スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローソン復帰後半だけで29pt、8asts 4Q残り1分から驚異の追い上げ

ナゲッツ      ウルブス
PGローソン    PGルビオ
SGフォイ     SGマーティン
SFチャンドラー  SFブリュワー
PFファリード   PFラブ
Cモズコフ     Cペコビッチ


ローソンが復帰

1Q 最初のプレーでローソンからチャンドラーへのアリウープで得点しますが、その後ローソンが2TO
  などでウルブスに速攻から得点され、モズコフも開始2分で2ファアルでヒクソンと交代するなど
  一気にウルブスに10点リードされます。 
  中盤に入りフォイの3ptなどで一気に9点追い上げて1点差としますが、終盤オフェンスが決まらず
  ディフェンスは崩壊状態でバレア、ラブに決められ続けて、フリースローも多く決められて
  結局ウルブス15点リードで1Q終了
  1Qで40点もとられてしまっているので、オフェンスどうこうというよりもディフェンスが問題です。
  11本のフリースローを与えて、6本オフェンスリバウンドをとられては防げるものも防げません。

2Q 攻守でそこまで悪くはなかったんですが、要所で簡単にダンク、レイアップを
  決められ、フリースローも何本も決められていました。
  10点差ぐらいからなかなか縮めることができず、ウルブス17点リードで2Q終了

  
  復帰したローソンは2得点TOもありましたが、組み立て、ボール運びは安定感があり
  スムーズに行けています。
  勝つためにはディフェンスからですが、マーティン、ラブを中心にシュートを決めたり
  フリースローをもらってきて、シュートが外れてもペコビッチがオフェンスリバウンドで絡んでくる
  速攻ではラブからブリュワーへの超速攻があるといったオフェンスの組み合わせがいくつもあり
  今のナゲッツディフェンスで止めることは難しそうです。ベンチからはナゲッツが苦手のバレアもいます。
  とりあえず前半だけで32本もフリースローをうたれているのを抑えるのがまずやれることかなと思います。

3Q ローソンがミドルシュートを次々と決めて3Qだけで15点をあげる活躍をみせますが、ディフェンスが
  相変わらずよくならず10点差からなかなか差を縮めることができず、さらに要所でフォーニエがTOを
  連発、シュートミスなどがあり、結果ウルブス15点リードで3Q終了
  何度もナゲッツペースになり上手くいけば5点差ぐらいまでいけたんですが、上記でも書きましたが
  フォーニエが大ブレーキとなってしまいました。

4Q 残り7分の段階でペコビッチに決められるなどで21点差となり、試合終了かと思われましたが
  ローソン、ブルックス、フォイ、チャンドラー、ファリードのスモールラインナップにかえてから
  ナゲッツがローソンの4Ptプレイ、アンクルブレイク炸裂からファリードへのパスなど
  ローソン無双は3Qだけでなく4Qも続き、ウルブスのオフェンスを止めれていたわけでないですが
  じわじわと追い上げて、ファリードのアリウープで10点差、残り1分でファリードのフリースローで
  なかなかならなかった一桁差の9点差となります。
  この後、ナゲッツは残り30秒まで得点が無かったんですが、ここからフォイ、ローソン、チャンドラーが
  3ptを連続で決めて、ウルブスもフリースローをしっかり決めていますが、徐々に差はつまり
  チャンドラーのまたも3ptが、さらにフォーニエも3ptを決めてついに、残り7秒で2点差まで追い上げます。
  しかしマーティンがしっかりフリースロー2本決めて、タイムアウトのないナゲッツはチャンドラーが
  3ptをうちますが、外れて試合終了

DEN 25 24 34 45 128
MIN 40 26 32 34 132


前半終わりでローソンは2得点、3アシストだったのが、後半29得点、8アシストと驚異的な活躍を
みせてくれて、それでも大差で負けるのかと4Q中盤までは思っていましたが、残り1分をきってからの
3pt連発はナゲッツの試合に限らずなかなか見られないぐらい決まりまくっていて、残り1分からで
14得点もとりました。
ウルブスもマーティンがFTを落とさなかったのはさすがでしたが、ナゲッツもマーティンには
ボールを入れさせないことが出来なかったのはいたかったです。
負けはしましたがローソン復帰戦の試合でローソンが大活躍さらに終盤の追い上げと見どころがあり、
観ていて楽しい試合だったと思います。
試合内容はフリースローを与えすぎたり、オフェンスリバウンドをとられまくったりといろいろ
ありましたが、ほぼベストメンバーのウルブス相手に今のナゲッツがどうこう出来るのが難しいというのは
分かっていたので仕方ないといえば仕方ないかなと思います。

とにもかくにもローソンが怪我の影響を感じさせずプレーしていたので、それだけで今日は十分です。


ローソン 31得点、11アシスト
     決まりすぎなぐらい後半ミドル、3ptが決まり、それによってドライブもいきていて
     ローソンの動きにウルブスの選手が反応して、ファリードがフリーになったり、外の選手が
     フリーになり、しっかりとパスをしてアシストもできていました。
     ショウHC復帰後40分出場はさすがにやりすぎなので、30分ぐらいに抑えてもらいたいです。

次の試合はホームでダラス戦です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マーティン

Author:マーティン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
人気ブログランキングへ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。