スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4連勝 DENvsMIN

ナゲッツ       ウルブス
PGローソン     PGルビオ
SGフォイ      SGマーティン
SFチャンドラー   SFブリュワー
PFファリード    PFラブ
Cヒクソン      Cペコビッチ

1Q 中盤までファリードがオフェンスではターンオーバー、ディフェンスでは簡単に抜かれたり、マークの
  タイミングが悪かったりとラブ相手に悪いプレーが目立ちました
  ただオフェンスは形にはなっていませんでしたが、ローソン、チャンドラーが得点をとりなんとか
  つないでいて差はひらきませんでした
  終盤もインバウンドパス、トランジションでのターンオーバーとオフェンスをできもせず終わる形が
  増えますが、ディフェンスで得点をゆるさず、その後ローソン、チャンドラー、ネイトの個人技で
  得点をとり、1点リードで1Q終了

2Q 序盤Aミラーのポストを起点にパスがしっかり回って、ハミルトンの3pt,ファリードのエンドワン
  が決まります。ハーフコートでこれだけ綺麗に2本パスが回ったのはナゲッツでは久しぶりにみました
  さらにネイトの3ptが2本決まるなど10点リードします
  中盤もAミラーを起点にオフェンスを組み立て自ら得点したり、アリウープパスをだしたりと
  Aミラーが得点に常に絡む形になっていました
  終盤ローソンの個人技で得点をとりますが、フリースローは相変わらず決まりません
  ディフェンスではシュートを外させますがそのあとのリバウンドをとられたり、ファアルをしてしまい
  フリースローをしっかり2本決められてしまいました
  ナゲッツ9点リードで2Q終了
  
  ファアルをしてフリースローを与えすぎました。ウルブスはフリースロー16-17で
  ペコビッチでもしっかり決めてくるためフリースローを与えると2本決めてきます。
  ナゲッツはシュートタッチはすこぶるよかったのですがフリースローは6-11と入りません
  オフェンスの出来を考えると15点リードくらいはしておきたかったところです

3Q 序盤ルビオの得点でウルブスに追い上げられますが、その後もルビオなどに得点をとられますが
  ナゲッツもローソンなどの得点でなんとか一進一退の展開に持ち込み逆転まではゆるしませんでした
  一進一退の展開からフォイの3ptでややナゲッツが抜けだし、終盤ファリードのダンクで10点リードと
  しますが、最後にフリースローを外したところでオフェンスリバウンドをとられて、ブリュワーに
  得点されて嫌な流れで終了しました
  ナゲッツ7点リードで3Q終了

4Q 序盤得点をとりあい一進一退の展開でいきますが、その後Aミラーのアシスト、得点でナゲッツが
  10点リードとします
  中盤ローソン、Aミラー、ネイトの超スモールラインナップにしますが、あまり上手くいかず
  ターンオーバーからウルブスの追い上げをゆるしてしまい、ラブの3ptで1点差になります
  その後ヒクソンのプットバックダンクで流れが変わり、Aミラーのリバウンドからチャンドラーが
  ファリードへのアリウープ、さらにヒクソンのダンクで7点リードと差をひろげます
  その後ターンオーバーから得点を決められて残り1分で3点差となりますが、その後ラブの同点を  
  狙う3ptが外れて、ローソンがフリースローをしっかり決めていきなんとか逃げ切りました
  ナゲッツ7点リードで勝利

DEN 28 36 26 27 117
MIN 27 28 28 27 110

オフェンス
FG51,1%,3pt50%とダラス戦に続きシュートタッチがよかったということもありますが
単にシュートが決まったから勝ったという試合ではなく
今日はAミラーのゲームメイクがオフェンスを活性化させたと思います
ハーフコートでパスが回っていたのはAミラーのポストプレイからがかなりあり、ネイト、ハミルトンも
気持ちよくシュートをうてていました
今季パスを回す役になりつつあるAミラーですが、今日は得点を狙う機会もありでした
今日のようにAミラーの存在感が増すとローソンがいいだけにどの時間帯も安定して得点できます
その結果が8人もの二桁得点につながりました

