スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

激戦 DENvsOKC

スターター
ナゲッツ     サンダー
PGローソン   PGウエストブルック
SGイギー    SGセフォローシャ
SFガロ     SFデュラント
PFファリード  PFイバカ
Cクーフォス   Cパーキンス

両チームベストメンバーでした

1Q 今回は最初からウエストブルックにイギー、デュラントにガロのマッチアップでした
  序盤ファリード、クーフォスなどがペイント内で得点して、ナゲッツらしからぬ立ち上がりを
  みせ、5点ぐらいリードします
  中盤以降オフェンスでターンオーバーが出てしまい、ウエストブルック、イバカに得点され
  同点とされます
  同点で1Q終了

2Q 終盤以外はブリュワーなどの活躍で得点しますが、ディフェンスでフリースローをあたえて
  得点されてしまい、リードをひろげられませんでした
  ナゲッツ1点リードで2Q終了

3Q 中盤までナゲッツがイギー、ガロなどの得点でリードをひろげる場面がありましたが
  その後サンダーに追い上げられるというもどかしい展開となり、終盤マギーのアリウープが
  決まり8点リードしますが、その後またも追い上げられてしまいました
  ナゲッツ2点リードで3Q終了
  イギーが終盤怪我をしたのかその後OTの終盤でディフェンスで出場しましたが
  それまでは出場せずでした

4Q 序盤ブリュワーの3ptが次々と決まり8点リードします
  中盤は両チーム主導権を握ることができず、ナゲッツ7点リード
  終盤残り3分をきってナゲッツが10点りーどしていましたが、そこからナゲッツは得点が止まり
  ウエストブルックに得点されデュラント、マーティンに3ptを決められてしまい、1点差となり
  その後ガロがフリースローで得点して3点差としますが、その後ウエストブルックに3ptを
  決められて同点とされました。残り22秒からナゲッツが攻めますが、ローソンがシュートを
  うてず、同点で4Q終了

OT 開始直後は両チームシュートを決めあって得点しますが、その後ナゲッツはシュートが
  決まらずサンダーはスクリーンでのオフェンスファアルを2回とられ、両チーム得点できずに
  サンダー1点リードで残り1分となりファリードのレイアップが決まりナゲッツが1点リードします
  その後デュラントの3ptが外れ、ファリードがファアルをもらいますがフリースロー2本とも
  外してしまいます
  残り10秒サンダーがまたもスクリーンでのオフェンスファアルとなり
  その後ミラーがフリースローを2本決めて3点差、残り5秒からイバカのオフェンスファアルらしい
  スクリーンがありましたが今度はとられず、サンダーがデュラントにボールを渡したとことで
  ミラーがファアルをしてフリースロー2本を決められ、その後チャンドラーがフリースロー2本を
  決めて再び3点差、残り5秒からまたもイバカがオフェンスファアルらしきスクリーンをかけますが
  笛はなく、デュラントが3ptを狙いますが外れて試合終了となりました
  ナゲッツ3点リードで勝ちとなりました

OKC 25 25 29 30 9 118
DEN 25 26 30 28 12 121

お互い笛に敏感になる試合でした
とくに気になったのがOTでのサンダーのオフェンスファアルでした
スクリーンが動いてはいましたがサンダーに厳しい3つのオフェンスファアルだったと思います
ただその後のイバカの2つのスクリーンはそれまでのスクリーンよりもオフェンスファアルだと
思ったんですがファアルをとらずでした
OTでのスクリーンだけでなくとにかくファアルが多い試合で、ほとんどが正しいファアル
だったんですがあれだけファアルが多いと両チーム何度か判定に不満があったと思います

あと気になったのがウエストブルックが2回ほどナゲッツのマスコットのロッキーが
タイムアウト中などにやる後ろ向きでのハーフコートショットをとってしまったことで
その後ボールを持つたびにナゲッツファンから大ブーイングを受けていました
個人的にはウエストブルックvsロッキーといった因縁の関係性ができたことで盛り上がると思うので
よかったと思います
おそらくナゲッツファンも、ロッキーも今後が面白いと思っていそうです

