スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5連敗 DENvsNOP

ナゲッツ      ペリカンズ
PGローソン    PGホリデー
SGハミルトン   SGエバンス
SFチャンドラー  SFアミヌ
PFヒクソン    PFアンダーセン
Cモズコフ     Cデイビス


ファリードは今日も欠場で、アーサーも欠場となりました
ハミルトンがフォイにかわりスターター

前半
オフェンスリバウンドをとられて得点につなげられる、速攻を決められるなど
いつものように1Q30得点以上取られハーフタイムで58得点をゆるし、ディフェンスの改善は
ほとんど見られませんでした。
オフェンスは1Qチャンドラー、ヒクソンが2Qはローソンがほとんど1on1で攻める形となって
ある程度決めてくれていましたがチームとしてのオフェンスで良い場面がほとんどなく、
ベンチ陣の得点が全くない状態も重なり、酷いオフェンスとなっていました。
ペリカンズ13点リードで前半終了

ペリカンズのパフォーマンスがそこまで良くないにもかかわらず、
攻守でやりようがないそんな感じの前半でした。
ローソン頼みはなくなりましたがシュートが決まらないこともあって、
チームオフェンスがダメで、ディフェンスはいつものように機能せずと
開幕時期並みの最悪の状態になっています。

後半
3Q一時は6点差になるものの、ローソンの連続ターンオーバーから簡単に失点して
流れが止まり15点差で3Q終了、4QはQミラーの活躍で再び6点差に追い上げますが、
重要なところでデイビスに攻守で阻まれて試合終了
ペリカンズ16点リードで勝利

DEN 25 20 21 23 89
NOP 34 24 23 24 105

オフェンス
シュートを決められないとかローソンのターンオーバーが流れを止める原因となってしまったのは
確かですが、それよりも、Aミラー、ネイト、フォイといった選手たちの存在感が全くなかったことが
オフェンス停滞の一番の原因だと感じます。
悪いことはいろいろありましたがこれが一番悪かったです。
3人が何もしていないとなると怪我人が多い中で他のメンバーで補うことは難しいです。
良かったことは一つはシュートタッチが悪い中で今日もフリースローの確率は高かったです。
あと一番の収穫はQミラーが活躍してくれたことです。
個人的にハミルトン、フォーニエとともに今季の活躍を期待している選手なだけに
今日の活躍はうれしかったです。

ディフェンス
ペイント内ではオフェンスリバウンドをとられて得点につなげられ、
アウトサイドへのチェックもあまい、戻りが遅く速攻もくらう
オフェンスで改善できなければディフェンスでなんとかしなければいけませんが
オフェンスよりディフェンスの方が改善が難しいぐらい全てにおいて対応が悪いです。


これで5連敗となりました。
今の最悪の状況は怪我人が多くいるからなのか、チーム状態がどん底にあるからなのか
上記の2つの理由なら、時を待てば解決してくる問題かもしれませんが
激戦のウエストで時を待っていては一気にプレーオフが厳しくなります。
できるだけ早めに何かしらで今の状況を打開しないといけません。
そこで今日活躍をみせたQミラーが個人的には何かを変えるきっかけになってくれればと
思います。ほとんどプレータイムをもらえておらず活躍するにもできない状況になっていた
Qミラーですが、1チャンスを見事ものにして活躍をしてくれました。
個人的にQミラーが見たいというのが本音ですが、今の状況を変えるには
活躍した選手を起用するしかないです。
今後Qミラーを起用してほしいのと、ある程度結果が出なくても我慢して起用してもらいたい。


ローソン 得点、アシストはよかったんですが、安易なターンオーバーが多く、
     3Q追い上げのときのローソンの連続ターンオーバーが流れを止めてしまいました。

ハミルトン 当たりだしたら止まらないというハミルトンなので今日ぐらいのシュートタッチは
      悪くないものだと思います。
      6THマンなら波があってもいいですが、今後スターター起用が多くなりそうなので
      できれば安定感をつけてほしいです。

チャンドラー シュートタッチ、セレクションはよくないですが、前の試合同様
       タフショットを撃たざるをえない状況なのである程度仕方ないです。
       オフェンスのパターンがシュートだけでなくドライブも出てきているので
       チャンドラー自身良い傾向に向かっていると思います。

ヒクソン オフェンスは1on1から捻じ込む感じで悪くはなかったです。
     ディフェンスでもアンダーソンがシューターなので対応がまずまずよかったと思います
     パワータイプのプレイヤーでのピック&ロールへの対応やポストディフェンスが
     これからの課題かなと感じました。

モズコフ リバウンドをしっかりとれていたのでよかったですが、ゴール下でシュートを外す
     場面が何度かありました。

Aミラー、ネイト、フォイ 3人とも印象がほとんどなかったです。
 
ランドルフ 良いときもあれば、悪い時もありました。

Qミラー 速攻でのフィニッシャー、華麗なフェイダウェイ、スポットアップ3pt
     試合を面白くしてくれる大貢献をしてくれて、Qミラーに期待しているだけに
     嬉しかったです。
     ショウHCも期待しているということを開幕前から発言しているので
     今日の活躍でベンチから起用する可能性が高まったと思います。

次の試合はアウェイでグリズリーズ戦です
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マーティン

Author:マーティン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
人気ブログランキングへ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。