スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

望みをつなぐ1勝 DENvsGS GAME5

スターター
ナゲッツ       ウォリアーズ
PGローソン     PGカリー
SGイギー      SGジャック
SFチャンドラー   SFトンプソン
PFファリード    PFバーンズ
Cマギー       Cボーガット

ナゲッツはガロ
ウォリアーズはリー、ラッシュが欠場しました

ナゲッツはスモールラインナップをやめる選択をとりました
スモールラインナップをやめるのは予想通りでしたが
個人的な予想としてはクーフォスをいれて、出来るだけ数多くやってきたメンバーでと
思っていましたが、クーフォスがシーズン通りのプレーをみせれていないという判断で
マギーを入れてのスターターとなったのかなと思います

今回は試合内容を簡単にします

3Qまでディフェンスではバーンズをフリーにして決められる場面はあったものの、カリー、トンプソン
をある程度抑え、前回やられたボーガットにはほとんどなにもさせませんでした
ディフェンスをしっかりやって、リバウンドをとっていたので
ナゲッツらしい走るオフェンスからペイント内で得点できていて、ハーフコートの際もアウトサイドを
イギー、チャンドラーが決めていたのでオフェンスが停滞することなく、ウォリアーズのゾーン
ディフェンスはあまり効いていない感じになり、ナゲッツ17点リードで3Q終了となりました
4Qに入り、ローソン、ミラー、ストーンという3ガードを使い、ストーンをカリーにマッチアップさせ
ていました。カリーにはそこまでやられませんでしたが、全体的に押し込まれる展開となり
17点リードがみるみるうちになくなり、一時は5点差まで追い上げられました
最終的にウォリアーズがシュートを外してくれて、ファリードのダンクなどで得点していきリードを
ひろげましたが、審判の笛にも助けられた感もあり、正直逆転されていてもおかしくない
雰囲気でした
ナゲッツ7点リードで勝ちとなりました

GS  22 24 23 31 100
DEN 36 30 20 21 107

オフェンス
プレーオフではほとんど見られなかった、トランディションからのダンクが何度も観られ
ナゲッツらしいオフェンスが出来てました。
アウトサイドもナゲッツにしたら良いぐらい決まっていました。
4Qでの失速はローソン、ミラー、ストーン、ブリュワー、ファリードで開始しましたが
ストーン、ミラーがアウトサイドがうてず、ブリュワーは調子がまったくだめ、ファリードは得点を
量産するタイプではないので、ボールは回ってはいましたが得点できていませんでした
それでリズムが狂い、その後の展開にも影響したと思います
確率自体は低いですが、オフェンスリバウンドをとっていたこともあり
4Q以外はよかったと思います

ディフェンス
スモールラインナップをやめたことにより、ボールマンへのプレシャーはあまりかけていません
でしたがアウトサイドへの対応が悪くなることはなく、ペイント内ではファリード、マギーが
いるので、GAME4のようにボーガットに散々やられることはなかったです
次の試合もこのスターターでいくのかな?
あと、ついにミラーがカリーにマッチアップすることをやめていました。
その効果なのか、単純にカリーの調子が悪かっただけなのかは分かりませんが、簡単なシュートを
うたせる場面はあまりなく、得点を抑えることができていました
ミラーがカリーにつかないため、4Q開始でストーンを出場させ、ストーンをカリーにつけていました
結局3ガードにしてオフェンスではいまいちな出来でしたが、ストーンがついている間
カリーにそこまでやられませんでした。
恒例のローソン、ミラーの2ガードにしていたときはローソンがカリーについていました
ローソンはある程度カリーにやられましたが、ミラーよりはましだと思います
ナゲッツファンのほとんどが分かっていたことなので、もう少し早くから、これをしていればと
思ってしまいます。

とりあえず、勝ちはしましたが4Qの追い上げられるところをみると、アウェイで勝てる
イメージができないです。
3Qまで圧倒する内容だっただけに、もう少しすんなりと勝ってもらいたかったです

これで2勝3敗となりました
勝ちはしましたが、ナゲッツが厳しい状況はかわりません。
次のアウェイで勝てれば、ホームでの最終戦となるのでなんとかいけそうですが
ナゲッツにとってアウェイで勝つのは至難の業。
追いかける展開となれば負けは確実なので、主導権を握る展開へ持っていけるかどうか。

