スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勝てる展開だったが・・・ DENvsOKC

ナゲッツ       サンダー
PGローソン     PGウエストブルック
SGフォイ      SGセフォローシャ
SFチャンドラー   SFデュラント
PFファリード    PFイバカ
Cヒクソン      Cパーキンス

チャンドラーを初先発で起用しました

前半
とにかくシュートが決まりました
トランジションからのシュート、ハーフコートでもシュートが決まっていたので停滞せずのオフェンスでした。
外してもヒクソンがオフェンスリバウンドをとってくれていたことも大きかったです。
あとネイトのタフショットを連続で決めたことも大量得点につながりました
ただフリースローを10-19と9本も外したのは問題です
一方ディフェンスはトランジションディフェンスでマッチアップが上手くみつけられず、ミスマッチを
強いられている場面が何度もあり、得点されました。デュラントの得点、アシストは止められないのは仕方ないですが
折角オフェンスがよかっただけにもう少しディフェンスを締めてもらいかったです
前半63-60とナゲッツ3点リードで終了

ナゲッツペースながらも3点しかリードできないといった前半でした

後半
ボールがよく回りしっかり決める、前半と同じく3Qはそれができていて、特にハミルトン、フォーニエが
活躍していました。しかし4Qになるとフリースローは獲得するものの、そのフリースローを外し、FGは決められず
残り1分半でデュラントに3ptを決められてサンダーに3点リードされます
その後ローソンが4Q初得点をあげるなど粘り、残り3秒で2点ビハインド、ローソンがわざとフリースローを外し、
ルーズボールをヒクソンが争いアウトオブバウンズでナゲッツボールとなります。
残り2秒、モズコフにボールをいれますが、キャッチできず
ヒクソンが3ptラインでボールをとりシュートしますが外れて試合終了
サンダー2点リードで勝利

DEN 39 24 29 21 113 
OKC 28 32 23 32 115

オフェンス
4Q以外はトランジション、ハーフコートオフェンスが完璧といっていいぐらい次々と決まっていました
4Qは何が悪かったかですが、個人的にもっとローソンが積極的にシュート、ドライブで仕掛けてもらいたかった
全てのQで上手くいくはずないので、4Qはエースであるローソンがどんどんいってほしかったです
ローソンでだめなら仕方ないと割り切れます。監督、選手も含めてどんどんいけといってもらいたかったです
敗因の一つとしてあげられるのが、フリースローで25-43は外しすぎです
インサイド陣が外すのはある程度仕方ないかもしれませんが、バックコートの選手が簡単に外しています
ここ近年ずっとの課題なので、すぐにはどうにかなるとは思いませんがファリード、ヒクソン以外は
7,8割は決められる選手だと思うので今後改善してもらいたいです

ディフェンス
デュラント、ウエストブルックに対してタフにディフェンス出来ていたと思います
それでも115点とられたのはディフェンスリバウンドを確保できなかったことです
ロングリバウンドとなり不運な面も多々ありましたが、4Qはディフェンスリバウンドの意識を高くして
もらいたかったです

この展開で勝てなければどうしろというぐらいナゲッツにとって3Qまで最高の展開だったのに
勝ちきることが出来ませんでした。負けたのは残念ですが、開幕後数試合あったオフェンスのぐだぐだ感は
なくなっていて、フォイ、フォーニエ、ハミルトンなどがオフェンスに絡めてきているので
今後に期待を持てる試合にはなってきています


ローソン 29得点、8アシスト、4リバウンド
     最早ローソンがこの成績を残しても活躍といえるのかというぐらい今シーズンのローソンは
     すばらしいです。だからこそ4Qにもっと積極的にいってもらいたかったです
     今後そういう場面はあるのでその時はドライブ、シュートにどんどんいってもらいたいです

フォイ フリースローを2本外してしまったのは気になりますが、オフェンスではしっかりシュートを決め
    ディフェンスでも貢献していました 

チャンドラー 今季初だと思いますが3ptのシュート精度が悪かったです
       オフェンスが悪くても、ディフェンスではしっかり貢献してくれたと思います
       
ファリード トランジションからの強烈なダンク、デュラントに対してのブロックと1プレーずつ
      印象に残るものはありましたが、総合的にいまいちな出来でした
      
ヒクソン 18得点、19リバウンドとダブルダブルでした
     攻守でリバウンドをとり、ピック&ロールからの得点、速攻からの得点と大活躍でした
     前の試合からようやくヒクソンらしい成績、プレースタイルがでてきているので
     このままでいってもらいたいです

Aミラー いいスティールをしたぐらいでほかは印象に残りませんでした

ネイト 爆発とまではいきませんでしたが、ネイトらしいタフショットを決めていました
    今日の調子ならローソンがいないときはもっとネイトに預けてもよかったかもしれません

フォーニエ 3ptをしっかり決めて、ディフェンスではデュラント相手に良いディフェンスをしていました
      オフェンスは1on1、スポットアップどちらでも得点でき、
      ディフェンスは向上しているので、今後もかなり期待です

モズコフ まずまず確率のいいフリースローを今日は3本外してしまいました
     それ以外はディフェンスで壁になるなど悪くなかったと思います

アーサー 攻守において安定していてよかったです。デュラント相手にも守れるとは思いませんでした

ハミルトン 6得点、2アシストですが、フォーニエへのキックアウトのパスが2本ともよかったので
      印象としては成績よりもよかったです 

次の試合はホームでブルズ戦です
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

最近少し忙しくて試合見れてないのでBOXscoreでしか確認できないので余り偉そうなこと言えないけど今日は勝ちたい試合だったじゃないかと思います。今日のような接戦をモノに出来ればPOに向けて明るくなるんじゃないか・・・と思います。最近3試合
110失点以上と少しディフェンスが上手くいってないじゃないかと心配ですね。

BDさんへ

勝ちたい試合でしたね
シュートチェックにいけば、リバウンドがとれず
ペイント内を意識すれば、外から決められとあまり上手くいってないです
プロフィール

マーティン

Author:マーティン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
人気ブログランキングへ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。