スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5連敗も今日はいい試合だった DENvsPHX

ナゲッツ       サンズ
PGフォイ      PGドラギッチ
SGハミルトン    SGグリーン
SFチャンドラー   SFタッカー
PFファリード    PFフライ
Cヒクソン      Cプラムリ―

ローソンは予想通り欠場で今日もPGなしの戦い

1Q ヒクソンがゴール下のシュート連続でミス、さらにフリースロー2本ミス 
  ターンオーバーも改善の兆しなく次々と速攻へとつなげられる。
  そしてサンズはタフショットを得点し、フリースローもしっかり決める
  当然点差は開いていき、6分終わって15点差となります。
  その後サンズのターンオーバーから速攻に繋げたり、リバウンドから速攻に繋げて
  得点していき、6点差まで縮めて1Q終了。
  やられたい放題で1Qで試合が終わるかと思いましたが、なんとか持ちこたえました。
  ただし時間の問題な感は否めません。

2Q ナゲッツのディフェンスがアーサー、モズコフ、ランドルフでまずまずだったのと
  サンズのオフェンスに攻め手がなかったのでサンズの得点を抑え、その間モズコフなどが
  得点をあげていき、同点に追いつきます。
  その後スターター対決になると劣勢を強いられて、ドラギッチに得点されるなどで再び7点差となります。
  しかしファリードがポストアップからダンクを決め、フリースローもヒクソン、ファリードにしては良く
  決めるなどで追い上げて、最後はハミルトンがタフショットを決めて、サンズ1点リードで2Q終了。

  

  FG38.3% 3pt23.1% FT12-20 60.0%
  51得点をあげているにもかかわらず、このスタッツだけ見ると酷いことになっています。
  どこで頑張ったかというと、オフェンスリバウンド9とTO6という数字です。
  ローソンの抜けた試合ここまで20TOを平均ぐらいで記録してきたナゲッツとしては
  前半終了時点で6というのはかなりいい成績です。
  理由としてあげられるのはファリード、モズコフなどポストプレーを多用していたからだと思います。
  TOがでていたときはフォイ、ヒクソンのピック&ロールからのミスなどを中心にほとんどが
  ピック&ロールからのオフェンスしかしなかったナゲッツなので対策をとられて簡単に対応されてしまい
  当然純PGがいないということもあり、TOを多くしていました。
  そういう意味ではポストプレーで攻めるというのは一つの選択肢だったかもしれませんが、
  モズコフはまずまず上手いとしても、ファリードがここまで上手くいくとは思いませんでした。
  苦しいのはわかっているので、酷くてもいいのでいつでも出来るピック&ロールより
  こういった試すことをどんどんやってもらいたいです。

3Q グリーンに立て続けに3ptを決められたり、ドラギッチ、フライにも3ptを決められるなど
  ディフェンスはそこまで悪くないですが外から次々とシュートを決められてしまいますが
  オフェンスでヒクソンがピック&ロールから得点してなんとかついていく展開となります。
  その後も3ptを決められ続けサンズ11点リードとなりますが、フォーニエの攻守での活躍で
  一気に12-0のランを決めて、ナゲッツ1点リードで3Q終了

4Q フォーニエ、アーサー、モズコフが攻守で活躍して7点リードとしますが、その後グリーンに
  立て続けに3ptを決められるなどで一気にリードはなくなり、残り6分ドラギッチのフリースロー2本で
  逆転となりサンズ1点リードとなります。その後ファリードのオフェンスリバウンドからの得点などで
  再び流れを引き寄せて、残り1分で5点リードとします。
  そこからオフェンスリバウンドをどんどんとられて、フライに3pt,モリスに同点となるレイアップを
  決められて、残り6秒でナゲッツボールとなり、チャンドラーがブザービーターを狙いますが外れて
  同点でOTとなります。

OT 両チームシュートが決まらず、残り2分のところでグリーンがダンク、ファリードがフリースロー2本決め
  ようやく得点が入ります。その後ジャンプボールから速攻をくらいサンズが2点リード
  ナゲッツのオフェンスは決まらず、残り15秒でサンズ4点リードでナゲッツボールとなります。
  フォーニエがエンドワンを決めて、残り8秒で1点差、グリーンが2本決めて3点差
  ファリードがファアルをされて1本外し、モリスも1本外して残り5秒で3点差となります。
  フォイ、フォーニエ、ランドルフ、チャンドラー、ヒクソンがコートにいましたが
  なんとヒクソンがキャッチ&シュートで3ptを狙いますが、当然外れて試合終了
  デザインプレーのはずがないのに・・・
  サンズ5点リードで勝利


