スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Qミラー久々の出場 DENvsORL

ナゲッツ      マジック 
PGローソン    PGネルソン
SGフォイ     SGアフラロ
SFチャンドラー  SFハークレス
PFファリード   PFオクィン
Cモズコフ     Cヴーチェビッチ

以前から若干顔が似ていてポジション、プレースタイルも似た感じだと思っていた
Qミラーvsハークレスが観られたらと思います。


1Q ヴ-チェビッチのピック&ポップからミドルというのにモズコフが全く対応できず
  次々と決められ、リバウンドもとられてしまい2ndチャンスも許してしまいます。 
  オフェンスはローソン、ファリードの個人技が得点になっていましたが、フォイ、チャンドラーの
  アウトサイドが決まらず、チームとしてはぜんぜん見どころなしのオフェンスでした。
  終盤に久しぶりのQミラーが出場して、上記でも書いた通りQミラーvsハークレスが実現しました。
  マジック4点リードで1Q終了

2Q ベンチ陣の戦いになる序盤、ナゲッツがTO連発から速攻を何度もくらって一気にマジックが
  13点リードとなります。その後アーサー、ヒクソンの得点などで持ち直してリードを一桁差
  まで縮め、スターターに戻してもその勢いを保ったまま、ローソン、ファリードの得点で
  13点差から25-10のランを決めて、ナゲッツ2点リードで2Q終了


  ヴーチェビッチにペイントを支配されすぎたのと、TO連発からの速攻をくらったというのが
  流れが悪くなり、リードを離された原因です。
  2Qチャンドラーが外を決めだしてきているので、ローソン、ファリードが
  安定して得点しているので、フォイかチャンドラーが外から決めてくれればスターターは
  問題ないと思います。
  ベンチ陣もブルックス、フォーニエ、Qミラー、アーサー、ヒクソンとメンバーは悪くないので
  TOを減らせば問題はなさそうです。

3Q ネルソンの3pt,アフラロがコービー並みのムーブからタフショットを決め続けるというのは
  ありましたが、ヴ-チェビッチにファリードをつけることでミドルをある程度カバーして
  ペイント内、ミドルから簡単に得点させなかったことが成功していました。
  オフェンスはローソンがキックアウトからのチャンドラー、フォイの3pt,そしてファリードが
  次々とペイント内から得点をあげていきました。
  ナゲッツ11点リードで3Q終了

4Q 中盤までブルックスとヒクソンのコンビで次々と得点しますが、マジックもアフラロ、オラディポが
  得点していて試合を決めさせてはくれません。ファリード、ローソンはおそらく休むつもりだったと
  思いますが、残り3分で8点差とされたので出場することになり、その後最近おなじみの4Qで
  活躍するブルックスが今日も活躍して試合を決めてくれました。
  ナゲッツ8点リードで勝利
  
DEN 23 29 33 35 120
ORL 27 23 24 38 112

前半終了後メンバーは悪くないのでそこまで問題はないと、書いた通りに4Q序盤までは進みましたが
4Qベンチ陣だけで勝ちきるまではいきませんでした。それによっておそらく休むはずだった
ローソン、ファリードを出場させなければならない状況になりました。
それでもいつも40分出場のローソンが今日は30分、他の選手達も基本的に20分ぐらい出場と
バランスよく選手起用出来ていたのは良かったと思います。

今後ベンチ陣は今日起用したブルックス、フォーニエ、Qミラー、アーサー、ヒクソンに
アーサーがダメなときはヴィセリーをという感じのメンバーで良いと思います。
最近は固定できず下手にアーサーをSFで起用したり、ランドルフを使ってみたりして
バランスを崩していたので、フォーニエ、Qミラーなどに今日ぐらい出場時間を与えて来季以降に
繋げることの方がいいと思います。

マジックの試合をたまにみますが、がっつり見るのはナゲッツとの試合の時ぐらいなので
アフラロがコービーのようなターンアラウンドジャンパーを何度も決めていたのには
ナゲッツ時代よりさらに良い選手になったんだと実感しました。
今でも好きな選手の一人なのでアフラロどうにか戻ってきてほしい^^

ファリード 26得点、9リバウンド
      1ヶ月前ならば大活躍だといえるんですが、最近のファリードをみていると
      最早当たり前とも思えるようなスタッツになってきました。
      3月7試合すべてで15得点以上、内4試合で20得点を超えています。
      ローソンが復帰して得点できるようになったのもありますが、
      個人技で得点する場面の方がむしろ多い感じもします。
      ポストからの右フックはかなり安定していますがほぼすべてが右のフックのため
      そろそろ対戦相手にも対応されそうなので、対応されたときにどうするか注目です。 

Qミラー 6得点、5リバウンド、2ブロック
    ショウHCも期待しているといっていましたが、最近の出番はほとんどなしでしたが
    今日は17分の出場で攻守で貢献できていました。
    活躍できない時もあると思いますが、勝敗は関係ないので出来れば15分ぐらいは使ってもらいたいです。

チャンドラー 21得点、10リバウンド
       ディフェンスリバウンドを拾い、珍しくダブルダブルでした。
       
次の試合はアウェイでヒート戦です。
  
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ヴェセリーってどんなプレイヤーなんですか?

くらにゃんさんへ

ウィザーズ時代をあまり知らないので
ナゲッツでの印象だけでいうと、
サイズにしては走力があり、速攻で得点できる選手で
ディフェンスはタフにつくことができる。
ただダンク以外に得点方法がないのと、FTはナゲッツのなかでも一番苦手そう
といった感じです。
プロフィール

マーティン

Author:マーティン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
人気ブログランキングへ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。