ディフェンス
ファアルが多くフリースローを与えすぎたのと、オフェンスリバウンドをとられていました
積極的にスクリーンに対してプレッシャーをかけていたのと、マーティンなどがファアルをもらうのが
上手いとはいえ、90%ちかく決めてくる相手にはあまりファアルを重ねて簡単に得点されるのはよくないです

ダラス、ウルブスと厳しいアウェイでの試合でしたがまさかの連勝となりました
チーム状態が悪かった開幕数試合に比べて格段にあがってきているように感じます

ローソン 23得点、4アシスト
     今日はアシスト数が少なかったですが、シュートはしっかり決まっていて
     フリースローも前半の終わりに2本外した以外は決めているので十分の活躍でした

フォイ マーティン相手にファアルトラブルとなり苦労していましたが、オフェンスではここ数試合通り
    空気になることなくオフェンスに絡めていました

チャンドラー チームの流れというよりも個人技で得点をとるあたりがチャンドラーのいいところであると
       思うので、今日はそれが前半出ていました
       ディフェンスでもPFもマークしていて貢献していました 

ファリード 攻守に酷かった前半に比べて、後半はなかなかいい出来だったと思います
      今日の後半のようにラブ相手でもしっかりマッチアップでき、さらにペコビッチのポストプレイを
      抑えていたので、オフェンス力よりもディフェンス力をあげていってもらいたいです

ヒクソン ほとんど消えていた感じでしたが、4Q終盤のダンク2本は勝利を手繰り寄せるものでした

Aミラー 10得点、6アシスト、5リバウンド
     数字以上に活躍していた印象です。得点、アシストとゲームメイクをしっかりしたうえで
     リバウンドもとるという素晴らしい活躍でした

ネイト タイミングの速すぎるシュートやドリブルミスのターンオーバーはありましたが
    15得点とシュートタッチがよくてフリーでのシュートをしっかりと決めれていました
    
    
ハミルトン 11得点、3スティールと良い活躍でした
      安定して二桁得点をとれているので、この調子でいってもらいたいです

フォーニエ 出場時間が短いのであまり印象に残らず

アーサー いつもよりはミドルの精度が悪かったですが、ディフェンスではしっかり貢献してくれました

モズコフ リバウンドをしっかりとっていましたが、ミスが目立つ場面もありました 

次の試合はホームでニックス戦です
メロ、マーティン、スミス、フェルトンなど元ナゲッツ戦士がたくさんいるので楽しみです  
  
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

最近かなり良い感じですね。個人的に期待してるフォーニエとランドルフのPTの短いのが悲しいけどナゲッツがいい試合してるので文句はありません(本当だよ)。フォイもようやく本来の3Pのタッチが出てる印象ですね。まぁもう少しアテンプト数(3P以外)増やしてもいいかな?と思います。インサイドのファリード・ヒクソンも良い感じですね。本音を言えばベンチスタートでも活躍してください。次の相手はNYですね。NYはTチャンドラーが離脱・JRが不振で苦戦していますね。更にノバック・コープランドが放出したので3Pはそんなに良くないですね。ナゲッツはインサイドをしっかり守って何時ものようにプレーすれば結果は付いてくると思います。

BDさんへ

ニックス戦後の返信になり申し訳ないです
ランドルフは正直いまいちですが、フォーニエに関してはPTをあげれば活躍できる選手だけに
もったいないですね。ただ上手くいっている以上変えることはできないですし・・・
フォイの3ptが安定しているのは大きいですね。
ファリード、ヒクソンはやはりスターターが生きるような選手なんですかね
マギーが戻ってきても、今の状態の2人をみればスターターはこの2人でいきそうです
プロフィール

マーティン

Author:マーティン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
人気ブログランキングへ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。