スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連勝で勝率5割 DENvsDAL

ナゲッツ       マブス
PGローソン     PGカルデロン
SGフォイ      SGエリス
SFチャンドラー   SFマリオン
PFファリード    PFノビツキー
Cヒクソン      Cダレンベアー

1Q ダラスはノビツキーを出場させているときはゾーンディフェンスで守ってきていました
  ナゲッツはフォイ、チャンドラーが積極的に3ptをうち、外しますがファリード、ヒクソンが
  ポジションをとってオフェンスリバウンドをとり得点につなげていました
  ハミルトン、ネイトが入ってから勢いは増して外からのシュートで得点をあげていきました
  ディフェンスはノビツキーにチャンドラーがつき、マリオンにファリードがつく形で
  序盤はフリーでシュートをうたす場面がありましたが、まずまずよかったと思います
  ナゲッツ13点リードで1Q終了

2Q 序盤にモズコフが3つターンオーバー、シュートミスをしてしまい5点差まで一気に追い上げられます
  タイムアウト後ネイトの3ptが決まるなどで10点リード、その後も得点を許さず、オフェンスではボールが
  よく回り、フォイが3ptを決めて15点リードとします。
  さらにおそらくノビツキーのファアルがシュートファアルにならなかったことと
エリスがシュートフェイクをいれてファアルをもらいにいった時にフォイが多いかぶさるように
  なってしまったこと、どっちも原因だと思いますがそこまで怒ることではなかったことでしたが
  カーライルHCがテクニカルファアルで退場しました。
  その後エリスにシュートを決められた後チャンドラー、フォイがトランジションから
  シュートを決めて16点リードとします
  ただディフェンスが軽くなってしまい、エリスに次々と得点をゆるしてしまい、一桁差に追い上げられます
  その後ファリードの強烈なダンクなどがあり二桁差リードにしました
  ナゲッツ12点リードで2Q終了

  1Qはそこまでトランジションオフェンスではなかったですが、2Qはとにかくシュートまでがはやく
  5,6秒でシュートにいく感覚でのオフェンスでした
  ダラスが連戦ということも考慮しての作戦だと思いますが、オフェンスは上手くいっていた感じです
  ディフェンスはオフェンスが速すぎるので、かなり軽いディフェンスになる部分がありました
  
3Q 中盤までハイペースの展開でリードを保ったままいけていましたが、ハミルトンが3連続でシュートを
  外し、カーターに連続で得点されて一気に追い上げられて3点差とされました
  終盤はハーフコートでモズコフ、アーサーが得点してなんとかダラスの勢いを止めました
  ナゲッツ6点リードで3Q終了

4Q オフェンスでなかなかリズムを作れずじわじわと点差をつめられて、エリスのシュートが決まり
  7分30秒のところで逆転されます。
  その後ファリード、ローソンの得点などでリードをしますが、チャンドラーの3ptがここぞというときに
  決まらず、完全にリズムをつかむことができませんでした
  終盤シュートが決まらず、ローソンが2本フリースローを外すなどがあり、
  ノビツキーのフェイダウェイ連発で逆転されます
  その後フォイが3ptを決めて1点リードで残り1分をきり、そこから両チームいいディフェンスをみせて
  なかなか得点させず、残り30秒ダラスボールからノビツキーがチャンドラーとの1on1からシュートを
  狙いますが、外れてファリードがリバウンドをとって、フリースロー1本を決め残り15秒で2点リード
  その後ノビツキーに渡すかとみせかけてエリスがレイアップにいきますが、ファリードがいいカバーを
  していて、得点させず、残り8秒でダラスボール、スイッチされてフォイがノビツキーにマークしますが
  カーターからノビツキーへのパスが悪く、タフショットとなりシュートが外れて試合終了
  ナゲッツ2点リードで勝ちとなりました

DEN 35 30 21 16 102
DAL 22 31 27 20 100

オフェンス
前半はテンポよく外から狙うのが入っていましたが、後半入らなくなるとどうしようも
なくなっていました。チャンドラーが無理にシュートにいく感じが何度もみられそれによって
少しリズムが狂っている場面もありました。
ゾーンディフェンスに対する崩しはファリードが好調のこともあってまあまあ上手くいっていました
課題のフリースローはローソンが6本外してしまいました

ディフェンス
オフェンスが好調で速いテンポだとどうしてもディフェンスが軽くなっている場面がありました
後半はオフェンスが不調な分、ディフェンスはある程度締まっている感じがしました
全体としてダラスのFGを40%に抑えているのでまずまずよかったと思います
出来ればノビツキーにファリードをマッチアップさせて経験をつんでもらいたかったですが
勝ちにいくなら当然チャンドラーなので機会があればやってもらいたいです

試合展開的に負けていてもおかしくない試合でした
連戦のダラス相手とはいえ、今日の勝利は大きな勝利だと思います
今後のスケジュールを考えてもホームで負けるわけにはいかないので、しっかり勝っていかないと
今季も激戦が予想されるプレーオフ争いからすぐに脱落してしまいます

ローソン 驚異的なスピードからフィニッシュまで持っていくあたりさすがローソンだと思うプレーを
     なんどもみせてもらいましたが、フリースロー6本外したのは悪かったです
     とくに重要な場面で2本外したのは負けていれば敗因になったものでした
     
フォイ 最近チームの戦術があってきたのか、単に調子がいいのかわかりませんが、
    シュートが綺麗に決まっています。ディフェンスもタフにいけているので
    この調子でいってもらいたいです

チャンドラー シュートが決まらないのはある程度仕方ないですが少し無理な体勢からのシュートが多かったです
       しっかり体制を整えてからシュートをうってもらいたいです

ファリード 18得点、14リバウンドのダブルダブルでした
      豪快なプットバックダンク、ブロック、そして最後のエリスへの対応
      さらにオフェンスではポストアップ、ミドルレンジ、フリースローと苦手としている部分でも
      決めていて、素晴らしい活躍でした。ディフェンスはマリオンにマッチアップしていたので
      あまり悪い部分はでなかったです
      

ヒクソン 6得点、5リバウンドと成績はあまりですが、とくに悪い動きではなかったと思います

Aミラー アシストはしていますが、昨季のミラーらしいプレーは今日もあまり存在感なく終わりました
     ローソン、ネイトがいるのでそこまで自分からいかないという感じだと思いますが
     ここまで得点意欲がないと少し心配です

ネイト 前回のブルズ戦でシュートタッチが戻ったのかシュート確率がよくなっています
    今後もこの調子でいってもらいたいです

ハミルトン 積極的なのはハミルトンのいいところでもありますが、少し乱発しすぎた感がありました

フォーニエ ノビツキーに対するディフェンスは良かったと思いますが、オフェンスはいまいちでした

モズコフ 前半ターンオーバーで流れを悪くしてしまいました
     3セカンドとスクリーンのファアルが多い気がしますが、積極的にいっているので
     あまり気にする必要はないかもしれません

アーサー いつも通りピック&ポップから得点をとり、安定した活躍でした

次の試合はアウェイでマーベリックス戦です
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

いい感じですね

ナゲッツファンさんへ

開幕から数試合はどうなることかと思いましたが
いい感じになってきましたね
プロフィール

マーティン

Author:マーティン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
人気ブログランキングへ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。