個々の選手について
201304302014728650699-p2.jpg
イギー 25得点、12リバウンド、7アシスト
    シュート確率がよく得点して、アシストをして、リバウンドもとり、ディフェンスでも
    貢献するといったイギーの長所が存分に出ました
    ガロ離脱後のイギーの姿が戻ってきた感じでした
    次の試合も期待したいです

チャンドラー 19得点、2リバウンド 
       3ptのシュートタッチがまずまずよくて、ある程度決めてくれました
       期待通りにはまだまだ遠いですが、プレイオフでは一番よかったと思います
       シーズンでみせたような、ドライブ、3ptと止められなくなる
       爆発力あるオフェンスを次はみたいです 

ローソン 19得点、10アシスト、3リバウンド
     レイアップ、ジャンプシュートがあまり決まらず、得点自体はあまりでしたが
     10アシストとしっかりとPGとしての役割は出来ていました
     4Q厳しい時間帯にもっと得点してもらいたかったです

ファリード 13得点、10リバウンド
      徐々によくなってきてはいるんですが、動きのキレは個人的にはまだまだ本調子では
      ない気がします。徐々によくなっているはずなので、次は全開を期待したいです

マギー 10得点、8リバウンド、3ブロック
    プレイオフに入ってようやく、少し存在感を示す活躍が出来た感じでした
    期待しているのには程遠い出来ですが、今日はまずまずよかったです

ミラー 11得点、5アシスト
    ターンオーバー3と3ptを狙った場面は気になりましたが、ほかはまずまずよかったと思います
    GAME1のようなミラータイムをアウェイでみせてもらいたいです

クーフォス 6得点、5リバウンド
      プレイオフでは散々な出来でしたが、そのなかでは一番ましだったと思います

ブリュワー 4得点、3スティール
      ディフェンスでの貢献度は高いですが、今日はオフェンスが全然でした
      ブリュワーにはこういう日は必ずあるので、次はあたりの日がくると思うしかないです

ストーン オフェンスではシュートにいかず、ボールを回すだけで、変にオフェンスに絡みませんでした
     ディフェンスでカリーに対して厳しくついていてよかったと思います

ランドルフ 出場時間が短いためとくにないです

次の試合はアウェイで日本時間金曜日の11:30です


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

4Qにやられましたけど取りあえずは良かったです。

前半にマクギーのブロック、ファリードのリバウンド、ブリュワーのスティールが決まっていて大量得点できていたので次の試合にも期待したいです。

ファリードの不満が爆発してロッカールームに穴を開けたという記事を読みました。シーズン調子が良かっただけにプレイオフでの散々な結果に腹が立っていたんだと思います。
でも今日の試合はファリードの活躍が少しだけ見れたのでファリードも喜んでると思います!

マクギー、ファリードには次のアウェイ戦でも活躍してもらいたいです!

ミラーがカリーはへマッチアップしてなかったのは良かったですね!

ブリュワーも調子が上がらなかったですけど、チャンドラーが今日は頑張ってましたね!
またあの爆発的なオフェンスがみたいです!

イグダラが今日は攻守共に引っ張ってくれたんじゃないでしょうか。
イグダラがいなくなると思うと来シーズンが少し不安になりますけど、プレイオフではこれからもナゲッツを引っ張って行ってもらいたいです。

だいきさんへ

インサイドでどれだけ、得点、リバウンドをとれるかが勝敗を決めると思うので
マギー、ファリードには次の試合も頑張ってもらいたいです
ファリードの動きはまだまだ本調子ではない感じだと思ったので
次の試合ぐらいでそろそろ、全開のファリードをみたいです

ミラーがカリーにようやくマッチアップしませんでしたね
もっとはやくやっていればなと感じます

ベンチからの得点源であるブリュワーには次に期待ですね
もともと安定した得点がとれる選手ではないので、今回悪かった分
次で頑張ってもらいたいです

イギーが活躍するとオフェンス全体がかなりよくなります
オフにFAとなりどうなるのかはわかりませんが、まだまだナゲッツとしてのイギーを
みたいですね

プロフィール

マーティン

Author:マーティン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
人気ブログランキングへ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。