スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

また1回戦で負けてしまうのか・・・ DENvsGS GAME4

スターター
ナゲッツ       ウォリアーズ
PGローソン     PGカリー
SGフォーニエ    SGジャック
SFイギー      SFトンプソン
PFチャンドラー   PFバーンズ
Cファリード     Cボーガット


ナゲッツはガロ
ウォリアーズはリー、ラッシュが欠場。

1Q 中盤まで、イギーなどがシュートを決めなんとか得点。
  ディフェンスはガードにプレッシャーを掛けて3ptは撃たせないものの、パスを捌かれ、
  ボーガットに強烈なダンク2本を決められるなど上手く凌いだとは言えない出来でありました。
  それでも接戦だったのでまぁ良しです。
  終盤ランドリーにミドル、グリーンに3ptを決められるなどで得点され、
  オフェンスではミラーが果敢に攻めますが得点できず、ウォリアーズ4点リードで1Q終了

2Q 序盤ランドリー、ボーガットにペイント内で得点されリードを広げられる。
  中盤ミラー、ブリュワーの3ptが決まり追い上げますが、ボーガットに得点、リバウンド、アシストと
  大暴れされて再びリードを広げられます。
  終盤ミラーのフリースローなどで追い上げ2点差としますが、そこからトンプソンのタフショット
  ジャックのレイアップ、カリーにロング3ptを決められ、オフェンスではオフェンスファアルを
  犯してしまうなどで、10点差に・・・その後オフェンスでターンオーバーを繰り返し追い上げならず。
  ウォリアーズ12点リードで2Q終了
  
  前半だけで14ターンオーバー、2Qで9ターンオーバーとこれだけターンオーバーをしたら
  オフェンスになるわけがありません。
  GAME1からそうですがゾーンを突破する方法が全く見当たりません。
  ディフェンスでもロングレンジのシュートはうたせないものの、インサイドで楽に得点されてます。
  アウェイで12点差で前半終了ということで勝つにはかなり厳しい状況となりました。 
  逆転するにはファアルトラブルとなったチャンドラーの活躍が必須。

3Q フォーニエを外し、ブリュワーをスタートさせました。
  序盤トンプソンに3ptを決められ15点差とされますが、その後ウォリアーズのターンオーバーから
  ローソンの得点で追い上げ、1桁差とします。
  中盤、ローソンがジャンプシュートを次々沈め得点しますが、ウォリアーズもランドリー、カリーが得点してきて
  追い上げるものの、あと一歩届かない展開に。
  その後ブリュワーが1本フリースローを外し、チャンドラー、ローソンの3ptが決まらず
  オフェンスリバウンドも獲れそうなのに取れないというもどかしい展開。
  そうこうしている内に、カリーに3ptを決められるなどで得点され二桁リード差になります。
  終盤ローソンの無双が止まり、他の選手もフリースローを外したり、ターンオーバーをしたりで
  得点できず、ミラーがマッチアップになってからカリーの無双が始まり次々得点されてリードを広げられる・・
  ウォリアーズ19点リードで3Q終了  

4Q ブリュワーがスティールしようとして、カリーの目に手が入ったみたいでカリーの目が充血・・・
  その後充血はある程度治まり特に問題はなさそうでした。
  ストーンが出場したぐらいで得点差がつまることはなく、ガベージタイムだったので詳細は省きます。
  ウォリアーズ14点リードで勝ちとなりました

DEN 21 23 28 29 101
GS 25 31 35 24 115


オフェンス
今日の試合に限った話ではなく、プレーオフの4戦全てにおいて、GSのゾーンを崩すことが出来ておりません。
3Qはローソンが無双状態に入りジャンプシュートを決めまくったことで、GSはゾーンを多用してきませんでしたが、
前半は完全にはめられてました。外からのシュートがないのである程度フリーになっても決められない、もしくは撃たない。
安定してポストプレーから得点を獲れる選手がいないし、ミドルor3ptを決めれる選手もいない・・・
シーズン中は相手チームはほとんどやってこなかったので、助かっていただけということが露呈した、
プレーオフになっています。ペイント内が得点の大半であるナゲッツが今更、アウトサイドを狙うのは無理なので
もうどんどんインサイドをついていくしかないと思います。
あと今日はゾーンを崩せないこともありましたが、それプラスでターンオーバーを数多くしてしまい、
フリースローを2本もらっても1本をほとんど外していることがあり、オフェンスとして機能していませんでした。
あと軽くスクリーンをかけるのではなく、もう少ししっかりスクリーンをかけてもいいと思います。

