スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

苦しみながら連敗ストップ DENvsPHI

ナゲッツ       シクサーズ
PGAミラー      PGローテン
SGフォイ      SGトンプソン
SFチャンドラー   SFターナー
PFファリード    PFヤング
Cヒクソン      Cホーズ

ローソンは欠場となりました

前半
ここ数試合の流れ通り1Q序盤にリードを奪われ、ペイント内でシクサーズに53得点中40得点を
与えるという展開でした
ペイント内で得点されていない時間帯がある程度良かっただけに、やはりペイント内のディフェンスは課題です
オフェンスはチャンドラーのシュートが入っていたのと、ファリードのオフェンスリバウンド
フリースローをもらって得点してはいましたが、連勝中のスムーズなオフェンスとは違い
常に苦しいオフェンスになっていました
シクサーズ4点リードで前半終了

後半
3Q立ち上がりにシクサーズに連続得点をゆるすと、ショウHCはすぐにファリード、ヒクソンからランドルフ
モズコフに交代しました
交代直後は対して変わらず10点リードされましたが、シクサーズのアンダーソンが2本フリースローを外してから
流れが変わり、ネイトが連続でシュートを決めて、モズコフのフリースローで1点差まで追い上げます
さらにその後ランドルフが、モズコフがペイント内でいいディフェンスをみせ攻守でリバウンドをとり、
オフェンスでフリースローをしっかり決めるなどで同点で3Q終了
4Qは中盤までディフェンスでペイント内からはあまり得点させず、
オフェンスではシュートが入りませんが、アーサー、ヒクソンのオフェンスリバウンドを得点につなげて
なんとか4点リードで終盤にいくと、Aミラーの良いパスをハミルトンが連続で3ptを決めて
さらにロング3ptも決めて、ハミルトンの3連続3ptが決まり、リードを10点にひろげて試合終了
ナゲッツ11点リードで勝利

DEN 25 24 28 26 103
PHI 27 26 24 15 92

オフェンス
FG42,2%、3pt31,8%と数字をみてもわかる通り、上手くいったオフェンスをしている場面は
最後のハミルトンの連続3ptぐらいでほとんどありませんでした。
苦戦しながらも100点台に乗せられたのは、オフェンスリバウンド20、フリースロー26-34で76,5%と
地味に得点をあげていったことです
シュートが決まっていないということではなく、パスが上手く回っていなくて
オフェンスは明らかに上手くいってないので今後も不安ですが、地味ではありますが今日のような形で
得点をとっていけて勝つことが出来たのは大きいです

ディフェンス
前半散々ペイント内から得点を与えていましたが、後半はそこまで得点されていた印象はなく
しっかり守れていた印象です
ランドルフ、モズコフである程度ペイント内のディフェンスを改善できて、その後もまずまずよかったです
スクリーンからドライブ、ポストオフェンスへの対応と今後もペイント内からの失点を減らすことが
一番の課題となりそうです

内容は悪かったですが、とりあえず連敗を止められたことは良かったと思います
次戦のウィザーズ戦はネネ、ゴータットとポストからパワーでペイント内で得点をとれて
ウォールのドライブも止める必要があるので、今日のようなペイント内でのディフェンスでは
ぼこぼこにやられる可能性があります。
ファリード、ヒクソンのコンビがどれだけペイント内でディフェンスできるかが重要になってきそうです


Aミラー 8得点、7アシストとまずまずの活躍だったと思います
    ハミルトンの連続3ptへつなげるアシストパスは素晴らしかったです

フォイ タフなシュートが多く、確率が悪くなってしまいました
    ローソンとの相性がよくなっていただけに、Aミラーと合わせるのにも苦労していたんだと思います

チャンドラー 前半は10得点とまずまずの活躍だったんですが、その後得点できず、 

ファリード リバウンドはとれていたんですが、ディフェンスでの動きがいまいちで出場時間が14分と
      短かったです。そろそろ躍動するファリードが見たいところです 

ヒクソン 12得点、10リバウンド(オフェンスリバウンド7)、4アシスト
     ディフェンスでの貢献はあまりありませんが、オフェンスではリバウンド、アシスト、得点と
     活躍していました

ネイト 3ptは1-6と決まっていませんでしたが、ミドルレンジ、フリースローで得点をして20得点と
    チーム最多得点でした。ディフェンスではサイズ不足で弱点になっていましたが、それでも
    オフェンスで20得点とってくれれば十分です
      
ハミルトン  前半、後半の途中までハミルトンにしてはシュート機会が少なかったので、
       らしくない感じでしたが、4Q終盤3連続3ptを決めて試合を決めてくれました
       

モズコフ 5ファアルで17分出場に終わりましたが、8得点7リバウンドと存在感はありました
     オフェンスリバウンドをとり、ディフェンスでは後半壁となっていました 

アーサー ミドルもまずまず決まっていたし、アシストもあり、オフェンスリバウンドもとっていて
     良い活躍だったと思います

ランドルフ オフェンスではフリースローで得点し、ディフェンスではペイント内で得点を防ぎ
      試合の流れを変えてくれたと思います
      SF起用で苦戦したランドルフですが、今日の試合をみるかぎり
      相手によって、あまりパワータイプでなければPF起用がいいのかもしれません

フォーニエ オフェンスではシュートが決まらず苦戦していましたが、ディフェンスでの貢献度はかなり
      高かったです。開幕前まではディフェンス面で苦戦することが予想されていましたが
      今シーズンはオフェンスより、ディフェンスが素晴らしいです
      あとはオフェンス面でいつも通りの得点力をみせればまた出場時間をもらえると思います
      
次の試合はアウェイでウィザーズ戦です

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ウホウホさんへ

リンク追加しました
よろしくお願いします
プロフィール

マーティン

Author:マーティン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
人気ブログランキングへ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。