スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オリンピック バスケ アメリカ代表

バスケットボール アメリカ代表
ロスター
PGポール、デロン
SGコービー、ウエストブルック、ハーデン
SFデュラント、メロ、イグダラ
PFレブロン、ラブ
Cチャンドラー、デイビス

ハワード、ローズ、グリフィン、ウェイド、ボッシュなど怪我で出場できなくなった
選手がいてもなお最強に近いチームになっていると思います
ハワード、グリフィンのダンクショーを観たかったですし、ガソル兄弟を止める意味でも
ハワードが必要だったんですが怪我なので仕方ないです

オリンピック前の試合では全勝で、スペイン戦ではマルクが出ていないスペイン相手でしたが
レブロンがパウにボールを入れさせなかったり、スモールラインナップの良さである
速いオフェンス、ディフェンスでいいプレーをしていました
ただレブロンがパウについていたときは上手くディフェンスできていましたがそれ以外の
選手がつくとやられてしまう場面が何度かありました
順当にいけばスペインとは決勝で当たると思います
ガソル兄弟をどうディフェンスするか、オフェンス面ではガソル兄弟、イバカのインサイド陣に
レブロン、デュラント、メロがどれぐらいスピードのミスマッチをつけるかが鍵になりそうです

アメリカ代表はすでに3試合を終了していて一応すべてみることができました
アメリカ98-71フランス
1Qはアメリカ代表のシュートが入らずでしたが2Q以降はシュートが入りだし
じわじわと点差を離していきました
トラベリング、ディフェンスファアルなどかなり笛を吹かれていました
たしかに笛が軽いなと思った場面も何度かありました

アメリカ110-63チュニジア
前半はあまり得点差が離れずでしたが
後半に入り点差が離れてからは、アメリカ代表がデイビスを中心に次々とダンクを
決めていきました
デイビスがさすがドラ1だなと思わせる身体能力をみせました
イグドラのダンクもすごかったです
ハワード、グリフィンがいてくれればさらに派手なダンクがみれたのかなと感じました

アメリカ156-73ナイジェリア
フランス、チュニジア戦は前半苦戦していましたが今日は前半から
シュートタッチが良くそのまま試合終了までいきました
結果オリンピック記録となる得点をあげ、さらに1試合での3pt成功数29も
オリンピック記録です
アメリカ代表の3ptがすごかったですとくにメロは10本決めるなど
完全にゾーンに入っていて、14分間の出場で37得点と大活躍でした
今日のメロなら40分出場していれば100得点もありえたと思います
メロが出る前にスターターがしっかりリズムを作ってくれたことも
かなり大きかったと思います
ナゲッツを去っていったとはいえアメリカ代表で個人的に応援しているのは
メロなのでみていてかなり楽しかったです
今日のような試合は毎回できるわけではないのでこんなすごい試合をみれて良かったです

今後も注目してみていきたいです
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

待ってました!
アメリカ代表先ほど苦戦してましたね!笑

ロシアではモズコフ頑張ってますね!

肝心のNUGGETSはマギーと契約してタックスパンク寸前でトレードあるかなと思ったんですけど動きなしですね。

あとロスターもパンク寸前で誰がロスター漏れするのかも気になります!

me1oさんへ
コメントありがとうございます

モズコフのことを完全に忘れてました^^
今度見てみたいと思います

層が厚すぎるぐらいいい選手が多いのでまだトレードする可能性があると思います

アメリカ対リトアニア戦はまた書きたいと思います
プロフィール

マーティン

Author:マーティン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
人気ブログランキングへ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。