スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現状最も弱いチームかもしれない・・・ DENvsMIN

ナゲッツ      ウルブス
PGフォイ     PGルビオ
SGチャンドラー  SGバディンガー
SFアーサー    SFブリュワー
PFファリード   PFラブ
Cヒクソン     Cトゥリアフ


アーサーをSFとして起用して、ビックラインナップで臨みました。

1Q 序盤からオフェンスは全くボールが回らず、TOの連続、ディフェンスはボール回しについていけず
  内外両方とも完全フリーになり決められるといった、ビックラインナップの弊害が見事に続出して
  14点リードをされて、序盤の段階でファリードをかえて、ハミルトンを出場させます。
  ハミルトンもボールハンドリングに長けた選手ではないので、とくにかわらずオフェンスはTOを
  繰り返しシュートも決まらずでした。ウルブスのシュートが落ちていたので12点差と、それほど
  ひろげられませんでしたが、展開的には20点差でもおかしくなかったです。
  ウルブス12点リードで終了
  1Q終わってTOが8と記録を狙っているのかというぐらい散々なできでした。
  PGとらないとどうにもならないのは明白なのに・・・

2Q TOこそなくなりましたが、得点をとれるわけではなくハミルトンの1on1がほとんどで
  それ以外は速攻での得点ぐらいでした。ディフェンスはウルブスに良いようにやられて
  いました。
  ウルブス20点リードで2Q終了

  
  得点源が見当たらないし、それをアシストする役もいない、2つともローソンがこれまでやってきた
  ことなので、ローソンがいない今、TOが増えたり、シュートがクリエイトできないのは
  仕方ないことなのかもしれません。それぐらいローソンの担っていたことが大きかったので・・・
  ローソンがいなくても、ネイト、Aミラーがいれば違うんでしょうがいない、
  得点源でガロがいればと思いますがいない。
  ナゲッツの調子が悪いとか、ウルブスの調子が良いとかそういうことではなく普通に実力差が
  出ているという感じなので、この試合を勝ちに行くのは今の状況を見ていると不可能です。
  3QからQミラーなども出して若手に時間を与えてもらいたいです。


  書きながら見るのを基本的にしていましたが、何もなかったので後半としてまとめます。
後半
安易なターンオーバーからブリュワーのダンクを何度もみせられ、ラブの3ptも連続で決まりと
やられたい放題でした。期待していたフォーニエ、Qミラー、ハミルトンの活躍もほぼなし
ほとんど30点差で推移していたので、緊張感なく終了
ウルブス27点リードで勝利


DEN 19 22 23 26 90
MIN 31 30 28 28 117


バックス、レイカーズ、シクサーズ、ジャズなど低迷しているチームはいますが、
おそらく現状のナゲッツにならホーム、アウェイに関係なく勝てると思います。
それぐらいローソンが抜けてからの試合が酷すぎます。
ニックス戦は27点差負け、ピストンズ戦17点差負け、ペイサーズ戦39点差負け、ウルブス戦27点差負け
4連続ブローアウト負けです。強豪相手ならわかりますが、ニックスはチーム状態が良くない、
ピストンズもHC解任前、ウルブスはマーティン、ペコビッチがいないにもかかわらず完敗です。
原因はローソン、ネイト、AミラーのPG陣がいないことでボール運び、アシストなどが出来ず、
TO連発で負けるこのパターンが毎度のように起こっていることです。
代役PGとしてフォイ、フォーニエは必死にやっていますが、PGとしての能力が低いのと
SGとしての長所が出せないことで、チーム自体が低調なパフォーマンスに終わっていて
他もアーサー、モズコフの不調などもありますが、とにかくPGがいないことがすべての原因です。
ショウHC、コネリーGMがPG獲得に動かないのはトレードなどのことを考えているからのか
若手が成長するのを期待しているのかなのかわかりませんが、原因がPGなのは明白なのに
PG獲得に動かずに、負けるのはいいとしてもこんな試合を毎度のようにやられては
ファンとしてはストレスがたまるだけです。
オールスターブレイクをはさみますが、ここで何もしないまま気持ちのリフレッシュだけしても
現状のチームではおそらく同じことが起こると思います。調子とかそういうことが原因にはみえないので
起用法をかえてあげればフォイ、フォーニエも生きるし、他の選手もいきてくるはずなので、
負けてもこんなひどい内容にはならないと思います。
同時にトレードデッドラインまでもうすぐなので、ここで何かしらの動きをみせてほしいです。

