スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネイトも長期離脱の可能性

先日の試合で怪我をしたネイトの怪我は左膝の前十字靭帯損傷(捻挫)
また再検査で精密なところまで調べてリハビリ、復帰時期を決めるらしいです。
早期復帰の可能性は少しありますが、おそらく長期離脱となりそうです。
ベストでも3~8週間かかるのではないかという情報もあり、とにかくすぐに復帰できる
可能性は低いみたいです。

これ以上のけが人は勘弁してほしいと思っていたところでネイトが負傷・・・
ハイレベルなプレイオフ争いが予想されるウエストでナゲッツはすでに当落線上にいる段階なのにも
かかわらず、また負傷者がでての長期離脱、ウエストの各チーム主力が1人抜けることはあっても
プレイオフ圏内、プレイオフを狙うチームで開幕から今までの長期に渡って怪我人が相次いでいるのは
ナゲッツぐらいです。さらにAミラーのごたごたも含めると最悪のシーズンです。
ただそれでもなんとかプレイオフ圏外にならず5割で持ちこたえてきているので
まだプレイオフをあきらめるわけにはいきません。

プレイオフを諦めることは嫌ですがネイトの負傷はガロ、マギーの長期離脱よりも痛手になるかもしれません。
なぜならAミラーを干しているナゲッツなので、PGがローソンしかいなくなるからです。
先日のボブキャッツ戦ではフォイ、フォーニエがPGとして出来ていたのでそこに頼ることになるのか
それともAミラーと和解して復帰させるのか、トレードでPGを獲得するのか主にこの3つが想定されます。
どれを選んでもネイト以上の結果を求めるのは難しそうです。
個人的にはフォーニエにPGをやらしてほしいんですけど・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ローソン、ネイト、ミラーと三人も能力の高いPGがいたので、フォイやフォーニエにPGを試す機会はないと思っていたので、そういう機会が出来たことは個人的には良かったかなと思っています。その理由が怪我というのは残念ですけど。単純にディフェンスは良くなるとおもいますね。SGとして見ればフォイはサイズ不足、フォーニエは身体能力の高い相手には手を焼いてるように感じますが、PGならこの点は大分良くなると思います。オフェンスはローソン、ネイトと得点能力の高い二人の変わりなので大変だと思いますが、決して得点能力が低い訳ではないので、それほど不安ではありません。逆に今度はミスマッチでナゲッツ側が有利になる場面が増えると思うので、なんとかなるかな。問題はボール運びとゲームメイクかなと思っています。ボール運びはこれから見ていかなければ、わかりませんが、ゲームメイクは、ボブキャッツ戦を見る限りそれほど悪くは感じなかったです。ただ相手も強豪チームではないし、1試合だけなので、不安は残ります。しかし、慣れないポジション、怪我明けの選手、普段試合に出てない選手、若手、とチームケミストリーが決して良くない状況だと思うので、のびしろも十分あると思います。現状ナゲッツは、今のメンバーで優勝を目指す訳ではないと思うので、残す選手、出す選手を正しく決めるためにも、いろんな形を試すのは良いことだと思います。それが意図したことではなく、怪我なのが本当に残念ですが。

No title

フォーニエPGですか・・・ボブキャッツ戦は上手く回してた感はありますね。上手くいけばハインリック(大学時代はSG)みたいになれるかもしれないですね。レディックやベリネリも意外と上手く組み立てるだけど。ただフォイ・フォーニエはローソン・ネイト程ピックからドライブするタイプじゃないみたいなのでファリードが心配ですね。他のビックマンはピックからジャンパー狙えるので良いんですけど・・・ファリードはローソンがギリギリまで引きつけたパスをリングにねじ込むオフェンスが主体なのでミドルが成長しないと厳しいかもしれないですね。まぁフォイは意外とパスを捌くパターンが多いし視野も悪くない感じたけど・・・・

くまもんさんへ

ローソン、ネイトのディフェンス自体はそこまで悪くなかったんですが
サイズ不足で決められるというのは何度かあったのでそこは解消されるかもしれません。
ただしオフェンスの組み立ては明らかに出来なくなり結果的に得点がとりずらくなると思います。
ファリード、ヒクソンはクリエイトしてくれないと得点がとれないのでローソン、ネイトの存在は
大きいですし、フォイ、フォーニエも生かされての得点のほうがとりやすいはずなのでそこにも
弊害がでてくると思います。
くまもんさんの言われる通りフォーニエ、Qミラー、ハミルトンなど様々な選手が見れることは
いいことですがそれが怪我でというのが残念ですね・・・

BDさんへ

将来を見据えてという意味でもフォーニエのPGはなんとなくありだと思いました。
BDさんの言われる、ローソンがひきつけるからファリードが得点できるというのは
まさにその通りだと思います。ファリードはサイズがないのである程度のひきつけでは
ブロックにこられるし、レイアップも上手い方ではないので多少のチェックでも外してしまう
ことが多いです。ミドルの成長、もしくはゴール下で上手く得点する方法を見つけるしかないですね
プロフィール

マーティン

Author:マーティン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
人気ブログランキングへ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。