スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勝つには勝ったが・・・ DENvsATL

ナゲッツ     ホークス
PGローソン   PGティーグ
SGフォイ    SGコーバー
SFハミルトン  SFキャロル
PFファリード  PFミルサップ
Cマギー     Cホーフォード

1Q 立ち上がりこそフォイのドライブ、マギーのダンクで得点しますが
  そこからペイント内からマギーがオフェンスをしますが決まらず、さらにアウトサイドも決まらずと
  得点が停滞し、その間にスクリーンで簡単にフリーになる安易なディフェンスから得点をとられていき
  ホークスが10点リードします
  中盤もぐだぐだな展開になりなかなか得点差をつめられませんが
  終盤フォーニエが連続で3ptを決めるなどで同点で1Q終了

2Q 中盤にネイト、フォイの3ptが決まりスティールからマギーのアリウープが決まり9点リードとしますが
  そこからオフェンスが決まらなくなると、ディフェンスの崩壊が顕著に表れて2分の間に
  1点差に追い上げられます
  終盤連続で3ptを決められ逆転される場面はありましたが、その後なんとか3点リードをして2Q終了 
  
  オフェンスは3ptが決まっていたのでなんとかつながっていましたが、
  ペイント内で安定して得点できていなかったです。オフェンスはまずまずでした
  問題はディフェンスでスクリーンに対する寄せ方があまかったり、いきすぎて簡単にフリーを作り出したりと
  ホークスの3ptが決まっていたらもっと得点をとられていました
  とくにファリード、マギーのスクリーンに対するディフェンスが悪い感じがしました
  さらにディフェンスリバウンドもなかなかとれていませんでした
  マギーの派手なブロックはありましたが、堅実さが全くないディフェンスを終始していました
   
3Q 序盤オフェンスでファリードからマギーへのアリウープが2本連続で決まり得点はしますが
  前半と同じくディフェンスは軽く、速攻から簡単に得点されます
  中盤フォーニエの得点で4点リードする場面もありましたが、ディフェンスでホークスの得点を
  止められず逆転されます
  終盤フォイ、ネイトがタフな3ptを決め4点リードとしますが、またもやすぐに追いつかれて同点で3Q終了

4Q 中盤まで、またもや得点をとるものの、簡単に得点されるほとんどプレッシャーのないディフェンスを
  みせ、残り7分で8点差とされます
  その後はまずまずのディフェンスをみせて、オフェンスではマギーのアリウープ、ローソンのシュート、
  そしてミラーの3ptで7-0のランをみせて一気に1点差とします
  ホークスのタイムアウト後ローソンがジャンプシュートを決めて逆転しますが、
  キャロルにタフなレイアップを決められて再びリードされます。
  その後も得点をとりあう一進一退の展開が続きますが、残り1分のところでローソンがバンクショット3ptを
  決めて5点リードします
  その後ティーグにティアドロップショットを決められ3点差、ローソンがダブルチームを
  仕掛けられジャンプボールでホークスボールとなりミルサップがファールをもらい2本とも決めて
  残り26秒で1点差となります
  その後ローソンがファアルをうけてのフリースローを1本しか決められず、2点差でホークスボール
  ミルサップがファアルをうけてフリースローを1本だけ決めて1点差、残り7秒ネイトがフリースロー1本決めて
  2点リードでホークスボールとなります
  ミルサップにAミラーがつくというよくわからないフォーメーションを組んだナゲッツ
  そこをすかさず、ホークスはミルサップのポストプレーで同点を狙いますが、以外にもAミラーは押されず
  ミルサップはタフショットを狙いますが外れ、そのボールをホーフォードがとり、
  ワイドオープンだったコーバーに
  渡すかと思われましたが、自らシュートしてそれが外れ試合終了となりました
  2点リードでナゲッツ勝利
    
DEN 26 28 29 26 109
ATL 26 25 32 24 107

  オフェンス
  3ptが14-25で56%とナゲッツにしては上出来すぎるぐらい決まっていて
  しっかり形を作っての3ptもあり、タフな3ptを決める場面もありました
  これだけ3ptが決まる日はいいんですが、決まらない時にどうやって、インサイド陣を使い
  ペイント内で得点するかはいまだ解決できそうにないです
  ほとんどがマギーのアリウープでの得点だったので・・・
  今のところインサイド陣のなかではモズコフのポストプレーが一番可能性を感じます 
  フリースローを終盤ローソン、ネイトとガードの2人が1本しか決められなかったのも課題です
  オフェンスに関しては3ptが決まっていたということもありよかったといえると思います
  
  ディフェンス
  4Q終盤に少し良くなった感じはしましたが、それまではずっとやられたい放題のディフェンスをしていました
  ホークスのC、PFはミドル、ロングレンジからのシュートが上手いので対応の仕方が難しいのはわかりますが
  さすがにやられすぎました。とくにファリード、マギーのコンビの時はほとんどフリーの状態でホーフォード
  ミルサップがシュートをうっている印象です。マギーは下がりすぎて、ホーフォードをミドルの位置で
  フリーにさせファリードはPGにプレッシャーをかけすぎてインサイドにはいられるという場面が多かったです
  2人ともスクリーンに対する対応が悪いので今後大いに改善の余地ありです
  ホークスに3Ptをもう少し確率よく決められていれば負けていました

