スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ため息だらけの試合 DENvsORL

スターター
ナゲッツ      マジック 
PGローソン    PGネルソン
SGイギー     SGアフラロ
SFガロ      SFターコル
PFファリード   PFデイビス
Cクーフォス    Cヴュチェビッチ

ガロが復帰してナゲッツはベストメンバー
マジックはハリントン、アヨンが怪我で欠場となりました

1Q 序盤オフェンスでなんとかシュートを決めていたものの
  クーフォスがフリースロー2つ外したところから、ナゲッツがシュートを外し
  マジックが速攻で得点するというナゲッツが本来やりたいオフェンスをマジックに
  やられてしまいます
  ベンチメンバーが入ってもとくに改善は見られず、むしろチャンドラーがオフェンスで
  無理な形でシュートをうって外したり、チームとしてのディフェンスもスイッチのタイミングが
  悪かったり、ディフェンスで簡単にかわされてレイアップを決められるなど散々な出来でした
  マジック11点リードで1Q終了

2Q 1Qの流れをそのままに立ち上がりターンオーバーから得点を決められてしまい
  その後オフェンスでは苦しいシュートが多くチームとしてのオフェンスになっておらず
  フリースローをもらうようなプレーもなく、ディフェンスでも改善は見られずスクリーンで
  簡単にフリーの選手を作られてしまい次々と失点していきました
  マジック21点リードで2Q終了

3Q ファリードにかわりチャンドラーをスタートで出しました
  オフェンスでパスが上手く回りだしナゲッツのテンポで進み、フリースローももらえるように
  なり、ディフェンスでもタフにつけたことによって10点差まで縮めます
  終盤ガロの3ptで9点差としますが、直後スクリーンに対してスイッチできず、レディックに3ptを
  決められ12点差となり、その後ナゲッツはフリースローで得点をとっていきましたがなかなか
  点差は縮まらず、マジック10点リードで3Q終了
  中盤ターコルが怪我でロッカーに下がりその後試合に出場しませんでした

4Q 序盤ターンオーバー、オフェンスリバウンドから次々と失点してしまい14点差となります
  ここからもマジックペースで試合が進み次々とマジックが得点していきました
  残り4分ぐらいで20点差になっていたので明日の試合も考えてベンチメンバーにしても
  よかったんですが、こういう経験をさせておくということなのか、少しでも意地を見せて
  ほしかったのか、カールHCの意図はわかりませんが、残り2分ぐらいまで基本スターターで
  戦いました
  マジック13点リードで勝ちとなりました
  
DEN 18 19 31 21 89
ORL 29 29 20 24 102

良かったことといえば3Q序盤の数分見せたオフェンス、ディフェンスぐらいで
他の時間帯はタイトルにも書いたようにため息ばかりでる試合内容でした

オフェンスではピック&ロールが上手く決まらず、無理やりパスを入れようとしてターンオーバー
フリーでもらってもブロックにあったりで、3Qのようにボールを持つ選手も持たない選手も次々と
カットインしていきフリースローをもらえるプレーが最初から出ていればある程度試合になったの
かもしれませんが、試合全体としてはチームとしてのオフェンスの形がほとんど出来ず
速攻のオフェンスもほとんど無く、開幕戦に続きナゲッツらしいオフェンスは見られませんでした

ディフェンスはスイッチのタイミングが悪くインサイド、アウトサイドでフリーを作ってしまい
簡単にシュートを決められていました
開幕戦はディフェンスはそこまで悪くないと思いましたが、今日の試合を見ていて
まずはディフェンスから改善しないとどうにもならないと思いました
こんなにあっさり得点されるとナゲッツらしい速いオフェンスが出ないのでなんとかして
もらいたいです。
プレシーズンからですがスイッチをする、しないの判断をよくすることが重要だと思います

ナゲッツが負けたとしても、マジックの元ナゲッツ組に頑張ってもらっての負けなら
よかったんですが、アフラロはシュートタッチが悪くあまり調子が出ない感じで
ハリントンは怪我で欠場でした
そういう意味でもため息の出る敗戦となりました


個々の選手について
201211022121768694719-p2.jpg
ガロ シュートタッチはそこまででしたが、ファアルをもらってフリースローを決めるという
   ガロらしさは出ていました。悪いなりに23得点とれたのはよかったと思います

イギー まだオフェンス、ディフェンスともに連携の部分であっていないように感じます
    実力を発揮するにはもう少し時間がかかりそうです

ローソン レイアップはうまく決まりましたが、シュートはほとんど決まりませんでした
     もう少しミドルレンジからのシュートを狙ってみてもいいと思います
     
ファリード オフェンス、ディフェンスともに存在感がなく、リバウンドでのファリードらしさも
      ありませんでした
      プレシーズンからオフェンスを上手くやろうとしているからだと思いますが
      昨シーズンのファリードらしい荒々しさが見られません     

クーフォス 最初のフックシュート以降はオフェンス、ディフェンスともにほとんど何もできず
      でした

ミラー  安定してシュートを決めていました
     ミラーのポストアップがオフェンスで一番安定しているように感じます
 
チャンドラー ディフェンスはまずまずですが、オフェンスではまだまだ調子が上がらない感じで
       もう少し体調を万全にしてから出場してもいいのかなと思います

マギー  無理なシュートが多くマギーらしさが出てしまいました
     期待しているだけに頑張ってもらいたいです

ブリュワー 積極的にシュートを狙う姿勢はよかったと思います
      カットインして得点するプレーが出てくるとさらにいいと思います 

フルニエ、ハミルトン 出場時間が短いなかで積極的にシュートをうっていました

  
次の試合はアウェイでヒート戦です
今の状態で何試合やっても勝てる相手ではないので3連敗は覚悟しておきます
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マーティン

Author:マーティン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
人気ブログランキングへ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。