スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナゲッツ vs ボブキャッツ

スターター
ナゲッツ      ボブキャッツ
PGビラップス   PGオーガスティン
SGアファラロ   SGジャクソン
SFカーメロ    SFウォレス
PFウィリアムス  PFディアウ
C ネネ      Cモハメッド

両チームともにいつものスターターでスタート
ナゲッツにとっては久しぶりのアウェイ。
このあとアウェイ4連戦なだけに勝って勢いをつけたいところ。
ボブキャッツの監督ラリーブラウンはビラップスがピストンズのときに
優勝したときの監督。

1Q 序盤は一進一退の攻防が続きましたが、ナゲッツのターンオーバーから
   ボブキャッツのトランディションが決まり徐々にボブキャッツペースで進み
   ボブキャッツ5点リードで1Q終了

2Q 立ち上がりいきなりボブキャッツに6点のランをやられ11点差に離されます。
   その後、JRの3ptやメロのオフェンスなどで追い上げ2点差で終了。かと思いきや
   ウォレスにブザービーターの3pを決められ5点差で2Q終了

3Q 立ち上がりネネのジャンプショット、ビラップスが3ptファアルを貰い、3本のFTを
   決めて、ナゲッツ5点のランがきまり同点。
   しかしその後オーガスティンとジャクソンが止められずボブキャッツ9点リードに。
   その後カーメロが得点を量産して、なんとか同点で3Q終了

4Q ここまでの2、3Qはどちらかが立ち上がりペースを掴んでいくパターンでしたが
   4Qは両チーム共に得点を重ねていき一進一退の展開に。
   残り5分からナゲッツオフェンス停滞、一方オーガスティンやジャクソンが
   いまだ止められず残り3分をきってボブキャッツ6点リード、
   さらにディアウのレイアップが決まり、残り1分30秒で8点差。
   しかしここからナゲッツがJRの3pやフリースローで追い上げ
   残り30秒でボブキャッツ2点リードでボブキャッツボール
   ジャクソンの3pが外れビラップスがリバウンドを取って残り7秒あったので
   タイムアウトかなと思っていると、タイムアウトを取らずに攻めることを選択。
   同点を狙ったビラップスのミドルレンジジャンパーが落ちて、ナゲッツ敗戦。

DEN 16 31 29 22 98
CHA 21 31 24 24 100

3.jpg
今日の敗因はスタッツをみればわかりますが、オーガスティンを止められなかったこと・・・
ボブキャッツの試合をあまりみないので分かりませんが、今日は3pを決められすぎたと
思います。
  

7e7187ae0caf5d1c83590e8cfa3ffc38-getty-103883472sl014_denver_nugge.jpg
メロは前半シュートタッチが悪かったですが、後半はしっかり得意のミドルレンジから
決めていました。だいぶ調子も戻ってきているように感じます
   
    接戦での敗戦はしんどいですね。
    ビラップスがタイムアウトを要求しなかったときはなんで?とおもいましたが
    百戦錬磨のビラップスがいけると思ったんなら仕方ないと考えるしかありません。
    安定感のあるアファラロの不調も痛かった・・・。

    明日はアウェイでセルティックス戦。
    連戦でアウェイでのセルティックス戦・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マーティン

Author:マーティン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
人気ブログランキングへ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。