スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4連勝 DENvsOKC

ナゲッツ     サンダー
PGローソン   PGジャクソン
SGフォイ    SGセフォローシャ
SFQミラー    SFデュラント 
PFファリード  PFイバカ
Cヒクソン    Cパーキンス

Aミラーは今日もベンチにおらず、チャンドラーは怪我で欠場

1Q 序盤最近好調のフォイが今日も好調で3ptを2本決めるなどでリードしますが、その後は
  デュラントを止められず結局1Qだけで16得点もゆるしました。ただオフェンスは中盤以降も
  フォーニエ、モズコフなどベンチ陣も良かったのでナゲッツ1点リードで1Q終了。
  デュラントに16得点は許しましたが、他の選手に得点をほとんど与えていないので、良いディフェンス
  だったといえるかもしれません。ただ抜かれた後のヘルプにもう少しいってもらいたいです。
  デュラントをQミラー、アーサーに1on1で止めろというのは酷すぎるので・・・

2Q 立ち上がり両チームシュートが決まらないなか、ローソンのスティールからフォーニエがレイアップで
  エンドワンを決め、その後フォーニエの3ptが決まるなどで立ち上がりはナゲッツペースとなり
  8点リードしますがその後Qミラーが上手く試合に入れておらずオフェンスでためらってしまう場面があり
  そしてデュラントがやはり止められず3ptファアル、エンドワンと決められ3点差にされます。
  中盤サンダーのターンオーバーからネイトの得点などでリードを9点にひろげますが、今度はナゲッツに
  ターンオーバーが出て再び3点差とされます。
  終盤残り2分までは両チーム得点を取り合う展開でいきますが、その後ナゲッツがローソンの得点などで
  リードをひろげました。
  ナゲッツ9点リードで2Q終了

  
  前半だけで60得点、チームアシストが14とここ数試合と同じくボールがよく回っていて
  シュートも決めれています。この調子でいってもらいたいです。
  ディフェンスはデュラント以外は抑えましたが、それでもサンダーが3pt1本も決まっていないのに
  51得点をゆるしているのは心配です。
  好調なオフェンスが後半も続くとは思えないので、後半はディフェンスで凌げるかどうかと
  Qミラーはもう少し自信をもってプレーしてほしいです。

3Q 立ち上がり両チームシュートが決まらず得点できずに1分30秒が立ち、ローソンがタフな3ptを
  決めて先にナゲッツが得点すると、その後もサンダーのシュートが全く決まらず、ナゲッツは
  Qミラーの得点などでリードを17点にひろげます。
  中盤サンダーがジャクソンの3ptが決まりようやく今日初の3ptを決め、その後デュラントも3ptを
  決めるなどで11点差に追い上げられますが、フォイがタフな3ptを決め、フォーニエも3ptを決めて
  またリードをひろげて20点リードとします。
  終盤もローソン、フォーニエと得点して、サンダーは3ptを狙ってきましたがほとんど外れて
  ナゲッツ23点リードで3Q終了

4Q サンダーはデュラント、イバカなどスターターは出場せずでしたが、
  ナゲッツはローソンなどスターターを出場させていました。
  確実に勝ちに行くというのはいいかもしれませんが、だらだらしていて内容が良くなく
  残り3分を切って交代させましたが結果12点しかとれていないので、
  それならハミルトン、ランドルフなどにプレーさせた方がよかったかもしれません。
 ナゲッツ13点リードで勝利
  
DEN 27 33 29 12 101
OKC 26 25 15 22 88

オフェンス
FG41.1% 3pt45.2%
ここ数試合好調のフォイが3pt6-9とうてば決まる状態に入っていて
ローソンもタフな3pt2本、フォーニエは流れのなかからしっかり決めて4-7と良かったです。
ネイトが0-6と不調でしたがあとは決まっていました。
FG%は最終的に低くなりましたが3Qまでは集中していてしっかり決めていたのでよかったです。
ここ数試合で何度も書いていますが、外からのシュートが決まるのでパスがスムーズに回っています。
フォイの復調も大きいですが、フォーニエがスクリーンを使って3ptをクイックでうてるのがかなり
大きい要因だと感じます。

ディフェンス
サンダーのシュートが外れまくっていたので正直参考になりませんが
ローテーションもある程度良かったし外させてた部分もあったと思います。


ウエストブルックがいないサンダー相手とはいえ、こちらもチャンドラー、ガロとデュラントと
マッチアップするはずのカギになる2人がいない状態だったので、サンダーオフェンスの不調は
ありましたが、4Qのだらだら感を除けば良いプレーが出来ていたと思います。
4Qのところでも書きましたが今日もローソンが40分出場、さらに怪我で出場が危ぶまれたネイトも
4Qほとんどの時間で出場していたのは気になります。Aミラーをトレードで放出するならこの2人の
怪我はかなりの痛手になるはずなので、今日のような勝負が実質決まった試合では出場を制限して
もらいたいです。
これで4連勝となり貯金1となりましたが、ウエストではまだまだ勝たないとプレーオフにすら
届かないのでこの調子を継続してもらいたいです。

チーム状態は上がっていますがAミラーの残留はほぼ不可能に近いものとなっているようです。
安売りはしてもらいたくないと前回書きましたが、Aミラーを干しているナゲッツは足元をみられることは
確実で、Aミラーのことを考えてもある程度の条件で速めにトレードしてあげるほうがいいのかもしれません。

ローソン 16得点、14アシスト、7リバウンド、3スティール
     攻守に活躍していましたが、今日も40分出場とローソンの希望かもしれませんが
     怪我のリスクもあるのでもう少し制限してもらいたいです。

フォイ 24得点、4リバウンド
    3ptが6-9とうてば入る状態で、ドリブルにもきれがあって何度か1on1で抜けていました。
    
Qミラー 9得点
     前半は消極的なプレーが目立ちターンオーバーをするなどでしたが
     後半はチームの流れが良くなったこともあって何度か良いプレーがでていました。
     
ファリード 9得点、14リバウンド
      何度かディフェンスで悪い部分はありましたが、今日の出来はファリードにしては
      良かった方だと思います。
      4Qダブルダブルを狙っていたのか無理やりなシュートが多かったのはダメでした。

ヒクソン 4得点、12リバウンド
     FG1-9と確率はひどいですが、リバウンドで頑張っていたこともあってかそこまで
     悪いようには感じませんでした。
     
ネイト 6得点、2アシスト
    FG3-13と決まりませんでしたが、消極的でシュートをうたない時のネイトは
    ディフェンスで弱点になるだけなので、積極的にうってくれた方が外れていても
    まだいいと思います。

フォーニエ 19得点、4リバウンド
      クイックリリースで3ptをうって決めているのことがナゲッツの大きな武器になりつつあります。 
      昨季まではnbaの距離に慣れてなかったのかエアーボールになる場面が多々あり
      ドライブ中心にいったほうがいいと感じていましたが、今季はかなり3ptが改善
      されています。

アーサー 4得点、4リバウンド
     FG2-8とアーサーにしては安定感がなかったです。

モズコフ 7得点、4リバウンド、2ブロック
     リバウンドは少なかったですが、オフェンスで安定して得点できています。

次の試合はホームでマジック戦です。
      



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マーティン

Author:マーティン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
人気ブログランキングへ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。