スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレシーズン ナゲッツvsスパーズ

スターター
ナゲッツ       スパーズ
PGローソン     PGパーカー
SGイグダラ     SGグリーン
SFガリナリ     SFレナード
PFファリード    PFディアウ
C マギー      Cダンカン

主なメンバーとしてナゲッツはミラー、チャンドラー、ハミルトン、ランドルフ
スパーズはジノビリ、ボナー、ミルズが出場しませんでした

1Q 序盤スパーズがダンカンを中心に得点を重ねていくのに対して
  ナゲッツはターンオーバーなどでなかなか得点できずスパーズが13-0のランを決め
  ナゲッツが得点したのは開始から6分近くたってからでした
  マギー、ファリードにかわり、モズコフ、クーフォスが入ってきてから徐々にナゲッツが追い上げ
  ブリュワーの活躍もあり結果、スパーズ3点リードで1Q終了

2Q 序盤から中盤はナゲッツがブリュワーなどの得点で5点近くリードしますが
  そこからマギーの1on1が決まらなかったり、ターンオーバーをしてしまい、ファリードも
  よくない状態などで勢いがなくなり、スパーズがパーカー、ダンカンを中心に得点をとって
  いきました。同点で2Q終了

3Q 序盤ナゲッツのディフェンスがよかったことで、前半悪かったスターターのオフェンスも
  調子が上がりマギーのダンクなどで10点リードします
  その後はフリースローが上手く決まらず徐々にリズムを悪くしていってしまい 
  スパーズがジャクソンの得点などで追い上げました
  ナゲッツ3点リードで3Q終了

4Q 3Qの序盤と同じくブリュワーのディフェンスがとくによく、そこからオフェンスのリズムが
   よくなりガロ、フォウニエ、ブリュワーと3本連続3ptを決めます
   その後スパーズに追い上げられる部分もありましたが要所で得点していきました
   ナゲッツ6点リードで勝ちとなりました

DEN 19 26 24 28 97
SAS 22 23 21 25 91

ランドルフが欠場ということと、ファリードの調子がいまいちだったこともあったのか
モズコフ、クーフォスの2人が同時出場している時間が多く、オフェンス、ディフェンスとも
地味ではありますが安定していいプレーができているように感じ、もしかしたらシーズンでも
ありえる起用となるかもしれません
本来出場するベンチ陣のメンバーが出場しない状況だったのにもかかわらず
スターターよりもベンチメンバーで試合が作れていたことはよかったと思います
昨シーズンからですが課題としてはフリースローです

気になった選手
201210122109761433213-p2.jpg

ブリュワー フリースローは改善しなければならないですが、プレシーズン1戦目に続き
      今日もオフェンス、ディフェンスともに良い活躍をみせてくれました
      この調子でいくとガロ、イグドラのバックアップ第一はブリュワーで
      あと一人をハミルトン、チャンドラーのどちらかになりそうです

イグダラ SGとしてオフェンスで機能するのかどうかはこれからだと思いますが
     ディフェンスに関してはイグダラがいることで相当強固になっているように感じます

ガロ   昨シーズンよりもシュートが安定しているように感じます
     今季こそナゲッツのエースとしての活躍を期待したいです

モズコフ センター陣のなかでは一番よかったと思います
     安定してプレーできているのでシーズンではスターターで起用しそうです

マギー 3Qダンクを何本か決めましたがそれまでのプレーで精細をかいていました
    少しでもいいのでオラジュワンに教わったものをみせてもらいたいです

ファリード 今日は全然だめでした

フォウニエ ハミルトンが出場しないこともあって20分の出場となり、オフェンス、ディフェンス
      ともになかなかのプレーをみせていました
      
次の試合はホームでウォリアーズ戦です
なかなかいいリズムで来ているのでいろいろ試しながら勝ってくれればと思います
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マーティン

Author:マーティン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
人気ブログランキングへ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。