スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディフェンスで奮闘して大きな1勝獲得 DENvsMEM 

スターター
ナゲッツ      グリズリーズ
PGローソン    PGコンリー
SGイギー     SGアレン
SFガロ      SFプリンス
PFファリード   PFランドルフ
Cクーフォス    Cガソル

両チームベストメンバーでした

1Q ファリードがガソル、クーフォスがランドルフをディフェンスにしていました
  得意のアーリーオフェンスがなかなか出せず、ハーフコートでのオフェンスを強いられて
  なかなか得点できず、ディフェンスで奮闘していたので接戦となりました
  リバウンドで両チームがとりあう形で、ディフェンスでの勝負だったので完全に
  グリズリーズペースの1Qでしたがうまくリードすることができました
  ナゲッツ5点リードで1Q終了

2Q オフェンスではクーフォスのオフェンスリバウンドなどからの得点していきますが
  ディフェンスでミラーがボールをみているのでマークマンを見失ったりスイッチに
  気づかなかったりなどでフリーになってしまい得点され追い上げられます
  その後ミラーの巧みな得点、ファリードのオフェンスリバウンドなどからの得点で
  9点リードします
  その後ガソルの得点、ランドルフのオフェンスリバウンドからの得点で追い上げられました
  ナゲッツ1点リードで2Q終了
  ナゲッツのペースではなかった前半でしたが、終盤9点リードしたところからあっさり
  1点差まで追い上げられたのは残念でした
  オフェンスリバウンドの数は同じくらいですが、オフェンスリバウンドに数えられないもので
  ディフェンスリバウンドをとりきれずアウトオブバウンズになったとこがありました

3Q 序盤ターンオーバーを続出して、そのうちの一つがファリードのオフェンスファアルで
  4ファアルとなりファアルトラブルで交代します
  ターンオーバーを続出している間グリズリーズに得点され6点リードされます
  4分無得点後ようやくチャンドラーが得点します
  その後もグリズリーズのディフェンスに苦しみ得点できず、ディフェンスで頑張っていたので
  6点差でいきます
  その後もチャンドラーが速攻でミスを連続したりと上手くいかず、いいディフェンスをするも
  オフェンスリバウンドをとられと、主導権が完全にグリズリーズにいきました
  グリズリーズ8点リードで3Q終了
  グリズリーズの完璧に近いディフェンスとナゲッツの焦りが出てしまい、3Qは10点という散々な
  結果に終わりました
  
4Q 序盤にブリュワーが5点をとり、ファリードが攻守でエネルギー溢れるプレーをみせて
  1点差まで追い上げます 
  その後ファリードが5ファアルとなってしまいベンチに下がります
  ファリードが下がったことで主導権を握られるかと思いましたが今日の試合初の3ptをガロが
  決めて逆転して、クーフォスが攻守で活躍してブリュワーのミドルシュートが決まり
  5点リードします
  コンリーの3ptなどで同点に追いつかれ、その後はフリースローなどで両チーム得点をとり
  一進一退でいきます
  残り2分をきってイギーのナイスパスからクーフォスが得点して4点リードします
  その後ベイレスにフリースロー2本を決められ2点リードとなります
  ガロがランドルフの1on1で見事にジャンプシュートを決めて4点リード、さらにコンリーの
  ターンオーバーからイギーがダンクを決めて6点リードとなります
  その後はディフェンスでチャンドラー、ブリュワーなどのストッパーを出場させ
  いいディフェンスをして得点されずでした
  ナゲッツ7点リードで勝ちとなりました  

MEM 18 29 19 14 80
DEN  23 25 10 29 87

オフェンス
ナゲッツのオフェンスが悪かったというより、グリズリーズのディフェンスがすごかった
感じで、3Qなんかはほとんどまともにシュートがうてず、結果的に得意とする速攻も
上手く守られたのと焦ったのがあって思うような得点ができませんでした
4Q上手くいった要因は明確にはわかりませんが速いペースでできたことと
グリズリーズのディフェンスが3Qより対応が悪く崩れていたことだと思います
ガロは4Qよかったですがそれまでだめで、チャンドラーもよくなかったんですが
せっかくPFのところでスピードのミスマッチが起こっているので厳しいオフェンスになっている
ときはガロ、チャンドラーのところに預けてドライブを仕掛けてもらいたいです

ディフェンス
オフェンスリバウンド20と散々とられましたが、リバウンド以外に関しては
しっかりとディフェンスできていてよかったと思います
4Qのインサイドでのファリードのディフェンス、そしてクーフォスのリバウンドは
勝利に結びついたと思います
あと残り1分をきっての守備布陣、ブリュワー、イギー、ガロ、チャンドラー、クーフォスの
布陣は今後も重要なところで使ってもらいたいです
ブリュワーのところをローソン、クーフォスのところをファリードなどあると思います