ディフェンス
GAME3と同様にプレッシャーをかけてアウトサイドのシュートをうたせないようにしていましたが、
ローテーションがうまくいかず、インサイドががら空きとなりダンクを決められる場面が何度もありました。
ヒートのように巧みなトラップディフェンスをすれば、効果的ですが、シーズンでほとんど試していないメンバーで
スターターをして完璧にやるのは難しいです。結局後半になってカリーをフリーにしてしまい3ptを決められるという
展開になってました。
スモールラインナップにして効果ありかと思いましたが、そうでもないみたいなのでシーズンで一番やっている、
ローソン、イギー、チャンドラー、ファリード、クーフォスでいくしかないと思います。
あと何度も言いますが、ダブルガードはもうやめてもらいたい。
3Qカリーの無双が始まったのは、ブリュワーが下がり、ミラーがマッチアップをすることになってからです。
カリーがすごかったのは確かですが、このタイミングで決められまくっているのは今回だけではなく、
ダブルガードとなりミラーがマッチアップとなると明らかにカリーがギアをあげて、1on1からシュートを狙ってきています。
ウォリアーズが弱点だといっているも同然です。

この3Qでのカリーにミラーをマッチアップというのは今日の大きな敗因の一つです
そこまでは追い上げムードできていたので本当に残念。
もう手遅れですが、今からでもミラーにカリーをマッチアップさせるのはやめてもらいたい。
カールHCがミラーを信頼する気持ちはわかりますが、それが原因で負けてはどうにもなりません
しかも2戦連続です。
このまま敗退となれば、ミラーの信頼はかわらないかもしれませんが、ファンの信頼はなくなると思います。

これで1勝3敗となり王手をかけられました。もう3連勝するしかない。
3戦中ホームが2戦ありますが、アウェイを勝たないといけないので諦めた訳じゃないんですが、
現実的に今のナゲッツではほぼ不可能。
一昨年サンダーに負けて、昨年レイカーズに負けて、経験を積んでいる段階なので仕方ないと思い
負けてもある程度清々しかったですが、今シーズンはいけると思っていただけに、残念過ぎます。
悲観しても仕方ないことはわかっていますが、勝った試合はぎりぎりの勝利、負けた3戦のうち、
2試合が大敗ではポジティブに考えるのは難しいです。

ホームでどれだけ自分たちのバスケを取り戻すことができるか、ここでリズムを変えることが
出来ればどうにかなるかもしれません。トランディションでダンクを連発する、シーズン中のナゲッツをみたいです。

個々の選手について
201304282332847687522-p2.jpg
チャンドラー シーズンでは見事にガロのかわりを務めていましたが、プレイオフではディフェンスは
       相変わらずいいですが、オフェンスがまったくダメ。チャンドラーがこれでは勝てないので
       なんとか復調してもらいたいです。

ローソン 3Qに追い上げをみせる活躍で、オフェンスを一人で組み立てていた感じです。
     ローソンがこれだけやっているのに勝てないでは、かわいそうです。

イギー シュートタッチはよかったですが、ターンオーバーが7と多すぎ。
    ガロ離脱後の感覚を思い出してもらいたいです 。

フォーニエ とくに印象に残りませんでした。
      次はスターターを外れる可能性が高いです。

ファリード まだまだキレがなくいつものファリードとは程遠い出来です。

マギー 4戦しても攻守でここまでまったく活躍できていません。
    ダンク、ブロックで貢献してもらいたいです。

ミラー オフェンスは悪くはなかったですが、よくもなかったです。
    ミラーぐらいしかフリースローがうまいといえるのはいないのでしっかり決めてもらいたい。
    ディフェンスは今更ですが、カリーにつくのは無理です。

ブリュワー 攻守でよく動いていておりました。次にも期待。

クーフォス リバウンドをまずまず頑張っていて、プレイオフの中では一番よかったかなと思います。

ランドルフ 線が細いのでランドリーのポストアップを止められず、リズムをかえることが出来ず。

ストーン カリーのディフェンスということで4Q出場しました。
     もともとディフェンスには定評があるのでなかなかいいディフェンスをしていたと思います。

次の試合はホームで日本時間水曜日の9:00開始
          
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ついに王手をかけられてしまいました。
アウトサイド、ミドルからのジャンプシュートが入らないナゲッツにとってゾーンは厳しいですね。

ミラーのカリーへのマッチアップは自分も反対ですね
1on1から得点されているのがわかりますね。

来シーズン、ブリュワーを育成するという意味でもブリュワーはピンチの時に出してもいいと思うんですけどね

次のホーム戦では粘って何とか勝ってほしいと思います。

だいきさんへ

ローソン、イギー、チャンドラーの誰かがアウトサイドのシュートを決めていけば
ゾーンは崩れると思うんですが、もともと確率の高いシューターではないので厳しいですね

明らかにカリーがミラーとのマッチアップになってから
積極的に仕掛けてきています
ディフェンスが悪いことをしっているので仕掛けて、決められているのに
マッチアップをかえない意味がわかりません

ミラーのオフェンスの調子が悪い時は、ブリュワーを出場させてほしいですね

ホームで勝って可能性をつなげてもらいたいです
プロフィール

マーティン

Author:マーティン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
人気ブログランキングへ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。