スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絶望→希望→絶望 DENvsLAC

ナゲッツ      クリッパーズ
PGローソン     PGポール
SGフォイ      SGクロフォード
SFチャンドラー   SFダドリー
PFファリード    PFグリフィン
Cヒクソン      Cジョーダン

1Q ファリードが怪我をしてロッカーへ、ヒクソンが2ファアルでベンチへ、開始5分で
  スターターPF、Cがコートを去り、アーサー、モズコフが出場せざるを得ない状況に
  それまでよかったわけではなく、外からクロフォード、ペイント内ではジョーダンに
  暴れられていて、オフェンスでもチャンドラー以外はほとんど空気状態だったので
  少しでもリズムが変わる可能性があると思いましたが、その後もオフェンスはチャンドラー
  以外何もできず、ディフェンスではクリッパーズがシュートを外してくれたので得点こそ
  28失点ですみましたが、リバウンドをとれないフリーでシュートをうたれる場面が多かったです。
  クリッパーズ10点リードで1Q終了

2Q ファリードの怪我は歩いていたので試合中に戻ってこられるものだと思っていましたが
  左足首の怪我で試合中復帰はないということみたいです。
  序盤オフェンス自体は1Qに比べればよくなった印象ですが、シュートが決められず得点できず
  そのうちにターンオーバーを連発してしまい、リードをひろげられます。
  中盤以降も簡単な速攻を外して、フリーで3ptをうたせて決められ、ヒクソンがグリフィン、
  ジョーダンに連続でブロックをくらいと最悪の流れで15点リードとされます。
  さらにグリフィンにドリブルで遊ばれるわで会場はお祭りモード
  その後ローソンなどのフリースローでなんとか9点差で終わるかと思われましたが
  グリフィンにレイアップを決められ、さらに1,9秒でランドルフのパスミスから
  コリソンが投げたボールが入ってクリッパーズ13点リードで2Q終了


  FG29,2、3pt14,3ナゲッツであまり見たことないぐらい酷いスタッツの前半で
  それでも13点差と考えればいい感じなのかもと思うかもしれませんが内容はひどいものでした。
  グリフィンのショーを見ているあたりからあきれ返ってみていましたが
  何とかローソンなどの粘りで酷いながら一桁差なら後半でなんとかなるかもしれないと思いました。
  しかし最後のパスカットからコリソンのブザービーターで折角後半に希望を持てる展開で
  クリッパーズも嫌な流れで追われたのをすべて台無しにするものでした。
  もうひどすぎて最後は笑うしかなかった前半でした。 
  よかったのはチャンドラーとローソン、モズコフのコンビぐらいです。
  ヒクソンは連続ブロックをくらい心が折れたのか、その後全くだめでした。
  ファリードがいないので後半追い上げるにはヒクソンに何とかしてもらうしかないので
  モズコフもとんでもないダンクをグリフィンにくらっているしアドバイスでももらって
  後半は立て直してもらいたいです。

3Q ファリードが復帰できないためモズコフがスターターで出場
  最初のオフェンスでモズコフがバスケットカウントかと思われましたがチャージング
  明らかにグリフィンはマークのうちにいて、その後2人の審判が確認をとりますが、
  チャージングの判定は変わらず、ナゲッツ有利の判定もいくつもあるのでこれには
  とくに怒りはなかったですが、それよりもNBATVがクリッパーズホーム放送とはいえ
  今日はナゲッツ放送に切り替えられないので、リプレイぐらい放送してほしかった・・・
  ストレスのたまる試合なだけにいろんなところに目がいってしまいます。
  試合に戻ると、クリッパーズのシュートが決まらず、ローソンが3ptを決め、
  ヒクソンが連続でジャンプシュートを決めて6点差まで追い上げます。
  その後フォイにオープン3ptが2本、フリーでの3ptをうたずパスをしてターンオーバーと
  フォイの不調が追い上げを止めてしまい、クロフォード、ダドリーに3ptを決められ
  12点差となります。
  その後クロフォードに3ptを連続で決められ一気に19点差
  クリッパーズ19点リードで3Q終了
 
4Q 点差はありましたが、クリッパーズは主力を出場させていて
  ナゲッツはローソンは出ていましたがQミラー、フォーニエなど若手中心で出場しました 
  

DEN 18 25 17 31 91
LAC 28 28 23 23 112

オフェンス
全体的にシュート精度が悪く、パスも回っていませんでしたが、フォイのシュートが
決まらなかったのが一番痛かったです。
良かったのはフリースローが2試合連続で決まっていたこと
チャンドラーの復調、ローソン、モズコフのコンビは良かったです。

