲッツのエースだと思わせてくれるプレーぶりでした

D. Kitchen
Gのなかではボールを上手く運びシュートタッチもよかったです
もう少しドライブからパスアウトという形をやってもらいたいです

G. Lawal
悪くはなかったように感じましたが、特別良いこともなくという印象でした

J. Carter
キャッチ&シュートで3ptを確実に決めていたのはよかったですが、自らボールを持って
というオフェンスはあまり良くありませんでした

Q. Miller
リバウンドの意識がつよくよかったと思います
次は得点の面でも頑張ってもらいたいです

D. Harper
すごいブロックはありましたが、それも自らドリブルの途中でとられた後のことなので
印象としてはそこまでよくありませんでした
次はボールをしっかり運んでもらいたいです

I. Turkyilmaz
ターンオーバーが多かったんですがシュートタッチが良く今後に期待したい選手です
実況、解説、さらにカールHCまでもが読み方を迷っていて、それで盛り上がってました

J. Gutierrez
短時間でのファアル数が多いことが気にはなります躍動感はあるので
ドライブしてパスなどでオフェンスを組み立ててもらいたいです

C. Maduabum、J. Stoneは出場しませんでした
どうやらストーンは怪我みたいなので次から出れるかどうかは分かりません

次はダラス戦です
ターンオーバーをなるべくなくし、なおかつ積極的にプレーしてもらいたいです
とくべつ勝ち負けにはこだわらなくていいですができれば勝って自信をつけてもらいたいです




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マーティン

Author:マーティン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
人気ブログランキングへ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。