スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハイスコアリングゲームに勝って連勝 DENvsSAC

ナゲッツ      キングス
PGローソン    PGトーマス
SGフォイ     SGソーントン
SFチャンドラー  SFウィリアムス
PFファリード   PFトンソン
Cヒクソン     Cグレイ

今日は簡単にします。
前半
両チーム得点の取り合いとなった前半でした。
ナゲッツのオフェンスはキングスのターンオーバー、ペイント内でのディフェンスなどに
助けられて簡単に得点できることが多く、フリースロー、3ptもまずまず決まって65点と悪くない出来でした。
ただディフェンスでカズンス、ルディがいない相手に59点はとられすぎでした。
キングスのシュートがミドルレンジを中心に決まっていたこともありますが、ペイント内でも散々やられていました。
FGはキングスが59.5%でしたがターンオーバーの違いでナゲッツが6点リードで前半終了


キングスのターンオーバーで助かりましたが、ディフェンスはほとんど機能していないに近いぐらい
無条件で2点を決められていた感じです。スクリーンへの対応を考えないと後半も同じくらいやられそうです。

後半
後半も前半と変わらず両チーム得点の取り合いとなり、キングスがリードを縮めると
ナゲッツが引き離すというのが3Qで、4Qも序盤はキングスが4点差にするなどがありましたが
その後ナゲッツがネイトなどの得点でリードをひろげるとそのまま試合終了となりました。
ナゲッツ8点リードで勝利

DEN 30 35 30 30 125
SAC 31 28 34 24 117

オフェンス
FG51.9% 3pt40.0% FT31-40で77.5%
数字が高くても内容が伴わないオフェンスというのが何度もありましたが
今回は数字通りまずまずのオフェンスだったと思います。
フォーニエ9得点、Qミラー8得点とベンチ陣でネイト、モズコフだけでなく
得点できたことはすごくよかったです。

ディフェンス
キングスのペリメーターでのシュート確率が良かったというのか、ナゲッツのディフェンスが
悪かったのか、個人的にはナゲッツのディフェンスは悪くはなかったですが
決められたという感じです。
ネイト、フォイとサイズがないのでタフについていても上からうたれて決められていた印象です。
スクリーンに対しての反応も前半から後半少しよくなりましたが、その時はもうキングスの
選手達のシュートタッチがよかったので止めようがなくなっていた感があります。
ポストディフェンスに対するプレッシャーのかけ方はよくてスティールをできていましたが
キングスのミスも多くあったのでターンオーバーに助けられなければもっと得点を
とられてもおかしくない試合でした。


カズンズ、ルディとキングスの2枚看板がいない状況なのに厳しい戦いとなってしまいましたが
連戦、アウェイということを考えればとりあえず勝てて良かったと思います。
これで個人的に注目していた6戦が終わり、結果は3勝3敗の五分でした。
勝ち越し負け越しなら言いようがあったんですが、これでは何とも言えないです・・・
相手を考えれば3勝3敗ならましな方だとは思います。


ローソン 27得点、6アシスト
     アシスト数はいつもに比べれば少ないですが、その分得点が27得点と素晴らしかったです。
     ドライブがよく決まっていてファアルももらえてフリースローを決めていました。

フォイ 12得点
    FG4-13、3pt2-9と確率は悪かったですが、乱発というよりもシュートタッチが悪かった感じです。
    少しづつ不調気味になっているのは心配です。

チャンドラー 20得点、5アシスト、4リバウンド
       迷いなく3ptを狙いまずまずの確率で決めて、ドライブもそこそこ決まっていました。
       
ファリード 15得点、11リバウンド、4アシスト
      リバウンドに良く絡み、得点に繋げていました。
      ディフェンスは良いとはいえないですが、ここ数試合のファリードは悪くないと思います。

ヒクソン 8得点、10リバウンド
     ピック&ロールからあまり得点できず、フリースローも外していてハックもされました。
     元々フリースローは上手くないと思いますが、ナゲッツに来てさらに悪くなっているような・・・

ネイト 12得点、8アシスト
    確率自体はそこまででしたが、得点をとるだけでなく、8アシストがあるので問題ないです。

フォーニエ 9得点、
      久しぶりにフォーニエらしい3ptを決める場面がありしっかり決めていました。
      警戒されているのか3ptの形が減ってきているのでそろそろ違う戦術が必要かもしれません。

Qミラー 8得点、3リバウンド
    3pt2本、ダンクとオフェンスでの印象もなかなかでしたが、ディフェンスも良かったです。
    スピードがあり、長い腕を生かしてのディフェンスは結構効果的だと思います。

モズコフ 14得点、2リバウンド、2ブロック
     今日はリバウンドが少なかったですが、安定の二桁得点でした。
     モズコフの二桁得点は当たり前のようになってきているぐらい安定して得点しています。
     ディフェンスも壁となって立ちはだかり、スピードもそこまで遅くないので悪くないです。

次の試合はホームでボブキャッツ戦です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

上位GSW・POR込みで取り敢えず3勝3敗なので悪くないですね・・・まぁ欲を言えばCLE・POR戦はあと少しで勝てた試合だから勝ちたかったですね。ここ2試合のPTは良い感じですね。個人的には終盤のFT対策にAランドルフ起用しても良いと思います。モズコフ・フォーニエは期待以上に活躍してくれてますね。フォイに関してはローソン・ネイトがバックコートの時に3番でプレイする時間もあるので何とも言えないですね。PHX戦・POR戦良かったAランドルフのPTが無いのは残念ですけどここ2試合は悪くないローテーションだったと思いますね。現時点で今月は8勝5敗なので残り2戦勝って10勝にしたいですね。

BDさんへ

現状のメンバーで3勝3敗は十分だと思いますが、プレイオフにいくなら勝ち越してほしかったです。
モズコフ、フォーニエの活躍は嬉しいですね。
ランドルフは悪くはない出来なので、出場してもおかしくないんですが、Qミラーの成長を
考えてQミラーを中心に起用している感じだと思います。
個人的にQミラーに期待している面があるのでとくに不満はないです^^

プロフィール

マーティン

Author:マーティン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
人気ブログランキングへ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。