ディフェンス
昨季を見ているかのような3ptに対するディフェンスでほとんどがフリーでした。
まあグリフィン、ジョーダンを警戒しなくてはいけなくて、パスを裁くのがポールでは
止められないのはなんとなくわかりますが・・・


連戦でアウェイのクリッパーズ戦と考えれば負けるのは仕方ないと思ってはいましたが
クリッパーズのショータイム→折角追い上げてもナゲッツ自身から勝ちを譲るような展開
その後クリッパーズのショータイム2、だったので観ていてしんどい試合でした。
チームの状態自体が連勝中とは違いかなり落ち目になっているので3連敗はそこまで
悲観するものではないと思いますが、怪我での長期離脱だけは絶対に避けてもらいたいです。


ローソン アシスト、フリースローはいいんですが、FGの確率がかなり悪くなっています。
     どう改善したらいいのかわかりませんが、ローソンがこの状態だと厳しいです。

フォイ 0-7とほとんどがオープンな状態でも決められないという絶不調ぶりを
    古巣のクリッパーズ相手に発揮してしまい、追い上げ時にそれが3連発ででてしまい
    勝つわずかな可能性がなくなってしまいました。

チャンドラー 1on1からタフショットを決めてくれてチャンドラーのおかげでなんとか試合に
       なっている時間帯がありました。
       これを機に、スコアラーとして平均15点ぐらいとってもらいたいです

ファリード ロッカーに歩いて帰っていたので、おそらく大事をとってのことだと思います

ヒクソン 前半心を折られたかようなひどいできでしたが、後半は追い上げるきっかけにも
     なってやり返す場面が何度かあったのでよかったと思います。

Aミラー 0得点、2アシストとよくなかったです。

ネイト ネイトにしてはあまり存在感がなかったです。

ハミルトン 1-10とシュートが決まらずでした。

アーサー ここ最近あまり印象に残る活躍ができていません。
     ただ攻守で役に立てる選手なので貴重です。

モズコフ 簡単なシュートを外す場面はありましたが、それでもローソンとのコンビがよく
     リバウンドもしっかりとれていたので素晴らしい活躍だったと思います。

ランドルフ リバウンドはとれていますが、ターンオーバーが多くファアルも多かったです。

Qミラー 久しぶりの出場で、ミスもありましたが、1on1から得点、リバウンドをとって得点に
     つなげるなど良いプレーがいくつもありました。
     期待している選手の一人なのでもっと見たいです。

フォーニエ あまり印象に残りませんでした。

次の試合はホームでウォリアーズ戦です  
イギー帰還となる試合ですが、ナゲッツファンのリアクションはどうなるんでしょうか
プレーオフで負けたウォリアーズに移籍ということもあり、いろいろ悪いうわさが
立っていてブーイングとなる可能性が高そうです。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

うーん・・・PHX戦と違い淡々と負けた感じですね。シューターは波があるので入る・入らないゲームはあるんだろうけどフリーで外してるので何とも言えないですね・・・・(本人には打ちにくいリズムなのか?)Aランドルフは積極的にリングに向かって行っていい感じだったと思います(AジェイミソンのテイクチャージからTOなど勿体無いプレーもあったけど)。ローソンはチームオフェンスの組み立て含めてオフェンスパターンが少ないです。ピック&ロールしてもドライブで入ってレイアップかピックに来たビックマンにパスするパターンばかりです。例えばウェストブルックみたいにストップ&ジャンパーやピック&ロールからペリメーター付近でジャンパーや外に開いてる味方にキックアウトパスを出すなどパターンを増やして欲しいですね。後はフローターを使うとか・・・・
参考までにhttps://www.youtube.com/watch?v=z3Yxpyiy7BM ←余り載せない方がいいですか?
ルーク・リドナー フローターをYoutube 検索すれば見れると思います。

BDさんへ

フリーなのにシュートが入らないではやりようがないですね・・・
ローソンの事についてですが、BDさんの言われるとおり基本的にパターンが一緒ですね
ミドルの精度をあげて少しあけば決められるとか、今オフに磨いていたフローターを決めるとかが
ないと厳しいですね。
リドナーの動画少し拝見しました。
リドナーは速くドライブできるタイプではないですが、ミドル、フローターと安定していますね
ローソンのドライブ速度は相手にとって脅威だと思いますが、オールスターになれるかどうかは
ここからミドル、フローターシュートを覚えてオフェンスパターンを増やせるかにかかっている気がします。
プロフィール

マーティン

Author:マーティン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
人気ブログランキングへ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。