ガロ、マギー、ネイトなど今季全休になったのは運が悪かったといえるかもしれませんが
PG獲得はずっといわれてきたことなのに何もせず、それでローソンが怪我、酷い内容の4連敗
これは偶然に起こっていることではなく、必然的に起こってしまったことだと思います。
プレイオフは絶望的になった今、ショウHC、コネリーGMがどう動いてくるのか注目です。

オールスターブレイクに入り、試合も当分ないし、ナゲッツの選手がオールスター関連にでないので
ナゲッツの今後についてでも書きたいと思います。

ファリード 6得点、2リバウンド
      今日も低調なパフォーマンスで、噂されているトレードがさらに増しそうですが
      個人的には対等なトレードなどでは絶対に出してもらいたくないです。
      今季はこれまで苦戦していますが、ファリードの存在は個人的にもナゲッツにとっても
      大きな存在なので安易なトレードだけはやめてもらいたいです。
      来季に向けて育てる方針でいけばいいと思います。

ハミルトン 16得点、7アシスト、6リバウンド
      前回も書きましたが、ドライブまではいいんですが、そこで決めきる力が欲しいです。      


フォーニエ 13得点、5リバウンド、3TO
      PGとしての動きはよくないですが、スクリーンを使ってフリーになったり
      シュートを決めれるので、SGとして頑張ってもらいたいです。

次の試合はホームでサンズ戦です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

厳しいですね。ナッシュ・ブレイク・ファーマーが抜けてミークスがPGしてたLALと似た感じですね。そのLALもブレイク・ナッシュ復帰以降は2勝3敗と少し良くなってきてますしね。現状はかなり厳しいですね。PGは仕事は得点・アシストだけじゃないですからね。組み立てやチームオフェンスのペース配分などの仕事がありますしね(寧ろこちらの方が重要な仕事かもしれない)。取り敢えずPGは必要です。若手を育成するにしても良いPGが居ないと個人技は良いけど・・・・て選手にしかなれない可能性があると思います。弱いチームのエースだった選手が移籍して思ったより成績を残せない要因の一つと思います。えーとファリードに噂が絶えないのはガリナリ・ローソンを除いたら一番価値がある選手。シュートエリアもヒクソンと被り・ディフェンス面はサイズ不足・ナゲッツはPFは豊富などが噂が絶えない原因ですね。まぁファリードもミドル・ゴール下の技術をレベルアップしないと今後厳しくなってきますね。ローソンなどスラッシャーが居れば今と同じように活躍できるけど上達しないとシーズン序盤と同じような低調なパフォーマンスになります。取り敢えずPG獲得が最優先ですね。

BDさんへ

わかってはいましたが、PGの役割は重要だということがわかります。
とくにナゲッツはペイント内で自ら得点できる選手がいないので
クリエイト出来る選手がものすごく重要ですね。

ファリードは昨シーズンに比べればミドルが若干改善されていますが
安定しているわけではないですね。ザックみたいなレイアップの上手さを身に着けるか、
イバカみたいにミドルを身に着けるかしてほしいです。
ディフェンスも頑張ってはいますが、サイズで押される場面があるので難しいですね。
まだまだ成長過程にあると思うので、個人的には移籍せずに成長をみてもらいたいです
プロフィール

マーティン

Author:マーティン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
人気ブログランキングへ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。