DEN 31 21 24 23 13 112  
PHX 23 26 26 22 8 107

オフェンス
FG38.4% 3pt17.9%
フォイがPGをせざるを得ない状況でシュートが上手くいかず、チャンドラーの不調などもあり
シュートは決まりませんでしたが、ここ最近の試合に比べればかなりましなオフェンスでした。
前半の終わりでも書きましたが、結局終始TOが少なかったのがその理由です。
ファリード、モズコフ、アーサーなどのポストアップを多用するなど、新たな試みをして
成功するなどオフェンスで良い兆しが見られたと思います。
今後も失敗することがあると思いますが、ピック&ロールばかりではなくて
ポストアップなどいろんなことを試してもらいたいです。


ディフェンス
グリーンに3ptを決められたのはサイズ不足とグリーンのクイックシュートが凄かったので
止められなくても仕方ないと思います。
問題なのはオフェンスリバウンドで、今日の勝敗はオフェンスリバウンドを終盤とられまくったことに
つきます。集まるだけでなくボックスアウトをしないと、飛び込んでこられてタップされたり
そのまま得点に結びつく場面が多くありました。


勝てる試合を落とした感は否めませんが、これでもかというぐらい欠場者多数のなかで
ブローアウト負けが続いていたので、好調サンズ相手に勝てるところまでいけたというのはよかったです。
6,7ゲーム差とはいえプレイオフは諦めたくありませんが正直絶望的です。
勝敗はそこまで気にせず来季以降に向けて今日のようにいろんなことを試してもらいたい、
そのうえで勝てばもちろんいいです。
5連敗ですが久しぶりの接戦しかもナゲッツ今季初OTという緊張感を味わえて良い試合だったと思います。

フォイ 8得点、5アシスト
    ボールを良く運んでいたとは思いますが、SGとしての良さが完全に消えてしまうので
    シュートタッチもセレクションも悪く、もったいないです。

ハミルトン 7得点、4リバウンド
      3ptは決まりませんでしたが、攻守でなかなか良かったと思います。


チャンドラー 15得点
       タフな3ptをことごとく外していました。
       積極的なのは悪くないんですが、決まらない日はもう少しドライブを意識してほしいです。

ファリード 21得点、10リバウンド
      リバウンドは攻守でとっていて良かったし、普段ほとんど決まらないポストプレーも
      なかなかの確率で決まっていました。
      ポストプレー、ミドルシュート、どちらかがオフェンスの武器の一つとなってほしいです。

ヒクソン 11得点、9リバウンド
     好調ではなく、むしろ不調だったのに、なぜ最後3ptを狙ったのか謎です。
     

フォーニエ キャリアハイ25得点、8リバウンド、4アシスト
      シュート、ドライブともにキレがあって良く決まっていました。 
      ディフェンスでもドラギッチに抜かれずボールをはたくなど良いプレーをみせていました。
      

ランドルフ 4得点、6リバウンド
      ボール運び、ディフェンス面で貢献していました。
      オフェンスには絡めませんが、良い活躍だったと思います。


アーサー 8得点
     久々に攻守で貢献してくれました。
     

モズコフ 8得点、11リバウンド
     19分の出場でこれだけのスタッツを残せていれば十分です。  
     終盤はヒクソンではなくてモズコフの方が良かった気もします。
     この調子で不調から抜け出してもらいたいです。


次の試合はアウェイでバックス戦です。  
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

本音は勝ちたかったけど久々にいい試合だったですね。フォイはシューターの仕事ができなかったけど積極的にリングに向かってドライブしてレイアップを狙ってました。ローソンと違い確率は余り良くなかったけれど落ちたボールをファリードが積極的的に跳んで押し込んでファリードらしいプレーが観れました。フォーニエは得点を取ることに集中させてあげれば良い感じですね。まだ2年目なので今はこのままで良いかもしれません。モズコフは休息明けなのか動きが良かったですね。Aランドルフに関しては毎試合今日のパフォーマンスをしてくれればPTが伸びると思います。今日のプレーはTプリンスに似てるような気がしました。後はトレードですね。Aミラーはチームとの合流を拒否したみたいなのでどうなることやら・・・

BDさんへ

いい試合だったので負けはしましたがストレスはあまり感じなかったです。
フォイ、フォーニエは本職じゃないPGながら頑張ってやってくれていますね。
フォーニエはPG能力はいまいちですが得点力が開花していて、今後楽しみです。
ファリード、モズコフもよかったし、ランドルフも起用の仕方次第では良い選手なので
これからが少し楽しみな形を見せてくれました。
プロフィール

マーティン

Author:マーティン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
人気ブログランキングへ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。