スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7人が二桁得点で5連勝 DENvsORL

ナゲッツ     マジック
PGローソン   PGネルソン
SGフォイ    SGオラディポ
SFQミラー    SFハークレス
PFファリード  PFハリス
Cヒクソン    Cデイビス

チャンドラーは今日も欠場、
アフラロが昨日痛めたみたいで欠場

NFLも同時にみていたので試合内容は簡単にします

1Q 中盤まではオフェンスでフォイが3ptを決めるなど好調でしたが、ディフェンスでデイビスに
  ジャンプシュートを決められ接戦で進みましたが、中盤以降はマジックのシュートが決まらなくなり
  ナゲッツはローソン、フォーニエの3ptなどでリードをひろげました。
  ナゲッツ9点リードで1Q終了

2Q 立ち上がりネイト、ローソンの3ptで15点リードとすると、その後デイビスにジャンプシュートを
  決められる場面は何度かありましたが、ナゲッツのオフェンスが止まらずファリード、モズコフ
  Qミラーなどが得点していき22点リードで2Q終了

3Q 序盤にまたもやデイビスにジャンプシュートを決められまくり16点差とされますが、
  その後フォイ、ローソンの3ptなどで再び20点近くまでリードをひろげました。
  終盤Qミラーが初のダブルダブル達成
  ナゲッツ26点リードで3Q終了 

4Q ガベージタイムでサンダー戦ではぐだぐだなオフェンスを披露した4Qですが今回はスターターを下げて
  ハミルトンなどを起用した効果なのかフォーニエ、Qミラー、モズコフと生き生きとプレーしていて
  オフェンスは止まらず、ガベージタイムながら充実した4Qでした。
  アーサーが足を痛めたみたいでロッカーに下がっていました。
  ナゲッツ26点リードで勝利

DEN 34 35 23 28 120  
ORL 25 22 19 28 94

オフェンス
普段ならほとんどありえないファリード、Qミラーの1on1を積極的にしていました。
ファリードはハリスがマッチアップだったのでパワーで押し切ってレイアップを決めれていて
Qミラーの1on1はぎこちない感じはありましたが、腕の長さを生かしてファアルをもらうなどで
まずまずだったと思います。1Qからファリード、Qミラーのオフェンスを使っていたのには驚きましたが
試すという意味では点差が離れてからよりも、ある程度緊張状態の時にやれていたのでよかったと思います。
ファリード、Qミラーの1on1を試すことができたのはチームオフェンスが上手くいっているからこそ
出来ることです。
今日も速い展開からの3ptが良く決まり、流れるようなオフェンスが出来ていました。
データではどうなっているのかわかりませんが、連敗後速い展開を積極的に使うようになっている気がします。
昨季と違うのはペイント内ばかりをゴリゴリと攻めるのではなくて、速攻からの3ptを結構使っています。
フォイ、フォーニエがそれを決めれているのでこれが決まっています。
ハーフコートではいまだに基本的にヒクソンのピック&ロールというぐらいしか攻め筋がないように
みえるのは不安ですが、ナゲッツらしい速い展開からリズムを掴みだしているのは悪いことではないと思います。
あとファリードのオフェンス以外は点差が離れているからといって雑になることがあまり無かったことは
良かったです。

ディフェンス
スクリーンに対してとにかくボールマンにプレッシャーをかけるハードヘッジをしていました。
成果としてはデイビスにジャンプシュートを決められたり、3ptがワイドオープンになることが
ありましたが一方でローテーションが上手くいっている場面もあったので可もなく不可もなくという感じでした。
アフラロ、ヴーセビッチがいればどうなったかはわかりませんが・・・
このやり方はファリード、ヒクソンの機動力を生かせるので今後もやっていく可能性はありそうです。
2人ともディフェンスがよくないだけに何かで感覚を掴んでもらいたいです。
あと全体的にトランジションディフェンスは戻りがはやくブロックできていました。


これで5連勝となり、内容も素晴らしいのでいい流れなはずなんですが、
4Qアーサーが怪我でロッカーに下がったのは心配です。
ガロ、チャンドラー、マギー、ランドルフが怪我でいない状態で、Aミラーもいない
さらにここでアーサーまで抜けるのはいくらなんでもきついです。
Qミラー、フォーニエ、ハミルトンなど個人的に期待している選手達を見れる機会が増えるのは
悪いことではないんですが、さすがに一人でクリエイトする力はまだないと思うので
アーサー、チャンドラーには速く復帰してもらいたいです。

ローソン 16得点、8アシスト
     完全フリーでしたが3pt4-5で確率よく決めていました。
     それ以外はあまり目立ちませんでしたが、出場時間30分に抑えられたのはよかったです。

フォイ 18得点、4リバウンド、4アシスト
    3pt3-8と前半好調だったんですが、後半は外していました。
    ただ自信を持ってうてているのでこの調子でいってもらいたいです。

Qミラー 16得点、11リバウンド
     3ptは0-6と決まりませんでしたが、それでも16得点は素晴らしいです。
     リバウンドでもファリード、ヒクソンがいるのに11リバウンドもとっています。
     チャンドラーの怪我でスタメン出場して、見事にそれを生かしてダブルダブル達成は
     Qミラー自身も嬉しそうでしたが個人的にも嬉しかったです。
     ショウHCがいっていたようにポールジョージみたいな選手になって欲しいですね

ファリード 17得点、9リバウンド、4アシスト
      強烈なダンク、ブロックとファリードらしさ全開で良かったと思います。
      オフェンスで雑な場面もありましたがそのアグレッシブさもファリードらしかったです。
      出来ればポストプレイを覚えるよりもミドルレンジを覚えて欲しいです

ヒクソン 13得点、10リバウンド
     ミドルを外していたことぐらいしか印象に残りませんでしたがダブルダブルでした。

ネイト 5得点、6アシスト
    今日はシュート数が少なかったですが、アシスト6なので悪くないと思います。
    そろそろネイトが爆発するころだと思うので期待です。

フォーニエ 18得点、5リバウンド 
      3pt3-3でスクリーンを使ってミドルシュートを決め、ドライブしてエンドワンをとり
      すべてにおいて素晴らしいオフェンスをしていました。
      
アーサー 0得点
     ミドルレンジが決まらず不調でした。
     歩いていたのでそこまでの怪我でないと重いますが心配です

モズコフ 14得点、9リバウンド
     弾道の低い強烈なダンクをまたもみせてくれました。
     フリースローも6-6で上出来です。

次の試合はアウェイでジャズ戦です。
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マーティン

Author:マーティン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
人気ブログランキングへ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。