スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オリンピック 決勝トーナメント

ロシア88-74リトアニア
ロシアが主導権を握り最終的に14点差となりましたが
途中でリトアニアも追い上げをみせてなかなか面白い試合でした
キリレンコは得点、リバウンドなどオフェンス、ディフェンスともに活躍していました
モズコフはナゲッツではそこまでポストでオフェンスをしないんですが
積極的にオフェンスをしていて、チームメイトもそこそこたくしてくれていました
ピック&ロールも上手く決まっている場面もあり、豪快なダンクを何本か見れました

フランス59-66スペイン
両チーム試合を通してなかなかシュートが決まらず
接戦で進み、4Qにフランスが6点しかあげれず、スペインの勝ちとなりました
終始どちらにも決め手がなくもどかしい試合でした
もどかしい試合というのもあって最後試合が荒れてしまったのは残念でした

ブラジル77-82アルゼンチン
しっかりと見れていないのでよくわかりませんが
最後のほうはブラジルが追い上げてきて接戦となっていました
アルゼンチンのシュートがよく決まっていたのが大きかったです
ネネはいい形でオフェンスをしていましたがファアルで止められて
なかなか得点できていませんでした

アメリカ119-86オーストラリア
3Q途中ぐらいまではオーストラリアが3ptを上手く決めていき
くらいついていましたが、ここまで不振だったコービーがゾーンに入り
次々と3ptを決め、アメリカが一気に点差をひろげました

レブロンのトリプルダブル、コービーの得点力、ラブのリバウンド力
がひかった試合でした
次はアルゼンチン戦ということで苦戦する可能性はありますが
レブロン、デュラント、コービー、メロの誰かがどこかの時間帯でゾーンに入りさえすれば
まず負けることはなく、今日のような途中まで接戦でいき、その後一気に離す展開になると思います

ロシア-スペイン戦の注目はやはりモズコフです
ガソル兄弟をどう止めるのか注目です

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マーティン

Author:マーティン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
人気ブログランキングへ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。