  
  辛くも今季初勝利となりましたが、今後に希望のもてる勝利ではなかったです
  最後ホーフォードがコーバーにパスをしていれば3ptを決められて負けという可能性は高かったし
  ラッキーなバウンドで3ptが入ったのも何度かありと幸運な勝利でした
  ただこの1勝でなにかが変わる可能性は大いにありえます
  とりあえずショウHC初勝利おめでとうございます
  もうすぐチャンドラーが復帰する情報もあるので、ここから上手く勢いに乗って
  勝率五分ぐらいでガロが復帰できるような状態になればプレーオフもみえてくると思います


ローソン 23得点、8アシスト、7リバウンドとまたも20点オーバーの活躍でした
     今日に関して言えばフリースローを外したとはいえ、勝利をひきよせた3ptを決めたことを
     考えれば十分な出来だったと思います
     前半戦はずっとローソンへの負担は大きいと思いますが
     それにこたえられる選手だと思うので、頑張ってもらいたいです

フォイ タフな3ptを決めていました
    プレシーズンに比べるとオフェンスで絡めるようになってきています
    
ハミルトン シュート確率は悪かったですが、うつべきタイミングでシュートをうてているので
      そこまで問題はないと思います
      チャンドラーが戻ってくるまでにもう少しアピールしてもらいたいです

ファリード リバウンドは着実にとっていて、オフェンスではアシスト3つ決めるなど
      まずまずの出来でしたがディフェンスでの対応が悪いので、全体の印象は悪かったです
      昨季からもそうですが、シュートのうてるPFに対してかなり苦戦しているので
      今後ショウHCが上手く改善してもらいたいです  
     
マギー アリウープなどで14得点はいいんですが、リバウンドが3はひどすぎます
    しっかりボックスアウトしないのと、体の線が細いのでポジションをとられて
    リバウンドをとられています
    押し込まれるのはある程度仕方ないですが、ボックスアウトをしてもらいたいです
    飛びあいになればマギーならほぼリバウンドをとれると思うので、今後そうしてもらいたいです

ネイト ミドルレンジ付近のシュートは決まりませんでしたが、3ptは4-6と確率よく決めていました
    マークがいてもタイミングでうって決めるので相手にとってダメージの大きい3ptを何度か決めてくれました
    
Aミラー 20分の出場で7得点、7アシストと渋い活躍でした
    最後のミルサップに対するディフェンスは見事でした
    
モズコフ 10得点、6リバウンドと良い活躍が今日もみられました
     ポストプレイ、合わせのプレイ、リバウンドからの得点、フリースローと様々な形で得点をとっていて
     インサイド陣のなかでは一番安定しています
     ディフェンスでもしっかりリバウンドをとり、マークへの対応も悪くないので
     攻守で安定しています

ヒクソン リバウンドは8ととっていますが、オフェンスがいまいち決まりません
     ベンチからというのはファリード同様苦手なのかもしれません

フォーニエ ミスも何度かありましたが、それ以上に良いプレーが多かったです
      3Pt、レイアップ、ミドルとしっかり得点できていました
      ようやく活躍できたので今後に期待です

アーサー ミドルを1本決めたぐらいで、5分の出場だったのであまり印象に残りませんでした

次の試合はアウェイでサンズ戦です
開幕前なら勝たなければならないチームですが、今の両チームの現状を
考えると、サンズが圧倒的優位です
連戦でのアウェイということもあり、今日よりも厳しい試合になると思います

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

勝ちました!!素直に良かったです。3Pが思った以上に好調だったのもありますが初勝利には違いは無いですし・・・予想通りJスミスが抜けてもATLはいいチームでしたね。特にインサイド陣はいい勉強になったと思います。ホーフォード・ミルサップはサイズがなくても少し離したらミドル・不用意に詰めるとカットプレーで得点するなど活躍してました。バックコート陣はあの時間帯のFTは決めましょう。LALーHOUではハワードがFT2本外した後ブレイクに逆転3P決められHOUは負けました。ナゲッツの試合でも最後外でフリーだったコーバーに出されてたら同じ事になってたかもしれないです。
最近はフォーニエとモズコフが良い感じにプレーしてますね。スターターで起用しても良いんじゃないか?と思います。

BDさんへ

勝ったことはよかったです
昨季までは3ptで勝つことはほとんどなかったと思いますが
今季はこういう勝ち方が増えるかもしれませんね
BDさんの言われる通り、ミドル、カットとミルサップ、ホーフォードを
止めるのが難しかったですね
ナゲッツのインサイド陣が一番止められないタイプの選手です
ここのところずっとの課題のフリースローはなんとかしないとだめですね
今回の試合でロケッツのような負け方をしていれば、今後アウェイが多くなるだけに
もしかしたら今季は終戦となっていたかもしれません

フォーニエはもう少し活躍してからだと思いますが
モズコフについてはすでに出場時間が短いながらマギーを超える活躍を連続でしているので
スターターになってもいいと思います
プロフィール

マーティン

Author:マーティン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
人気ブログランキングへ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。