3Qの展開をみて終わったと思いましたが、ブリュワー、ファリードの頑張りで主導権を握り
クーフォス、イギー、ガロなどが勝利を掴む活躍をみせてくれました
全員が一体となってリズムを掴んでくれました
珍しくディフェンスで奮闘をみせての勝利で、こういうディフェンス勝負の戦いでも
勝てるならばプレイオフも期待できるかもと思える試合となりました

ナゲッツが一試合を通してほとんどファストブレイクが出なかったのは久しぶりで
グリズリーズの堅守が凄かったということだと思います
グリズリーズの対戦成績は3勝1敗と勝ち越し、同率の場合はナゲッツが上の順位となるので
今日の勝利はかなり大きいものです
ナゲッツはよほどのことがない限り6位以下にはならないし、1,2位も無理なので3~5位となります
ホームコートアドバンテージを4位でとってもグリズリーズかクリッパーズなので出来れば
3位といいたいんですが、3位でもウォリアーズ、もしくはようやく力を出してきたレイカーズが
考えられるので、どうしようがプレイオフは厳しいことにはなりそうです
今日のようなディフェンスで勝てることを増やしていくことがプレイオフを勝ち抜くことだと
思います

個々の選手について
201303152116765815027-p2.jpg
ガロ  3Qまではタフショットが多くいまいちでしたが、4Q逆転の3pt、クラッチでの
    ミドルシュートを決めるなどで大事な所でしっかりと決めてくれました
    
イギー 8得点、7アシスト、7リバウンドと攻守で活躍してくれました
    タイミングのいいパスが多く、いつもはターンオーバーが多くなるんですが
    今日は0で効率のいいオフェンスを展開してくれました

ローソン シュートが決まらずいまいちな出来でした
     ディフェンスではスクリーンを上手くかわしいいディフェンスをしていましたが
     4Q終盤のベイレスへのファアルは必要なかったです

ファリード 今日もファアルトラブルに苦しみましたが、短時間のなかでファリードらしいエネルギー
      溢れるプレーがみられました
      8得点、4リバウンド、4ブロックとスタッツにはない部分での活躍がありました
      ファアルトラブルを避けてほしいと何度も書いてきましたが
      ファリードのよさが消えてしまう部分もあるので思いきったプレーでファアルに
      なったら仕方ないのかもしれません
      ただすこしづつその制御をしてもらいたいです
      
クーフォス 18得点、16リバウンド、3ブロックと大活躍でした
      オフェンスでは合わせのプレーのタイミングでしっかり決めていて
      オフェンスリバウンドでの得点もしっかり決めていました
      ディフェンスでは5ファアルにはなりましたがタフにつけていて、リバウンドも
      とれていました
      地味であまり活躍しないが安定感はあるというのがクーフォスのイメージなんですが
      ここ数試合は攻守ですばらしい活躍をみせてくれています
      まだベンチを温める存在で活躍していなかったころに3年契約を結んだナゲッツ
      フロントは素晴らしい仕事をしてくれたと思います

ミラー オフェンスでの活躍はよかったですが、ディフェンスでフリーにしてしまう場面があり
    ました。ボールを持っていない選手につくときもう少し気を付けてもらいたいです

マギー ランドルフにリバウンドで完敗していました
    クーフォスの活躍があるので、余計にマギーの荒さが目立ちます
    1000万ドルの選手として11分の出場では物足りなさすぎます

チャンドラー ディフェンスではいつも通りタフについていましたが
       オフェンスで空回りしたのかターンオーバー、シュートミスが多かったです
 
ブリュワー 3Qまではよくなかったんですが、4Q主導権をナゲッツに持ってきてくれました
      フリースロー5-5とよかったです

次の試合はアウェイでブルズ戦です
11連勝でいい状態でアウェイで強豪相手にどこまで出来るかが注目です


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

3Qで10得点しかできなかったことは残念でした。次のブルズ戦でこんな感じだと負けると思います。

クーフォスが最近いい活躍をしてますね!マクギーの活躍がイマイチなのでクーフォスの頑張りというものが大きいのだと思います。

ブリュワーやチャンドラーも攻守で貢献出来てきているしバランスのいいチームになってきているように思います。

ここ最近の試合ではローソン、ガリナリの爆発的な得点は無いですけど、全員で得点し ているのでそこはいいのかなと感じました。

最近の試合ではスタメン陣がベンチ陣に得点させているような印象がありますね!

次のブルズ戦も全員バスケで頑張ってもらいたいです

だいきさんへ

ローソン、イギーの合わせのプレーにクーフォスがしっかりと対応して
得点できているのでオフェンスでの幅が広がっている気がします

ローソン、ガロはここ数試合爆発力という意味では落ちてきていますが
そこを補っていけるのがナゲッツの強みなのでそれはそれでいいですね

ブルズ戦はアウェイなので今日の3Qみたいな出来だともっと点差をつけられて
4Qだけではばん回できない状態になるので出来るだけ、主導権を握って戦ってもらいたいです
プロフィール

マーティン

Author:マーティン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
人気ブログランキングへ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。