オフェンス
ボールが良く回り、選手が動き、アウトサイドでの確率もよかったので
前回のサンダー戦とは比べものにならないくらいよく、出来すぎでした
ただ課題のフリースローはいまだ改善されません

ディフェンス
サンダーのウエストブルックとデュラントのスクリーン後にミスマッチを作るのを
ウエストブルックにはイギーがついていたのでそこまでミスマッチにならず、簡単にはシュートを
うたせないことができていたと思います
ナゲッツにしては珍しくシュートチェックはよかったんですがその分ファアルをしてしまい
フリースローを48本も与えてしまいました
シュートチェックが甘くて簡単に決められるより、ファアルになるほうがまだましだと思うので
今日の厳しいディフェンスをしてもらいたいです

いろいろあった試合でしたがプレイオフのような白熱した試合で激戦だったと思います
出来過ぎなぐらいナゲッツがよかったと思うんですがそれでも接戦になったという印象です
サンダーの強さ、デュラント、ウエストブルックの勝負強さを感じました


個々の選手について
201301201958718910397-p2.jpg
ファリード フリースローは外してしましましたが、攻守に活躍してくれました
      とくにブロック4つはよかったです

イギー 怪我が原因だったのか3Q終盤からOTの最後のほうまで出場せず
    最後ディフェンスで出場していました
    今日のパフォーマンス次第ではトレードを真剣に考えたほうがいいと思っていたんですが
    ディフェンスでのイギーの重要性はかなり高く、ナゲッツには必要な選手だと思いました
    今後オフェンスの調子を取り戻してオールラウンドな活躍を期待したいです

ガロ  珍しくフリースローを3本外していましたが、ミドル、3ptとシュート精度はよかったです

ローソン ターンオーバー7とローソンにしてはかなり多く、4Qブザービーターを狙うところで
     シュートをうてずとオフェンスはあまり良くなかったです
     ディフェンスでは寄せが速く頑張っていました

クーフォス ファアルアウトとなりましたが、フックシュートを決めて、リバウンドもよくとって
      10得点、11リバウンドでダブルダブルでした

ミラー 出来がそこまでよかったわけではないので終盤出場さすのは疑問でした

マギー 悪くはなかったと思いますが、マギーに対する期待は大きいのでこれでは困ります

チャンドラー プレッシャーのかかるフリースローをしっかり2本決めてくれました
       攻守に活躍できるのでこれからも期待したいです

ブリュワー 良い時のブリュワーらしく、キャッチ&シュートで迷わず3ptをうって決めて
      レイアップも面白いように決まっていました
      今日のMVPはブリュワーだと思います

次の試合はアウェイでロケッツ戦です
ここをなんとか勝てばいい感じで1月を終われそうなので勝ってもらいたいです



  
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

接戦でしたね!ギリギリだったけど勝って良かったです。

チャンドラーが戻って来てからボール回しが良くなったのか、勝てるチームになって来たように思います。
ブリュワーの調子がいいということもあると思いますが、チャンドラーの戦力がやはり大きいのだと思います!

ウエストブルックとデュラントに得点を許しすぎましたがオフェンスリバウンドで勝っていたのでリバウンドも良かったのかと思います!

次のロケッツにも勝って1月はいい感じで終わりたいですね!

アンダーセンがヒートと10日間契約しましたね!アンダーセンならまだプレイヤーとして活躍できる選手だと思うのでヒートでも頑張ってほしいと思います。

チームの若返りも大事だと思いますけど、アンダーセンはやっぱりナゲッツのユニフォームを来ていてもらいたかったです。

だいきさんへ

チャンドラーはイギーのような攻守に活躍できる万能タイプなので
それがベンチから出場してくるというのは大きいですね

アウェイでのロケッツ戦は重要な試合となりそうです

アンダーセンは昨シーズンほとんど出場しませんでしたが
実力がおちたというよりはナゲッツが若手を使いたいということだったので
まだまだ活躍できる選手だと思います
プロフィール

マーティン

Author:マーティン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
人気ブログランキングへ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。