スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナゲッツ今季最大注目のドラフトはどうなっているのか?

プレーオフが絶望的となり、今季最大の注目はドラフトということになりそうです。
そこで現時点でナゲッツのドラフトはどうなっているのか、今後どうなるのかを考察します。

ドラフト指名権の確認
 数か月前にも書いたと思いますが今季ナゲッツの指名権が少しややこしいことになっているので
 もう一度確認したいと思います。

 ナゲッツ、ニックスのドラフト指名権の良い方をナゲッツが獲得でき、悪い方をマジックに渡す。 
 メロのトレードの際にニックスから1巡目指名権を獲得して、ハワードなどが絡んでイギーを獲得した際に
 マジックに条件付きで1巡目指名権を渡したことにより、上記のようなことになっています。
 現在の順位でいくと
 DEN25勝32敗、NYK21勝39敗なので、ロッタリーピックで順当にいくとニックスの指名権をナゲッツが
 獲得でき、ナゲッツの指名権はマジックへと渡すことになります。 
 つまりは現状でいくと下記のようになります。
 DEN獲得 7位指名権
 ORL獲得 12位指名権


ナゲッツは得をしているのか?
 
 現状ではニックスが負けるとナゲッツが得するというのは間違っていないですが、別にナゲッツが
 自前の指名権とニックスの指名権がもらえるわけではないのでこれは少し得をしているというぐらいです。
 あとはロッタリーピック後順位の良い方をもらえるならば、仮にニックスが下から7位、ナゲッツ下から8位で
 終わったとするとロッタリーピックで良い順位を引いたほうということになり、これも少し得というぐらいです。
 プレイオフを射程圏内にしているならばナゲッツが得をしてるといえると思いますが
 現在の順位で自前の指名権でもよさそうな感じなのでナゲッツが得をしているかといわれれば
 そうでもないと思います。 
 実際一番得しているといえるのはマジックです。DEN、NYK両方ともがこけてくれているので・・・
 メロを獲得したときはこんなことになるとは思わなかったニックス、
 イギー獲得後イギーには逃げられて、怪我人続出で今季プレイオフをほぼ逃したナゲッツ
 おそらくナゲッツ、ニックス、両フロント陣は今季両チームが現時点でプレイオフを逃しそうになるとは
 思わなかっただろうし、マジックも両チームがプレイオフを逃しロッタリーピックを獲得できるという
 理想的な展開になるとは思わなかったと思います。
 1巡目指名権はそう簡単に手放すものではないと感じます
  
 結論
 DEN:若干の得
 NYK:大損
 ORL:大儲け

今後の進展はどうなるか?

 
  ここまで何度も現状ではと書いてきたのは、今後の進展によっていかようにも変わるからです。
  まずナゲッツはプレーオフ圏内まで10ゲーム以上開いているので、怪我人が戻ってこない今のナゲッツでは
  ほぼ100%プレイオフ圏内は無理です。
  ではニックスはというと、プレーオフ圏内までまだ6ゲームぐらいの位置につけています。
  さらにニックスはチーム状態は悪いとはいえ、ナゲッツほど怪我人続出なわけではないし、
  今のイーストであれば連勝すれば十分にプレーオフ圏内に入ることができます。
  ニックスがプレイオフ圏内に入ってこれば上記で書いたものが全く変わってきます。

  そこで気になるのが今後のスケジュールです。

ナゲッツ            
MARCH                
Minnesota Timberwolves      
Dallas Mavericks
Los Angeles Lakers
@ New Orleans Pelicans
@ Charlotte Bobcats
@ Orlando Magic
@ Miami Heat
@ Atlanta Hawks
Los Angeles Clippers
Detroit Pistons
@ Dallas Mavericks
Washington Wizards
@ Oklahoma City Thunder
@ San Antonio Spurs
San Antonio Spurs

APRIL
Memphis Grizzlies
New Orleans Pelicans
@ Memphis Grizzlies
@ Houston Rockets
Houston Rockets
@ Golden State Warriors
Utah Jazz
@ Los Angeles Clippers
Golden State Warriors

ニックス
MARCH                
@ Detroit Pistons        
@ Minnesota Timberwolves
Utah Jazz
@ Cleveland Cavaliers
Philadelphia 76ers
@ Boston Celtics
Milwaukee Bucks
Indiana Pacers
@ Philadelphia 76ers
Cleveland Cavaliers
@ Los Angeles Lakers
@ Sacramento Kings
@ Phoenix Suns
@ Golden State Warriors
@ Utah Jazz

APRIL
Brooklyn Nets
Washington Wizards
@ Miami Heat
Chicago Bulls
@ Brooklyn Nets
Toronto Raptors


濃い文字で表示しているのがプレイオフ圏内、もしくは争っているチームとの対戦です。
ナゲッツの日程の方がウエストとの対戦が多く明らかに厳しいです。
この日程をみただけでもナゲッツ、ニックスの勝敗が逆転する可能性は十分ありえるし、
ニックスがプレーオフ圏内に入る可能性も十分あると考えられます。


最後に
ナゲッツは怪我人さえ帰ってくれば、十分プレーオフ圏内に食い込める戦力はあるので
ドラフトにそこまで期待しなくても問題ないんですが、久しぶりにプレーオフを逃すということ、
メロ以来の上位指名権獲得かもしれないということもあり、ナゲッツファンとしてはドラフトが今季一番
注目されることになりそうです。
またドラフトで同じような記事を書きそうですし、どのような選手を獲得するかはまた今度やりたいと思います。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

僕ももうドラフトに気をとられてNCAAばかり見てます!

今回のドラフトはいい選手が沢山いるので期待できますね!

早くドラフト記事が見たいです!

me1oさんへ

自分も今季ナゲッツがダメだなと思い始めてから
NCAAたまにチェックしだしました^^
良い選手が多いみたいなので、期待はできそうですね。

まだどのような選手がいるのか理解できてないので
NCAAトーナメントなどをみて確認したいと思います。

プロフィール

マーティン

Author:マーティン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
人気ブログランキングへ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。