スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連敗 DENvsCHA

ナゲッツ      ボブキャッツ
PGローソン    PGウォーカー
SGフォイ     SGダグラスロバーツ
SFチャンドラ―  SFギルクリスト
PFファリード   PFマクロバーツ
Cモズコフ     Cジェファーソン


1Q 序盤両チームディフェンスが良いというよりはTO、シュートミスなどオフェンスのミスが
  続きなかなか得点が入らず、中盤以降ボブキャッツはジェファーソンのポストプレーから
  ナゲッツはローソンのアシストからなんとか得点に繋げていきました。
  ボブキャッツ3点リードで1Q終了
  
2Q ブルックス、フォーニエ、アーサー、ヴィセリー、ヒクソンで開始しますがボールが回らず
  ヒクソンの1on1がほとんどで得点できず、ボブキャッツがリードを10点にひろげます。
  ローソン、ファリードが戻ってきて、ファリードがポストアップ、合わせのプレーから
  次々と得点して少し追い上げてボブキャッツ6点リードで2Q終了

  
  最近の傾向ですがローソン、ファリードがコートにいないとほとんど何もできない
  状況になることが多く、前半はまさにそんな感じの展開でした。
  連戦ということもあり、ローソンの出場時間をいつもより短くしているので
  後半はベンチ陣でどうやって得点の形を作っていくかが注目です。

3Q ローソン、ウォーカーが得点をとりあい、一進一退で序盤はいきますが、
  中盤フリースローはもらえますがシュートが決まらなくなったナゲッツはなかなか得点できず
  ボブキャッツはニールが3ptを決めて徐々にリードをひろげ、10点差とします。
  終盤ブルックスが得点をとっていましたが、差を縮めることは出来ず
  ボブキャッツ11点リードで3Q終了

4Q ローソン、ブルックスのスモールラインナップで残り4分で7点差まで追い上げ
  その後再びロバーツなどの得点で10点差に離されますが、再びローソンの得点で追い上げて
  残り1分40秒で5点差としますが、ファアルでフリースローを与えてウォーカーにしっかり
  決められて試合終了
  ボブキャッツ7点リードで勝利

DEN 22 23 23 30 98
CHA 25 26 28 26 105


FG43.4% 3pt5-24 20.8% FT21-31 67.7%
ボブキャッツがハーフコート、トランジションで良いディフェンスをしていたこともあり、
軒並み低い成績でローソン、ファリード、4Qのブルックスぐらいしか得点の匂いがしない展開でした。
フォイ、チャンドラーの外が決まらないとこうなるのも仕方ないと思います。
現状ベンチ陣でのケミストリーはほぼないので、スターターでどうにかしないと
厳しいという感じになってしまってます。

次の試合がアウェイでマジック戦
今後の日程を考えると勝てそうな試合はこの試合とジャズとの試合ぐらいです。
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マーティン

Author:マーティン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
人気ブログランキングへ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。