スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローソン28得点17アシストも敗戦 DENvsHOU

ナゲッツ     ロケッツ
PGローソン   PGベバリー
SGフォイ    SGハーデン
SFハミルトン  SFパーソンズ
PFファリード  PFジョーンズ
Cヒクソン    Cハワード


1Q ポンプフェイクに散々ひっかかりパーソンズにエンドワン2回決められるなどでペイント内で
  次々と得点を決められます。シュートチェックを厳しくいくのはいいことですが、さすがに
  ひっかかりすぎです。オフェンスは中盤までファリードがほとんどの得点、つまりほとんど機能して
  いませんでした。中盤以降は、アーサーのピック&ポップからのミドル、フォーニエの1対1からの得点で
  ある程度は良くなった印象です

2Q オフェンスではボールが回らず無理やりシュートを打つ形が多く、ローソンのシュートタッチが悪いことも
  あって得点できず、ディフェンスではペイント内でポストプレイを止められなかったり、
  外からシュートを決められたりと得点を止められず、リードがどんどん広がるばかりでした
  ロケッツ17点リードで前半終了
  

  アーサー、フォーニエが入っていた1Q終盤ぐらいはよかったですが、ほかの時間帯は
  ボールを保持している選手しか動いていないオフェンスで得点できずでした
  ローソンがいつも通りの調子ならそれでもいいんですが、シュートが不調で入らなくなると
  こうなってしまいます
  ディフェンスはロケッツのオフェンスがよかったのもありますが、全てにおいてやられすぎです
  
3Q 序盤にトランジションからローソン、ハミルトン、フォイと次々とシュートを決めていき、11-0のランで
  7点差まで追い上げますが、そこからターンオーバーからダンクを2発くらうなど結局押しもどされました
  その後はフォーニエが良いプレイで得点をあげていきましたが、リードはほとんど縮まらずでした
 
4Q ローソンからフォイへの良いパスが何度もわたりますが、フォイが決められずなかなか点差が
  縮まらないなか、ローソンが急にゾーンに入りタフショットを決め10点差とします
  そこからハックハワードをして点差を縮めようとしますが、まずまずハワードのフリースローが決まり
  外したのもオフェンスリバウンドでとられるなど、さらにはハックにいったところでエンドワンを決められる
  失態もおかしてしまい、その後もローソンが決めて、ハックにいきますがハワードが4本連続で決めるなどで
  勝負ありとなりました
  ロケッツ11点リードで勝利

DEN 23 23 29 36 111
HOU 33 30 27 32 122

 オフェンス
 ローソン頼みといえるオフェンスでした
 後半ローソンが得点をとりだしてからは形として出来ていたわけではないが、得点は決まっていました
 問題はローソンの得点が決まらない時、前半みたいなときにどうするかであるが、ネイト、Aミラーを
 軸として、フォーニエ、アーサー、モズコフが活躍してくれればその間はつなげると思う
 今日のようにネイト、Aミラーがだめではどうしようもないので、2人には今後期待したいです

 ディフェンス
 ロケッツのパス回しが上手いのと、ナゲッツディフェンスが悪いのとで
 ペイント内のディフェンス、アウトサイドのディフェンス、そしてハックハワードまでハワードに14-20
 を決められてしまい、何から何まで上手くいっていなかったです
 
 何度も追い上げて、勝つ姿勢が出ていたので負けた試合のなかでは個人的には
 一番いい試合だったと思います(それでもひどい試合ですが・・・)
  

ローソン 28得点、17アシストで17アシストはキャリアハイとなりました
     前半はシュートが入りませんでしたが、しっかり後半は決めていたのでよかったです
     オフザボールの動きがあまりよくないということはありますが、さすがにここまでやってくれた
     選手にこれ以上は求められません

フォイ ディフェンスはいいんですが、オフェンスでいい形で3ptがうてるときは決めてほしい

ハミルトン 3ptは決まりませんでしたが、4-8とFG自体は悪くなかったです
      ただ1Q序盤ディフェンスでパーソンズにドライブを決められてしまいました
      
ファリード 8得点、10リバウンドと成績自体はとくに悪くないですが、攻守での印象は悪かったです
      とくにディフェンスは良い部分もありましたが簡単に抜かれたり、マークマンを離しすぎたり
      というのが目立ちました。何とかディフェンスを改善してもらいたいです
      

ヒクソン ハワード相手に攻守でいい出来だったと思います
     パフォーマンスが上がってきているので、この調子でいってもらいたいです

Aミラー ローソンの負担を減らすことが出来ませんでした

ネイト Aミラーとおなじく、ローソンの負担を減らすことはできずでした
    ネイトの得点力をみせてほしい

チャンドラー 悪くはなかったですが、ここ2試合に比べるとあまりよくなかったように感じます
       ガロが戻るまではチャンドラーが第2の得点源なので期待も高いです

フォーニエ 確率は4-10とそこまでよくないですが、印象深い活躍をしていて
      さらにディフェンスでもハーデン相手に良いディフェンスをしていました
      これを続けてもらいたいです

モズコフ 活躍したレイカーズ戦の印象が強いので
     簡単なシュートを外す場面はあり攻守で少し残念な結果かなと感じました

アーサー アーサーのピック&ポップはナゲッツの武器の一つとなっていて、いい形で決まっています

次の試合はアウェイでサンダー戦です
サンダー相手にどこまでできるか楽しみです

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マーティン

Author:マーティン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
人気ブログランキングへ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。