スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャンドラー復帰戦で攻守に活躍 DENvsGSW

スターター
ナゲッツ       ウォリアーズ
PGローソン     PGカリー
SGイギー      SGトンプソン
SFガロ       SFバーンズ
PFファリード    PFリー
Cクーフォス     Cエジリ

ナゲッツはチャンドラーが復帰して全員が揃いました
ウォリアーズはボーガット、ビードリンシュ、ラッシュが欠場しました

1Q 中盤までウォリアーズに外のシュートを決められますが、ナゲッツも珍しくローソンなどが  
  アウトサイドから得点して、それにクーフォスのインサイドの得点といいオフェンスをみせて
  いつもならリードされる展開でしたが外のシュートが決まったことで一進一退でいきます
  終盤チャンドラーが久しぶりの復帰となり、いきなり3ptを決め、チャンドラーが入ってから
  なかなかのディフェンスをみせてスティールなどから得点していきました
  ナゲッツ2点リードで1Q終了

2Q 序盤、中盤スクリーンなどでフリーになったり、少しの隙でもカリーに3ptを次々と決められ
  トンプソンにもラインを踏んでいて2ptとなりましたが3pt付近から次々とシュートを
  決められます
  ディフェンスではやられ続けましたが、オフェンスでローソン、チャンドラーが得点して
  フリースローもよく決めて、オフェンスリバウンドもよくとっていてリードをひろげ
  られませんでした
  ウォリアーズ2点リードで2Q終了
  前半終了時点でウォリアーズのシュート確率はFG54,8% 3pt53、8%
  ナゲッツはFG41、3 3pt26、7と二桁以上のリードをされていてもおかしくなかったんですが
  オフェンスリバウンド、フリースローを決めていたのでなんとか2点差となりました

3Q 中盤までウォリアーズはバーンズ、リー、ナゲッツはガロ、イギーなどが得点していき
  得点をとりあう展開でした
  終盤ナゲッツのシュートが決まらなくなり、一方ウォリアーズはジャック、ランドリーなどが
  得点してリードをしていきました
  ウォリアーズ8点リードで3Q終了

4Q 序盤タフなディフェンスからスティールをしてそれを得点につなげて
  ブリュワーのフリースローで逆転します
  その後もナゲッツのリズムとなり、ファリードのダンク、ミラーのレイアップなどで9点リードします
  中盤カリーに連続で3ptを決められ一気に3点差まで追い上げられますが、ブリュワー
  ガロの3ptなどで再びリードをひろげていきました
  ナゲッツ11点リードで勝ちとなりました
   
GSW 25 29 33 18 105
DEN 27 25 27 37 116

オフェンス
チャンドラーが入ったことによってボールがかなり回るようになった印象です
クーフォス、マギーが同時に出場する時間帯がなかったことが要因だと思います
チャンドラーをPFで起用することによって昨シーズンのハリントンのようなスクリーン後に
アウトサイドでシュートを狙えるのでシュートが決まらないことはあっても
手詰まりな感じになることはあまりありませんでした
全体的にフリースローもきっちり決めていてよかったです

ディフェンス
いつものことですが3ptに対するディフェンスは良くなかったです
カリー、トンプソンに決められるのは仕方ない部分もありますがバーンズを完全にフリーにしてしまう
場面がかなりありました
ただ4Qの序盤のディフェンスはボールマンにタフについてスティールするという
ナゲッツが理想とするディフェンスでした

個人的にはチャンドラーをトレードにと考えていたんですが今日のプレーをみて
ナゲッツに必要な選手だなと思いました
とくにディフェンスでの貢献度はイギーと同じレベルでさらにPFを守れるのでかなり大きいです
今後チャンドラー効果でさらに勢いづいてもらいたいです

個々の選手について
201301132140780039777-p2.jpg
チャンドラー 復帰戦にもかかわらず攻守ともにいい動きをみせてくれました
       今後の活躍にも期待です

イギー シュートはあまり決まりませんでしたが、5スティールとディフェンスでの
    貢献が高かったです  

ガロ 3ptが安定してきていてフリーでなら高い確率で決めています
   それもあって最近は20点超えをしているのでこの調子で頑張ってもらいたいです

ローソン 積極的にシュートにいって、20得点を記録しました
     カリー相手には負けた感じでしたが完敗ではなかったのでまずまずだったと思います

ファリード 何度かオフェンスリバウンドをとられてしまう場面があり、フックシュートも決まらずと
      悪い場面がありましたが、豪快なダンク、ブロック、そしてリバウンド10を記録していて
      後半のディフェンスは頑張っていたので印象はよかったです

クーフォス 1Qオフェンスリバウンドを得点にしていた以外はあまり印象に残りませんでした

ミラー 得点、アシストとオフェンスで活躍してくれました
    ディフェンスではいい場面もありましたが、スクリーンに対する対応などは悪かったです

マギー 豪快なブロックはありましたが、それ以外はリバウンド1本で、原因はブロックに飛びすぎ
    です。マギーのブロックは脅威なのですが全てのタイミングでブロックしにいくのではなく
    臨機応変にできるようになればなと思います

ブリュワー シュートはあまりでしたが、攻守でよく動きブリュワーらしさが出ていました

次の試合はホームでブレイザーズ戦です
アウェイで珍記録を作ってしまった相手なのでホームではしっかりした試合を
期待したいです
注目はファリードvsヒクソンのリバウンド対決です
  
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

やっとチャンドラー復帰ですね!
チャンドラーが入ることによってオフェンスのパターンも増えてくるといいんですけどね!

ローソン、ガリナリも20点超えだったみたいだし、リバウンド、スティールと上手くいったみたいなので今日の試合の出来は良かったんじゃないでしょうか。

チャンドラーにも今後怪我に気をつけながら頑張ってほしいです!

だいきさんへ

今後チャンドラーが入ることで攻守ともによくなる可能性が高いと思います
怪我には気をつけてもらいたいですね
プロフィール

マーティン

Author:マーティン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
人気ブログランキングへ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。