スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナゲッツが勝ちだした要因はなにか

昨季と同じ開幕3連敗スタートとなり、その後ホークス、ジャズに勝ったものの
内容は悪く、昨季の開幕不調と違い今後に希望が持てる展開ではなく厳しいシーズンに
なると個人的に覚悟していました。
しかしその予想は大きく外れ連敗はしましたが、ロケッツ、サンダー戦当たりから
可能性の持てるようなチームとなり、その後ブルズ、ダラス、ウルブスなど強豪に勝利して5連勝
さらにニックスに勝利して6連勝と急激に勝てるチームへと変貌しました

今のところ予想が見事に外れてくれてよかったです
予想を外しといてなんですが、開幕数試合のチーム状態から
なぜ勝てるチームになったのか、その要因を考えたいと思います

1 連携、欠場
  
 昨季のロスター                 
 PGローソン、Aミラー、            
 SGイギー、ブリュワー、フォーニエ、ハミルトン 
 SFガロ、チャンドラー、Qミラー        
 PFファリード、ランドルフ、           
 Cクーフォス、マギー、モズコフ          

 今季のロスター ガロは開幕から欠場中、チャンドラーは7試合目から出場
 PGローソン、Aミラー、ネイト
 SGフォイ、フォーニエ
 SFガロ、チャンドラー、ハミルトン、Qミラー
 PFファリード、アーサー、ランドルフ
 Cマギー、ヒクソン、モズコフ   

クーフォス、イギー、ブリュワーの移籍、ガロの怪我、チャンドラーは7試合目から出場
スターターが昨季から3人入れ替わり、昨季攻守で支えてきたSF陣が総出でいない
さらに加入選手のネイト、ヒクソン、アーサー、そして昨季ほとんど出場機会のなかった
モズコフ、ハミルトンが出場していて、当然連携が数試合でできるわけないし、
10年率いたカールHCから新HCのショウさんに変わったということで
開幕から数試合ぐらいで悲観的になっていたのは、今冷静になって考えれば間違っていました

開幕から数試合はほとんど何もしてない状態だったネイト、フォイ、ハミルトンなどが
自身の調子が上がったこともありますが、連携がよくなったこともあり、徐々に
オフェンスに絡めるようになり、それが結果として勝ちにつながりました

2 チャンドラーの復帰とマギーの欠場

チャンドラーが復帰したのは先ほども書きましたが7試合目のレイカーズ戦から
復帰以降の成績は8勝2敗、2敗もロケッツ、サンダー戦と先ほども書いた通り内容的には悪くなかった
もので、勝った試合は内容のある試合が多かったように思います
チャンドラー復帰の大きさは具体的にいうとあまり機能していなかったランドルフのSF起用がなくなったのと
スターターでの出来が悪かったハミルトンがベンチから出場になったこと
そしてSF、PF相手に良いディフェンスをしてくれるということです
このような理由でチャンドラーの復帰は大きな要因となったように感じます

 そしてもう一つの要因はマギーの欠場です
マギーは6試合目から欠場していて、その後の成績は9勝2敗
チャンドラーの復帰とほとんど被っているため、マギーの欠場は関係ないといえるかもしれませんが
試合をみているとその後のインサイド陣の活躍が素晴らしいので完全に関係ないとはいえません
単に連携があってきたというよりも、コンビの組み方が変わったことによりかなり改善されたように感じます
昨季までのハイパー速攻オフェンスなら開幕当初のファリード、マギー、ヒクソン、モズコフのコンビで
上手くいっていたのかもしれませんが、今季はある程度ハーフコートオフェンスをするので
インサイドをどんどん攻めるというやり方は得点能力が高いわけではないインサイド陣を考えると
厳しいです
そしてマギーが欠場してからのコンビはファリード、ヒクソン、アーサー、モズコフとなっています
ファリード、ヒクソンのコンビは機能していると、いえるものではありませんが、
開幕のときのコンビに比べるとましで、ファリード、ヒクソンは控えから出場しているときよりも
スターターのほうがパフォーマンスが上がっているように感じます
そしてファリード、ヒクソンのコンビになることによって、アーサー、モズコフのコンビという形が
出来上がり、アーサー、モズコフのコンビはアーサーがピック&ポップで待ち構え、
モズコフは3秒ぎりぎりになるぐらいまでペイント内で体を使いボールを受けようとする、
この形が上手く機能しています
ミドルをうててコートをひろげられるアーサーのようなタイプが必要となっている
というのが今のいい状態を作ってくれています
結果的にマギーが欠場したことでコンビの組み合わせが変わり上手くいきました
マギーが悪かったというのではなく、戦術とコンビの組み合わせがあっていなかったということ
だと思います


まだまだいくつか理由がありそうですが、
ナゲッツが好調になった要因はこんな感じです
間違いや、他の理由があれば教えていただければと思います

次はマギーが復帰した場合どうするのかを書きたいと思います














スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マーティン

Author:マーティン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
人気ブログランキングへ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。