スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディフェンス皆無の戦い DENvsLAL

ナゲッツ      レイカーズ
PGローソン    PGマーシャル
SGフォイ     SGミークス
SFチャンドラー  SFベイズモア
PFファリード   PFジョンソン
Cヒクソン     Cガソル


1Q レイカーズは中盤まではガソルの得点、終盤はサクレ、ヘンリー
ナゲッツはチャンドラー、ファリード、ローソンが次々と得点をあげていくという
  両チームディフェンスが皆無の状態で殴り合いを終始続けていたという1Qでした。
  ナゲッツ7点リードで1Q終了
  最善をつくしての得点の入れ合い自体は今後にとっていいんですが
  この1Qの得点の入り方は安易なディフェンスを両チームが連続して行った結果得点がものすごく
  入っているだけという最悪の形です。
  大量得点を観ていて不快に感じることはナゲッツファンをやっているのでないんですが
  来季以降、プレーオフを目指すチームの形はオフェンスよりもディフェンスからという
  流れを作ってもらいたいです。

2Q 1Qと同じく両チームディフェンスをしていないかのように次々と得点が決まる展開。
  序盤はレイカーズが逆転までいき、中盤以降はナゲッツがチャンドラー、ローソンを中心に
  再び引き離すといった感じでした。ナゲッツ11点リードで2Q終了
  簡潔になってしまいましたが、得点が決まった以外書くことがないので・・・

  
  前半終了で77得点、FG63,3 3pt69,2 asts 18とやりたい放題です。
  得点のとりあいは好きなんですが、ここまで両チームディフェンスをしないと
  少し不快に感じてきました。
  両チームに言えることですがそろそろディフェンスに力を入れて、そのうえで得点してほしい
  後半はそういう試合をみたいです。とくにナゲッツは来季もこのメンバー主体のはずなので
  ディフェンスもしっかりしてもらいたい。

3Q ガソルのポストアップがなくなったことでペイント内でのディフェンスがよくなり
  失点を減らせていて、オフェンスはローソン、ファリード中心に得点をとれていました。  
  ナゲッツ19点リードで3Q終了

4Q 序盤に追い上げられて13点差とされたところで、ローソン、ファリードを投入して
  再び20点差ちかくまでリードをひろげますが、その後残り2分で10点差と
  もしかしたらというところまで追い上げられました。
  ナゲッツ8点リードで勝利

DEN 42 35 33 24 134
LAL 35 31 25 35 126

勝因はファリードの32得点というところで、ファリードのマッチアップをしていたのが
ジョンソン、ケリーなど本来はSFポジションでSFのなかでもパワーがない方なので
最近ポストアップが安定してきているファリードを止められず、ローソンのドライブを警戒して
合わせのプレーでファリードのシュートをブロックするサイズもないので、簡単に得点できていました。
ヒル、ケイマンが出場していればファリードのポストアップもそこまで通用しないだろうし
ローソンにひきつけられたとしても、ファリードをブロックすることはできていたと思うので
ヒル、ケイマンがいれば、今日の試合展開だと負けていた可能性は高いと思います。
怪我で出場していないのか、来季に向けてドラフトなどもあるので怪我という体にしているだけなのか
わかりませんが、ヒル、ケイマン、ガソル相手のレイカーズとナゲッツのインサイド陣という試合が見たかったです。

レイカーズは様々な理由で来季に向けて動いているので、こういう試合になってもまあ仕方ないと
おもえる部分はあるんですが、ナゲッツはこんな試合をしていて大丈夫かと心配になりました。
来季も現戦力を中心に戦っていくことは確実なのに、オフェンス一辺倒でいいのかと感じます。
ローソン、ファリードを中心に戦っていく以上速攻がオフェンスの必殺技になり、ペースが上がるのは
仕方ないと思いますが、だからといってディフェンスをないがしろにしていては、これまで散々
プレーオフで負けてきたことを繰り返すだけになるような気がします。
ペースが上がるのに失点を抑えるというのは難しいですが、その方法を見つけ出すのか
それともハーフコートを主体として100点ぐらいで勝てるチームにするのか、今日のような大味な試合で
シーズンを勝てるのはわかっているので、プレーオフに勝つために今季の残り試合を使ってもらいたいです。



ローソン 30得点、キャリアハイタイ17アシスト
     4Qシュート精度は落ちましたが、それまではミドル、3pt、ドライブと様々な形で得点して
     さらにアシスト17と大活躍でした。
     
ファリード キャリアハイ32得点、13リバウンド
      ミスマッチなのもあって楽に得点しているという感じでした。
      最近ミドル、フリースローと改善できているので、この調子でどんどん伸ばしてもらいたいです。

次の試合はアウェイでペリカンズ戦です。 
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マーティン

Author:マーティン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
人気ブログランキングへ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。