スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミラータイム DENvsGSW First Round GAME1

スターター
ナゲッツ      ウォリアーズ
PGローソン    PGカリー
SGフォーニエ   SGトンプソン
SFイギー     SFバーンズ
PFチャンドラー  PFリー
Cクーフォス    Cボーガット


ナゲッツはガロ、ファリード
ウォリアーズはラッシュが欠場

1Q 中盤までウォリアーズはスクリーンでローソンがバーンズにマッチアップしたところを
  高さのミスマッチをついてバーンズが得点したり、アシストするなどで得点していました
  ナゲッツは1on1からのオフェンスが多く、フォーニエが体を預けながらレイアップを
  決めて得点していき接戦となります
  終盤マギーらしいダンク、そしてブロックなはずがゴールテンディングをとられてしまう
  など攻守でマギーらしさが出ていました
  ただ得点差はあまりかわらずいきました
  ナゲッツ3点リードで1Q終了

2Q 序盤ウォリアーズのゾーンディフェンスに苦しみなかなか得点できず、トンプソンの3pt
  リーのダンクなどで9-0のランを決められ逆転されます
  中盤ブリュワーがレイアップを外すなどで、なかなか得点できず、2Qに入ってようやくFGを 
  あげたのが、6分29秒のミラーのジャンプショットでした
  その間リードをひろげられてもおかしくない状況でしたが、カリーがいまいち得点できない
  などで2点差でついていきました
  その後オフェンスでミラーなどが得点しますが、トンプソンのオフェンスを止められず
  次々とジャンプシュートを決められ、オフェンスも停滞してリードを8点とされます
  終盤トンプソンのオフェンスはいまだとめられず、さらにカリーの3ptも決まり9点リードされます
  その間ナゲッツはフォーニエのフリースロー2本のみの得点しかできませんでした
  残り1分をきってから、マギーのダンク、イギーのブザービターレイアップでなんとか
  追い上げました
  ウォリアーズ4点リードで2Q終了
  
  マギーのゴールテンディング、マギーのリバウンドに対するファアルなしなど
  マギーが少し判定に泣かされた感がありました
  空中にあるボールをとってしまうのでどうしてもゴールテンディングをとってしまうのは
  わかりますが^^

3Q 序盤両チーム得点があまり入らず重苦しい展開で進みます
  中盤に入ってもなかなか両チームシュートが決まりませんでしたが、
  残り5分ぐらいからウォリアーズが決めれば、ナゲッツが決め返すという展開となりました
  終盤ウォリアーズのシュートが決まらなくなり、ナゲッツはブリュワーが3本のジャンプシュートを
  決めるなどで一気にリードしました
  ナゲッツ8点リードで3Q終了

4Q 序盤ミラーの3ptが決まり、いけるかなと思ったところで、ランドリーに3本レイアップを決められる
  などで一気にリードが縮まり、1点差とされました
  リーが怪我をしてロッカーに下がり、その後出場しませんでした
  中盤カリーのレイアップで同点とされますが、その後ミラーがエンドワン、ジャンプシュートを
  決めるなどで7点リードとします
  終盤トンプソンの3pt、ボーガットのレイアップと立て続けに得点されて、3点差とされます
  ただミラーのオフェンスが止まらず、2本のジャンプシュートを決め5点リードします
  その後カリー、ジャックに得点されて1点差とされます
  残り44秒ナゲッツ1点リードでウォリアーズボールでスクリーンからカリーにボールを渡しますが
  チャンドラーがしっかりカバーにはいってスペースを与えず、遅れてきたローソンがボールを
  スティールしてレイアップを決めて3点リードします
  その後残り27秒からジャックがキックアウトでカリーにボールを出して、カリーが1フェイクいれて
  ローソンを少し外してから、3ptが見事に決まり同点となります
  残り14秒からミラーがグリーンとの1on1を仕掛けて、巧みにレイアップを決めて残り1、3秒で
  ナゲッツ2点リードとなり、タイムアウトがないウォリアーズはゴール下から始めることになり
  カリーが3ptを狙いますが外れました
  ナゲッツ2点リードで勝ちとなりました

GSW 25 23 16 31 95
DEN 28 16 27 26 97


オフェンス
ミラーが凄すぎた。そのおかげでちぐはぐなオフェンスが形になってるように見えました^^
チームアシストがウォリアーズ27に対して、ナゲッツ16ですから。
ほとんどが1on1からの得点で繋がりのあるバスケットがあまりできていないということですね。
ローソン、イギー、チャンドラーがもう少しミドルレンジ付近で得点できればオフェンスの幅が
広がり相手を混乱に陥らせられるんですが、そんなこと今更不可能な事なので、
どうやってペイント内で得点をとっていくかを考えなければ。このままではヤバい気がします。
プレーオフ展望で触れませんでしたがウォリアーズにはボーガットがいます。
怪我により思うような活躍はできていませんが、今日はペイント内で立ちはだかり厄介な存在になっとりました。
今後ナゲッツがペイント内で得点をとれないことにはどうしようもないので、ボーガットはかなりカギとなる
選手になりそうです。
あと悪かったことはフリースローを10本外したことです。まぁいつものことですが・・・。

ディフェンス
カリーが前半不調というのもありましたが、全体としてカリーに厳しくいけていたと思います。
さらにトンプソンにも厳しくいけていました。ただ、ここはタフショットを決められました。
課題としてはディフェンスリバウンド。
どうしてもカリー、トンプソンに厳しくいくので、リバウンドがなかなかとれない場面が見受けられました。
リバウンドをとらないことにはファストブレイクにつながらないので、なんとか確保してほしい。
ファリードが戻ればなんとかなりうだけど。


これぞプレイオフという試合で劇的な勝利。
最近の試合で不調だったミラーがえげつない活躍をみせ、ブリュワーも3Q活躍を魅せてくれました。
大きかったプレーは、3Qウォリアーズが得点しているときにナゲッツもタフショットを決めて繋いだこと、
それと地味ですが、残り27秒からのウォリアーズのオフェンスを防ぎタイムアウトをとらせたことです。
ここでタイムアウトをとらせたことで、ミラーが決めた後ウォリアーズのタイムアウトはなくなっていました。
あれがなければ1、3秒でサイドラインからなら同点、逆転されていた可能性は十分あります。カリーが来ますから。

GAME1から激戦となり、やはりこのシリーズは簡単にはいかないと感じました。
ちなみにリーの怪我は肉離れらしいです。ナゲッツはガロの離脱でもう無理ですが出来るだけ
両チームベストメンバーで試合をしてもらいたいので、今後怪我なく進行してほしいものです。
もちろんバチバチにやりあってくれていいんですけどね。

個々の選手について
201304201920696447000-p2.jpg
ミラー ここ数試合のミラーが嘘のような大活躍でありました。4Qはまさにミラータイム。
    決勝点も含め、クラッチで次々とシュートを決めてくれました。
    37歳にしてプレイオフで28得点は本当にすごいです。凄すぎます。
    ディフェンスで何度かチェックにいけてないなと思うことはありましたが
    ここまでのオフェンスをされると文句は言えません。
    この調子を継続するのは難しいと思うので、次はしっかりディフェンスをやって下さい^^

イギー 自ら得点を獲りに行く機会があまりありませんでした。
    オフェンスはいまいちでしたが、ディフェンスではシーズンと変わらず素晴らしかったです。
    ナゲッツファンなので偏った見方だと思いますが、ディフェンスにおいてイギーはNBAで最高クラス
    だと思います。

チャンドラー 13リバウンドとリバウンドはとってくれましたが、期待している得点は11点といまいち。
         シュートタッチがあまりよくなかったです。イギーと同じくディフェンスでは信頼を置けます。

ローソン シュートが決まらずオフェンスであまり活躍できませんでした。
     そんななかでもスティールからのレイアップは良かった。
     同点のシュートを決められた場面はカリーがすごいのは確かですが出来ればフェイスガードで守って、
     キックアウトのボールをはじいてもらいたかったです。次の試合でオフェンスに期待したいです
        
フォーニエ 1Qレイアップをうまく決めていましたが、それ以降はフリーの3ptを2本外すなどいまいちでした。
      シュートタッチが悪かっただけでセレクションはよかったので、次は決めてもらいたいです。

クーフォス ディフェンスで、スクリーンに対する間合いはうまくとれていた感じがします。
      ただオフェンスでシュートを決められませんでした。

マギー スタミナの問題さえなければ出場時間をもっと与えてもいい出来だったと思います。
    ダンクにブロックにとこれからも期待しています。

ブリュワー 3Q終盤の連続でシュートを決めた当たりは素晴らしかったんですがそれ以外はいまいち。
      ディフェンスではイギー、チャンドラーと同じくらいよかったと思います。

ランドルフ 出場時間が短かったので、特になし。

次の試合はホームで日本時間で水曜日11:30開始    
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

まずは1勝しましたね!
ホームでのナゲッツはもう止まりませんね!

最後のミラー、すごかったですね!
冷静な判断で確実に点をとって勝ちました。さすがベテランです!

ブリュワーもだんだんと調子をあげてきているみたいなので少し安心しました。

4Q、チャンドラーのヘルプからローソンのスティールのシーンですが、ディフェンスが上手く機能しているように思えました。
あのディフェンスは良かったです。

イグダラ、チャンドラー、マクギーのディフェンスが鍵になるかと思います。そこにローソン、ブリュワーのオフェンス、ミラーのアシストなどが重なれば優勝も見えてくるように感じます。

リーは肉離れでしたか、
肉離れということはもうプレイオフには出られないかと思うので、中心選手の離脱によってナゲッツも戦いやすくなるんじゃないかと思います。

安定感が無いのがナゲッツの弱点でもあるのかもしれないですが、まずは1回戦を無事に突破してほしいです!最後の試合を勝利出来たことで勢いに乗れればなと思います。

だいきさんへ

この大接戦を勝てたことは大きいですね
ホームで強いのはいいんですが、無類の強さを見せているだけに負けたときの反動が怖いです
とりあえず勝ててよかったです

ミラーが乗ったときはポストプレー、ジャンプシュートと多彩なオフェンスをもっているので
止めるのは難しくなります
おそらく次はいまいちだと思うので、次はローソン、イギー、チャンドラーのなかから誰かが
スコアラーとなってくれればいいかなと思います

レギュラーシーズンでも100点をきって勝った試合はほとんどないと思いますが
今日は100点をとれず勝ちました。プレイオフではディフェンスがいかに重要か分かりました
その意味でイギー、チャンドラー、ブリュワーの貢献はすごいです
マギーもかなりいいディフェンスを見せてくれていると思います
今日以上のディフェンスを常にみせることが出来れば優勝もほんの少しだけ可能性はありそうです

ファリードは第2戦で復帰するみたいですが、ガロは来季まで欠場、今回のリーの離脱と
プレイオフまで戦ってきて万全の状態とはいかないことは分かっていますが
ナゲッツ、ウォリアーズともベストメンバーでみたかったです

ナゲッツは1回戦突破がいかに難しいかを最近では一番知っているはずのチームなので
突破までは全力でいってくれると思います
プロフィール

マーティン

Author:マーティン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
人気ブログランキングへ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。